Season3 第12話 「予告殺人」

12件のコメントがあります

脚本:砂本量 監督:和泉聖治
ゲスト: 榊英雄、一戸奈未

捜査一課の要請を受け、薫は犯罪被害者の集いの見学へ。姉をストーカーに殺された愛(一戸奈未)が臨床心理士の堀(樋口浩二)から発言を促されるが、いまだにショックが大きく何も言えない。堀の説明によると、被害を訴えた警察からも相手にされず、殺害されたとき白昼にも関わらず誰も助けようとしなかったとか。会が終了した後、薫は堀に挨拶するが、強烈な嫌味を言われ…。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

12件のコメント・感想があります

  1. はしの さん

    「親切」とか「優しさ」とは何かを問う作品でした。どちらも「見返り」を求めるものではないということ。難しいことですが、深く考えさせられました。

  2. スコッチ さん

    2014年2月9日現在、この回が再放送されました。改めて見ましたが、やはり言える事は自分勝手な思い上がりで簡単に人を殺したこのタクシードライバーにやり場のない怒りを感じてなりません。死刑は免れないと思います。そして姉を失った妹に最後まで優しく、また妹に勇気を取り戻してあげた薫ちゃんに感動しました。   

  3. スコッチ さん

    ちょっと思う事があってこの回をまた観ました。それはこの回の自分で録画したDVDを消すか残すかです。と言うのもこの回の犯人に対して個人的にやり場のない怒りを持っているからです。たかがドラマと言ってしまうとそれまでですが、この犯人があまりに身勝手で利己主義でエゴイストでサディストで…etc、そんな理由で殺人を繰り返したのかと思うと何故か無性に頭にくるんですよ。後season4のウィンパティオルの前後編なんかも(こちらの救いは佐古元巡査で一応DVDは残してますが)。season6「白い声」は犯人こそ身勝手な理由でしたがストーリーが良かったのでOKです。今回の被害者の妹・佐藤愛さんの人間不審な心の痛みはよくわかりますし、彼女に付き添ってたカウンセラーさんの警察に対しての怒りもよくわかります。なんとか誤解を解こうとして最後まで必死になって彼女を守ろうとした亀に感涙しました。これなんですよね~亀山薫の魅力は。いつだって常に弱者の立場で物事を考えて行動する亀の最大の武器なんですよね。ある意味刑事らしい刑事ですね。彼の最大の魅力の回は次のseason5「裏切者」だと思っています。また亀だけなんですよね、右京さんが暴走しかけた時に「君がいつも側にいてくれて助かります」と右京さんに言わせた人物は。そういう亀ね魅力的な意味でもこの回を消すか残すかを迷いました。結局、犯人は許せませんが上記の亀の魅力に負けて残す事にしました。今のところ私が本放送を観て真っ先に消したストーリーはseason9「ボーダーライン」だけです。あれだけはどうもね~。 

  4. スコッチ さん

    すみません、誤字がありました。そういう
    亀の魅力的な意味でもです。

  5. 重富穂奈美 さん

    警察に対する不信感を描くシリーズ。亡きお姉さんの捜査に警察の捜査のミスを犯したため、警察を恨んでいたが、最後のところで奥寺美和子さん、亀山薫、右京さん、伊丹刑事や他の人たちにも感謝しますよと言ってくれました。あの時、なぜ警察の調べ方に問題があったのかわからない。

  6. エンディミオン さん

    今回は犯罪被害者にスポットをあてた話でした。
    犯罪に巻き込まれた被害者や遺族に対して、果たして警察は本当に無力なんだろうか?また、犯人を逮捕した後も警察は被害者たちに何ができるのか?考えさせられるストーリーだと思いました。
    姉がストーカーに殺害され、警察不信に陥った妹の愛さんに、最後に勇気や信じる心を取り戻させた亀山くんが素晴らしく、感動しました。
    また一方で、妹の愛さんに付き添う相談員の掘さんの理屈も一理あると思いました。被害者の心情心理も考えずに、犯人逮捕にいたる情報を聞き出す為だけに被害者に近づく警察に怒りを覚える気持ちも。
    確かに犯人を逮捕し次の犠牲者を出させないようにする事は警察の使命ですが、被害者や関係者の安全をまもるのも警察の使命なんではないのか?
    決して犯人逮捕のためだけに、警察は被害者や遺族や関係者に近づいてはいけないし、ちゃんとケアしてあげる事が大事だと亀山くんが教えてくれましたね。
    あと、この予告殺人の犯人の秋山さん。
    あまりにも自己中過ぎていたのに、怒りを覚えてしまいました。
    こういう人、実際にいるんですよね~。自分だけが大事でまた自分だけが正しいと思っている人。本当に厄介です。またそう言う人間はちょっとした事でもすぐにキレたりするんですよね。
    今回はまた故・砂本さんらしい新しい視点の話で良かったです。

