Season3 第5話 「女優〜後編〜」

7件のコメントがあります

脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治
ゲスト:羽田美智子、岡田浩輝、深水三章

右京と薫は、古谷の自宅2階のトイレの壁に
今回の事件と設定がそっくりなストーリー案が書かれているのを発見。
偶然とは思えないと夕月(羽田美智子)、松永(岡田浩暉)に話を聞きに行く。
2人を犯人とにらむ右京は、今回発見された事実をもとに2人を追い詰めようとするが、
逆に夕月から松永と婚約したことを知らされるのだった…。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

    

7件のコメント・感想があります

  1. スコッチ さん

    非常に面白い作品だと思いました。まずキャスティング面で竹中直人氏が上司役でも結構楽しめる部分、右京さんの策略で薫ちゃんが翻弄し困惑する部分(最初の出逢いではこれで辞表書いたりしてたね)、捜一トリオが失敗して刑事部長から怒鳴られる部分、事件解決後、やはりいつもの官房長の計らいで特命係が復活する部分など色々あって楽しかったです。   

  2. 重富穂奈美 さん

    マネージャーを暴行して上でさらに、新聞記事には捜査一課の写真が撮れていることにびっくりした。そして初となる芹沢刑事に対して怒鳴り付けたところが心臓が止まりそうになりました。

  3. エンディミオン さん

    前編からの続きコメントです。
    後編の僕的のツボはマネージャーにからかわれて、ブチ切れして暴行した芹沢君でしょうか。普段はおとなしいキャラなので、今観てもビックリします。
    また、ラストで特命の二人が女優とマネージャーの海外逃亡を阻止した時に、殺害した亭主は実は夕月さんの父親であって、近親相姦(言葉が不純ですが)していた事実が判明し、殺害の動機に至った事にもビックリしました。
    ラストはやはり小野田官房長の計らいで朱雀の側近・木佐貫を移動させて、無事に特命係が復活しましたが、なかなか面白かったストーリーだと僕は改めて思いました。
    残念ながらこれは録画してなくて、録画を始めたのが次回の陣川回からでした。season3の再放送があれば、是非とも今度は録画したいです。
    あと亀山くんが右京さんにキレたのもツボと言えばツボかな。

  4. ピエール さん

    関西では高校野球終了後に夕方の再放送枠にてシーズン11に続き、シーズン3が放送のようですが、双頭の悪魔三部作とこの前後編は飛ばされるようです。
    特命係復活までの部分が連ドラになってる長い相棒の歴史でも珍しいパターンなので好きなんですけどね。
    このエピソードの事件の動機が結構ヘビーなんで、当時驚いた印象があります。
    竹中さん、また出てこないかな~
    秋からは新しい仮面ライダーに仙人の役でレギュラー入りされるようですが、撮影所は同じだし、何とかならないかな~
    とまたもや妄想してます。

  5. 匿名 さん

    海音寺好きだなー。
    悲しいけどおもしろかったですよ。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。