Season7 第12話 「逃亡者」

25件のコメントがあります

脚本:櫻井武晴 監督:橋本一
ゲスト:丸山智己 山下徹大 英玲奈

女性の遺体が発見された。
捜査に参加した所轄の左刑事は、被害者女性の恋人・志茂川を容疑者扱いし、伊丹と対立。
女性が死の直前自ら110番通報していたことが判明。
右京はその録音テープからスペイン語を話す男女の微かな声を聞き取る。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

    

25件のコメント・感想があります

  1. さすが相棒! さん

    脚本:櫻井武晴

    おっ!
    来週は期待出来るかな。

    伊丹と対立!
    ふむふむ。。とうとう組織の方針に反するのか!?

  2. ミサンガ さん

    反響が全然ないですが、越境捜査のような20%越えはないでしょう。脚本がイマイチかな。
    ただ最後の右京のミサンガ、願いが気になりました。引き渡し合意がアメリカ、韓国のみという日本の対応の少なさ、相棒の問題提起も気になりますねぇ。

  3. るとが~ さん

    右京さんの新たな相棒は 伊丹刑事じゃないと思うのですよ。
    小説版の「鑑識・米沢守の事件簿」読みまして、もうじき映画も公開ということで、話の中で米沢さんと相棒を組んでいた彼 相原刑事 が 本庁で仕事したい とかなんとか 言ってたので 映画のエピソードとTVドラマとをうまくからめて辞令が出され 特命係に栄転(左遷)、新レギュラー萩原聖人、て なると思うんですがねぇ。役の性格も けこ早合点で熱血漢だし 離婚した嫁さんを殺されてしまったという陰も造りやすそうだし 良いと思うんですが。
    昨夜の左刑事も悪くないとは思いますが ちょと怖い感じがしますねw

  4. ハルキ さん

    左刑事が本庁栄転と聞いたときは、彼がイタミンの後釜で決まりと思ったけれど、減給と謹慎で栄転取り消しになったので、又々イタミンの後釜がいなくなりましたね。
    捜査1課の人数が少なくてもストーリー上影響は少ないと思うけど、やっぱり迫力が欠けますからね。左刑事はキャラ的にぴったりだったのに残念ですね。
    それから、美和子さんの後釜というかイタミンの恋人というか奥さん候補?は登場するんでしょうかね~?タクシー運転手とかいう噂あるけど真偽のほどが・・・

  5. ろこ さん

    え~?左刑事、キャラ的にぴったりでした?
    亀ちゃんみたいな、笑いを誘ってくれて、笑顔がカワイイ人希望しますw
    その点、そんな影ある萩原聖人も亀ちゃんの代わりには不足だなぁ。。
    イタミンなら笑いを作ってくれるからまだいいけどvv
    ちょとかなりズレますが・・克典の「特命係長」に出た「美和子さん」、
    顔変わって見えて、杉田かおるかと思いました~~;;

  6. 新相棒 さん

    前回の最後のイタミンはカッコよかったですが、萩原は暗くてイヤです!やはりイタミン、陣川、もしくは無理ですが妻夫木クラスのさわやかな男、長瀬君、新庄さんらがいいです!

  7. 相棒の相棒 さん

    私は、新相棒が大泉洋さんならいいなぁと思います。
    明るいし、人間味がある濃いキャラだし、イタミンとは同じくらいの歳って感じがするから、あんまり違和感なく絡みやすいのでわないかなぁと。

  8. 陣川 さん

    陣川はやはりいいです、シーズン6見ましたが最後の花の里のシーンなど笑えます!経済が元気のない今、相棒にユーモアを!

  9. 亜紀 さん

    確かに陣川さんはいいですね。ただ、捜査1課の器ではないので準レギュラーくらいで1シーズンに1,2度程度でいいので登場して欲しいですね。
    それにしてもイタミンなき後の捜査1課がどうなるのか大変気になります・・・

  10. 左京 さん

    陣川は捜査1課でなく、特命にぴったりですよ!
    笑えますし!亀に近いものもあります!
    沢口&金子の参加も可ですが。

  11. さん

    陣川さんは特命係第3の男!やっぱり時々特命に顔を出して捜査に協力したりミスしたり・・・面白いと思います。
    特命係の伊丹さんとはうまくいくかな???

  12. マコト さん

    関係ないけど、鑑識・米沢守の事件簿のサントラと相棒クラシカルコレクションのデラックス版が3月に発売されます。そしてついに・・・・・・・オリジナルサウンドトラックの完全版が同時期に発売されるそうです。内容はわかりませんが、3枚組で4800円ということまではわかっています。フラメンコ入るといいなぁ。

  13. 陣川 さん

    イタミン好きではありますが、イタミン特命説はどこまで有力なのでしょうか。このサイトだけの熱狂なのでしょうか。
    亀ちゃん復帰説や陣川説も他のサイトでは有名ですが。

  14. ハルキ さん

    陣川さんこんにちは。
    気が早いサイトもあるんですね。亀ちゃん復帰にしてもシーズン8か9以降の話でしょうね。還流の結論もまだだし、亀ちゃんがサルウィンで何かつかんで真相究明というのが今シーズン最終回か来シーズンの半ばあたりだと思うんだけどいかがでしょう?
    左刑事の本庁栄転が取りやめになったからといって、伊丹刑事の特命係配属がなくなるとも思えないけど・・・

  15. イタミン2 さん

    こんなのはどうでしょう、萩原の特命はどう考えても視聴率ダウン、だけどイタミン特命、萩原か左が捜1なら、捜1は嫌われ役だし、亀ちゃんとの接点も残り、いいのではないかと思いますが、どうでしょう!
    右京&イタミン&陣川も特命でいけます。
    個人的には女性刑事も特命か、課長の所でもいいので観たい!

