模倣ドラマ急増も…ひと工夫で独創性出す「相棒」の強さ

2016/10/27

芸能界は「模倣」の世界といわれる。イケメンも芸人もはやると次々と似たタイプを世に送り出し、ブームを作る。作られたブームはやがて終わり、自然淘汰される。最終的に生き残るのは少数の人たち。そのイケメンブームはすでに下火傾向。芝居に専念して腕を磨いてきた小栗旬や妻夫木聡らが「結婚を機に演技も変わった」といわれるように、単なるイケメン枠から卒業。役者としての地位を確立した感が最近の演技からも見て取れる。

 ドラマの世界も模倣が目に付く。テレ朝の鉄板コンテンツ「相棒」「ドクターX」を他局が模倣するように刑事物や医療物を作り出しているが、主役を旬な女優や人気者にしてもしょせんは模倣。新鮮味はない。「やはり本物のほうが面白い」と元祖に戻り「ドクターX」を見る。高視聴率につながる。

日刊ゲンダイより
続きはこちらから↓
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/192597


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。