Season7 第7話 「最後の砦」

21件のコメントがあります

脚本:櫻井武晴 監督:近藤俊明
ゲスト:金山一彦 鈴木浩介

取り調べ監督官が見守る中、通り魔事件の容疑者が取り調べ中に不審死。
上層部が事実を隠蔽しようとする中、右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が独自の正義感で調査を開始。
ずさんな捜査を検証する右京が見出した真犯人逮捕の手がかりとは?

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

21件のコメント・感想があります

  1. ぁい さん

    今週は最初から最後までずっとハラハラドキドキ。
    すんごく面白かったです。
    そしてイタミンがかっこよかった~~~(*^-^*)

  2. マコト さん

    ラストシーンにメインテーマが流れた時は、鳥肌が立った。次回の前後編で亀山さんが去る雰囲気が。それなら「名コンビ誕生篇」で亀山さんが回想している意味も納得できる。

  3. ろこ さん

    いつもと違ってましたね・・
    亀山さんも。。伊丹刑事も。。
    なんか亀山さんの最後は・・
    警察に嫌気がさし自ら辞める、って雰囲気でしたね・・
    今日を見る限りでは。。
    まさか、、伊丹さんまでも???

  4. ぁい さん

    >まさか、、伊丹さんまでも???
    そんなのいや~~~・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

  5. ハルキ さん

    ほんと伊丹さん、カッコ良かったですね〜(*^_^*)。いやアレじゃないですか? これでイタミン特命へ〜って違うか…。花の里や角田課長が出なかったのはチト寂しいですが、その代わり、全編緊張感が漂ってました。実際の警察もひょっとしてあんなかいなと思うと、暗澹たる気分になります。でも三浦さんの気持ちも分からなくはないですが。

  6. ぴーこ さん

    今回は私の中では5本の指に入る名作でした。
    金山一彦さんが抜群でした。
    「特命係」の部屋での右京さんと薫ちゃんの
    対立もどちらの気持ちも分かって泣きそうに
    なりました。伊丹刑事もいつもの「イタミン」と
    呼ぶにはもったいないくらい素敵でした。
    警官の拳銃自殺が多いので本当にこのような
    出来事があるとすればとても恐いです。

  7. はるしぇる さん

    はじめまして。
    2週連続仮面ライダーキバの主要出演者が出ていたので、
    何とも言えない気分でした。
    テレ朝か東映の戦略でしょうか……

  8. いまごろ見た・・・ さん

    俺もハルキさんと同じく、伊丹刑事が特命に行きそうな気がしたが・・・
    ちょっとキャラが弱いかな?。

  9. Chimoneka さん

    伊丹刑事はアホっぽく描かれているけれど
    本庁の捜査一課の刑事で
    捜査会議で司会のようなことをしているし
    コンビニに爆弾魔から脅迫があった事件では
    現場司令車の指揮官を内村刑事部長直々に任命されていたし
    本当はエリート刑事なのでは?

  10. ネコ さん

     再放送をHDDに録画したものをDVD(といずれはBD)にコピーし、盤面にタイトルを印刷した後で、改めて見ています。
     この野村警部補(金山一彦)さんは、今、どこで何をしているのでしょう? シーズン9で、見てみたいですね~。
     今更ながら職場でも組織マネージメント云々と言われますが、その最たる失敗が警察組織ではないか・・・と。もちろんTVドラマ上、では、ですが。
     組織が先にあるんじゃないんだけれどな~、なんて。一人一人の構成員が先でしょ~、なんて。

     しっかし、大なり小なり、こーゆー人たちが管理職しているのか、そうにしかならないのか。

     なんにせよ、相棒でしか出来ない内容の回であったと思います。
    この辺、相棒では追求して欲しいかも。

     重大な指摘事項があった野村警部補が、取調べ監督官に任命替(?専門用語は知らない)だなんて皮肉で、暗澹たる結末だったな~。これでいいのかな~。と考えさせるのも又、相棒の良さ。

    「野村警部補の今」を絶対に見せてくださいね。

  11. mountain さん

    面白かった。警察内部問題ですね。櫻井武晴さんらしい作品でした。

  12. 無重力 さん

    どぅしてこの回だけエンディングをメインテーマにしたんでしょうねぇ?

