劇場版 III 「巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」

53件のコメントがあります

脚本:輿水泰弘  監督:和泉聖治
ゲスト:伊原剛志 釈由美子 風間トオル 六平直政 宅麻伸 渡辺大 吉田鋼太郎 瀬川亮

京から約300キロ離れた島・鳳凰島で馬に蹴られた男性が死亡する事故が発生。
警視庁特命係の杉下右京と甲斐享は、不思議なうわさのある島の実態を調査することに。
その島は実業家(宅麻伸)が所有し、元自衛隊員が集まり訓練に励んでいた。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

         

53件のコメント・感想があります

  1. ナオキング さん

    正直面白くないです。過去の劇場版の方がいい。ハラハラドキドキしないし。

  2. ナオキング さん

    劇場版3がハラハラドキドキしないってことです。

  3. mountain さん

    dビデオで配信された「相棒-劇場版Ⅲ-序章」のコメント欄も設置して頂きたいです。

  4. ころんぽ さん

    まだ本編は見ていませんが、
    「序章」をdビデオで金を払って見させるなんて悪辣な商法です。
    最初から地上波で(無料で)公開すべきです。
    小野田を映画で「殺した」ときも、TVだけ見ていたファンは
    なぜ小野田が急に出なくなったのか分からなかった訳ですよね。
    あのときも散々批判されたのに、製作者側は反省しないのでしょうか。

  5. 特命の匿名 さん

    小説版を読んでて犯人は知ってたからミステリーとかの評価は分からないけど個人的には重厚感に溢れてたから今までの劇場版よりは好きだな。
    Ⅰは本当にお祭り騒ぎだったから個人的に合わず、Ⅱは肝心の事件が官房長の死でどうでもよくなった感が否めなかったし…
    あんまりネタバレはしたくないけ大舞台の話を(序章を観ていたら)矛盾なくキッチリ終わらせて更にメッセージ性も観る人観る人によって千差万別の意見が出るようになっているのも良かった。
    右京の考え、犯人の考え、次長の考え、それらで締めたらあまりにも後味が悪くなり過ぎるのでカイト君の青臭いけど『そうなって欲しい意見』で終わらせたのは良かったと思う。(ラストはある意味カイト君じゃなきゃ言えないセリフだった!

    悪い点は迫力や驚きが無さ過ぎたって事かな…
    Ⅰほどの迫力はいらないし、Ⅱみたいに事件を喰うほどの驚きは勘弁だけどもし仮に劇場版Ⅳをやるとしたら迫力も驚きも重厚さも全て程よいモノにしてもらいたい。

  6. maribu さん

    正直、今回の劇場版は楽しめませんでした。
    政治的イデオロギーって言うんですかね、ある種の主張が全面に出過ぎてちょっとシラけました。相棒(の世界)だったら、もうちょっとうまく表現できたのでは…ってのが正直な感想。
    何よりも犯人に意外性がないし、動機も短絡的に感じました。

    ただ逆に期待が大きかったから、その反動かもしれません(汗)
    スケールはでかいので、未見の方は実際に映画館でご覧になって判断してください。

  7. ポット さん

    相棒Ⅲ、正直舞台がジャングルゆえの展開の制限があったような感じがしました。
    また宅麻伸さん、もったいない使い方というか、とても出演を熱望されてたからご本人も拍子抜けしてないかと。
    ストーリーも最後あっさりしてたなあ。それでも終わった後TVだったらすぐリピ出来るのにと残念でした。

  8. ゴールデンコップス さん

    今までで一番、相棒らしい映画です!
    映画曰く、平和ボケの日本人のゴールデンウィークに家族で見る映画ではないかも知れない大人向けの内容ですが、それでも、今こそ、見るべき内容です!
    実社会では、これに韓国、中国との関係が加わると思いますが、そこまではしないテレビ朝日さんとはいえ、ギリギリの所で、日本人に問題提起しています!
    近代史や政治の授業にはよいテーマでは?

