裏相棒2 第2夜 「致命的なミス」

3件のコメントがあります

脚本:櫻井武晴 監督:安養寺工
出演:川原和久 大谷亮介 山中崇史 六角精児

取り調べ中の伊丹が声を荒げて被疑者に迫る。
それを心配そうに見守る三浦と芹沢だが・・・。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

 

3件のコメント・感想があります

  1. イタ子 さん

    「マツムラ」でなく「ムラマツ」だと知った時の伊丹刑事の台詞「ムラマトゥ?」
    何回観ても笑えます。
    「俺はいい」は渋い声だし、「お願い、代わりにやって」は可愛いし。
    言うこと無しです。
    芹沢さんも仕草が面白くて好きです。

  2. 闇の相棒 さん

    ぴったり3分間転換なしのノーカット・ノー編集。
    あらためて相棒の脇役陣の凄さを認識しました。

  3. MYK さん

    最後のセリィが言った
    「もういい加減にしてよ…」が、

    「いい加減にしんさいや!」
    (→SEASON3 第12話参照)
    だったらおもしろかったのに(笑)


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。