Season14 第6話 「はつ恋」

28件のコメントがあります

脚本:谷口純一郎 監督:和泉聖治
ゲスト:笛木優子

倉庫ビルの敷地で、転落死したと見られる男性の遺体が発見された。
死亡していたのは、山本(内浦純一)という気鋭のジャンクアーティストで、腹部には刺された傷が残っていた。
右京は、かねてから注目していた芸術家の不審死ということもあって、亘と共に捜査に乗り出す。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

  

28件のコメント・感想があります

  1. エンディミオン さん

    う~ん?今回も微妙かな~?
    同じ谷口脚本ならば、土曜ワイド「ショカツの女」の方が僕は好きかな。
    ただ、ノスタルジーな感じは好きでしたが。
    だけども将人少年が大の大人を後ろから彫刻刀で右脇腹?を刺しただけで、刺された玲奈の父親は死ぬかな?
    刃先の短い彫刻刀で即死するわけないし。
    あとは今回も小ネタですが、
    ・冠城VS 米沢のバトルが今後、加熱しそうかな?
    ・右京さんの初恋が21歳って、まさか相手はたまきさん?まさかね。
    ・久々の右京さんのピョンピョン、下にはやはり死体有り
    ・先の回で伊丹さんが冠城さんに忠告した件、今回持って来ましたね
    ・最後の「花の里」シーン、残り時間を埋めるためにわざと持って来たような感じがして、ちょっと必要無い感じがしました。
    ぐらいですかね。

    次回にまた期待します。
    タイトルってまさか「幸子と幸子」じゃあ無いですよね。
    双子もののストーリーはちょっと苦手かな。

  2. エンディミオン さん

    失礼しました。
    次回は「キモノ綺譚」だそうです。

  3. ピエール さん

    今回は特に良くも無く、悪くも無くでしょうか。
    見直すと何かしら気がつく点などが有るかもしれませんが、私も子供が彫刻刀で脇腹をひと突きしただけで大人が即死するのは疑問ですね。
    米沢と冠城のやりとりや久々の前沢さんの出演が良かったです。
    笛木さんがメインゲストなのに、何だか印象薄いような気もしました。
    中原さんは前回出演の時とはまるで違うムカつくキャラクターでしたね。
    今年もあと3本、元日スペシャルが気になる時期になりました!
    次回の輿水さんも楽しみです。

  4. サルウィンの風 さん

    エンディミオンさんへ
    はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます。
    小ネタとして書かれている「右京さんの初恋」ですが、自分が21歳と答える事で冠城くんと角田課長に反応と確認をさせたかったんでしょうね。21歳の初恋がちょっと不自然だよ、と言うことを。

  5. 匿名の特命 さん

    流れ的に東野圭吾の「白夜行」を彷彿とさせた。
    21年前の少年による殺人と現在の事件が交錯するという難しい話をよく1時間で収め切ったと感心しました。
    ただ過去回想の出来が内容雰囲気子役演技と良かっただけに本筋の事件の面白さが極めて凡庸でもう少し小ネタでもなんでもアクセントが欲しかったところ。
    終盤のチープな悪役犯人が出た時は「完全にとちったな」と思っていましたが芸術家の自殺という部分や彼の心理描写が密かにだけど丁寧に描写されていたという事は高い評価を与えたい。
    そのお陰で唯の凡作から何度か観たくなるようなレベルにまで話を持って行けたと思う(前回はラスト以外見所が無かったので…
    個人的な相棒ラブストーリー最高傑作である「待ちぼうけ」には及ばなかったものの高い部分には入れてあげたい(2位は「この胸の高鳴りを」です。
    小ネタよりも事件を重要視してる自分ですが今回は初脚本の方なので小ネタにキレがなく少々飽きてきてしまう部分も多々ありましたが、終わり方が良かったのでドラマとしては好みです。
    ただキチンと縦軸を意識した台詞があるのは有難い!

    以下小ネタ&ツッコミどころ雑感
    ・会社員VS芸術家がカッコ良い
    ・ただ芸術家も結構な割合で自業自得だよね
    ・結局レナさんに罰は無いんかい!(時効だから仕方ないけど
    ・米沢VS冠城が面白い
    ・幼稚園で初恋→中学では漏らす→今はエリート冠城
    ・「はつ恋」のはつが漢字じゃ無いのは何でだ…

    来週は輿水脚本だ!!
    しかも幸子回だ!!
    楽しみだ!!