  16. S.K さん

    伊丹の「被害関係者を簡単に、犯人扱いするな!!」というセリフがカッコよかったです。
    シリーズを重ねるごとに、良い人になっていく伊丹を観て、「亀山さんの影響かも」と思いました。

  17. cat さん

    犯罪人引渡し条約って、自国内で罪を犯した自国民が外国に逃亡した場合に
    適用されるものなので、例え条約を締結していたとしても、日本で罪を犯した
    ブラジル人がブラジルに逃げ帰っても、日本政府は引渡しを求めることはできない
    そうですね。

  18. Hirokichy さん

    日本が犯罪人引渡し条約を締結しているのはアメリカと韓国の2か国。
    例えば韓国人が日本で強盗殺人を起こし韓国に逃げた場合、日本は韓国に韓国人容疑者引き渡しを求めることができる。
    しかし、盗んだ仏像を裁判所ぐるみで取り込む国だから容疑者もかばい立てするだろうね。

  19. ななちゃん さん

    刑事が犯人じゃなくてよかった。
    日本にいて、よかった。

  20. スコッチ さん

    相棒のいない「相棒」を見るのがつらかった時期の作品の中ではこの回は逸品だとは思います。コメントされている方々の中には次の相棒候補の話題の事しか触れていない方もいて、それはそれで仕方のない事とは思いますが(そうさせた番組スタッフに責任はあると思いますが)次の相棒候補の事よりも肝心なこの回の感想はどうなの?と思いました。※決してコメントされた方々に対して悪く言うつもりはありません。さて個人的感想ですが例え国が違っていてもどこの国でどこの人間であっても殺人は許されるべき行為ではありません。無論、殺人犯人を見逃す国なんかあってもならないと思います。どこの国で殺人してもきちんと罪は償うべきだと思います。今回の最初に罪を犯して母国(実在しないルベルタ国)に逃げ帰ったマルコ・イノウエ君も哀れに思えますし、彼を説得しようとして過って彼を死なせてしまった彼女のエリ・コバヤシさんにもそれ以上に哀れに思いました。今回のようにマルコ・イノウエ君を殺害した容疑者は被害者の彼氏であるようで左刑事でもあるみたいで実は彼女のエリ・コバヤシさんだったと言うような二転三転する展開は結構楽しいですね。内村刑事部長たちと対立しながらでもその真実を突き止める右京さんも素晴らしいです。ミサンガについては結局購入したのね、右京さん(お茶目・笑)。ミサンガに使用した草木染めの件はこの後のseason10「藍よりも青し」にもまた出て来ます。ラストのイタミンも左刑事に対して「いつか本庁に上がって来い、お前みたいなバカは嫌いじゃない」ってイタミン流優しさがあってカッコイイですね。~~~そ・し・て・かんぼうちょ~うっ!!!情けなさ過ぎますよ、あそこまで行くとわざと受けを狙ったかのようなボケですね。寿司屋でお湯の出し方を間違えて火傷するなんて(大爆笑)周りのお客様たち(結構いましたが)に対しても恥ずかしいです。しかも「これ、改善の余地があるね」だって(大爆笑)。さらに出て来たのがお湯なのにお茶だと勘違いして飲もうとしたりして(爆笑三連発)。右京さんもこういう人との会食だと可哀想なくらい恥ずかしい思いを何度もしてるんでしょうね、お気の毒様です。今回はあの官房長必殺技の「皿もどし!!」の描写は無しで残念!見たかったです。いつもながらに長々とコメント、失礼しました。

  21. 重富穂奈美 さん

    つい最近再放送していましたね^_^おもしろい話でした。特に所轄刑事と伊丹刑事との対立していたシーンが爆笑しました。回転寿司を食べる右京さんと小野田官房長のコンビが最高でした。食べたお皿を戻す仕草がとてもおもしろい。伊丹刑事が警視庁の玄関で左刑事を待っていたシーンもあった。おい!おまえのせいじゃないだろとなぐさめてくれた伊丹刑事。いつか本部に上がってこいと言ってくれた。とても良かったです。

  22. sonic さん

    見どころの多い作品でした。
    法の壁にやりきれない思いが残るばかりの志茂川さん。ルベルタに行くも何ら解決にならず残念です。
    回転すし屋でお茶のいれ方が解らず、醜態をさらした小野田官房長。やはり庶民の暮らしには疎いのでしょうか?
    そして、捜査から外れ暴走してしまった左刑事。結果的に折角の本庁栄転は取り消しになりましたが、伊丹刑事の男気のある励ましの言葉で、また頑張ることができてよかったです。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。