Season7 第14話 「男装の麗人」

20件のコメントがあります

脚本:佐伯俊道 監督:近藤俊明
ゲスト:奥山佳恵

帝都歌劇団員のパトロンとしても有名な女性社長が自室で死亡。
心臓に疾患があり入浴後扇風機を消し忘れたことによる事故死と思われたが、右京はちょっとした物証から別のモノが原因ではないかと推理し、殺人の可能性を指摘する。
遺体を発見した元歌劇団員の紫雨、同じく元歌劇団員のわたる、専務の矢橋らが怪しい。
社員の史恵によると、社長は自宅で打ち合わせをすることも多かったとか。社長と彼女ら3人の間に何があったのか?

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

  

20件のコメント・感想があります

  1. 青いカナリア さん

    2009年某月某日 杉下右京、花の里にて晩酌中、刻は零時を回り日が変わる頃、伊丹巡査部長が来店

    たまき:いらっしゃいませ~あらお珍しい
    右 京:どうも
    伊 丹:本日付けで特命係に配属になりました伊丹です。よろしくお願いします。
    右 京:そうですか。
    たまき:あら~あなたが新しい部下の方、右京さんのことよろしくお願いしますね~
    右 京:伊丹さん、いや伊丹君、なぜわざわざここまで?
    伊 丹:ご挨拶は早いほうがいいと思いまして・・・
    たまき:あら~律儀な方ね、それよりあなたはこの人のこと何て呼ぶの?
    伊 丹:・・・
    右 京:杉下で結構ですよ。
    たまき:亀山さんみたいに「右京さん」と呼んであげて。その方がこの人喜ぶから。
    伊 丹:よろしいですか?
    右 京:ご随意に

     これより数時間前、伊丹巡査部長、刑事部長に呼ばれる

    部 長:移動命令だ!伊丹巡査部長、明日付けで特命係配属を命じる!以上だ!
    伊 丹:(一瞬驚くも覚悟していたかのように)わかりました。失礼します。

     部屋から出た伊丹、腐りきった本部であんなバカの言いなりよりは亀なき後の特命で正義を貫く方がまだましだ!と自分に言い聞かせ、無言で警視庁を出る。

    そろそろ特命係の伊丹さん登場だと思うのでそのときの様子を想像してみました。

  2. さすが相棒 さん

    今までで一番つまらない内容に思えたのは
    気のせいでしょうか・・・

  3. さすが相棒 さん

    青いカナリア さん

    それぞれの役者の声がそのまま聞こえてきそうです^^;
    今日の内容より数倍面白い脚本ですよ^^

  4. 参事官 さん

    シーズン7になってからひねり過ぎなんですよ。特に亀チャンがいなくなってからは力み過ぎて、脇が甘い。次回は岸恵子主演はともかく(笑)、久々に古沢氏の脚本なので期待出来るかも。それにしても早くイタミンにドジ踏んで欲しいものですな。そうそう視聴率良過ぎ…。悪いことではありませんが、なんか複雑な気分(‐o-;)。

  5. しのぶ さん

    亀山くんの居ない相棒に物足らなくて
    過去の作品を見ておりましたら
    面白い台詞を発見

    シーズン5の15話「裏切り者」の最後
    美和子さんに向けての小野田長官の台詞です

    「僕はね、特命係は杉下が動かしてるとばかり思っていました。
    でも、実は君の旦那様だったんだね。
    亀山薫くん。」

    名言ですね。

  6. なお さん

    しのぶさんに全く同感。以前の相棒を観ているところも同じ!だって本当に寂しいんだもの。物足りないんだもの。こんなの相棒じゃないよね。題名に嘘ありって感じです。ただひたすら亀様の再登場を願い祈る日々なのです・・・

  7. 亜紀 さん

    今回のお話は「相棒」というより「はぐれ刑事」的なお話でしたね。
    相棒は1回1回ストーリーも展開も違うので当たり外れが出るのはやむをえないとしても、今シーズンは外れの割合が多いような気がします。それに、イタミンはいつから特命に?本当にしつこいくらい引っ張り過ぎ!もしかして、青いカナリアさんの脚本の方がよさそうで撮影しなおしてるとか??なわけね~な!でも青いカナリアさんのイタミン登場のシーンなかなかだと思います。ハイ
    イタミンは角田課長や米沢さんとも上手くやっていけるのでしょうか?大変気になります。

  8. taku さん

    んん~みなさん手厳しいですね。確かに今回はイマイチ翼でしたね。
    相棒の原点「土曜ワイド劇場」のシリーズに時々出てくる2つのシリーズの融合バージョンを応用して、「杉下警部vs高見兵吾(はみデカ)」とか「杉下警部vs終着駅の牛尾」とかやっても面白そうですよ。ま~伊丹刑事が特命に配属されてからでは難しいと思いますが・・・

  9. オッコママ さん

    なんかこのままだと、『相棒』でなく方棒?ストーリーの展開も今一だし、薫ちゃんを卒業させるのが早すぎたんじゃない?薫ちゃんの後釜だってそれなりにインパクトの在る人でなければ皆、納得しないだろうし。青いカナリアさんの「伊丹刑事」なかなかだと思いますよ!私も伊丹刑事が右京さんに翻弄されるところ見てみたいですね!