  9. ものに さん

    序章の地上波放送を見るまで我慢して、今日やっと見てきました
    序章見ると風間トオルさんのことがよく解るくらいでそれほど本編には影響なかったですが。

    舞台を孤島にしたことの制約に色々と苦労していたみたいですね
    米沢さんと3人組が遭遇した場面では、館内で笑いが起こってました
    一応八丈島も東京都ですから警視庁の管轄なのですね
    見終わってから、感想が賛否両論別れるだろうな、という気がしましたが
    やはり期待の大きさが故でしょうね。
    アナと雪の女王に興行成績1位も奪われたみたいでちょっと残念

    それでもやはり相棒ですから、自分的な見どころをネタバレしない程度に。
    まずは神戸くんの使い方ですね。ある意味この映画の最大の見所だったはずですが
    自分としてはウルトラマンをゾフィーが助けに来るように(古い;;)
    右京さんのピンチに登場!というのを事前に期待してました。
    それがああなるとは!逆に非常に驚かされた展開でしたが
    少し勿体ないなぁ、という感じでした。

    そしてジャングルの中をスーツ姿で走り回る右京さん
    右京さんのスーツって昔テーマになったけど高級品なんですよね。
    あんなに汚していいのかな?と気になってしまいました

    トリオ・ザ・捜一も、内村さんも中園さんも、そしてカイトパパまで
    今回は特命係を敵、邪魔者扱いでなく、自分の味方として扱ってましたよね
    昔とはすっかり変わってしまったけど、今後はそんな設定に移行していくんでしょうね

    個人的には番外編としての映画らしく、楽しかったですよ
    とりあえずこの辺で、夜も遅いので気が向けば続き書くかもです

  10. 相方 さん

    特命の匿名さんと同じく、自分も小説を読んでから映画を見に行ったので、犯人は分かっていました。
    個人的には楽しめました。
    特に、最後の右京さん、カイトさんと犯人のやり取りは、強いメッセージ性を感じ取れ、映画でありながら、非常に考えさせられるものでした。
    こういった主張を見ている側に伝えられるのは、やはり相棒ならではだと、自分は思います。
    強いて不満な点を挙げるなら、神戸さんの出番を、もう少し増やして欲しかった…ぐらいですかね。

  11. きよりん さん

    公開2日目に見てきました。最高でした。私は半年ぐらい前から、相棒の大ファンになりましたので、映画館で見るのは初めてで、大満足でした。後二回は見たいと思ってます。グッズも五点程買いました。隣に楽しく話している中学生ぐらいの若い2人連れがいて、話したら、なんと相棒の大ファンと言う事で、こんなに若い人達にも相棒は愛されているんだと、嬉しい限りです。今、相棒三昧の毎日で、過去の相棒も沢山見ました。相棒は凄い、につきますね。昨日もテレビで、相棒、シーズン6、の最終回が放送されました。最高に良かったです。感無量でした。亀山さんの相棒、最高ですね。皆さんが、当時亀山さんが相棒止められた後、復帰を願う声が沢山あったこと納得です。勿論神戸さんも大好き、相棒見るきっかけを作ってくれたカイト君、大感謝です。やはり一番は右京さん!大尊敬です。過去の相棒見ていて、今は亡き官房長との会話のやりとり、最高ですね。今後、見れないのはとても残念です。色々相棒語るのきりがありませんが、相棒の脚本家さん達、監督さん、凄いに尽きます。勿論俳優の皆さん~相棒が好きすぎて、他の何も見れない、それが問題かな、と思う毎日です。長々すみません。映画からそれてすみません。映画、明日2回目見に行く予定です。

  12. 747ジャンボ さん

    こんちちは。1週間前に見てきました。劇場版。
    率直にストーリー性はあまりおもしろくなかったですね。
    特命係を鳳凰島に連れて行くのがちょっと、強引かなぁと。
    その不快感を解消するために、神戸君登場!みたいな?

    それぞれの役的には、個性がでていなかったような気がします。
    前作は特に、個性がでていました。米沢さんの、伊丹さんの、そして官房長の。
    協力の中にもそれぞれの人、信念が表れていました。
    今回は・・・。舞台が孤島という事もあったのかもしれませんが、ちょっとねぇ~。

    しかし、終わり方は劇場版らしかったです。見ている人に疑問を投げかける・・・。
    でも、その疑問が自衛権について・・・。それはドラマでもできたと思います。

    友達と行き、相手はおもしろがっていましたが、相棒歴が長い自分はちょっと。
    全体的にスッキリしない映画でした。やはり官房長がいなくなったのは、大きいですね。

    最後にもう一つ。「きよりん」さん。 劇場版Ⅱは見ましたか?
    官房長がいる、はじめのシーズンから見たほうがいいですよ!

