Season10 第8話 「フォーカス」

16件のコメントがあります

脚本:守口悠介 監督:橋本一
ゲスト:佐川満男 比留間由哲

通り魔事件の瞬間をスクープしたカメラマンが殺害された。
週刊誌に通り魔犯の顔写真が掲載されたため通り魔がカメラマンに復讐したのか?
捜査一課が通り魔の行方を必死に追う中、遺留品のカメラを見ていた右京は写真がいくつか消去されていることに気づき…。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

16件のコメント・感想があります

  1. ウォルフィー さん

    あの写真が出た瞬間,号泣してしまいました。

  2. いもこ さん

    本当にいい写真でしたね。
    久し振りにあんなに感動しました。
    また書いてほしいです。

  3. 官房長 さん

    深い話でしたね。

    今回のテーマって、<手を差し伸べる>みたいなことなのでしょうか。
    誰も助けられないというカメラマンの思い、もしかして最初の傍観者の話も、そんなテーマが関係しているのかも…
    考えすぎかもしれませんが。

    個人的に、今期一番の出来でした。

  4. うきょう さん

    時系列がメチャクチャ。シーズン10はちょっとヤバいね。

  5. やも さん

    とてもよいお話なのですが…すみません、「相棒」だからこそ点が辛くなってしまいます。
    見てるひとをミスリードするために、やたらと偶然を重ねたり、
    (被害者がたまたま事件現場にいあわせて写真を撮ったら、そこにたまたま被害者に殺意を抱く人物の自転車があって、たまたま被害者の古い友人も通りかかって、しかもそれがその友人のストーカーしている相手の家の近くで…)
    右京さんの推理も、ちょと、あれ? ってところもあるし…これって、まちがった推理をしてある人物を推定したら、たまたままったくべつの理由でその人物が犯人だったってことですよね。
    たしかに、じぶんの自転車が写真にうつっていたからこそ、殺人実行を決心したわけでしょうが…うーん。
    さらに、〝うその回想シーン〟をふたつも挿入したり……こういうよけいなことをしないで、もっとシンプルにまとめてくれたほうがずっと感動できた気がします。

    そのくせ、そういう部分をおいておいてじゅうぶん楽しめちゃうわけなんですが。
    おもしろかったところといえば、右京さんの米沢氏への「ありがとう」と、特命係ふたりの角田課長への「おはようございます」。みょうにジツがこもってない感じが日常っぽくてクスリとしてしまいました。

  6. ふくとみ さん

    今回は本当に良かったです。
    やるせない話でしたが、心に残りました。

    相棒は色々と考えさせられる作品が多いですね。

  7. 名無しのファン さん

    面白かったです
    社会風刺が効いていたけど推理物としても上等
    非常にテンポ良く、視聴者を引っ張っていた
    そして最後はきれいに締めくくりましたね
    実に相棒らしい。昔の相棒をかんじさせました

  8. くいだおれ さん

    とても面白かったです。
    私も最後の写真で号泣してしまいました。
    被害者の報道写真に対する思いと、加害者の亡くなった人への思いとが、
    不幸な形でぶつかってしまったんですね。

  9. コルディッツ さん

    あっさり真犯人に行きついてしまったので、
    「あれ?」と思っていたら、
    今回は「動機」を求める話だったのですね。
    暴行の被害者も、カメラマンも、真犯人も、
    それぞれ真摯に生きていながら、
    芯のところでは交われず、
    言葉足らずを誤解されて、
    悲劇的な交錯をしてしまった構図を意図したのでしょうか?
    まるで右京さんと神部さんの関係のコピーのような気がします。
    二人が真の「相棒」になれるかが、今後の展開なんでしょうね。

  10. みなぞう さん

    路上で倒れている人がいて、あんなにまで気付かずに…気付かないふりだとしても、いられるものでしょうか。物凄く違和感を感じました。
    駆け寄ったり、救護活動をしないまでも、遠巻きに事態を見守ったりしませんかねぇ。なぜ、真横をスタスタ素通りできるのか、なぜ人垣ができないのか、不思議でした。