  10. 参事官 さん

    日野警部補(寺島進さん)がレギュラーになるってホントですかね。

  11. ネコ さん

    「after 薫ちゃん」 のストーリーも、よく出来ているとは思うんですよ。

    でも、正直、つまらない。
    右京さんは、無理している感じです。
    ホームズがコロンボになってきている。
    私は右京さんも米沢さんも大好きですが、二人とも「静」で、密室トリック向き。

    右京さんが右京さんでいるためには、あの薫ちゃんが必要だったんです。
    今のままでは、薫ちゃんの卒業は失敗だったと思います。

    卒業は、二人一緒だと良かったのに。
    (つまりは、そういう状況になるまで一緒に続けて欲しかったということ)
    (右京さんも、イギリスへ行って、大学で犯罪学の講義をしながら、傍らで、捜査をする、みたいな設定で、見るほうが面白そう。)

    薫ちゃんが卒業して、「良かった」と思っているファンは何人いることでしょう?

    薫ちゃんのよさは、明るさ、やさしさ、正義感、(結果はどうであれ)まっすぐにぶつかっていくところ、体を張って動くところ、素直さ、そして右京さんに対する尊敬・・・
    右京さんの次の「相棒」既出のキャラクターでは、薫ちゃんには、かなわないと思います。

    私は、薫ちゃんの後任は、未知の超新任が良いと思います。
    就職して3年目以内の若手で、初登場のヒト。
    しかも、捜査一課からではなくて、公安とかエリートコースからの脱落者。

    性格設定は「正義感」(自分自身の考える青臭い正義かもしれないけれど)

    組織内では、学校で教わった「正義」が必ずしも通用するものではない、こともあると思います。(「相棒」でも、けっこう、素材として出てきます)
    でも、大抵は、慣例とか、上司には従うものというような固定観念、悪い意味での、魚心あれば水心的な身の処し方をしなければならないことも、あるかもしれない。

    薫ちゃんの後任は、それを一切しないヒト。しかも、一番年下なのに、並み居る先輩を押しのけてでも、公然と、「悪いことは悪い」と上司に反論し、閑職へ(特命)へ。

    公務員の良いところは、公然と上司の言動を非難してもクビにはならないこと、ですから。誰もが行きたくないポジションに異動(左遷)はされるけれど。

    社会の常識や慣例などという得体の知れない亡霊に染まっていない若者を登場させることで、ストーリーに動きが出てくる可能性があると思います。
    何ゆえの正義感かのかは脚本にお任せとして。

    薫ちゃんは、特命に異動したては、手柄を立てるとか、華やかなポジションに戻るとか考えていて、そこがまた普通っぽくって親しみが持てましたが、次の相棒は、俗的な望みの薄い、暴れ馬のようなキャラクターのほうが、結果的に、話に緊張感が生まれ、右京さんの頭脳も居きる、のではないでしょうか。

    未熟でも、まっさらの性質で、右京さんに匹敵するインパクト(動的な)のあるキャラクターを希望します。

    話が円熟期に入るのは、まだ、早いですよ。これからも、見たいですし。

  12. Chimoneka さん

    私は寺脇さんが辞めたことがよい方にはたらいて欲しいと願っています。
    寺脇さん主演で「さすらい刑事旅情編」みたいなのをやってほしいです。

    右京さんが無理している感じなのは当然です。
    二人は唯一無二の相棒で、亀山刑事以上に杉下警部に影響を与える人物は今後も出て来ないでしょう。
    それでも二人の人生は別のものであり、人生は続いていくのです。

  13. はにわ さん

    今回は、とくにガッカリでした。
    右京さんはいつまで一人なのでしょう。
    亀後、毎回「相棒」が替わるのかと思ってました。
    でも相棒はいませんね。(今回はたまきさん??)
    「相棒」のタイトルの意味が無いでしょう。
    心底悲しいです。亀、どうしてくれる・・・

  14. さん

    一週休みだっただけに期待したのに、残念やった。こねくりまわしすぎ!薫ちゃんが辞めると決まっていたんだから、薫ちゃんがいるときより、脚本はもっとしっかりしなくちゃ。
    右京さんが可哀想!
    脚本家さん頑張ってください!!

  15. 薫ちゃんのいない相棒なんて さん

    ここのところの高視聴率に複雑、と、どなたか書いていましたが、その理由は、ずばり、次なる相棒はいったい誰なのか、と相棒ファンはそれが気になってつい見てしまう、ということなのでは。内容的には、以前の方がはるかに面白かったにもかかわらず、今年に入ってから高視聴率なのは、ずばりそういうことだと思うのです。それで、ああ今週も次なる相棒は決まっていない、と言うことになってまた次週も見る、と言うまあ、皮肉な結果になっている訳で、ある意味producer側の計算に視聴者がうまく乗せられちゃっているって感じになってる。うーん、悔しい。最後は薫が戻ってくることで、どうかファンを安心させて!!

  16. さすが相棒 さん

    >いったい誰なのか、と相棒ファンはそれが気になってつい見てしまう、

    そうか!局の狙いはそうだったのか!
    視聴率が上がればいいんだもんね・・

  17. エンディミオン さん

    これもまた面白いとは思えない作品でした。
    扇風機による殺人は以前にも2時間のサスペンス番組で観た事があります。
    やはり同じような殺害トリックでした。

    ところで、冒頭の右京さんとたまきさんのアレは、右京さん的にはやっぱりデートじゃあ無いのでしょうね。
    season5「殺人シネマ」の回と同様に(笑)。

  18. いせうこ さん

    皆さん否定的な意見が多いですが、私はそれほどつまらないとは思いませんでした。
    かなり捻られていたし、二転三転もあって、よかったです。

  19. 重富穂奈美 さん

    正直、なんかごく普通なシリーズでした。舞台鑑賞しているのはマジックと帝都歌劇団だけに限られたものである。あまり私も好きとは言えないです。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。