Season15 第9話 「あとぴん~角田課長の告白」

27件のコメントがあります

脚本:宮村優子 監督:橋本一
ゲスト:相島一之

産廃場で光田(樋渡真司)という男性の撲殺死体が発見された。光田は組対五課長・角田の中学時代の同級生で、20年前に家族のもとから姿を消して以来、ずっと消息が分からなかったらしい。角田によると、光田の妻は当時の恩師・小林(柴田次郎)の娘で、病床に伏してこん睡状態の恩師のために、一刻も早く情報がほしいという。

第9話 「あとぴん~角田課長の告白」はいかがでしたか?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

  

27件のコメント・感想があります

  1. 最後にひとつだけ さん

    今回は事件そのものは非常にわかりやすく簡単なものでしたね。相棒でこの手の事件を扱うときはだいたい反対勢力側の内通者の犯行と相場が決まっていますし、あとバーや喫茶店のマスターの犯人率も妙に高いという。
    あのマスターの写真の仕草は視聴者に気付いてくれと言わんばかりのオーバーアクションでしたから。
    細かい点では角田課長の釣り好き設定がまだ生きていたことや何のために登場したのか全くわからない青木、「エッチ」発言以外何一つ出番のなかった愛人が不思議だったくらいでしょうか。

    さて次回は恒例の元日SPですが、予告では物語が何一つわかりませんでした。
    一応仲間由紀恵や大杉蓮も登場するようですが、彼らの根幹に関わる部分はどうせ最終回まで引っ張るだろうから顔見せ程度の役柄でしょう。

  2. 匿名 さん

    香田さんの写真が合成なのは意外でした。
    あとぴんは中々鋭いですね。
    また、子供の頃の夢を持ち続けることは素敵なことだと思います。
    あとぴんに写真を見せるのは間に合いませんでしたが。。

  3. いせうこ さん

    シンミリとした話で良かったと思います。年内最後にふさわしい静かな作品の中で、山西さんの熱演が光っていました。
    元日スペシャルは真野さんですか。予告、ストーリーともに面白そうで、去年のように下手にスケールが大きくないのもあって期待大です

  4. 重冨穂奈美 さん

    ストーリーとして素晴らしいものでした。人のの感情がよく伝わるようなものでしたね〜それと怒鳴り込んで入ってきたあの愛人が意外な発言をしてきたのがびっくりしました‼️私が見たときは伊丹さんが何をやらかしていたのかよくわかりませんでした。次回は元旦スペ、楽しみです。それまで放送がお休みだから残念。

  5. Endymion さん

    くっ、暗いな~。
    やはり宮村さんの作品だけあって、僕好みではなかったのが悔しいね。
    最初から予感はしてましたが、折角の角田課長回だけに
    予告編ではちょっとは期待もしましたが、残念!。
    天文こと光田さんを殺害した犯人も途中で喫茶店のマスターだろうな~なんて予想もしていて見事に的中してしまったし。
    ただ、天文さんの最後に撮った写真を病床の恩師のあとぴん小林先生に見せようと課長が病院に急いだが、間に合わなかったシーンはちょっと悲し過ぎたかな。
    無念さにぐったり座りこむ課長は印象的でした。
    最後に右京さんが課長に語った真相は、課長ははぐらかしてましたが、真実だったのではないかと僕は思いますよ。
    今回は、
    *除け者扱いされた亘ちゃん
    *突然キレる女にビビりまくりの伊丹さん。
    あの女の一体何が写っていたのだろう?だいたいの予想はつきますが、おそらく・・・(以下省略)。
    *写真部時代、角田課長は仲間からどう呼ばれていたんだろうか?
    *課長の「花の里」シーンは初めてかな?
    *申し訳程度の登場しかなかった青木君と益子さん。
    ぐらいかな。
    この作品の評価は2点にします。
    あまり宮村さんには期待しないほうが良いと改めて思いました。