  6. いせうこ さん

    中々面白かったと僕は思います。
    元々アザミのような、ノスタルジックなお話が好みなのでそこだけでも高得点。また前回、前々回に比べミステリーの味も濃くなっており、かなり好みでした。
    彫刻刀で大人が死ぬのか、という話ですが、失血死じゃないでしょうか?また最初の一刺しだけを演出しているだけかも、とあまり気になりませんでした。
    脚本は谷口純一郎さん、相棒初登板ですが、他の戸田山さんとか櫻井さんとかどこいっちゃったんですかね?かそうけんかな?脚本書いてほしいです…
    来週は久しぶりの月本幸子回、輿水脚本の幸子回って実は初めて?楽しみにしてます

  7. さん

    はつ恋、という表記ですが
    島崎藤村の詩のイメージなのかなと思いました。
    こちらは林檎ではなく、苺が出てきましたが。

    彫刻刀で人はまず死なないなとは思うものの
    今期の相棒は、初期の雰囲気を彷彿させる回が多く
    それはやはり嬉しいです。
    シリーズも長くなると、原点回帰も大事ですね。
    次はいよいよの輿水作品、
    今のところキャラも立ってて、各話良い感じに来ているので
    来週を非常に楽しみにしています♪

  8. ラッキーアイテム さん

    今日の相棒つまらなかったです。第6話の視聴率はどれくらいなのか?

    予告を見たら、幸子編なので期待はもちろん”大”です!幸子編なので、暴力団関係の方々が出てくるのかな?と少し思いました。”ついてない女”や”ついている女” ”狙われた女”にも幸子さんと関わっていたヤクザ風の方々が出演されていたので。

  9. 最後にひとつだけ さん

    零さんへ
    はつ恋の表記はおそらくツルゲーネフから取っているかと思われます。
    問題のある父を持つ少女への恋心、という点でそのまんまですからね。

    個人的には今回の話が今期で一番楽しめました。
    ただこの話の魅力の半分くらいは美しいBGMによるものだった気もしますが。
    この曲っておそらく初めて使われるものですよね?
    サントラには入っているのでしょうか?

  10. 匿名S さん

    ドラマの内容より通称「相棒・何でも屋おばさん」こと前沢保美さんの再登場が嬉しかったです。次は何屋さんかな?

  11. ティモシーリトル さん

    冠城だけ超邪魔でしたが、他の全員に感情移入出来ました。役者さんたち全員素晴らしかった。
    50分の相棒で端折ってやらないで、2サスでじっくりしっとり描いて欲しくなるテーマでした。今回冠城ホントに要らなかったし。花の里のシーンも邪魔。
    敢えて相棒っぽかったところを探すとしたら、
    粉々にまで壊れた青い鳥を直した右京の頭脳とこだわり。そこだけですものね。
    粉々まで壊れずちょっと欠けた、曲がっちゃったぐらいで、2サスで普通の人に直してもらってもお話しは成り立ちますね。

    好きなところ
    ・青い鳥と似た青い花が飾ったあったり、蜘蛛の糸の作品も素敵と、モノが良かった
    ・園長先生はじめ全員演技が素晴らしい
    ・ヒロインへの愛が二人とも本物
    わたしも芸術家vs普通の会社員の対決シーン、すごく良かったと思いました。
    ただの「普通の人」ということだけではなくて、尊敬出来る魅力があった。
    まっすぐな愛で、誠実に女性の心が落ち着くのを待つ懐の深い上司。強さも感じられました。
    ナイフを自分から握りしめる所も、芸術家でなく普通の男がやるからこそ、ハッと引き付けられます。
    「幸せになってはいけない」という女性の言葉を男性二人とも、きちんと重視してくれて、なんだかわたしが嬉しくなりました。
    そして芸術家のほうも、ただの依存でなく、もちろん支配欲でもなく、本当に女性を愛していた。だからこそ身を引くために自殺した。本当に良かった。

