『相棒』の根底に流れる日本社会への批判

2008/05/21

映画『相棒─劇場版─ 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』が2008年5月1日に公開された。配給元である東映のこれまでの興行記録を更新する勢いの出足となっている。

 刑事物の人気ドラマシリーズの映画化である。紅茶好きの変人・杉下右京(水谷豊)と、熱血漢の亀山薫(寺脇康文)の凸凹コンビの絶妙な掛け合いが魅力である。映画版ということでスケールが大きく、社会的な事件を扱っている。

「OhmyNews:オーマイニュース」より

続きはこちらから↓
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080508/24705


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。