相棒:「生きていればあるんだ」あの陰の立役者が主役に スピンオフ映画「鑑識・米沢守の事件簿」記者会見

2008/07/25

大ヒット中の映画「相棒」から、
”陰の立役者”のスピンオフ映画「鑑識・米沢守の事件簿」が製作されることになり、
先日、東映撮影所(東京都練馬区)で撮影現場会見が開かれた。

鑑識課員の米沢役として主演を務める六角精児さん(46)のほか、
鑑識課の“相棒”役の萩原聖人さん(36)、相棒シリーズの本来の主役、水谷豊さん(56)、寺脇康文さん(46)が出席した。

これまで渋い脇役として人気だった六角さんは、
「ドッキリ(カメラ)とは思いませんでしたけど、そういうことも生きていればあるんだろうなと、他人事のように思いました」
と、初主演の感想を語った。

毎日.jpより

続きはこちらからい


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。