  13. 青線企画 さん

    【↓以下ネタバレ注意!】

    テーマは重いけど(何せ「国防」ですから)自分としては楽しめた。
    片足が利かなくなった者が人を殺すにはどのような方法があるかというマニアックな着眼点とか、1枚の蹄鉄に付着した指紋の主についてのさりげない認識のズレであったり、「戦争ごっこ」という言葉をめぐって、現実的ではあるがすっかり官僚化された本体を、非現実的ではあるがガチで訓練してきた民兵組織が制圧する無駄バトルだとか、事件の鍵となるセリフは大概が主語や目的語が抜けていたり(それが謎解きの要素として機能したり)、団塊の爺ちゃんならともかく今時の草食系?国防男子が釈由美子に釣られるとは思えないんだけど、何故か女の色仕掛けをストーリーに組み込まずにはいられないところとか、あぁ輿水脚本だなぁ~とw 何があろうが必ずどこかに着地するだろうという安心感のもとに楽しめました。

    ちなみに、Yahoo!映画のコメント欄辺りを見ていると、天然痘ウィルスを生物兵器として利用すること自体左翼系テロリストの発想なので、民兵組織が自衛隊と密接な繋がりをもって描かれているのは国のテロ対策に対するミス・リードじゃないの?って意見もある。実はそうした批判を予め目にしてから映画を見たから、そういう先入観を下に作品を見てしまったのだけど、むしろ最後の水谷豊と伊原剛志の会話自体、メッセージとしては控えめなものだと思った。貧者故の生物兵器の選択も→やがては核兵器を使用するようになるだろう→核兵器を扱うのに間違いは許されないが間違いを犯したらどーすんの?っていう真っ当な問いかけだったから。
    と言うより、その程度の問題提起ですらプロパガンダにされてしまうってことは、それだけ右京さんの言う「流行りの病」が、本当に現在進行形で流行ってんだな~と・・、自分みたく「『相棒』の病」にどっぷり浸かってんのが言うのも何ですがw

  14. KTG さん

    それなりに楽しめましたが、個人的には前回の方が
    好きです。

  15. ころんぽ さん

    劇場版3作の中では一番気に入りました。
    密林の中でもスーツを着て紳士然としている右京はジェイムズ・ボンド。
    犯人を追求する右京は刑事コロンボ。
    序章との結び付きもよくわかりました。
    それにしても、阿部寛もそうですが風間トオルも、
    ファッションモデルから役者に転身した当時はどうしようもない大根でしたが、
    カッコイイ役者になりましたね。

  16. 左京 さん

    今日観て来ました。
    あまり期待はしていなかったのですが、そのとおりのできでした。劇場版に無理やりした結果かと思います。そこそこの予算を使い、いろんな俳優で、大きい画面で観るためにはこんなものかな?と思います。
    相変わらず盛り上げよう盛り上げようと大袈裟な音を入れ、しらけてしまいます。
    あえて映画館で観ずに、テレビでするのを待った方がよかったかな••••。

  17. 相棒十三 さん

    もしも映画の延長線上で相棒13が作られたら・・・
    杉下右京は日本には自衛隊も警察も必要ないと主張するホ〇ヱモンのような人間に変質するかもしれない。
    これはこれで楽しみである。

  18. 天才右京と某犯罪者 さん

    右京は警察組織に属していますから、警察を必要ないとは言わないでしょう。
    何であんな下品な犯罪者と同じ主張になるのでしょうか。
    根拠が不明です。
    また、テレビ朝日があの犯罪者を朝まで生テレビ等に出すには理由があります。
    司会の田原さんがブダ○もんが金がある時に宇宙旅行に連れていくと田原さんに約束したのは有名な話です。だから、田原さんが推薦してるようですが、金さえあれば何でもできるという風潮をテレビ朝日が煽るようなもので、あの人がテレビに出ると、無礼、失礼、極論だらけでそのテレビ局を裏の癒着ありと疑ってしまいます。
    我らが素晴らしい相棒と、国民を巻き込んだ犯罪者を出す番組が同じ局だという非常に残念な事実が、上記のような誤解を生むのでしょうか。
    レベルが違い過ぎます!
    テレビ朝日さん、あの犯罪者を番組に出さないで下さい!
    右京さんまで、イメージが落ちるようです!