    次回はいよいよ元旦スペシャル。
    真野さんの脚本ですね。
    三年連続ですか、担当されるのは。
    ゲストは「古畑任三郎」のチョイ役や、「遺留捜査」の佐久間刑事で有名な八島智人さんや、映画「ドカベン」の永島敏行さんですね。
    初回のラストシーンで死体を埋葬していたフード男も出るのかな?
    予告編でそれらしいのが映ってましたが。
    社課長のヤロポロク問題の伏線の続きはあるのかな?
    あと警視総監が永島さんになっていて、じゅさぶろうじゃないですね。
    じゅさぶろうは引退されたのかな?
    とりあえずは元旦までは来週からの相棒セレクト再放送や、科捜研の女シリーズ3を楽しむ事にします。
    ではまた。

  6. 和製ワトソン さん

     課長たちが部活している姿、楽しそうでした。その時の星空、てんもんさんが最期に撮った星空、きれいでしたね。しかし、天文さんは殺され、あとぴんは彼が立ち直った事を知らずに息を引き取った。悲しいラストでした。せめて天文さんが生きていれば、少しずつでも昔を取り戻せたのかもしれないと思いました。
     毎年恒例の元日SP、気になった点を幾つか
     右京さんが「僕としたことが!」と言ったらほぼ真野さんの脚本。
     特命係、黒水町に異動→事件の真相を右京さんに暴かせるために上層日の誰か(甲斐峰秋?)が送ったのか?
     警視総監宛のラテン語の電報→ロシア語?→ヤロポロク?
     総監役の永島さん、カシオペア事件以来、確か二度目の出演だったような…
     まあ、ぼくの推理はほとんど当たりませんからね。多分外れるはずです。
     次回は相棒キャスト総出演ですね!
    期待して観ようと思います!

  7. ユッキー さん

    これ、『遺留捜査』でやった方がいいような…。

    今回のストーリーは、『遺留捜査』の”事件の謎解きよりも被害者の遺した思いが最後に明かされるのが主眼”というフォーマットならば生きた話かもしれません。
    被害者が最期に何を撮ったのか?
    初めからそれが今回のテーマだと明示されてれば一本芯の通ったストーリーになったと思いますが、右京は糸村のように事件をほったらかしてその遺留品にばかり固執するキャラ設定ではないのでその展開にはならず、全体にボンヤリした感じです。

    『相棒』は時にはミステリー、時にはサスペンス、または社会派やコメディタッチや果てはSF風まで様々なストーリーを描き続けて人気を博してきました。
    しかし、ストーリーのジャンルが変わればその面白さを伝えるフォーマットは当然変わります。
    歴代の名作を生み出してきた脚本家の方々は、ちゃんとそれを使いこなせるテクニシャンでした。
    今回の脚本家は、『相棒』で『遺留捜査』のようなストーリーを展開する場合はどのようなフォーマットにするべきか、きちんと考えずに何となくやってしまった感がありますね。

  8. mirimiri さん

    切ない回でした。
    課長は恩師「あとぴん」が大好きだったんですね。
    喫茶店のマスターのカメラを構えるポーズ。あれで「あれっ」と思ってから、どうやってこの人が犯人だと繋がっていくのだろうと気がそれてしまいました。
    犯人逮捕の結末としてはあっけないものでしたね。
    ストーリー全体は、角田課長の悲哀が締めました。
    恩師の死に間に合わなかったと知り崩れ落ちる角田課長。
    その後しんみりでした。
    そんな切ない内容だったのに、私の脳裏には、「エッチぃ?」と言う伊丹さんのアップが・・・
    う~ん。あのシーンが一番印象に残ってしまった。

    ところで、角田課長だけあだ名が紹介されませんでした。きになります。

  9. ばかんす さん

    人生はボタンの掛け違いで変わってしまうものなのですね。そしてよほど精神力の強い人間でなければ、真実を墓の中にまでもって行けずだれかに吐露してしまう、でもそれが普通の人間ですよね。今回はそんな事を考えさせられるお話でした。ドラマとしては最後の5分、10分位から、だーーーっと殺人に至るまでの過程や、写真部関係の真実を語る運びだったので、ちょっとせわしかったかな、と思いました。あとは、途中からあだ名で人物を呼ぶようになったので、所々で誰の事を言ってるか分かりづらかった様に思いました(私が年とったせいかな?)でも写真部の中の誰かが犯人じゃなくて良かった!それだけが救いだったかな…最後、角田課長が写真を見せようと爆走した後、間に合わずがっくりうなだれてるシーンはやりきれませんでした。長文・駄文、失礼いたしました。

