Season20 第15話 「食わせもの」

22件のコメントがあります

脚本:山本むつみ 監督:橋本一
ゲスト:風間杜夫

繁華街のゴミ置き場で男性の刺殺死体が発見された。被害者の風体から、カタギでないと踏んだ警察は、暴力団絡みの事件を視野に捜査を始める。いっぽう、都内マンションの植え込みで、男性の転落死体が発見された。その映像を動画サイトで見つけた青木(浅利陽介)は、映像の中に、5年ほど前、特命係が詐欺で逮捕した平井(風間杜夫)という男が映り込んでいることに気付く。

Season20 第15話 「食わせもの」はいかがでしたか?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

  

TELASA for Prime Videoで見る

22件のコメント・感想があります

  1. 最後にひとつだけ さん

    相棒で詐欺師が出てくる回はだいたいその詐欺師も騙されている、というパターンでしたね。
    「せんみつ」のように登場人物がみな大噓つきでありながら、意外にも温かみのあるオチだったのは新鮮でよかったです。
    そういえば風間杜夫氏演じる詐欺師・平井はすでに刑期を終えて出所しているという設定になっていましたが、前回登場した「出来心」からもう5年以上も経っていたんですねぇ。
    本当に冠城って長いこと相棒やってるんだなぁと実感します。

  2. Endymion さん

    文句無しに面白かったですよ。
    詐欺師平井さん、また出てきそうな予感しますね。
    でも最初から桜田美月さんが怪しいとは思っていましたから、やっぱりか!ってなりましたけどね。
    桜田父の最後の言葉も、偽者でもけっこう楽しく過ごせたってのは、前々回の死者の結婚の時と何か通じるものがありますね。
    美月役の関谷奈津美さん、演技上手かったです。
    あと工藤役の玉置さん、season14の秘密の家にも佐竹役で出られてましたね。
    今回は本当に良かったです。
    ただ、留美子役の内田慈さんが出なかったのは残念でしたが。
    さて16話は「ある晴れた日の殺人」ですね。
    徳永脚本に期待してます。

  3. 重冨穂奈美 さん

    風間社間さんの再登場で、また面白い話が出てきそうな予感がしました。とくに風間社間さんの演技力が昭和の古い感じを見せてくれたところよかったと思います。前回の出来心でらくだの会を偽って、お金を寄付していたけど、今回はなんとマンションの管理人でかつ、いろんな犯罪行為の加担に追い込まれたキャラが面白かったです。襲撃されそうになった親子も特命係の2人が助けに入ったところもよかったと思います。捜査一課との連携プレーが今回の事件で解決に至ったこと。それが何より一番信頼できる捜査一課に頼んでやってくれたことが一番大好きな場面でした。住宅問題の事故物件やマンションの敷地内でのスケートボードの悪質行為は一番やってはいけないこと。そこだけは、かなり怒りを覚えてしまうほどの憤りと言語道断に近いと思います。次回は再来週になってしまうのかな?そこもまた楽しみです。

  4. 金ちゃん さん

    「ヤク(薬)なんて下の下よ」
    前回登場時も同様なことを口にしていた平井貞夫(風間杜夫さん)を言い表すセリフですよね。悪さをしても絶対に一線は越えない。
    今回は騙される側になりましたが、平井がお人好しの性格であることを考えると、実は平井自身がかつて誰かに騙され、酷い目に遭わされたから「今度はこっちが騙す側になってやる」と歪んだ道に進んだのはそのため?と、勝手にストーリーを想像しました。゛相棒゛がまだまだ続くのなら吉田三郎(松尾貴史さん)同様に再々登場もありえますね。
    樋浦勉さん、ブルース・ウィルスの日本語吹き替えもされているベテラン俳優さんで「もったいないな」と思っていたら、最後の最後の場面で魅せてくれました。
    ゛騙されていると気付いているのに、わざと騙され続ける゛まさに、食わせもの。
    梅田真知も改心するかな。

  5. 冷凍イカ さん

    全体的には好きな感じの話だったんだけど、
    車椅子の前に立ち塞がった平井さんとナイフを持った運び屋が組み合えるわけないぞと。
    捜一が出てくるの遅いし、普通なら平井さん刺されとるわ。(それがドラマなんですけど)
    最後も体力がある30代男性を女性警察官1人に任せて男2人で初老の詐欺師を確保って…
    脚本じゃなくて監督の問題だと思うけど、ちょっとね。