  19. 通行人B さん

    自衛隊がいらない、とも言ってなかったと思いますよ。
    国防のためには○○兵器や核を持つのは当然、という犯人の意見を「あなた、ちょっと行きすぎてません?」と言ってるだけで。(しかも持つのが民兵)

    この事件のことで自衛隊を批判するとすれば「揉み消し」のことですね。

  20. 影法師 さん

    水谷さん、61歳なんですね。警察官の定年はいくつなんだろう?
    水谷さん、いつまでもお元気で。

  21. ブレンド さん

    とてもよかったですよ。私は好きです。
    シーズンより、ストーリー展開がシンプルだし、
    とても解り易く、右京さんの性格、特徴が全面的にでていておもしろかった。

    ただ相棒は、年配のファンが多い分、
    映画館へは、足を運ぶ人が少なくなっちゃうかもね。
    (爆破シーンや軍隊的な話を嫌う人も中にはいるからね)

    相棒は、ほんとうにタイムリーだし、私たちに考えさせてくれます。
    あらためてそう思った映画でした。

    最後に伊原さんに切り返して言った、右京さんのセリフ、グッとくるものがあります。

    右京『 国防という流行り病に侵されているのはあなた方ですよ! 』
    この映画の言いたかったことなのではないでしょうか・・・。

    今話題の『集団的自衛権』・・・もし右京さんなら、どんな答えを導き出すのかな。

    流行り病かぁ・・・たしかにそうかもね。

  22. ヘリンさん さん

    劇場版3見ました!!私は成宮さんが好きで、実はシーズン11から見てます。なので、相棒歴は短い方ですかね… カイトは始めは右京を嫌がってましたが、次第に、右京に染まり始めましたね♪

  23. ヤス さん

    期待が大きかっただけに、残念な出来でした・・・。
    今回のストーリー自体、人によって賛否が分かれ、万人受けするものではないですが、私自身の思想はどちらかというと神室寄りでしたので(勿論、勝手に生物兵器を作って良い、スパイは生かしておけない、とまでは思っていませんが)。
    特に最後の、右京・享と神室の会話。右京は常に論理的に話をするはずなのに、この時は全く説得力を感じなかった。私は、杉下右京という人物を、単なる平和主義者、生命至上主義者として描いて欲しくないので、神室の思想を「国防という流行病」という簡単な言葉で切り捨てて終わらせた時には、正直がっかりしました。享の、サバイバルゲームについての否定的な発言も、サバゲーを楽しむ私としては浅く感じました。
    逆に、高野の「国防を真剣に考えてる者を色眼鏡で見る人たちの方がよっぽどイカレてるように思う」という科白には、私も、政治や歴史系の本を読んでいるところを「右翼だ」と言われたことが何度もあったので、頷けました。

    どうでもいいですが、尊のGT-R、白くなってましたね・・・。
    買い換えたんでしょうか?

  24. 相棒十三 さん

    映画とは関係ないけど、相棒12が終わった瞬間、古舘伊知郎が登場し、毎回「相棒をご覧の皆さん、何たらかんたら」って言っていました。
    なぜか今のTEAMの放送が始まったら通常営業で、ドラマと報ステの間にはCMが挿入されるようになりました。
    録画視聴の人にはわからなかったでしょうが…。