  10. ダイオウイカ さん

    私は今回のお話は好きでした。
    文系部活の空気感を期待していたので、その点で大満足です。今回はミステリーとか推理とかの面は、元々添え物なのだと思います。遺留捜査は見ていないので、そこも気になりませんでした。
    何より、写真部の面々の雰囲気が良くて。角田さんがその一員であることが嬉しかったです。キャラがブレたり崩されたりすることもなく、むしろ深まったと感じました。近年では、キャラが崩される一方だったので…ごめんなさい。
    暗い…かなぁ。澄んだ冬の夜空みたいに、それまで見えにくかったものが、きらきら見えてくる、そんな印象を受けました。
    大人と中学生時の役者さんが何となく通じる面影があって似ていて、それも良かったです。

    何だかピントがずれてるんだけど、後で正しかったんだとわかる…だからあとぴん。
    後ろの方にいる生徒にピントを合わせて見ている…だからあとぴん。
    学生時代にこういう先生に出会えたら、幸せだなと思いました。

  11. そら佳吹 さん

    今回の総合評価は、90点でした。今年最後の作品としては、結構よい感じの作品でした。が、やはり最後は「花の里」で終わってほしかった……。特命係での男3人の顔で終わるのは、ちょいと味気無いでしょう。でこれが、マイナス5点です。
    もう一つのマイナス5点は、てんもんが最後に撮影した写真を持った角田課長が病院に走ったシーン。病室の前で家族が主治医に会釈している。看護師が名札を外す光景を見て、課長はガックリ! あとぴんが他界した――。しかし、これでは寂しい……。出来れば、家族が病室に入った後、課長が、そーっと覗くと、顔に白布をかけられた、あとぴんが横になっている寝台の傍で家族が悲しんでいる。それを見てから傍の長椅子に課長はガックリ座る。こうすれば、あとぴんに対する家族の本当の気持ちが表せるのです。
    本当は、それぞれマイナス10点ずつにして、総合評価を80点にしてもよかったのです。が、今年最後であり、内容がなかなか良かったので、あえて割引きました。
    冬の夜空をながめて、満天の星々に想いを寄せる……。私も若い頃、ニコンのカメラで撮ろうとした1人です。今の時代では、なかなか難しい光景ですが……。
    あとぴんが使っていたカメラが何だったか分かりませんでしたが、私にはニコンのカメラに思えました。
    古いカメラと古いフィルムの話をからめた、なかなか良いストーリー。
    てんもんがフィルムカメラを持っているところを見た犯人の矛盾を、追詰める杉下と冠木のシーンも、いつもの鋭さがあって申し分なしです。
    来年、正月元旦の特番に期待します!

  12. sonic さん

    角田課長は、かつてSeason4「天才の系譜」にて、右京さんの姪の花さんが撮影した写真に「俺は写真にはちょっとうるさいよ」とおっしゃった上で、批評していましたので、やはり写真の腕前はあったのですね。
    写真部を題材にした作品という事で、Season11「同窓会」を思い出しました。本作も二人の人物の少年時代の過ちが背景にありました。
    「天文」こと光田さんは、仁藤さんとの再会、ラストで右京さんがおっしゃった推論からの角田課長との接触などから、光田さんお気に入りの天体写真で、義父である恩師の小林先生への懺悔と和解を望んでいたのかも知れません。ただ、角田課長が小林先生に届けようとした、光田さんの想いが届かなかったのが残念です。
    本作を拝見して、前半は平凡なシーンが目立つも、終盤は角田課長の熱い想いもありとてもよかったです。これもある意味、「あとぴん」になるのかも知れません。

  13. 緋沙 さん

    角田課長ファンとしては、大満足でした!