  6. セフォー さん

    クオリティも俳優さんの演技も安定していて、安心して観れるいつもの相棒でした。風間さんも良かった。ただ今期、ピリッとした話が少な過ぎて不安です。冠城退場のイメージがわかない。最近の感じだと下手したら次次回くらいから前中後編スタートしそうだけど、、。本当にブラックパールで来るのかな。。

  7. 朱雀 さん

    風間杜夫演じる平井さん、犯罪に手を貸すの? やめて、思い留まってくれ、と思いながら見てました。微罪に協力したものの、期待通り特命に打ち明けてくれて良かった。
    最後にもう一度ひねってくると思ったら、案の定、成りすましの女詐欺師ねえ。あのコスプレ写真はいらないと思いますが、まあ、詐欺師の正体バレて、さらにひねった着地かと思ったら、あら、人情物で落とす? うーん、悪くはないけどどうかなあ、と思って見てると、娘役・桜田美月が「娘の顔がわからないほどボケてないのは気づいてた」このセリフが良かった! そうかあ、騙す方も騙されてる方も承知で家族を演じてたなんて。ジーンと来ました。

    平井がナイフ持ったチンピラに立ちはだかる場面、あれだけ刑事がいるのに何で平井より遅いの? と思いました。しかし、あの場面があったからこそ、最後の亘くんの「恋を失った」発言が納得いくものになってたと思います。平井の恋心、わかります? 同じようにしょぼくれた初老の私には痛いほど理解できます。大半の人にはわからないかなあ。

  8. さら さん

    私だけかもしれませんが、成り代わっていたというオチが「死者の結婚」の二番煎じに見えてしまって、そこで興ざめしてしまいました。どうもこのパターン、相棒ではわりとないですか。似たような構造が近くに配置されてしまうってやつです。「死者の結婚」の印象が強烈すぎたので、どうもこっちはそこで集中力が切れてしまった。

  9. KHKF さん

    良かったです!話の筋自体はだいぶ読みやすい王道なものだったと思うのですが、最後の最後に桜田父の「真意」で捻りを入れてきたのがさすがですね。
    梅田真知も、いつも通りの豹変する悪女キャラかと思っていたら、この桜田父とのやり取りによって、彼女の人間らしい「情」がきちんと伝わってきたのが嬉しかった。山本むつみさんらしい、人をステレオタイプに落とし込まない、多面性ある良い脚本だったと思います。
    個人的に「人はやり直せる」というメッセージを持った作品が好きなのですが、今回は梅田真知にしろ平井にしろ、彼らの未来に希望を持つことのできるラストで本当に良かったです。

    平井も前回に続き憎めない小悪党らしさと人の良さがよく出ていて、好きなキャラですね。ぜひ今後も準レギュラーとして登場してほしいです。

    花の里での「詐欺師を騙した右京をも騙した彼が一番の食わせ者」という台詞も巧かったです。

    唯一気になったのは、平井の今後について、「管理人の仕事も続けられるでしょう」と結構雑に片付けられていたことですかね。まあ平井の今回の行動原理は仕事云々より桜田美月への想いによるものなのでここが雑なのは仕方ないかもしれませんが…
    管理会社がブラックみたいな話も途中で出てましたし、おいおい本当に大丈夫なのか??と心配になってしまいました。

    次回予告は徳永さん脚本ということで非常に楽しみです!
    次回予告がいつものテーマ曲の後に珍しく「終わりの始まり」を流していましたし、監督も橋本さんということで、これはかなり力を入れて作られているのではないかとワクワクします!タイトルもなんか意味深。
    次回予告だとなんかどんでん返しものっぽいというか、右京さんも操られる完全犯罪ものという感じですね。(徳永さん脚本ということで南井の影を連想してしまいます…)

  10. あいぼー さん

    山本さんは最高の脚本家ですね!
    このほっこり感こそが、相棒です!

    大きな事件だけでなくとも、この感じが好きです!

