Season6 第3話 「蟷螂たちの幸福」

15件のコメントがあります

脚本:戸田山雅司 監督:和泉聖治
ゲスト:荻野目慶子、江藤潤

ミステリー作家・蓬城静流(荻野目慶子)の夫・田橋(江藤潤)の遺体が発見された。
自殺と見られたが、拳銃に不自然な細工が。
右京は他殺の可能性を探り始める。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

15件のコメント・感想があります

  1. 角保敏明 さん

    蟷螂の幸福にかかっている音楽名をお知らせください

  2. 入江とし子 さん

    「蟷螂たちの幸福」の中で、静流がかけていた音楽名(男性ボーカリストが歌っているアリア)をご存知の方、教えてください。

  3. 歌声喫茶 さん

    女性が最初大音量でかけてたのは、ビゼーの歌劇≪真珠採り≫より「耳に残るは君の歌声」の前半かな?バイオリンの凄いやつ。
    番組の後半の真相の所は、そのアリア「耳に残るは君の歌声」の後半のゆっくりのほうです。

    劇中では途中で切れる所もあるが、凄い部分は2回、ゆっくりは3回くらいかかります。本当に耳にのこりますねー

  4. 福本 七郎 さん

    気になって、寝不足でした。バイオリンでの旋律は記憶にあったように思っていました、歌声を聴いて感動染ました 歌声喫茶さん感謝いたします。

  5. スコッチ さん

    蟷螂(とうろう)つまりカマキリたちの幸福って最初に聞いた時に「何なんだこのタイトルは?」って思い、かつての「アゲハ蝶」のようなストーリーかと想像しましたがフタを開ければ全然虫ネタでは無く残念だった記憶があります。ストーリーに関してはよく出来た話だとは思いますが結局、特命係も捜査一課もこの主人公蓬城・田橋夫妻の自作自演の三文芝居に振り回されただけでしたね。しかし死んだ旦那さんの田橋さんには申し訳ないですが、不治の病で後わずかしか生きられない奥さんに「君がいなくなった後の自分の人生は考えられない」(例によりニュアンスの違いは失礼)って彼女に対する愛情の深さはわかりますが、自分が死ぬ事によりそれを最後の作品にして欲しいというのはどうかな?とは思います。どういう理由があっても自殺は絶対ダメですよ。本来なら彼女の死後もその事実をしっかり心に受け入れて時間はかかりますが強く前向きに生きて行くべきだと思います、彼女のためにも。あとこの旦那さん役の江藤潤氏、「相棒」は二度目でしたね。前回はseason3「警官殺し」の長谷川巡査の役でした。今回も前回も両方とも自殺者の役でしたね。それから「花の里」での右京さんが妙なところで反応したのが面白かったですね、「アンキモ」の話で薫ちゃんにピタッとくっ付いた美和子さんに。いずれ薫ちゃんは嫁の美和子さんに喰われるとでも想像したのかな?(笑)。

  6. チカチカ さん

    亀山君が言った「7年間生死が不明の場合、失踪宣告の申し立てが可能」と言っていたが、この言葉はseason3「誘拐協奏曲」を思い出しました。

  7. エンディミオン さん

    この作品、凄く重い内容でした。
    僕はまず、荻野目さん演じる蓬城静流の静で落ち着き払った台詞の言い回しに魅了されました。あの雰囲気、好きだなぁ~!
    旦那の田橋不二夫役の江藤さん、前回同様にまた自殺者役でしたね。
    今回は愛する奥さんの最後の作品に自らの死をもって協力するため・・・・ってやはり僕も旦那には辛口ですね。
    「君が死んだ後の世界に僕の居場所は無い」なんて奥さんに対する愛情の深さはわかりますが、死んでどうするのよ。
    残された者たちの悲しみを常に考える亀山くんのラストの言葉と、「人は自らの命を絶つ事で出せる答えなど決して無い」と言ってた右京さんの言葉が同時にシンクロして、深く考えさせられました。
    最後の「蟷螂たちの幸福」と言う静流の遺作本に書かれていた、「最愛の夫として作家・蓬城静流の半生を生きてくれた田橋不二夫に捧ぐ」の言葉に、静流の旦那に対する深い愛情を感じました。