    部活メンバーで楽しげにワイワイしてる感じが、よく出ていたと思います。仕事や日々の雑事に追われ、なかなか会えませんが、会うとすぐ昔に戻れる、、特別な関係なんですよね~。

    中学時代の友達の字を判別できる、というのは少し無理があるように思いましたが(笑)

    元日スペシャルを楽しみに待ちたいと思います!《私も元旦と思ってました、、mirimiri さん、ほんとに博識ですね!》

  14. さら さん

    「生き直そうとした」2人の男と、彼らを陰で精神的に支えたあとぴんの存在が、緻密に印象的に描かれた回だったと思います。最初のほうで「あとぴん」になったカメラワークがあったり、音楽が「真実の翼」と「事件の果て」だったりしたのもあって、脚本以外もいつも以上に気合が入っていたように思えました。歳をとってお荷物になる一方の嫌なおじさんおばさんたちのことが話題に上がることはあっても、今回のお話のように「生き直す」ということをテーマにしたポジティヴな話は少ないのではないでしょうか。その意味で、いいお話が見られてよかったです。脚本家の方、2回目のようですが、杉下右京という人物を使ってそのテーマを見せてくれたのはとてもよかったと思います。

  15. ピエール さん

    相棒の数ある作品の中でも、ここまで角田課長がメインになるなんて初めてで、また物悲しいゲストの皆さんの思いにしみじみしてしまいました。
    視聴前は脚本が前作は残念だった宮村さんだけに大して期待してなかったんですが、予想外に良かったですね。
    喫茶店のマスターがわかりやすくて謎解きとしては物足りないとは思いました。
    部長への言い訳や右京の扱いと角田課長は意外に切れ者というかしたたかで、友達や恩師を大切にするいい人。
    奥さんとも中学からの付き合いだなんて一途な人だし、人付き合い悪そうな益子さんと釣りにも行ってる!
    相島さん久々なのに今回も暗い役柄でしたね。
    光田役の樋渡さんは亀山最後の事件の被害者役以来でしょうか?
    奥さん役の松永玲子さんはS10初回スペシャルの大沢樹生さんの奥さん役以来でしょうか?
    次回、元日スペシャルが楽しみです!
    個人的には八嶋さんに注目です。
    公式サイトのあらすじを読んだだけでワクワクします。

  16. ネコ さん

    あとぴんて
    この教室内でのいじめとか、あろうことか教師までがいじめに無自覚に加担している昨今、
    普段はいろいろな意味において目立たない子たちにピントを合わせて、(優等生や目立ちたがり屋だけじゃなくて)どの子も大切にしていたってコトですよね。

    でもシーズンを重ねるごとに、シナリオが回りくどくて。
    もっと単純にスッキリ、見ている方が頭を使わなくても、情況が見ている私に飛び込んできてほしいんだけれど。
    セリフでの説明には辟易する。

  17. AAPA さん

    課長ってまだ50前だったんですね。(笑)
    でも、そう考えると始まった当初は35歳で課長。かなりのエリートだったんですね。
    そもそも警視庁の刑事部長、参事官、課長が15年以上も異動しないということは絶対にあり得ません。
    それを容認してるんだから、脚本に文句を言うのはちゃんちゃらおかしいですよ。

  18. ネコ さん

     現実の時間は15年目だとしても、テレビの中では、もしかしたらまだ4年目の事件を扱っているだけかもしれないです。私たち視聴者が生きている現実の時間と、ドラマの中での時間経過は違います。特命は人材の墓場ですから、それぞれの相棒さんたちがドラマの中で半年で変わっている設定だったら(←あり得そうもないですが)今はまだ2年目かも、です。(役者さんの肉体はモロに時間経過してしまうので、そうは見えないですが)

     *2度目ですが、内容により、こちらに投稿します。

  19. 日下部 さん

    暗すぎ。
    明るさが欲しい。音楽初期に戻すか?
    課長の過去は期待したが、眠くなるし、ウトウトしたら右京のセリフばかり。
    量がハンパなく、掛け合い、テンポが欲しい。
    シンミリだわ、相棒らしくなく、亘はほぼ不要扱いで可哀想。
    視聴率今期最低は納得のテンポの悪さ。
    もう少しの工夫で名作になったかも。
    ザ相棒らしい話を期待!
    それにしても、カイト〜!