  13. 無重力 さん

    右京の教訓…警察官は自らを犠牲にして市民を優先するのが当たり前の人間。
    大きな権限を持つ者は同時に大きな責任も持っている。

  14. ななちゃん さん

    自殺した人が苦しい思いを築いていたら自殺をしないと思った。
    伊丹(通称・イタミン)が、かっこよかった。

  15. それじゃなんのための取調監督官なんだ さん

    こんばんわ。

    一番好きな作品です。

    杉下右京が亀山薫に問いかける場面
    「僕がもし違法な取調べをしていたら君はそれを内部告発しますか」

    誰でも自分の職場は居心地がいいほうがいいに決まってる。一日の半分以上いる所なんですから。自分の家族より長い時間一緒に過ごす仲間なんですから。
    最初から嫌われ者だとあきらめている監察官は楽ですよね。しかも彼らには「やりたくてやってるんじゃない。仕事だからやってるんだ」という大義名分まである。所轄に乗り込んでくる本部の伊丹刑事も楽でしょう。他人のところなんだから遠慮なく正論を吐ける。表立って誰も否定できない正論を気分よく吐ける。でも同じ署内の取調べ監督官はそうじゃない。目をつぶろうと思えばつぶれないわけじゃない。誰かが裏切るわけじゃない。おまけに本部の刑事部長じきじきに「君は本当のことを言えばすっきりするかもしれないがその向こうには何十万もの警察官の誇りがかかってる」とまで言われて頭下げられたらどうしようもないですよね。トイレで吐くくらい苦しんだだけでも立派なものです。すぐに流されてないんだから。簡単に「まあいいや。俺が悪いんじゃない。刑事部長から頼まれたからだ」と自分を納得させて隠ぺいしていまう人間がほとんどでしょう。刑事部長自らが責任とるわけでもなんでもないのにw。

    そして亀山薫が「右京さんは強い。そして正しいです」と捨て台詞を吐いたのは
    「正論で行かない場面だってあるでしょう。四方丸くまとめるための嘘もあるでしょう。みんながみんな右京さんみたいな能力もってるわけじゃない。小野田官房長っていう味方がいるわけじゃない。弱い立場、声をだせない立場、家族を守らなくちゃいけない立場の人間全部がそんな上に逆らってまで正論はけるわけじゃない」って言いたかったんだと思う。そしてそれに対する右京さんの答えが別の人間への忠告となって亀山薫の耳に届く。てか聞いてることも知ってたのかな。
    「いいですか?警察官がどうして一般人を拘束して取り調べできるような権限を持ってると思いますか?それは警察官は一般市民の犠牲になることができる人間だからです。大きな権限を持っているということは大きな責任も持っているんですよ。」

    そして最後、犯人を取り調べ中に殺してしまった刑事、自分で裁かれたいのに誰にも裁いてもらえないその刑事にもっとも残酷な罰が下ります。それは彼自身は板ばさみとなる「取調べ監督官」にされてしまうこと。あの窓ガラスに映る金山一彦さんの演技、身震いがしました。

    捜査の遅さをなじる無責任なマスコミがいけないのかもしれない。フルフェイスのヘルメットを一般にも売る会社がいけないのかもしれない。

  16. はな子 さん

    相棒再放送の録画をいつも楽しみに見ています。
    7-7何度見てもいいですね。
    この作品をみて思うのは、謎解きよりも登場人物の苦悩や右京さんのぶれない言葉にこそ、心が通っていて重みがあり、見応えがある。これこそ相棒だな。
    シーズン13も見ています。何年経ってもこの個性ある相棒が観れますように。

  17. 重富穂奈美 さん

    警察内部の事件はかならず大河内監察官が出てくるでしよう?今回は見てないからわからないです。たしかに大河内監察官や小野田官房長が出るはず。おもしろい話が展開してくるでしよう?

  18. ピエール さん

    櫻井さんの警察内部の不正物はやっぱり面白く、また考えさせられますね。
    ゲストの金山さん、鈴木さんの追い詰められ感が切なくて、苦しみが伝わるから、たまにしか見れません。
    トイレで嘔吐している場面や、母親との電話の場面がたまらなくなります。
    取り調べの可視化は一部の事件で実現していますが、まだ不十分な体制ではないかと個人的に思います。
    金山さんのとどめの処遇がなんともリアルな気もします。
    「裏切者」、「過渡期」、「暴発」、「冤罪」ヘビーだけど大好きですね。

  19. sonic さん

    亀山:「右京さんは、俺の上司で相棒ですから」右京:「だとすれば、諸刃の剣なのかも知れませんね、警察官の仲間意識というものは」
    ラストの二人の会話ですが、この会話があったからこそ右京さんは、後にぶれることなく相棒さえも逮捕したのですね。
    取調監督官を置いても同じ署内の警官なら私情が入る。だから隠蔽もできる。しかし、ひとつほころびがでると、あのような結末になるのだと思います。取り調べが可視化できないと、意味がありませんね。
    野村さんは、下柳さんの立場にたたされ、彼の思いを受け止めこの先どう対処するのでしょうか。

  20. ラッキーアイテム さん

    無事「最後の砦」終わりました。

    警察内部のお話は本当に面白いですが、辛い。番組の途中で下柳監督官が銃で自殺し、最後の野村警部補が母親と電話をしながら泣いているシーンがやはり辛い。ムロツヨシさんも本当にいい役者さんですね。相棒らしい作品で素晴らしかったです。

    明日は「越境捜査」。益岡徹さん出演なので楽しみです。

  21. 重富穂奈美 さん

    度々失礼します。エンディングのところで、メインのオープニングテーマが流れたので、一番好きです。season7は個人的に好きなシリーズで特に密愛、顔のない女、沈黙のカナリア、特命、髪を切られた女、悪意の行方、越境捜査です。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。