    本来なら感動で涙ボロボロになれるはずだったのです。
    でも感涙出来なかったのは、やはりドラマの作りの惜しさか。

    残念なところ
    ・冠城雑誌買ってきただけ?
    ・花の里シーンは、だらだらしてるし、今回はしらけるだけだから、絶対不要
    ・最初の自殺のシーンも不要かも
    「アートディレクターによる殺人かと思いきや、自殺だった・・・!」みたいに、
    そこをハッキリと、右京によって解明してもらうほうが、
    もっと「そうだったのか・・・!!(滝涙)」と感動出来たと思います。
    右京が証拠を見つけるでも良いし、後からわかるひとだけにわかる、遺書めいた作品が見つかるとかでも良かったかと。

    ちなみに、彫刻刀で人が死ぬか、ですが、
    あの父親は無理心中したい心境であったため、ほんの些細な傷でも死ねたのではないかと。というより、傷は浅くて、餓死だったんだと思っています。
    それも右京から一言あって欲しかった。
    山小屋までの道が土砂崩れで封鎖された、とか、何か欲しかったです。
    そういうきめ細やかさがあると、余計なところに気が行かないから、存分に感動出来るんですよね。

    作りが惜しかった。感動しきれず欲求不満。
    でもまたこの脚本家さんに書いていただけるのなら、期待します。

  12. 匿名係 さん

    私は、近年の相棒は、何か忙しくて、犯人を捕まえる為だけみたいな、何か急がしいストーリー展開に感じて、余り楽しめなかったのですが、今回は、被害者やそれに関わる人物背景も、描かれていて、これぐらいの規模ストーリーの方が、私は好きです。

  13. ばかやま さん

    良かったです、自分が想像してたラストでなくて。それは女性の父親がまだ生きていて娘に手を出す男を殺した、思い出の大事な彫刻もこの父親が壊した、そして女性が父親を崇めた、という話しだったら吐き気がする程救いようがないな、と思ったからです。最後、取ってつけた様なかんじでしたが、彫刻家の愚直な、本当に恋愛に対しては奥手で、恥ずかしがり屋で愚直過ぎる性格がわかった時、少し泣きました。人間って外見だけでは分からない、純粋で子供の様な感情を大人になっても持ってる人って結構いるんじゃないか、と思いました。型にはまらない、こんなストーリーも相棒ではあり、かと。以上、個人の感想です、失礼いたしました。

  14. sonic さん

    山本さんの、死の真相よりも、玲奈さんとの幼少期の出来事の真相を解明する所がよかったです。ただ、彫刻刀で人を殺害できるのか疑問に残りますが。
    相棒で、芸術家を題材にした作品は多々ありますが、あまり注目されないジャンクアートにスポットを当てた所はいいですね。
    話は変わりますが前沢保美さん、久々8度目のご出演、印象に残る役処でした。
    冠城さんと米沢さんのいざこざは、これからも続くのでしょうか?

  15. 重富穂奈美 さん

    私はあまり初恋はないけど、昨日見て良かったです。
    冠城くんのあの忠告が伊丹さんを顰めた顔で笑いがありました。次回はなんと!幸子さんが出てくる。携帯で見たら、冠城くんが作業しているところを伊丹さんと芹沢くんが見たところが好きです

  16. たんたん さん

    単なる男女間のもつれを予想させる出だしから、「青い鳥のオブジェ」を介してあそこまで叙情的な展開になるとは正直思いませんでした。
    見終わって、ふわりとした余韻が残る良作であったと思います。
    こういうのも「相棒」の味ですよね。
    素直にこのプロットを1時間でまとめたスタッフさんと、子役さん含め好演された脇役俳優さん達を称賛したいかな。

  17. 甲乙 さん

    好きな方には謝っておきます。
    すみません。が、
    冗長だと思いました。
    真面目そうに見えて、非常に雰囲気先行の、雑な、大味な、不真面目な作りのドラマでした。
    ドラマチックにありがちにありがちを重ねて(笛木さんはこういう役多いですね…)、途中からセリフが空転して居ました。
    コアになるものがなくて、何が書きたいのかな、といった感じでした。
    女性に例えると、雰囲気美人だけどガサツな人、という感じ…
    しかし好きという人を否定する気はありませんので悪しからずで…

  18. ころんぽ さん

    可もなく不可もなくというところでしょうか。
    美術さん、大変だったでしょう。
    敢えて言えば、前向きに飛び降りたのに、
    仰向けになって死んでいるのはおかしい。
    本当なら顔が潰れて死んでいるのでは?