  20. M.S. さん

    録画したものを見直してみたら
    話がスッと入ってきました。
    皆さんがおっしゃってる通り、
    後半の右京さんのセリフが
    多すぎて1回見ただけでは、
    心情が理解しにくかったです。

    1枚の写真が人生を変えてしまう
    という話。
    不誠実なことをしてしまい、その
    呵責で好きな写真をやめてしまう。

    一方で、仲間を裏切っても平気な
    喫茶店のマスター。

    真面目で純粋な人ほど後悔があとに
    響く。許してあげてほしい。

  21. Zone さん

     事件自体は大したことなく,犯人も最初に怪しさ満点で出てきた喫茶店のマスター,それでいて残された謎を暴く.他の方が仰っていましたが,まさに遺留捜査チックな内容でしたね.遺留捜査自体は,毎回そうした内容だったので個人的にはそこまで好きではなかったのですが,多様な分野に手を突っ込む相棒なら仕方ないと思いましたね.
     今回の内容ですが,天文,あとぴん,二藤ぐらいに絞ったため,課長の写真部仲間や反対運動家はちょろっとだけ出てきてこの中に犯人がいるから出しておこう感覚でしたね.課長の写真部仲間が犯人でなくて少し課長は救われましたかね.芹沢君の事件で,芹沢君の仲間全員共犯だったとかいうのがありましたから,もしかしたら写真部仲間に犯人いるかもねとは思いましたが,申し訳程度の登場だったのでそれはないなと.
     犯人はマスターで済ませておいて,その裏の謎を暴くというのが今回のテイストでしたね.あとぴん何でも知ってて凄いですね.最近は,無駄に生徒を知ろうとすると面倒なことに絡まれ,逆に知ろうとしなくても責められ,教師も大変だなと思いますが,あとぴんは生徒に愛されていたんですね.生徒のことを知り,家庭も養うとは嘸かし大変でしたね.
     ただ,あとぴんが合成していたのをなぜ当時の警察は気づかなかったんですかね.それを証拠に捜査する以上,合成の有無を鑑識が調べるのは当然のことと思いますが.犯人が自供したとしても,その裏付けをしっかりするのが警察の役目のはずですがね.
     角田課長のダッシュで病院シーン.悪いけどタクシー使った方が絶対早いです.それとも駅の近くだったんですかね.川沿いを走っていたのでとても駅の近くとは思えませんでしたが.川沿い走るシーンは無駄な演出のように感じましたね.そして,最後は間に合わないというのも相棒の悲しい終わり方ですね.
     以下,キャラ関係.
     角田課長の規律違反というから大河内出てくると思いきや出てきませんでしたね.元日スペシャルにも名前がなかった気がしますし,今季本当に出番なしですね.そろそろ出てきて欲しいです.
     課長が嘘で冠城を青木のところに行かせましたが,青木の調査能力を知っているんですかね.それを知っていて,青木のところに行かせて調べさせたのだとすると策略家ですよ.
     課長の初花の里,チョッキのルーツに大活躍といい,今回は課長のための回でしたね.伊丹や芹沢,米沢,大河内関連の事件はこれまでにありましたが,課長関連の事件は初ですかね.伊丹と米沢は映画主演があるので,来年あたりに課長主演の映画でも作ってみると面白いかもしれませんね.
     元日スペシャルは1話以来の衣笠,社,甲斐の登場ですね.伏線をそろそろ進めて欲しいところなのでちょうどいい感じですかね.後は来年にどれぐらい伏線を巻いて,最終話付近で回収するかといった感じですかね.

  22. ころんぽ さん

    不覚にも涙してしまいました。いい人間ドラマを見せていただきました。
    ミステリとしては、時間があれだけ余っているのに犯人が奥さんで終わるわけもなく、
    とすると、消去法で真犯人の予想は容易にできてしまいますね。
    それから「あとぴん」の描き方が不十分なのが残念でした。
    生徒からあそこまで慕われた理由が表現できていないと思います。

  23. 匿名の特命 さん

    普通に面白かったどころか今期トップクラスで良かったぞ…!
    宮村優子さんの本気を観た…
    課長の過去話からの犯人探し、そして次々と明らかになる真相とラストの濃密な右京と課長の会話…
    久しぶりにレギュラーキャストの演技で鳥肌が立ちました!!
    内容も抜群に良かったし演技面でも満足です!
    内容は星4!!

