Season7 第4話 「隣室の女」

21件のコメントがあります

脚本:岩下悠子 監督:長谷部安春
ゲスト:佐藤仁美・湯江健幸・草野康太


6年前に失踪した男の遺体が発見された。
この男と不倫関係だったあけみ(佐藤仁美)が容疑者として浮上するが指紋が一致しない。
彼女の証言に疑問を抱いた右京(水谷豊)は薫(寺脇康文)と捜査へ乗り出しあけみの家の近所である奇妙な事件が起きていたことを掴む。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

    

21件のコメント・感想があります

  1. たっちん さん

    いやー、今日の相棒は犯人の兄貴の言った一言で事件の核心に迫る右京さんのクールな顔がかっこよかったですね。それを見ていた私も同時にピーンとひらめきました。
    右京ファンとしては正に最高の一瞬でした。

  2. L.Universe さん

    相棒は社会風刺が実にうまい。
    現実にある犯罪者を肉親に持つ者への差別、偏見。
    表面的には無いと言いたいが、われわれにも全く縁がないというわけではない。
    実際に婚約者として肉親になるというとき、素直に受け入れられるだろうか?
    そのような状態の社会を、視聴者の興味を引く事件と絡めて実に巧みに映し出している。

  3. 009 さん

    つい最近東野圭吾の「手紙」という小説を読んだのですが、(映画化もされてます)
    なんかそれに似てる?と思いました。
    小説のストーリーは、
    殺人者の弟が主人公で人生の節目節目で殺人者の弟ということでつらい目に遭っていくというような話です。
    もちろん入れ替わりとか複雑な謎解きはありませんが・・・(^^;

    本人として生きてゆくことを決心したあの女性は、やはり殺人者の妹ということでこれからもつらい目に遭うことが多々あるのでは・・・。
    なかなかハッピーエンドではで終われない内容だなぁと思いました。

  4. ぁい さん

    佐藤仁美さん、かわいかったです。
    犯人じゃなくて良かったけど、なんだかせつない内容でしたね。

  5. みっちょん さん

    右京さん、防弾チョッキってw
    かわいすぎます★

  6. のっちい さん

    今回は最後までストーリーが読めませんでした。
    世の中には犯罪者の数以上に犯罪者の肉親という人がいるんですよね。
    その人たちに自分はどう接することができるのか。。。
    とても考えさせられる内容でした。

  7. ヨネキチ さん

    今回は特命バッシングがなかったですねぇ。
    刑事部長も出てこなかったし、大河内さんにイエローカードを出されていたはずの米沢さんも協力的だったし、捜査一課との絡みもありませんでした。
    初回のあの暗さはなんだったんだろうって感じ。

    そういえば、たまきさんもいなかったなぁ。
    花の里の時間は毎回楽しみにしてるんです。

  8. taku さん

    入れ替わりっていう点では、宮部みゆきの「火車」を思い出しました。
    東野圭吾の「手紙」も読んだので、たしかにこちらのお話にも、加害者の親族ということで共通点がありますね。

  9. ぴーこ さん

    今回は犯罪者の家族への偏見と差別。「イノセント・ラヴ」や「手紙」
    もそのような題材ですね。すべての犯罪の陰にはこうした理不尽なこと
    で苦しまなければならない人がいることを改めて考えさせられました。
    右京さんは幼児に「防弾チョッキを着ています。あしからず」って!!」
    今回は「捜一」は最初だけ。「特命係」の独壇場でした。
    芹沢君は「最近ますます細かいですねぇ~」と感心した様子。
    大木さんと小松さんも悪者役で活躍していました。
    前沢保美さん4回目の登場。いつ見てもいい味出しています。
    「パートナーリサーチ」って。思わずイタミン探しちゃいまいた。

  10. ハルキ さん

    明らかに気負い過ぎだった前作三話目より、安心して見ていられましたね。それも岩下氏&長谷部監督だからですかね…。一、二話のような刺激の強いものも勿論いいのですが、今回は今回で、『相棒』らしさは出ていると思います。しかし芹ッチの成長には目を細めます(笑)。右京さんに軽口叩いてるとこ見て、「生意気な、あまえが次期特命行きに決まりな!」と、画面に向かって叫んでました。でもウッチーのお顔を拝見出来なかったのはチト寂しいかな。とにかく主人公が殺人自体には関係なかったのは救い。再び困難が待受けているだろうけれど、いつかやっぱり自分に戻って良かったと言える日が来ることを祈ってしまうような話です。

  11. あっしゅ さん

    突然すいません・・・。
    相棒が大好きで、昨日は仕事で録画をしていたのですが
    時間帯を入力ミスしてしまいまして、
    公式サイトの相棒に挑戦に参加しているのですが、
    見逃したうえ、録画もできていなかったので
    できたら教えてもらいたいのですが・・・。
    昨日の放送で、あけみの息子・駿平と遊んでいた薫。
    あけみが迎えに来た時に2人でやっていたゲームは?
    オセロ?   ウノ?   モノポリー?

    よければ教えてください。よろしくお願いします。

  12. ハルキ さん

    あっしゅさんへ。“オセロ”やってましたよ。ところで、他の方もおっしゃっておられましたが、大木&小松も一杯登場していて、角田課長以下、以前よりももっと特命に協力的ですよねぇ?

  13. さん

    確かに今回は、みんな優しくなりましたね。
    亀山さん卒業へ向けての、伏線?