  25. 白石真唯 さん

    わたしは、相棒ファンです!私は、女優にスカウトしてください、待ってますよスクリーンに映りたいですよろしく

  26. きよりん さん

    相変わらず、相棒三昧、相棒漬けの毎日です。映画は、二度見ました。最初に見た時よりじっくり見れて堪能しました。最初に見た時にグッズを色々買いまして、その中の゙右京さんのボールペン゙が特に気に入り、再度買いたかったんですが残念ありませんでした。以前、こちらのサイトで、747ジャンボさんから、劇場版Ⅱは、見ましたか?と聞かれましたが、劇場版Ⅱは、テレビで、三週連続で、放送され、勿論見ました。最高に良かったです。官房長が撃たれた場面、衝撃的でした。本当に残念です。官房長と右京さんの食事中での会話のやりとりは最高ですよね、笑い所満載!今の映画から少しそれますが、私は相棒を見始めたのが、約半年で相棒歴も浅いのですが、相棒見始めてどっぷりハマってしまい、過去の全てが見たくなり、DVDも二本買いましたが、沢山は買えないのでここ3カ月レンタル通い~過去のシーズン、殆ど見ました。やはり亀山さんは最高ですね~笑い処満載!大好きになりました。そして神戸さんもいいですね~勿論右京さんは最高です。それと劇中流れる、サントラ、これがまた最高にいいですね~とにかく相棒語るときりがありません。再放送も今放送、相棒は全て録画して、何度も楽しんでます…長々すみません。秋にはシーズン13始まる事願います。カイト君には大先輩の亀山さんや神戸さんに肩を並べられるよう頑張って欲しいです。相棒最高!相棒は 永遠に不滅です(^_^)V長々お邪魔しました。管理人さん、いつもありがとうございます。

  27. たむぽ さん

    序章はテレビで放映されたんですってね。全く気付きませんでした。
    タダで見せろは言い過ぎだと思いますが、dビデオに会員登録して月額500円の契約をさせて…ちょっとアコギな商売だと思いますね。
    動画配信サイトなら他にもいっぱいあるので、観たい映像だけに金を払って、使いやすいサイトで観たいです。商売のために「独占配信」にしたいのはわかりますが、アカウントをこれ以上増やしたくないですね。

  28. ななやん さん

    まさか捜査一課と特命係と鑑識の米沢が東京に戻されるなんて警察官らしくないと思いました。

  29. 匿名 さん

    わざわざ民間企業の社長が民兵組織にスパイを送ることに違和感を感じました
    生物兵器を作っているという話を聞きながら民間人を送ること自体どうなのかという感じです。あと最後の流行り病は見事にテレビ朝日と朝日新聞の主張が出ていて気持ち悪かったです。右京さんなら「法を犯してまでやるべきですか。」と言うはずなのに

  30. きよりん さん

    相変わらず、相棒オンリーの毎日です。少し映画とはそれますが、過去の相棒も殆ど見ました。後少しです。色々皆さんのコメント見るのも楽しみです。以前、゙相棒十三゙さんがコメントされてた件、相棒シーズン12の放送が終わった後、報道ステーシヨンに入る前に、古館伊知朗さんが゙相棒をご覧の皆様~゙と何時も言われていたのに今はTEAMが終わった後、特に言わない゙という件ですが私も相棒シーズン12はリアルタイムで見ていたので知っています。TEAMはあまり見ませんが報道ステーシヨンはほぼ見てますが、そういう事は言わないですね。わたしが思うには古館さんも゙相棒のファン゙なんだと思います。あくまでも私の感想です。そうだと嬉しいです。映画とはそれてすみません。

  31. さおり さん

    私は、相棒を見た時作品がすごいなーって思いました。特に水谷さんの演技が素晴らしいです。私は、カイトくんが大好きでもうかっこいいです。ジャングルで撮影するなんて大変そうに見えましたが、すごかったです。また相棒見たいです。

  32. ますみ さん

    面白くなかったです
    最後、事件がしっかり解決したのは良かったと思いますが、
    映画にするほどのストーリではない気がします。島を舞台にする必要ありますか?
    右京さんがジャングルで紅茶を飲む画を撮りたいがためとか?(笑)
    カイトが何もしていない!!成宮さんも演じててそう思わなかったかな?
    いなくても十分成立する話です。悦子と幸子を無理やりねじ込んだ感すごいし。
    脇キャラの扱いが今までで一番雑とも思いました。特に神戸君、完全客寄せパンダでした、残念すぎます。

  33. 警視庁明石家署永遠ヒラ巡査 さん

    ハッキリ言って成宮採用にビックリしましたね又キャストセッティングも気に食わない。
    官僚お坊っちゃまなんてアウトロー捜査の杉下にとっては邪魔な存在ですよ。
    私は選考時に伊原、西島様を薦めていました。
    だけど水谷様と息が合う正しくの「相棒」となり得る俳優さんが少ないのでしょうね。
    ハカイダーを演じていた岸本様か仮面ライダーバース演じていた亀山君そっくりな俳優さんが面白いのだが…

