Season7 第11話 「越境捜査」

23件のコメントがあります

脚本:ハセベバクシンオー 監督:橋本一
ゲスト:益岡徹 五代高之

角田課長らの捜査に協力した右京は、拳銃を持った容疑者を追い、神奈川県警とともに住宅街で一軒一軒しらみつぶしに捜索することに。
そのころ同じ住宅街の一角にある藤堂宅では、娘が誘拐され、神奈川県警の早川刑事らが犯人と極秘裏に電話による駆け引きを行っていた。
右京は藤堂の自宅に異変を感じ、やがてこのもうひとつの事件に首を突っ込むことになり…。
右京が焙り出した真実とは?

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

23件のコメント・感想があります

  1. サクラバクシンオー さん

    いよいよ今夜、特命係の伊丹登場か~?

  2. さすが相棒! さん

    いつもながら・・・

    脚本:輿水泰弘、監督:和泉聖治 の作品がいいねぇ・・

    女の影がちらつくとかって内容よりも
    テレ朝らしく「政治的」なものが相棒の真髄のような^^

    面白いとか面白くないとかは、個人の価値観だけどね・・
    いけね、まだ最中だった(笑)

  3. ぁい さん

    だ、だまされた~~~~Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~

  4. さん

    面白いことは面白かったんですよ、終わり間際までは。でも犯人グループの背景が全くと言って分からないのは如何なものか。大木刑事が無事で何よりでしたが。来週は期待出来そうな気もする?

  5. うひょい さん

    家を覗いてた右京さん家政婦さんがびっくりしたところが面白かった。
    見ず知らずの人(右京さん)にあんなに捜査に口を出されてムッとしたいのかなぁとおもっていたら、犯人だったとは。
    一本取られましたな。

  6. ハルキ さん

    さすが右京氏、あの短時間で事件解決とはいつもながら凄い!
    それにしても引っ張りますね~特命係のイタミンはいつから登場ですか?
    一昔前のフジテレビ並の引っ張りですね。

  7. chimoneka さん

    何でトイレでメールできてるの?とか
    右京さんを追い出さない神奈川県警何で?とか
    ちゃんと最後に腑に落ちるところがいつもながら相棒の凄さだと思う。

  8. ろこ さん

    最後の数分間の凝縮濃かったですね~。
    でも、今回も[クスッ]と笑う場面が一回も無く・・ツマラナ。。
    さっき「いいとも」で寺脇さん出てて、『次は伊丹さん?!』と期待しましたが・・六角さんでした^^。相棒キャストで続くといいなぁ。。

  9. おっさ さん

    すいません、今回の放送録画されてるかた
    五代さんの奥さんの役者さんの名前が
    知りたいので教えてくださいませんでしょうか

  10. 舗玄鬱絢 さん

    ハセベバクシンオーって初の脚本ですかね?
    薫なき後で20.5%の視聴率、渡さんの会より明らかに脚本が面白い。8〜10じ位の放送時間でいいのに9〜1130は長いし夜遅く、17%台。妥当な結果です。
    でも今回のような多彩な展開を毎回期待はできないが大規模でなく、小さくても内容次第で20%いくというのがシーズン7の2回の20%越えの結果では。
    次は予告だけみたら今回よりイマイチでしたが、どうなるか。
    薫の回は気持ち25%なのになぜ19%台?
    レベル4もでかい事件でしたが、視聴者は身近な話題の方がついていきやすいのかな?と思われます。
    視聴率を信じてないものの、個人的に越境捜査はシーズン7では1、2を争う内容でした。

  11. taku さん

    五代さんの奥さん役の女優さんは杉山彩子さんです。
    今回の内容は今シリーズの中では最高だったと思いますね。
    毎回脚本家が代わり、展開やストーリーも様々で、いまいちだった回があっても次はまた期待できるし、過去の登場人物やストーリーの続きみたいな回もあって1回1回が楽しみなのが相棒のいい所ですね。今シリーズの還流も絶対続編あると思うし、右京さんの相棒が亀ちゃんからイタミンに代わっても相棒は相棒ですから今後も期待したいですね。シーズン∞まで続いてほしいですね。

  12. ハル さん

    やられた〜!ひさびさの「おぉ」でした。
    薫がいないスペシャル版で、かなり消化不良だった私(渡さんを悪者にはしないぞ感には、うんざり)でしたが。。。
    キャストも大事だが、やっぱり脚本が1番大事と再認識させられたお話しでした!
    大満足!

  13. S.K さん

    見事に「やられた!」という感じでした。

    右京さんには、脱帽ですよ。

  14. こごめ さん

    キャスティングがすでにミスディレクションだと思いました。
    ふだん、刑事役などで見かけている方が…

  15. 越境捜査を見た人 さん

    昨日、この回を拝見しました。何度見ても面白い作品ですね。益岡徹さん、いい演技してましたね。渋くてカッコよくて憧れちゃうなぁ~。益岡さん大好き!水谷さん益岡さんと言えば「探偵・左文字進」を思い出します。相棒7の中で一番内容が濃かった作品だと思います。見応えあり!相棒最高!