  14. Chimoneka さん

    そりゃあ、あれですね。
    刑事部長も出てこなかったし、捜査一課の面々もつっかかってこなかったのは
    白骨に凶器がいっしょに出てくるようなヤマは
    本来、本庁に捜査本部が置かれるようなものではない
    所轄の事件だからではないでしょうか。
    伊丹刑事にしてみれば、俺達が出張ることもないって感じでしょうか。

  15. 無重力 さん

    ひとつ良いですか?働いてたクラブのママに写真を見せれば即解決したんじゃ?

  16. スコッチ さん

    この回はストーリーの内容の感想はやめます。部分部分でキャラクターの特性を活かされていたと思いました。まず取り調べ中のあけみさん(佐藤仁美氏)が息子の心配している時にイタミンの「その点はご心配なく、暇な連中が相手してますから。」(ニュアンスはちがいますが)と言ってたから特命係の事かと思っていたら組対5課も(笑)巻きこまれてるし(つまりヒマなのは特命係+ヒマ課長率いるヒマ組対5課)。イタミンも何気に組対5課をヒマ部署扱いにしているし。そしてまた子供との銃撃戦中に大木・小松(大小コンビ)刑事もお茶目に撃たれてあげてるし(笑)。右京さんも「場所がらこの様な遊びはいかがなものか」&「防弾チョッキを着ています、あしからず」とか、子供に対して意地張ってどうするんですか大人げない(笑)。右京さんとたまきさんとの間に子供が産まれていたのなら少しは右京さんも子供の扱いに的していたのかも知れませんね。まぁ亀山夫妻にも子供はいてませんが薫ちゃん自身が子供みたいなものですからね(失敬、私の個人的意見)。しかし薫ちゃんもラストで課長のカップを本人の承諾も無しに勝手にプレゼントするかね?(笑)まぁ、これがヒマ課長にとってのあの有名な(私も3個買った)2代目パンダの「ひまカップ」デビューのきっかけになったわけですが……。結果的に楽しめて好きな回でしたね。

  17. ダーリンは欧州人 さん

    初めまして。
    相棒をプレシーズンから毎晩見始めて、ここまで来ました。
    今回の話は途中で旦那と二人で「えぇぇぇぇ〜!?」と叫んでしまうぐらい意外でした。
    湯江健幸さんも懐かしかったです。
    相棒はちょくちょく懐かしい人が出るのでそこも面白いです。
    また書き込みさせていただきます。

  18. ラッキーアイテム さん

    こんな遅い時間に申し訳ありません。

    只今、相棒7再放送中です。無事「隣室の女」終わりました。
    20.7%という高い視聴率を記録してたんですね。佐藤仁美さんの演技、良かったです!佐藤さんって綺麗ですよね。あと湯江さんや草野さん。草野さんは相棒4の最終話で被害者役で出演されてましたね。湯江さんはこの時は相棒初登場ですね。

    次は「顔のない女神」。清水美沙さんの回も楽しみ。以上です。おやすみなさい。

  19. 重富穂奈美 さん

    私からもコメントさせてください。このシーズン7のシリーズで一番好きなものは、
    1. 髪を切られた女
    2 沈黙のカナリア
    3. 隣室の女
    4 悪意の行方
    5 特命
    以下私が一番好きなシリーズです。

  20. Endymion さん

    久しぶりに再放送録画したこの話を拝見しました。
    岩下さんの作品はどれも好きなものばかりですが、これは少し憤りを覚えました。
    兄の時雄が殺人犯人と言う事で、妹の慶子は随分と世間からバッシングを受けて辛く悲しく苦しく、それでも耐えて暮らして来たのはわかりますが、そんな自分を棄てようと隣室の友人のあけみの死を利用して彼女になりすまして、新しい人生を生きようとした行為はどうかな?
    実はその死んだあけみもまた彼氏殺しの殺人犯で、結局は本当の自分(慶子)を彼氏殺しの犯人にしないといけなくなってしまった皮肉さが愚か過ぎます。
    僕が憤りを感じたのは、それによって今後生じる息子の駿平君の運命です。
    あけみ(慶子)は自分の事ばかり考えて、息子の将来的な事までは考えられなかったのでしょうか?
    どんなに秘密を持っていても必ずいつかは発覚します。
    隠し通せる訳がありませんし、そうなれば息子駿平君もまた親のあけみ(慶子)がした事で、世間からバッシングを受けて生きていくでしょう。
    自分の受けた苦しみと同じ事を息子にまでさせようとしても良かったのか?
    あまりに酷すぎてはいないかな?

    ところで、そう言えばあの超有名な角田課長のパンダ屋のマグカップ、この回から登場したんでしたね。
    実は僕も1個持っています、使わずに飾ってますが。
    初代暇カップは今も駿平君が所持してるのかな?
    伊丹さんも面白いですね、駿平君の面倒を暇な連中(特命係だけでなく組対五課も暇な連中扱いとは)に押しつけるとは。

    今回は以上です。

  21. sonic さん

    犯罪者の兄を持つ妹の葛藤を題材にした作品でしたが、犯罪者が人生を挽回する厳しさ以上に、その家族もまた世間の風評に立ち向かう辛さが表現できていました。ただ、Endymionさんがおっしゃるように、慶子さんが、別人に成りすまして現実から逃れようとする姿勢はいただけませんね。(結果的には、なりすましでも殺人の容疑を問われるわけですが)
    無重力さんがおっしゃるように、スナックのママに、岸あけみさん、横山慶子さんの写真を見せて確認を取れば、もっと早く解決できたと思います。
    終盤の右京さん、亀山さんの言葉から、横山兄妹が、駿平君のためにも婚約者の福井陽一さんと共に、人生を挽回され、駿平君を守る方向に歩みだす姿勢がよかったと思います。
    小ネタ的には、序盤の駿平君のおもちゃの拳銃のシーン。右京さんの「防弾チョッキを着ています」は大人げないですね。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。