  7. 先生お紅茶いただいて さん

    相談員が妙に怪しい話であった。彼が犯人でも違和感がないほど。
    おそらくわざとそういう演技を指導されたのだろう、
    大団円では爽やか青年に変身していた。

  8. エンディミオン さん

    こんにちは、先程この回の再放送が終わりました。
    再度コメントします。
    故・砂本氏の作品はどれを選んでも最後まで目が離せないくらいに素晴らしく、面白い名作ばかりだとつくづく感じました。
    今回の「予告殺人」にて、氏の亀山君の描き方が素晴らしかったのも一つの理由です。
    ストーカーによって殺された姉の遺族である妹の佐藤愛さん。
    彼女は姉が殺害された時、警察は何もしてくれなかった事に警察不信になり、心を閉ざしてしまいました。
    そんな彼女に対して最後まで真摯に向き合ってまた、彼女に勇気と希望を与えた亀山君が立派過ぎますね。
    前回の「ありふれた殺人」では、被害者遺族の老夫婦に対して何も出来なかった亀山君とは全然違っていました。
    そして事件発生後に最初に現場に駆け付けて、タクシーのドライバーの秋山さんに職質した巡査が、そのタクシーの異変にもっと注意を払っていれば、その後の事件を未然に防げたかも?とも思いました。
    深夜1時に最も稼ぎ時の時間帯にドライバーが駅周辺ならともかく、離れた公園の公衆電話近くで車を停めて仮眠していたわけですから。
    そして今回の犯人の秋山さんを演じた榊英雄さん、season11「birthday」でも子供店長(加藤清史郎君)を殺害しようとした犯人を演じられていました。
    あちらはこの回と違って少しはマシな犯人さんでしたが。
    とにかくこの作品も僕の大好きな作品ではあります。
    ピエールさんのおっしゃられる通り、氏の描く神戸君やカイト君や冠城さんを僕も見たかったです。

  9. エンディミオン さん

    すみません、また途中で送信ボタンをタッチしてました。
    あと犯人が使った名前の「キングチャイルド」。会社が王子cabという名前だからですが、
    普通ならば王子は「プリンス」のはずでは?
    この辺の言葉遊びも故・砂本氏ならではでしょうね。
    またこの時は破局中の亀山君も、連勤疲れで仮眠している美和子さんをそっと気遣う姿もグッと胸に残りました。
    伊丹さんの攻撃からも美和子さんを守ろうとしたり。
    今回は以上です。

  10. 浅見刑事局長 さん

    このお話も内容は充実していて盛りだくさん。
    現実でも問題となったストーカー事件に対する警察の対応、実際増えている犯人的な思考、美和子と亀山の関係修復、サブレギュラーも大挙出演などなど。
    個人的には、亀山刑事の誠実な説得は、実は杉下警部でも少し論理的に、でも大筋同じ内容で行われた思います。やはり近い思いがあるからこその相棒なのではないでしょうか。
    実は、私も臨床心理士にミスリードされかけました。正直、あそこまで攻撃的にする必要は無かったのかなと思います。

  11. 重冨穂奈美 さん

    改めてコメントします。今回の話しは親切、愛、裏切り、怒り、衝撃が走りるようなストーリーでした。警察に対する不信感を出したあの女性の気持ちはよくわかります。なぜ美和子さんを指名した犯人の目的が未だにわからない。次から次へと人が殺される中で警察の捜査が怠り、そしてあやまちを犯した警察が悪いと思う。最後の発言で安心して言えたのが一番良かったです。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。