  19. ビールっ腹 さん

    season9に続き またはるちゃん(中原果南さん)犯人役⁈
    ま直接の死因ではなかったけど…笑

  20. ネコ さん

    今回は
    青い鳥と公園で作っていた蝶?のジャンク・アートが印象的でした。
    それと、前沢保美さん?

    ゲストが美形の笛木優子さんなのに、印象が薄暗くて、もっと麗しく撮られていたらなあと残念でした。せっかくの素材が勿体なかったです。

  21. ダイオウイカ さん

    少年が仄かに想いを寄せる少女にプレゼントする作品は、何故得意の彫刻ではなかったのでしょう。
    不規則な形の細かいガラスを繋ぐ高い技術と、全体的に締まりのない感じの素人っぽいフォルムのアンバランスさが何とも魅力的な、青い鳥のオブジェ。
    多分少年は、青いガラスのきらきらした透明感と少女を重ねていたのではと思いました。木にガラスを象嵌で埋めても、透明感は出ませんから。ひかりを通して透明感を出すために、馴れない針金を使った立体を作ったのでしょう。恐らく彼のジャンクアート第一作目だったのでは。
    彫刻を捨て、それでも捨てられない創作意欲がジャンクアートに向かったのは必然で、でもガラスは少女の為だけのものだから決して使わなかったのかと思います。

    アートディレクターたるものが、球状に近い形態の作品の代用に脚立を使うなんて無神経もいいところだと思いますが、そうでないと右京さんの推理が成り立ちませんからね。
    と言うか、右京さんなら最初の訪問時に覆いの布を片っ端からめくってみそうですけど。それやったら事件すぐ終わっちゃいますからね。
    右京さんが勝手に覆いをめくり始めたら、
    カイトくんだったら「いいんすか?」とか言いつつ静観、神戸さんだったら慌てて「ちょっと!」と止めに入るかな。冠城さんだったらどうするか、まだ想像できないです。両手広げて「oh no!」なんて?
    私は右京さんの相棒が空気の回があっても全然いいと思うのですが、そういう時でもちょっとしたリアクションの積み重ねで、キャラが出来ていくのではと思っています。
    車酔い位の設定は消えちゃってもいいけど、エリートの切れ者設定がスベったコミカルで消えちゃって、それは彼の存在意義を根底から覆していると思うのですが。

  22. ファン さん

    面白かった。私はノスタルジーが好きです。

    あと、笛木優子さんが美しかった。

  23. 凛太朗 さん

    ああ、、、なんかすごく心に残る作品でした。
    芸術家の彼の深い愛情と事務所の彼の真っ直ぐな愛情にジーンと来ました。
    私もこれぐらいの規模のお話が好きです。
    初参戦の脚本家の方だったのですね。
    これからも期待出来ますね、嬉しいです。

  24. きよりん さん

    こんにちは。今頃すみません。
    はつ恋、というタイトルを聞いて、以前の゙待ちぼうげを想像しました。
    少し違いました(゙待ちぼうげは特別、超名作)
    でも良かったです。感動しました。
    *ジャンクアート、知らなかった~
    *笛木さん、美人ですね…再出演お待ちしています。
    *前沢さん、お久しぶり、準レギュラーみたいですね!
    *冠城さんと米沢さんの仲の悪い所、大好物(笑)
    *やっぱオープニングが、カッコいい~(一番のお気に入り)

    切ないラブストーリーですね!
    今期は難しい内容が多い中、こういう作品は好きです。

  25. 重冨穂奈美 さん

    今は相棒の再放送があって、幸運か不運と言われば私は幸運を選びます。でもおもしろいところは冠城くんと伊丹さんとの言葉を交わすところがおもしろかったです。

  26. 相棒が好きです さん

    「はつ恋」が好きで検索した所、こちらのページに辿り着きました。
    この回で流れていた音楽とストーリーが凄く好きです。
    最後、泣きました。
    また見たいです。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。