Season6 第15話 「20世紀からの復讐」

13件のコメントがあります

脚本:吉本昌弘 監督:長谷部安春
ゲスト:近藤公園、吉村涼

連続爆弾事件の犯人がコンビニに爆弾を仕掛けた。
偶然、そのコンビニに居合わせた薫も巻き込まれてしまう。
爆弾は遠隔操作で爆発するタイプで、
犯人はコンビニ店員の佐藤を使って指示を出しているらしいのだが…?

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

13件のコメント・感想があります

  1. ソボクナギモン さん

    最近、また再放送を見たのですが「バイクに入れてあった指輪」がどうなったのか
    誰か教えて〜
    バイクを返したときには確認もしないし何も言ってなかったのに後から「あの指輪」って言われても・・・ねぇ

  2. 匿名 さん

    このエピソードで使われてるコンビニ、つくば市の某コンビニなんですが今年店じまいしてしまったんですよね…
    再放送で見てひと目でわかりました。哀しいですねぇ…

  3. スコッチ さん

    本当に薫ちゃんて言うのは不運な男でありムードメーカーでもありまたそこが魅力的なキャラクターなんだな~とつくづく思いました。最初がラーメン店での人質で今回はコンビニでの人質、朝に走れば事件と遭遇するし、謎めいた家を購入しちゃうし、暗号解読のため右京さんと間違われて拉致されるわ本当に大好きなキャラですね。 

  4. スコッチ さん

    この回またまた観ました。再コメになります。また長くなりそうなのであらかじめお許しを。まずは今回の主役のカズくん役の近藤公園さん、これで他役で「相棒」3回目のご出演ですね。season3「薔薇と口紅」では女子高の校長を脅して殺された被害者役(あのメイクは凄く笑えた)、season4「殺人ヒーター」では痴情の縺れで先輩の女性を殺害した後輩の犯人役、そして今回。今回に限っては気持ちはわかりますが実にバカバカしい理由で、模擬爆弾騒動の動機は単に離婚寸前で実家に帰ろうとしている奥さんに帰って来てもらうためにやらかした事。そんな個人的な家庭の事情のために店に来て頂いてる大切なお客様を巻き込むとは言語道断です。このコンビニが個人経営の店ならともかく、大手企業のフランチャイズなら大問題ですよ。あと人質の亀ちゃん、これで何度目ですか?情けない(でもそこが亀らしくて笑)。ちなみにこの時に美和子さんが特注で作られたラブラブトレーナーは演じられた砂羽さんも寺脇さんもスタッフから頂いたそうです(砂羽さんのブログを拝見)。内村刑事部長も亀に呆れて(キャラ的に絶対無理なのをわかっている)イタミンに犯人との交渉役を命じたりして(笑)。イタミンも最初は邪険にしていた右京さんに犯人との交渉に自信がないためか「どうせヒマなんだろう、居させろ」とやはり右京さん頼りで情けない(笑)。あと今回はseason5「Wの悲喜劇」でイタミンが腰痛持ちを証しましたが、その原因が発覚しましたね。ある事件で犯人追跡中にイタミンの背中を亀が思いっきり踏んづけた事らしくて私は超大爆笑しました。確かにアレは痛いわ、亀ちゃんヒッド~イ!!。で今回の本物の爆弾魔の犯行の動機も実にすがすがしい程にバカバカしいものでしたね。一方的に彼女(現・カズくんの嫁)に片思いして振られたのを亀のせいだと逆恨みして。結局、右京さんとカズくんの嫁さんの芝居に騙されて爆弾魔確保で幕を降ろすわけですが、ストーリー的になんか無理やり感があって無茶苦茶な気もしました。この回にたまきさんを出せなかったのはご本人の都合か時間的に枠に入らなかったためなのだろうか?あと最初にあの電気を消された特命の部屋の中に一人取り残されてポツーンと立っているヒマ課長に大爆笑でした。ではまた。

  5. エンディミオン さん

    この回の視聴率って悪かったんですね。
    何でだろう?僕、結構ハマりましたが・・・。
    あの亀山くんが着ていた「初デート記念」のトレーナー、何気に『欲しい!』と思いました。後、犯人と交渉という大役を無理であろう伊丹さんに押し付けた刑事部長に笑えました。指輪の件はやはり気になってしまいますね?
    内容もそれほど悪くないとは思いますが、たまきさんが出なかったのはちょっと残念かな?