  11. チョコミント さん

    桜田さん役の樋浦勉さん、名作のひとつ『黙示録』の神父さん役で出演してらっしゃいました。風間さんといい要所要所でいい俳優さんを出してくるのも相棒の醍醐味だと思います。

  12. べーやん さん

    詐欺師でありながらも一線を越え過ぎない男・平井
    貞夫の再登場編。5年前の事件の刑期を終え、なぜ
    か築40年ぐらいの中古マンションの管理人に収ま
    って、住民からの苦情にハイハイと真摯に耳を傾け
    ながらも、いつしか恋と犯罪の渦中へと巻き込まれ
    ていく。もう最初から最後までが風間杜夫の独壇場
    。怒号おばちゃんに怒鳴られている序盤、笑顔の桜
    田美月がスローモーションで走ってくる姿をデレッ
    とした腑抜け顔で迎える平井のアップ。このベタな
    シーンの滑り出しによって本作の成功は決まったよ
    うなもの。昔の詐欺仲間と殺人犯である運び屋に目
    をつけられた桜田親子を救うため、考え抜いた挙句
    が「そうだッ、駆け落ち。ここは逃げの一手だ!」
    と、突然に始める美月との逃避行の妄想シーンも笑
    わせる。山本むつみ氏作品は登場人物たちが本筋の
    縛りを取っ払ってハメを外して突っ走った時、面白
    味が格段に跳ね上がるという側面がある。その色合
    いが一番顕著だったのが「人生最良の日」という事
    にもなる訳だけど、この要素が一切なくて物足りな
    かった「かわおとこ」とは一転し、本作は山本むつ
    み氏のお茶目な一面が平井貞夫を通じて十二分に反
    映され、ラストの美月と成一との擬似家族的な絆と
    温もりというホロっとさせられるエンディングも含
    め、心地よい感触の着地で締めた。今後も、平井の
    妄想シーンがさらに長くなっていき、「何でそうな
    るんだよ」的に暴走していく爆笑回がまた観られる
    といいのになぁ、などと願いつつ、今回の「食わせ
    もの」には、限りなく4つに近い★3.5を献上。
    さて次回は、元男闘呼組の(とか言ってる人はもは
    や居ないけど)高橋和也をゲストに迎えての、いよ
    いよ真打ち・徳永富彦脚本による「ある晴れた日の
    殺人」という事で…何でこんなに待たせるの?と、
    ほんのひと言だけ愚痴を言わせて貰いまして、期待
    に胸を膨らませつつ、某他局の月曜9時のモジャモ
    ジャ頭のミステリ番組で気を紛らわせながら、次回
    の相棒を心待ちにしたいと思います。^^

  13. toshi26 さん

    えーっと、水漏れ調査のシーンは、要するに部屋の中にいた4人中3人が詐欺師だったということですよねw
    後で考えるとなかなかのシーンでしたねw

  14. たつろー さん

    一人芝居を観に行ったら、舞台上で「こんなのつけてられない。」とマスクを外して熱演していた風間さん、あまり有名でないけど不動産屋役で出ていたGOODMANさん、と好きな役者さんたちの名演技が多く見られた回でした。
    コメディー回と考えればとてもいい出来だったのではないでしょうか。しかし、冠城卒業のにおいがまったくしてこないのは、一体なぜ?
    どういう結末が待っているのだろう。

  15. 2304 さん

    これ、誰も死なない話にもできたんじゃないかなぁ。
    冒頭で殺されてたヤクの売人とか、自殺した青年とか本筋にあまり関係なくて、特命係を引っ張り出すだけのネタにしかなってない。
    マンションのボヤ騒ぎかなんかのニュース映像とかで足りたのでは。
    ほっこり系のストーリーだっただけに、安易に人を殺しちゃうのってどうなんだろ?って思いました。

    やさしい娘の顔からの、開き直った詐欺師の顔からの、最後にまた娘の顔。
    その演出と関谷さんの演技、印象に残りました。
    エンディングの桜田さんのセリフ、「ニセモノでも楽しかったんだよ」にはジーンときました。
    愛すべき詐欺師・平井。さすがです。良かったです。再々登場を期待します。
    管理人を続けられるなら、あのオバサンとこの水道修理はさっさと済ませてあげたほうがいいな。
    ★★★★★

