Season9 第4話 「過渡期」

11件のコメントがあります

脚本:櫻井武晴 監督:近藤俊明
ゲスト:螢雪次朗 新井康弘

世界を放浪していた立松という男がホテルの非常階段から転落死した。
立松の祖母は15年前に殺害されており、時効撤廃がなければ2、3日後には時効が成立していた。
海外にいた立松は時効撤廃を知らずに、時効に合わせて帰国した可能性もある。
右京と尊はいまだに事件を捜査している総務課の猪瀬(螢雪次朗)から話を聞く。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

11件のコメント・感想があります

  1. 水谷右京 さん

    率直な感想は、偉そうですが、可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。ただ、前回と今回はゲスト俳優のお二人の迫力ある演技に圧倒されました。特に、蛍雪次郎氏はただの横領してるだけの奴なのに一瞬同情しそうになりました。来週は陣川君が久々に出るので楽しみです。でも、予告編を見る限りではゲストの京野ことみさんを好きになるが、その彼女が犯人という陣川君の法則(犯人に惚れる)かなと思いなすが…。

  2. やも さん

    おなじみの名脇役さんたちが何人も出演されると、最後に誰が主役(犯人?)になるかわからないのでどきどきします。

    時効の撤廃にともなってあのような問題が生じるとは思いもしませんでした。さすがの目のつけどころというか、着想のすごさ…。
    それにしても「ありふれた殺人」の頃を思い出すと――『相棒』って長くつづいているんだなあと感慨しきりです。

    最後、得意そうに説明してたのに、詰めが甘かった神戸君がおかしかったです。

  3. 美和子さん さん

    ごく普通の弱い人間が陥る闇の世界の事件でしたね。
    良質な短編ミステリーを読んだような感じがしました。

    出来心の積み重ねで起きる事件。 
    おばあちゃんは留守だったはずなのに...。
    時効撤廃がなければ分からなかったはずなのに...。
    ちょっとずつ歯車が狂って、落ちていってしまう人間の哀しさと
    ぶれない特命係二人のの掛け合いが絡み合って、
    テンポもよく上手いなぁ~と思いました。

    しかし、見終わって異様に心に残ったのは、神戸君に頼まれれば
    簡単に資料を渡してしまう大河内さん!
    画面には一度も出てこないのに、ものすごいインパクトでした(爆)

    本当に一体どういう関係なんでしょう~。
    気になります!!
    怪しすぎます(笑)

  4. 7からの視聴者 さん

    鑑識係長のほうが犯人かと思いました。
    そうですね。時効撤廃がすぐネタになるところも
    時事問題をよく取り上げる相棒らしいですね。

  5. みさちゃん さん

    これが、相棒!と嬉しくなる。右京さんの容赦ない、すでに精神的に警官じゃないという、犯人への諭。
    毎回こういう展開だと、辛いかな?

    人間の弱さを見せ付けられて、やるせないけど、胸にしみてくる。その感動がいい
    現場にいた刑事だからこそ感じた直感で、真犯人が解ってしまった。その皮肉がなんとも・・。

    真犯人海外にいたのなら、今までどおりでも時効にはならなかったんですよね!

    そういう、つっこみも、野暮に感じます

  6. 左京だよ さん

    個人的には、良い部類に入ると思います。
    2回見ましたが、さすが櫻井さんです。最後の右京さんの警察官ではないというところが大好きですね。
    来週は陣川君。前出てた、「悪意の行方」が面白かったので期待しています。

  7. スコッチ さん

    久しぶりにまた見ました。時効制度撤廃に伴う当時のタイムリーな話でしたね。蛍さんや新井さんの演技力の素晴らしさに改めて感心いたしました。15年前の祖母殺害犯人が実は孫の犯行であった真実と、その事件を追うがために大切な家族や役職等をなくしてしまった刑事の悲哀さと殺害動機がよく描かれてましたね。それにしても「相棒」には本当に警察組織内の犯罪事件が多いですね。極めつけはこの後放映された「劇場版Ⅱ」ですが…。あとラムネの大河内監察官って確か男色家(いわゆる男好き)でしたね。もしかすると神戸くんともそういう関係だったりするのかな?だから神戸くんに頼まれたら何でもNoとは言えないんじゃあないのかな?

  8. sonic さん

    Season5の「赤いリボンと刑事」と似ているところが多いですね(事件から15年近く経過、容疑者は海外へ逃亡の後に死亡、事件を追うベテラン刑事がいる、その刑事は体調を崩し家族と疎遠になった)。
    ただ一つだけ大きく異なるのが、「赤いリボンと刑事」の高岡刑事は、誠実に警察官としての責務を全うしたのに対し、本作の猪瀬係長は被害者の遺留品(現金)を横領、逮捕に至ったわけです。
    もしも本作の担当刑事が高岡刑事だったなら、遺留品の横領はせず、じっくり時期を待って、被害者の孫を逮捕できたと思います。
    最後の神戸君と右京さんのやり取り、「雑用ではなく将来起こりうるであろう事態に備えた大切な任務」二人の価値観の違いでしょうか?

  9. sonic さん

    連続ですいません。「遺留品」じゃなくて「証拠品」ですね。失礼しました。
    ところで、猪瀬係長の警視総監賞の副賞の腕時計は、クラウディオバレンチノの腕時計と思われます。3連のブレスレッド(Vのマークのバックル)、風防に拡大レンズがあったと思われる小さなデイト窓、あのスイスの有名ブランドの腕時計のデザインを模倣した時計です。
    猪瀬係長の腕時計が、真の警官ではないことを表しているのでしょうか。

  10. 重富穂奈美 さん

    Season 9のシリーズが大好きです(^^)個人的に社会性を描くのが一番好きです。
    後は陣川警部補の事件が二つ入っていた(≧∇≦)運命の女性は
    一番傑作作品です(^^)


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。