  16. スコッチ さん

    おはようございます。昨日夕方にこの回の再放送がありました。正直なところ私はseason7は、亀の卒業後~神戸くん登場までの間は、見たり見なかったりで録画もしたりしなかったりでした。亀の卒業が結構、後を引きずってましたし。昨日初めてこの「越境捜査」を見ました。感想は「相棒・亀山」がいなくても、あそこまで濃い内容の話を作れる脚本家ハセベバクシンオー氏に脱帽致しました(最近あまりこの方の作品が無いような?)。大変面白かったです。右京さんの5課や神奈川県警と協力して拳銃所持人質立て籠り犯を確保した際の、人質の女性の沈黙の後の「捕まえなさいよ!!」がインパクト大でした(笑)。大木さんも御無事で何よりです。また同時に発生した誘拐事件に直ぐに気が付く右京さん、流石です。聞き込み先の窓のカーテンの動きだけで直ぐに事件有りと見抜くあたり、まさに人並み外れた洞察力の持ち主だと改めて思いました。窓の外から中を覗く右京さん、家政婦の「ギャ~!!」同様にインパクト大です(笑)。そしてまさか益岡さんが偽刑事で犯人グループのリーダーだったとは意外でしたね。「美しい犯罪などはこの世には存在しない。必ず誰かが傷ついている」(セリフ違いはご了承あれ)のような右京さんの言葉、まさにその通りだと思いました。最後に見せる右京さんの「指錠」も堪能致しました。・・・・あとこことは関係ありませんが、チカチカさんへ。そちらで確か昨日でしたね、「新・W」の再放送。善かったらseason6「新・Wの悲喜劇」の感想欄にコメントをお聞かせて願いませんか?私のseason6の中の一番好きな回でもあるので、よろしくお願い致します。次の「白い声」も私は次に好きな回ですよ。             

  17. 重富穂奈美 さん

    特命係の伊丹先輩と言いたいけど、実際彼は捜査一課の刑事であることは知っています。芹沢さんがもし特命係の伊丹先輩と言っていたら伊丹さんはどう思うか?

  18. sonic さん

    「拳銃立てこもり事件」「誘拐事件」二つの事件を右京さんの機転で、神奈川県警と協力し解決しました。
    誘拐事件の話ですが、右京さんは捜査に協力と思いきや、にせ警官(誘拐事件の首謀者)と見抜き、逮捕には驚きでした。
    最後に、本物の神奈川県警の刑事(森岡刑事)役だった、檀臣幸さん。2013年10月に御逝去との事、謹んでご冥福をお祈りいたします。

  19. 重冨穂奈美 さん

    この度失礼します。この前の再放送では、驚き、感動、衝撃、仲間のイメージがあった再放送でした。それは、藤堂さんの娘で亜里沙ちゃんが無事に保護されたところです。衝撃は大木さんが拳銃犯に撃たれた。そして、今回の相棒は課長であったので、仲間たちも一緒にいた

  20. ピエール さん

    放送当時「やられた~!」と口に出してしまったほどの終盤の展開が見事な作品ですね。
    ご存知の方も多いと思いますが、ハセベバクシンオーさんって長谷部安春監督の息子さんなんですよね。親子コンビの相棒が見たかったです。
    益岡さんもぼちぼち他の役柄で再出演してほしいですね。

  21. Endymion さん

    一昨日再放送されていたのを録画して先程観てみましたが、嫌な予感の的中で台風16号情報が画面の左側からL字型に出ていて、メイン画面も字幕スーパーが上に出ていて、非常に観づらい状況でした。

    さて感想ですが、亀山君卒業後の初の通常回でどの様にストーリーが展開するのかが当時は心配でしたね。
    前回の姉川さんみたいに右京さんの日替わりの相棒がまた登場するのか?不安だったのを覚えています。
    しかしそれを見事に逆手に取った(亀山君の存在を忘れさせてくれる様な)素晴らしくも面白い内容だったのでビックリ致しました。
    1時間枠で「拳銃立て籠り事件」・「誘拐事件」の両方を右京さんの見事な気転と洞察力と推理力で解決するのを釘づけになって観てしまいました。
    今回の右京さんの相棒はさしずめ組対五課、また角田課長ってところでしょうか。
    連携プレイが見事でした。
    しかし今回は捜査一課トリオもたまきさんも不在でちょっと残念って感じはしましたが。
    前半の立て籠り事件の方は、
    *大木さん、お約束の防弾服着用で怪我もなくて良かったね。撃たれた所を触って「アツッ!」って(笑)。
    *犯人の長嶺に人質にされたおばさんにはちょっとムカッとしたかな。「捕まえなさいよ~!」って、ウザいね。
    後半のメインの誘拐事件は、
    *藤堂宅を外から覗き込んでいる右京さん。
    家政婦さんに驚かれても、「怪しい者ではありません」ってね~、・・・・・おもいっきり不審者じゃっ!(爆笑)。
    *右京さん、メールをいくらなんでも早打ちし過ぎるでしょう。有り得ない速さだわね、まったく。誤字脱字とか大丈夫かな?(笑)。
    しかもそのメールは後で狙いすましたかのように、早川が携帯を使うのに合わせてバレないように五課に送信ってね、右京さんならではの頭脳的プレイです。
    *人質のアリサちゃん無事に釈放され、犯人も逮捕で事件解決かと思いきや、真犯人はなんと右京さんの隣にいたにせ神奈川県警の早川だったと言うどんでん返し。
    参りました。
    全ては犯罪美学にこだわる早川の仕組んだ事、「拳銃立て籠り事件」さえ近所で起こらなければ早川の計画は成功してたであろうね、きっと。
    *最後の右京さんの小道具の「指錠」って言うのかな?使ったのはこの回だけでしたかね?
    *右京さんの言うように、藤堂夫妻やアリサちゃんの心に一生消えない傷をつけた罪は大きいと思います。
    その時点で既に早川の言う犯罪美学は成り立ちませんし、本当に誰も傷つかない綺麗な犯罪なんて有り得ないでしょう。

    面白さも見ごたえも充分な満足できるストーリーだけに台風情報のテロップが最後まで邪魔して非常に残念な気分でした。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。