  16. sonic さん

    詐欺師の平井さんの機転で、薬物の売人相川と不動産詐欺師の工藤が逮捕され、一件落着かと思いきや、このマンションにはもう一人詐欺師がいた。ラストでの逮捕劇には、そのもう一人の詐欺師、桜田美月こと梅田真知さんと桜田成一さんとの、他人なのに真の親子を超越した絆があったという事実を垣間見た所が印象的でした。
    もしあのマンションで転落事故が無かったら、もし転落事故現場での動画が無かったら、もしマンションの空室を使った置き配が無かったら、もし空室の前にある他人の荷物に手をつけなかったら。偶然が重なり、ネットに流された動画が青木さんの目に留まり、特命係に居合わせたみんなは、平井さんに関心が向きましたが、右京さんには、梅田真知さんの事も気付かれたのですね。
    作中、いろんな詐欺の手口(水道配管の点検を装う、ガムが背中にくっついている、落とした物を拾うふりをしてすり替える、スケートボードが好きな青年に成りすます)を拝見できたり、平井さんの良心というか桜田(梅田)さんへの恋心ゆえの葛藤がいいですね。もちろん、超個性的なマンションの住人も印象的で面白かったです。

  17. 金沢鵤 さん

    懐かしのキャラが登場する通常回といえば、

    墓穴三人組シリーズ、マーロウシリーズ、公園の一郎くんシリーズ、ヒロコママシリーズ

    などがあり、この回はその仲間入りをしたという意味でなかなか印象的です。
    これといって新鮮味のある要素はなくとも、元詐欺師の平井さんを中心に、
    マンションの住人であるおばさん・男の詐欺師・麻薬の運び屋である男・女詐欺師
    とキャラの濃い人物たちが登場して
    適度に緊張感あり笑いありの作風が心地よく
    ラストでは少しほっこりさせられて
    1時間退屈することなく観れたので思っていたよりも楽しめました。
    気楽に観れる回という感じですが悪くなかったです。

    今シーズンの通常回もストーリーが普通のものはありますが、
    登場人物しかり事件しかり前シーズンよりも遥かにきっちり記憶に残る内容に仕上げられているように思えるので個人的には好印象ですね。

  18. 冠城亘の車はスカイラインハイブリッド さん

    まず自分が投稿した『ディアボロス(20-14)』に着いて誤った記述をしてしまいました、ディアボロスは、
    ギリシャ語・・・○
    ラテン語・・・×
    でした。大変失礼いたしました。

    話を本題に戻して、ここ最近山本さんの作品には『○○もの』というサブタイトルが多いようですが、まあ話が面白ければ良しということで。
    ということで、笑えたシーンとあれ?って思ったシーンを幾つか。

    (笑えたシーン)
    ・冒頭の本多摂さん演じる覚醒剤の中卸売人・目黒昭夫の遺体の服を脱がして汚ぇ乳●を出させた伊丹(目黒の両肩の刺青を見るなり善良な市民じゃ無いのがこの時点でわかったならその時点でさっさと隠しやがれ!)
    ・ 関谷奈津美さん演じる桜田成一(演:樋浦勉さん)の娘・桜田美月こと、なりすまし詐欺犯・梅田真知に終始鼻の下伸ばしっぱなしの平井(真知と駆け落ちして逃げる妄想してるシーンはもはや笑うしか無いでしょ、そこに特命係が乱入してきたら尚更笑いのツボになってしまった)
    ・平井に金をむしられたことを根に持ってる青木(青木くん、キミを愚弄したい人はわんさか居るよ、それにオマエの話など最後まで聞く価値などねぇっ!)
    ・オバタリアン・村山佳枝(演:大高洋子さん、その割に飛び降り遺体を見るなり悲鳴を上げまくってるチキンハートぶりを見せるギャップは・・・それ以外でのシーンではギャーギャー喚き散らしてるところから考えてもやはり更ね・・・おっと、この辺でw)
    ・伊丹を陰でディスってるわーくん(平井に刑事が来てるって疑われてる話をしてるときに刑事は目つきが悪い旨を話した瞬間に伊丹の顔をどアップにしたのは正解)
    ・玉置孝匡さん演じる不動産詐欺師・工藤丈治をコケにした特命係(真知にブツに見せかけた白砂糖を掴ませたのを笑えないわけが無い、しかもパッケージの裏にマジックで『特命係』と書いてあったら尚更。しかも白々しく平井に『困ったときは警察を頼って下さいね』なんて言うわーくんは悪党という他ないw)
    ・右京に無礼なことを言ったわーくん(今に始まったことではないでしょ、それに右京に恋愛話はしてはダメよ)