  11. 美和子さん さん

    最後の写真は良かったですね。写真の持つ力を改めて知りました。

    最後の写真は本当に素晴らしかったのですが、それ以前でどうも
    引っかかってしまうことが多く、私には苦手な話でした。
    みなぞうさんが書いておられますが、最初の部分からどうしても
    違和感があって...。
    何と理由をつけられても、ナイフを持って歩いている男が
    人を刺すところを写真で撮り続けたり、自殺しようとしている現場を撮って
    公表したりすること自体、嫌悪感が先に立ってしまってダメでした。
    あのカメラマンがそういうタイプのままなら何とも思わなかったのですが
    ”本当の思いは違った””伝えたいことがあった”などと言われても、
    ちょっと....。  それに、あの犯人も、いくら理由があったとしても
    警察官でありながら殺人を犯し、自首もしないなんて
    そんなタイプの人には思えない。
    以前、神戸くんが「~でこんなことしますかね。さっぱり分からないな」と言っていましたが、そんな感じがしました。

  12. みさちゃん さん

    たしかに生前に笑顔は素敵でした
    でも、それが撮られた情況は、盗みドリで・・・気持ち悪くでだめです。

    そんな写真を公の場に出すこと自体反対です

    カメラマンのあり方にも疑問を投げかけ、それでも殺人は絶対にしてはならない
    そういうラストだったら、納得したかもしれません

  13. エンディミオン さん

    この作品、昨年の再放送でも観れなかった一つです。
    初見でどんな内容か期待していましたが、残念回ですね。
    先の方が書かれていましたが、路上でいきなり人が不審者に刺殺されたのに、「傍観者効果」ですか?まったく無関心でスルーする人たちや、近くでそれをスクープするカメラマンってこんなシチュエーション、あり得ますか?
    あまりにヒドくて絶句しました。
    そのカメラマンの有沢さんが殺害されましたが、他にも女性の飛び降り自殺写真など公表して展示会を開こうとしていたとはヒド過ぎですね。
    その投身自殺した佳苗さんに最後まで寄り添い、立ち直らせようとした交番相談員の谷川さんの心中は理解できて同情できますね。
    あんな写真を公表展示されるとわかれば、有沢さんを殺害してでも佳苗さんを守ろうと考えた谷川さん、最もだと思います。
    しかし、後になって有沢さんが伝えたかったのはそうじゃなく、谷川さん自身の少女とのふれあいの構図だったなんて言われても、正直に無理やり感がありすぎて苦しいですね。あのままで終わればまだしも、悪人を善人に無理やりさせたみたいでまた無理やり良い話に持って行こうとした感じがして残念な感じでした。

  14. 重富穂奈美 さん

    無差別に人を殺すのはよくないけど、写真としてはきれいです(≧∇≦)私の家族はカメラを持っているので、いろいろなものを見て撮っています。自然のもの、外の景色を眺めて撮っています。写真を撮るのは私の趣味である。

  15. 亀戸亘 さん

    久しぶりに本日再放送で鑑賞しました。
    内容は解っていても最後のシーンは何度鑑賞しても
    熱くなるものがあります。
    あの事件の元ネタはある国の駐車場で子供が・・・
    ですよね?

  16. ダイオウイカ さん

    お言葉ですが(笑)この事件の元ネタは、もう何十年も前のアイドル女性の自殺事件だと私は思っていました。
    このドラマと同じ位の年頃の女の子がこのドラマと同じ方法で亡くなって、警察が来る前にこのドラマと同じく現場の写真を撮られてスクープ誌に掲載されてしまったのです。その雑誌名が「フォーカス」でした。(今は廃刊になっています)
    当時私は子供というほどでもなく社会の事も少々わかってきた年頃だったので、大変なショックでした。今思い返しても、本当に腹立たしいです。
    理由はどうあれゲスなカメラマンを糾弾するならともかく、擁護するなんて。当時の現実とつい混同して見てしまうので、許しがたいです。文字通り、フォーカス・ピントがずれてると思いました。
    神戸くんが「(被害者となったカメラマンの)遺体の写真が展示されたら、彼自身はどう思うんでしょう」というような事を言っていましたが、その感覚だけが真っ当に感じました。最後にも神戸くんに、それでもやっぱり自分はこの写真は嫌いだ、と言ってほしかったです。

    でも、組モノの一部だけ取り上げられて、違う意図で使われる悔しさはわかるんですよね。当時はまだネットで気軽に作品発表するのは珍しい時代でしたから。

    相棒において、最後になって突然いい話ぽくなる違和感を感じた最初の回、だったと記憶しています。私の感じでは、ですけど。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。