    あと個人的には、三浦さんがいないと伊丹さんの相手は当然芹沢君が受けるわけで、その芹沢くんに「本を読まないッスから」と言われた伊丹さんの先輩としての立場を想像したら笑えました。また三浦さんがいないと伊丹さんは特命係に好き放題に現場を荒らされるんですね。
    最後に、僕も「花の里」でのシーンには爆笑しました。

  8. 重富穂奈美 さん

    自殺なのかそれとも他殺か?私はよくわからないです。きっと右京さんの考えだと自殺かもしれないと思う。だからそれが疑問点だと私は思う。

  9. ピエール さん

    >重富さん、匿名さんもコメントされていますが、連続していくつもの感想を投稿するのはやめてもらえませんか?
    他の方の新しいコメントが、貴女が連続投稿する為に、埋もれて、流れてしまい、わからなくなります
    くれぐれもお願いいたします。
    さて、本題の感想ですが、荻野目さんの鬼気迫る演技力に感心しますね。
    愛情の表現の仕方は様々なのですが、自殺はいかんよなと見る度に切なくなります。
    ラストは臨終シーンを見せずに、後日の書店に並んだ遺作というのも好きな点ですね。

  10. きよりん さん

    此方の作品、以前見た時は、特に感銘しなかったんですが、少し前に再放送され、見事にハマりました。
    特に一番ハマったのは、バックに流れる音楽です。
    上の方のコメント読んで、ビゼーの歌劇(オペラ)だと知りました。
    私、歌劇(オペラ)とか余り興味なかったんですが、少し聞いた事があるな、とは思いました。有名な曲なんですね…
    特に中盤、彼女が口紅をさしている時、死んだご主人を見て、嘆き悲しむ時、そして最後に流れますね!本当に素晴らしいと思いました。
    物語は2人の究極の愛でしょうか! 小説の為なら死をも厭わぬ…
    荻野目さんの演技、静かに語る所や、ご主人が亡くなった後の悲しみの演技、圧巻ですね!
    妹さんの洋子さんは、歌手で〝ダンシングヒーロー♪〝で有名な歌手、美人姉妹ですね!
    笑い所として
    ①伊丹さんに放った芹沢さんの一言、この人、本読まないっすから!爆笑
    ②角田課長が、忙しい忙しいと言って特命に入って来たとき、薫ちゃんが言った言葉、忙しいなら来なくていいですよ~(笑)
    ③荻野目さんが伊丹さん達に対して、凡庸な刑事扱い(笑)
    この作品、私の中では、名作だと思います。
    兎に角、ビゼーの歌劇(真珠採り) 最高に素晴らしいと思いました。CD買いたいと思っています(笑)

    そして、
    匿名Aさん、傍観者さん、先日はありがとうございました。
    感謝致します。

  11. 匿名 さん

    被疑者と右京さんとの丁々発止タイプの話は、ゲストの演技が本当に大事。
    二人の愛の形は確かに凡人としては理解しがたいものがある。しかしそれを納得させてしまう荻野目さんの名演が光る一作だと思う。
    特に夫の死をみつめる衝撃的な瞬間と、そのあとすぐ冷静な作家の顔となる荻野目さんの変化がすばらしい。

  12. ラッキーアイテム さん

    こんにちは。

    3月7日からseason6が再放送されます。今度はこの回からスタート!「陣川警部補の災難」は先に再放送されましたので。それがseason6は「蟷螂たちの幸福」から「20世紀からの復讐」で再放送は終わってしまいます。悪女の証明や新・Wの悲喜劇、白い声はやりません。残念です。

  13. さん

    殺人、自殺。命を亡くす行為はしてはいけないとはわかっているのですが、そこまでの行動が起こせるほどの夫婦愛に憧れすら抱きました。自分にもそんな愛を注ぎ注がれる相手がいれば…と二重の意味で涙がポロリ。
    始終冷たい印象の奥さんが、回想では感情豊かに哀しんでいたのも印象的。

    「最終的に選んだ手段がそれしかなかった」ことに切なさを感じる作品でした。

  14. 匿名 さん

    被害者の「そんなものに意味なんて無い!」という即答で一気に涙腺持っていかれました。狂ってるのは確かだと思うけど、ここまで愛せる人がいるっていいな。

  15. 130 さん

    皆さんの相棒ファンの気持ちが分かる気がします。
    S14の相棒を観ていますが、第8話の最終回の奇跡も良かったです。
    良いね。相棒。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。