    (あれ?って思ったシーン)
    ・第一城谷レジデンスの飛び降りの件にはほぼ触れず終いなのは何故?
    ・平井さん、神様はもう利用しないのでは無かったのですか?
    わーくん『臨終の祈り捧げました?昔取った杵柄で?』
    平井『いいえ、神様を利用するのはもうこりごりです』
    と言っておきながら、何故『桜田家だけの水漏れを調べたのか』と右京に聞かれて、桜田家が犯罪に関わることがあると疑われた際には『いいえ、何もありません、神様に誓って』と言ってる辺り矛盾を感じてしまった

    以上、笑えたシーンとあれ?って思ったシーンでした(またしても項目によって文章が長くなってしまいましたが、ご容赦下さい)。

    最後に成一に言ってやりたいことが一つだけ。
    オマエと娘の折り合いが悪いのはオマエが意固地でかつ老害だからじゃねーのか!?と言いたい、それが無ければ娘だってそれ相応に報いるはずだ!しかもそれで特命係に悪態をつくのは筋違いだよ!!!!!!!!!!とね。

  19. シロ さん

    「出来心」の続編としてもよくできていたし、まさに山本むつみワールド全開!
    目新しいものはなかったに等しいですがゲラゲラ笑えて
    適度にハラハラする内容に相棒初期のギャグ回味を感じれてよかったと思いますよ。

    まあ冠城くん卒業前で、新崎芽依ちゃんよりも先に元詐欺師の平井を急いで再登場させたのには疑問と若干の不満を感じなくもないですが、不思議と楽しめたのでよしとします。

    青木があの件をかなり根にもっていたのも笑いましたしねww
    今度は「出来心」と交互にみて、楽しみたいかも。

  20. サチコ さん

    面白かったです!
    平井さん、いいキャラしてますね。
    おじいさんと「美月」さんが2ヶ月間どんなふうに暮らしていたのか気になりました。
    何人かの方が書かれているように、確かにマンションでの転落死のくだりはちょっとよくわかりませんでした。
    あと、そんな大事なものを置き配にする方が悪い!!って思いました。

  21. ぷーーー さん

    最後は「遠くの親類より近くの他人」ですね。

    車いすが座りづらそうな状況だけ見てそこに薬があるというのはちょっと発送が飛びすぎだと思う。
    最初のあたりで人形のネックレスを持っている時点で、この人たちが持っていることに間違いないだろうというのが見えてしまうのは微妙。
    あの騒がしいおばちゃんは何だったのだろう?ミスディレクションさせるようなものでもあれば別だが、結局最初から最後まで騒ぐだけで見ていても邪魔だった。

    最後の桜田美月(=梅田真知)さんのコスプレショーは何だったんだ?

  22. 淡白な相棒ファン さん

    2024/7/3の夕刻の再放送時間帯で初めて視聴しました。「出来心」は既に2回ほど視聴していましたが、それ以上にホッコリとするいい話だと思いました。ドラマが良いと、寄せられるコメントも素敵なものが多いと感じました。山本むつみ脚本のファンになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むための掲示板です。トラブル防止のため、毎回同じハンドルネームでなるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。(何度も投稿せずにお待ちください。)

細かいことを言いましたが、当サイトへのコメントは大歓迎です。初めての方もお気軽にお書込みください。

TELASA for Prime Videoで見る

Ropping(ロッピング)で相棒グッズを購入

  • トリックスピンオフ『警部補 矢部謙三』DVD-BOX
    ¥13,860
  • 相棒 ストラップ(メタルチャーム)
    ¥891
  • 相棒 チェス駒キーホルダー
    ¥1,650
  • 相棒 ボールペン (ピアノ)
    ¥770
  • 相棒 マイクロファイバークロス(season11)
    ¥550
  • 相棒 マイクロファイバークロスミニタオル(season12)
    ¥550
  • 相棒 マイクロファイバーフェイスタオル(season15)
    ¥2,750
  • 相棒 ロックグラス
    ¥1,885
  • 相棒 右京ネクタイ(うさぎ)
    ¥9,219
  • 相棒 角田課長の「ひまかップ」
    ¥1,257
  • 相棒 甲斐享 メタルマグネット
    ¥990
  • 相棒 本革キーリング(ブラウン)
    ¥2,750
Ropping(ロッピング)

相棒 シーズン作品一覧

相棒 シーズン一覧