Season3 第10話 「ゴースト」

5件のコメントがあります

脚本:東多江子 監督:長谷部安春
ゲスト:筒井真理子、春木みさよ

ある日、右京はふと立ち寄った書店で女性から広い支持を集めている女流作家・沢村映子(筒井真理子)の
サイン会に巻き込まれてしまう。
丁寧に説明したはずなのに、名前を右京ではなく左京と書かれてしまう。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

5件のコメント・感想があります

  1. スコッチ さん

    う~ん、「出会う」と「出逢う」と「出合う」、何がどう違うのだろうか?意味は同じように思いますがね。それにしてもゴーストライターを中心にしたストーリーって私の個人的な意見としてはあまり面白く感じたものは無いですね、このストーリーが好きなファンの方々や製作者側の方々にはすみませんが。

  2. ゆろ さん

    この話は右京亀山コンビがいつも以上にねちっこくて性格の悪い印象を受けた。

  3. 重富穂奈美 さん

    あまり内容がわからない話でした。正直つまらない。

  4. かっちゃん さん

     右京と薫の会話が楽しい
    ゴーストライターの本心は、ともかく
    売れっ子作家の文才はお粗末


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。