    【感想】
    「光田が死んだ理由」を丁寧に紐解いていく構成がにくいね〜
    中学の頃に出来心でした不正が先輩をドン底に突き落とし、それを恩師兼義父に見張られてると錯覚し最愛の妻子にも会えない精神状態になるっていうね…
    その重荷を解いたのが仁藤と課長…
    そしてその2人が光田と出逢ったり分かり合ったりした背景には必ずあとぴん先生がいる。
    まさにピントはズレてるけどあとから正しい事が分かるというのを内容でちゃんと描いてる!
    光田が先生の娘と結婚したのは罪悪感関係なく本当に娘が好きだったからだという事も星観察回想で察する事が出来る。
    そこを全部説明せずに何となく視聴者に示唆する程度にしたのもgood!
    ただ今ひとつ腑に落ちないのは「仁藤が光田に暴力を振るっていた」という説明がされてなかった事だな…
    話の雰囲気•構成•展開が素晴らしかっただけに説明必須な部分への説明不足やミステリー面はやや弱いのが難点。
    ただ『スポットライト』の汚名返上には充分なりました!!

    特命係はもちろん課長大活躍で嬉しい…!
    今までキャラ回ゼロだった課長の初キャラ回だったけどこんなに素晴らしいものにしてくれて感謝しかない。
    特命係も引き立て役にならなかったし、杉下の「真実の追求は犯人逮捕ではない」は近年の『相棒』だとトップクラスの名言だと思う。
    結局あとぴん先生と特命係は絡まず、課長達の回想でしか先生はキチンと動かなかった…
    こういった部分も物悲しくて好み。
    あと全体的に詰め込み過ぎな印象はあったけど、伊丹や写真部5人衆で緩和時間を入れてるのも有難い。
    …正直説明が多かったのも事実だったから肩の力を抜く時間は本当に大事。

    【小ネタ&雑感】
    •課長が写真に五月蝿い理由判明
    •芹沢の「エッチじゃないよ!」という謎フォロー
    •テンモンとあとぴんしかアダ名が無い
    •最後の右京とのやり取りで課長の眼鏡が反射して眼を視聴者へ見えなくさせてる演出は神
    •橋本監督感あんまりなかったな…

    【次回】
    来年も元日SPやるようで一安心。
    警察官失踪事件というのは面白そうだし社や衣笠や峯秋はもちろん大河内も活躍というのは楽しみ!
    脚本家同士で連携して縦軸をキチンと回収してほしい。
    しかし去年は良かったが今年の『英雄』は正直つまらなかったので真野さんも汚名返上名誉挽回してほしいところ。
    …ただ田丸寿三郎警視総監はどこへ行ったのでしょうか?
    S13『ストレイシープ』で田丸さんの名前は真野脚本で出てるから普通に年齢で退職したのかな?
    暫く『相棒』ロスなので首を長くして楽しみに待ちます。

  24. 匿名 さん

    角田のパンダとかベストとか釣りとか写真とか、初期からの小ネタ拾ってるよね。鑑識の米沢も釣りしてた=鑑識の益子も釣り仲間、みたいな連係小ネタもツボった。
    最後の右京との会話も、カッコよかったよ。角田はこういう一筋縄ではいかない奴だったって、思い出した。能あるタカはツメを隠すってね。若い冠城じゃマダ足元にも及ばないよ。
    ワタクシ、悪評高き前作見てないんだけど、この脚本家、相棒好きなんじゃない?ファンのツボどころ押さえてるんじゃない?
    または前の悪評受けてそのあと猛勉強したんだったら、それはスゴくファンにはうれしい事でしょ。いい脚本家だと思うよ。

    他の部員もあだ名あったよ。人物写真のキシンとか。篠山紀信だね。中坊が人物で連想しそうなコトだってところもツボだな。

    掲示板でチャチャ入れちゃってゴメンナサイね。

  25. ぴかぴ さん

    年末年始~春にかけてがブラックとなる仕事をしているので、ようやく見ることができました。
    …泣けました。
    今年あった色々な事を思いつつ、角田課長の友達を(ひいては人を)大切に思う心に、癒されました。(事件なのに)。今年最後にふさわしい『相棒』でした。
    それにしても大河内さん、出ませんね~。明日は登場するかしら?

    また今から職場にリターンでございます。年明けは職場です。
    皆様、良いお年をお迎えください。新しい年、『相棒』ファンの皆様に良いことが沢山ありますように。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。