寺脇康文、台湾での“相棒人気”に照れ笑い

2012/08/24

俳優の寺脇康文が22日、都内で行われた映画『ハーバー・クライシス<湾岸危機> Black&White Episode1』(ツァイ・ユエシュン監督)ジャパンプレミアに主演の台湾俳優マーク・チャオらと共に出席。本作で日本語吹替を務めた寺脇は、マークから自身出演ドラマ『相棒』を「台湾のみんなが知ってます」と知らされると「本当に? 監督もご覧になってるみたいで…」と照れ笑い。続けてマークから「きょうお会いしてわかりました。重鎮だったんですね」と尊敬のまなざしで見つめられると、寺脇は顔をほころばせ、固い握手を交わした。

ORICON STYLEより 続きはこちら↓
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2015940/full/


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。