  6. KNOW さん

    18.3%でseason6の中では最高ですから高視聴率だと思いますよ。

  7. エンディミオン さん

    失礼しました。
    あまり人から聞いた話を鵜呑みにしないほうがいいですね。
    これからはちゃんとした情報を書きます。
    お許し下さいませ。
    KNOWさん、
    御指摘して頂いて有り難うございました。

  8. 重富穂奈美 さん

    何回か再放送していましたね〜バイクに乗るところで伊丹さんがあの時のことを愚痴った。確かにそれは両方も悪いが、でもいい刑事である

  9. あいうえお さん

    思わずネットで評価を確認したくなった程のクソ回。

    アホ店員が最初にコンビニの客を脅した際のナイフはどこから持ってきたんだという点などからも、右京が狂言の可能性を思いつかなかったのも疑問だが、そんな事よりもあのアホ店員、人質を解放してその一瞬だけヒーローになるが、その後どうする気だったんだよ。爆弾魔との連絡は続いてるという体で芝居を続けてたわけで、どうやって幕引きする気だったんだ?いずれは警察が乗り込んできてダンボールの中が空だって事はばれる。あくまで自分は指示されてただけだと主張するにしても、箱の中が空となれば当然狂言を疑われるだろう。考えが無さ過ぎる。そりゃあ嫁に逃げられるわ。

    亀山にバイクを接収されたせいでデートに遅れた男。突然父の容態が悪くなり急いで実家に帰った女。いや…お前ら、後から事情を説明するという事ができんのか?

  10. 匿名 さん

    指輪を渡しに行って相手が来なかったと渡しに行けなかったでは結果の「指輪が渡せなかった」は同じでも人に与える影響は全く違うものだろ。それなのに亀山が偉そうにしているのって胸糞悪い。見なければよかったと思えるくらいの糞。

  11. ゆか さん

    ここのコンビニ、茨城県つくば市のコンビニでした。偶然薫くんの住所を知ったり、一枚乗っかろうとする人が勤務する人に立ち寄る、まあ、ちょいと設定に無理がありましたね。警官、そうそう警察手帳忘れませんし。
    一般的にだって社員証をわすれないですもんね。嫁さんが逃げる気持ちわかります。
    事件解決しても別れることにはかわりはない・・・って結末が現実的にはいいなと思いました。

  12. わあ さん

    酷いと噂には聞いていた回、今更初見で観ていやービックリしました。ご都合主義も1や2つくらいなら相棒の持つ魅力や面白さでカバー出来るけど…。他の方が既に書かれてる部分もそうですが、自分が一番『ないわー…』とシラけたのが、コンビニ店員の奥さんが実は爆弾魔のストーカー相手だったって事。どんな偶然だよ…。

  13. sonic さん

    本作を拝見して思うのは、Season5「狼の行方」での、嘘をついた子供が、嘘をついた大人に変わっただけのお話に感じました。脚本家も、本作は吉本昌弘さん、「狼の行方」は吉本聡子さんと同一姓です。
    冒頭の時系列ですが、(23:30)交差点の段ボールの爆破は、坂崎さんが亀山さんにバイクを貸す事になった時刻を、(6:30)アパート前の段ボールの爆破は、亀山さんが坂崎さんに借りたバイクを返却した時刻を表していたのでしょうか。
    コンビニ店員のくだらない犯行動機と愚かな行為や嘘が、本物の爆弾魔を呼び取り返しのつかない結末に至りましたが、坂崎さん(爆弾魔)の片思いだったお相手とコンビニ店員の妻が同一人物(佐藤美登里さん)だった事に、因果や思わぬつながりを感じました。そして、坂崎さんを説得するためにとった美登里さんの嘘は見事でした。
    それにしても、亀山夫妻のバカップルトレーナー(失礼)、外で着るには恥ずかしくないですか?


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。