水谷豊・寺脇康文コンビのドラマ『相棒』、ついに視聴率20%超え

2008/11/13

水谷豊・寺脇康文コンビの活躍が人気の刑事ドラマ『相棒 Sseason7』(テレビ朝日系)の第4回が12日(水)に放送され、ビデオリサーチの調べで視聴率20.7%(関東地区・番組平均)を記録したことが、わかった。
『相棒』の連続ドラマとして初の20%の大台に乗った形だ。

 ドラマ『相棒』は、2001年の土曜ワイド劇場時代(1月27日)に、22.0%を記録したことがあり、今年の劇場版『相棒』の大ヒット御礼スペシャルとして放送された『相棒3~いま明かされる7年目の真実!』は20.6%を記録。
連続シリーズのドラマとして放送されるようになってからは、現在放送中の Season 7の第2回目の19.7%がこれまでの最高値で、今回の20%超えで、シリーズ最高を記録となった。

ORICON STYLEより

続きはこちらから↓
http://contents.oricon.co.jp/news/movie/60040/full/


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。