  34. マンナ さん

    私は観ているだけの人間ですが、右京さんの相棒は皆さん素敵だったと思います。年齢を重ねて丸くなって行く右京さんも素敵だと。きっかけは亀山さんだけど、人間らしくなっていく右京さんも観られた気がします。今の相棒があるから過去の相棒を何度観ても新鮮だし大好きです。

  35. ぴかぴ さん

    今頃のコメント…カメですみません~。
    忙しくて最終日に突撃しましたが、結構楽しめました。『相棒』ってだけでいいです。
    右京さんが、ジャングルでティータイムとか、もう、そのカップ&ソーサーは持って来たんかいっ!!って、スクリーンに向かって突っ込みそうでしたwww
    個人の軍とか、現実とかけ離れていて(少なくとも私の周りでですが)、馴染めなかったのです。でも事件の流れが来るといつもの『相棒』に引き込まれていました。そして、何かを守るためには力が必要だと思いました。

    さて、9月になりました。来月には『相棒12』と『巨大密室…』のDVDがやってきます。
    また見直して、映画館で見逃した部分をしっかりとチェックでございます。
    そしてTVシリーズも始まりますね。週の中日、キツイ水曜日が楽しみになります!

  36. しんいちろう さん

    前評判どおり、今までの映画作品のなかでは、もっとも本格ミステリー性は高い。
    ということは、映像で映える作品というよりは、活字で楽しむほうがいいということでしょう。
    だから、サスペンスがやや落ちるもの仕方なしです。
    それに、映画第1作なんかにくらべれば、低コストで、テレビ2時間枠でも製作可能では、と思います。
    それでも、映像的に楽しめるように作り込んでいるなあ、と感心もしています。
    それに、いまの時代にマッチした内容で、社会性があって楽しめました。
    映画作品のなかではベストです。

  37. ポッポ さん

    まだ「相棒劇場版Ⅲ」を見ていません。映画館で見ようと思ったのですが、なかなか時間が無くて。どなたか少しだけでいいのでストーリー教えて下さい!めちゃめちゃ気になります。

  38. 重富穂奈美 さん

    私は去年のゴールデンウィークときに、親戚を連れて見に行きました。
    自然環境から動物感覚に感じるようになりました。大自然が巡るようなスケール感がたくさんありました。伊丹さんのセリフがとてもおもしろかったです。
    殺されるかもしれない(死ぬかもしれない)と言うところだった。

  39. 重富穂奈美 さん

    再コメントします。19日に放送されると聞いてびっくりしました。相棒の映画放送は12日、19日なので楽しみです。

  40. kamihirudastar さん

    映画館ではなく、地上波テレビで19日見ました。いろいろな論評も見聞きしていましたが、期待はしていました。が、裏切られた気分です。カイトくん最終回でもがっかりでしたが、同様のがっかりを感じました。一週前のXデーもふくめてこれまでの劇場版はよく練られた脚本や緻密な展開であきさせませんでしたし、感情移入もできました。それに比べようもないドタバタ劇としかいいようがありません。設定が奇抜すぎますし、パワフルに活躍する右京の姿は、スペクターのアジトで縦横無尽に暴れ回り最後には施設を破壊してハッピーエンドとなる007映画そのものでした。右京をジェームスボンドにしてはなりません。捜一トリオはただのピエロであり登場の根拠さえありません。なんと荒れた脚本かと悲しくなります。タークナイトの脚本も乱暴でしたが・・・第一作から相棒とともに歩んできた者として、こんな劇場版は見たくありませんでした。ハラハラドキドキのスペクタクルでない真のサスペンスを次回こそ。

  41. みしさ さん

    昨年映画館でも見て、19日も見ましたが、初回とは全然違う感慨というか切なさであまり直視できなかったです。

    時系列的には、この映画は「2013年の設定」であったとのことで、三浦刑事が出てられ、トリオザ捜一が揃ったのには感激しましたが、この頃からカイト君はダークナイトであった?その伏線が起こっていた?と思うと何とも言えないやり切れなさや切なさ・悲しさでいっぱいです。

