Season5 第7話 「剣聖」

9件のコメントがあります

脚本:古沢良太 監督:西山太郎
ゲスト:原千晶、誠直也、亀石征一郎

剣道の達人・吾妻が真剣で真正面から斬られ殺害された。
道場の師範代・ふみら関係者の話では吾妻とまともに斬り合って勝てる者などいないという。
道場の名誉顧問でもある関と吾妻が果たし合いを行う約束をした覚書が見つかった。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

    

9件のコメント・感想があります

  1. 昔剣童 さん

    右手にマメができたのが謎です。まず、左手にできるので…何か意味が??
    相棒唯一の疑問のシーンです。

  2. John Flowers さん

    「独り言だが・・・」by右京さん、伊丹刑事、亀ちゃん
    「独り言ですけど・・・」byたまきさん

    伊丹刑事「つりはいらない」
    たまきさん「変わった方ですね」
    頷く亀山夫妻

    そして右京さんの決め台詞「君は期待を裏切りませんねえ」

    こうした軽妙で秀逸な言葉の遣り取りがこのシリーズの最大の魅力だと思います。

  3. スコッチ さん

    この回は右京さんの技「巻き技」が見れたり、イタミンの「花の里」デビューがあったり、薫ちゃん対イタミンの剣道対決があったり、内村刑事部長の剣道好きが見れたり、ラストでイタミンの特命係へのメロン(未熟?)の贈り物があったり、随所で見所満載の回でした。個人的には久しぶりの特捜吉野刑事また赤レンジャー誠さんが見れて相変わらず渋い人だと感動致しました。

  4. 無重力 さん

    古沢さん!貴方こそ、期待を裏切りませんねぇ…

  5. ラッキーアイテム さん

    無事「剣聖」終わりました。面白かったです。伊丹刑事かわいそうな回でしたね。尊敬していた剣道の吾妻さんが殺されてしまい、やっぱ自分が尊敬している方が亡くなってしまうと辛いです。原さんや誠さんの演技も良かったです。あとは伊丹さんのメロンですね(笑)。明日は「赤いリボンと刑事」です。

  6. エンディミオン さん

    この作品、僕も大好きです。
    亀山くんの剣道でのヘタレっぷりや、勝ち誇った伊丹さんの不敵な微笑、右京さんの「君は期待を裏切りませんね」のセリフやまた、
    伊丹さんの初の「花の里」シーンやラストの特命係へのメロンの差し入れ、また右京さんの必殺「巻き技」、刑事部長の剣道好き等々も最高ですね。

    明日は「赤いリボンと刑事」ですか。
    この先の「裏切者」と同様にかなり泣ける、感動するストーリーですよ。一人の刑事の命を賭けた事件への執念。
    是非とも堪能して下さいね。
    また、コメントして下さいね。

  7. 重富穂奈美 さん

    剣道が上手な亀ちゃんがなんと伊丹さんにコテンパに負けるところが好きです。一度再放送したときに見ました。なかなか二人とも上手だと言えないが、やはり伊丹さんの方が腕前の剣道だった。

  8. sonic さん

    事件解決の手がかりは、俊一君の手のマメでした。亀山さんは「味覚」(Season2「殺人晩餐会」)に続いて「触覚」も研ぎ澄まされた感覚の持ち主なのですね。
    本作で、右京さんがおっしゃった「構えを崩すことはスキをつくること」「剣聖が一瞬、ただの無防備な父親になった」は、結果的に同じ意味となったのではと思います。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。