    映画自体のストーリーは・・・、「馬に蹴飛ばさせて殺す」というのは何とも言えない滑稽さも混じる恐ろしさでありました。殺人をさせられる馬も可哀想・・・と本筋とはソレる感想ばかり連ねてしまい恐縮です。

  42. 重富穂奈美 さん

    改めてコメントします。今回の映画は正直おもしろい場面がたくさんありました。
    そして何より、自衛隊と警視庁の人たちの乱闘するシーンが大好きです。伊丹さんの言葉がまた爆笑しました。頭にかぶっていたものが取れたときあの言葉が聞こえた。死ぬかと思った言ったときは必ず笑うようにしています。
    鑑識の米沢さん。特命係の杉下右京さん、甲斐享、組織犯罪対策課の角田課長、部下の2人、首席監察官の大河内さん、捜査一課の伊丹刑事、三浦刑事、芹沢刑事、内村刑事部長、中園参事官、甲斐次長、警察庁神戸くん、若狭産業の宅麻伸さん、民兵役の伊原剛志さん、高野志摩子役釈由美子さん。みなさんお疲れ様でした。

  43. とびうお さん

    テレビで見ました。設定の違和感は拭えませんが,面白かったです。
    (密林の映像が新鮮だったのもある)

    1つだけ。パトロンがいなくなっても未来に不安を抱かない民兵が不思議。
    細菌兵器があろうと,パトロンも政治家も手を引く流れの中,今後どうやって食ってくつもりだったのか…

  44. 凛太朗 さん

    いやー、ひどい出来。
    時間を無駄にしました。
    どこがどうひどいか、羅列する気にもならない。。

  45. 異教さん さん

    杉下右京は警視庁のシャーロック・ホームズと言われたのに相棒ファンはシャーロック・ホームズを全く読んでいなかったのか!?
    「白銀の失踪」 コナン・ドイル 著 を読んで驚いた。
    先ずホームズの馬蹄がラッキーアイテムの発言にアレレと思った。
    まさかと読み進めたら・・・。
    案の定の真逆な話。
    この脚本家、ほぼトリックは何も考えていなかったと言っていいのか!?
    映画の記憶があやふやなので断定は出来ないが・・・。
    青空文庫で無料で読めるので映画を深く見た方感想を聞かせて下さい。(笑)

  46. レイ・セフォー さん

    なんだかんだ楽しめる出来になってると思いますよ?そんなに酷評される作品には思えません。
    確かに全劇場作品中で一番設定が奇抜でトンデモ感は強いですけど、無理に小野田殺人事件をねじ込んで物語の本筋が消化不良になってしまった前作にくらべれば、純粋に「人気ドラマの映画化作品」らしく番外編として楽しめまる内容になってます。

    ただ、いつも思うんですが、「ありふれた殺人「バベルの塔」等々テレビドラマではあれだけ逸品なサブタイトルを生み出している相棒なのに、なんで劇場作品になるといきなりサブタイトルが信じられないダサさになってしまうのか、本当に疑問です。。

  47. sonic さん

    地上波で放映されたものを拝見しました。
    特命係が鳳凰島に着いてから、馬房、装蹄所などを拝見後、神室さんがほんの一瞬杖から手を放した時、岩代さん殺害を確信したものと思います(右京さんは、杖のグリップ部の溶接痕に気づいたか?)。
    馬房の馬糞、1個足らない蹄鉄、杖に触れたのは、右京さんは、神室さんに自首を促したつもりと思いますが、場所が場所故に応じるつもりはないようですね。
    ストーリー的には、Season7「レベル4」、Season8「フェンスの町で」を彷彿させるシーンが印象的でしたが、自衛隊とOBによる民兵の対峙は、サバイバルゲームを超越するものでした。
    本作で語りたかったことは、映画公開時期などから察するに、「憲法9条(戦争の放棄)」をどう思い、どう考えるかを問われているのだと思います。拘置所の面会所での右京さんと、神室さんの平和に対する議論や、その価値観の違いが印象的でした。
    ラストで、右京さん、カイト君が争いのない平和な国家の形成がなせる道、それができる事を願う締めくくりがよかったと思います。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。