Season10 第10話 「ピエロ」

51件のコメントがあります

脚本:太田愛 監督:和泉聖治
ゲスト:斎藤工 遠藤雄弥 大橋のぞみ 目黒祐樹 吉田栄作

刑事部長に命じられ、神戸尊が開演直前のオペラハウスに証拠品の返却に一人で向かうと、ロビーで子供たちを引き連れたピエロ(斎藤工)にぶつかる。
不審に思い、子供たちが乗り込んだ送迎バスへと向かうと、車内にいた男が少女(大橋のぞみ)に拳銃を突きつけ「あなたも一緒にきてもらいましょう」と尊を強引にバスに引き込み、尊は子供たちととともに誘拐されてしまう!

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

     

51件のコメント・感想があります

  1. 足の甲への踵落とし さん

    興味深く見させて頂きました。
    こども達に笑顔を。
    こどもの親なら当然の希望です。ですが、刑事ドラマには向きにくいメッセージでもあります。
    過剰な解釈をして勝手に受け取っただけかも知れませんが、僕は確かに受け止めました。
    新春にふさわしい高い理想を掲げた作品だと思います。

    日本中だけでなく、世界中のこども達に笑顔を!!

  2. マカロニ さん

    名作「バベルの塔」に匹敵するほどの出来で近年の相棒の作品の中では屈指の作品でした。見事な相棒ワールドで正月から得した気分です!!!

  3. R さん

    前日に前回の元日スペシャルの再放送があったのですが、あっちは犯人の執念が怖すぎて苦手ですが、今回は比べ物にならないくらい良かったです!
    とってもおもしろかった。時間は長かったけど、最初から最後まで惹きこまれました。
    ほぼすべてのレギュラー陣が活躍してたのも嬉しかったです。ただ、なんで警官役が芸人さんだったんでしょう?
    キライではないのですが、ハラハラした空気の中、芸人さんに気づいた時はちょっとズッコケました(^^;)もしかしてそれが狙いかな?
    何にせよ、元日からいいドラマを見れました。ありがとう!

  4. さん

    はじめての投稿です。役名を間違ってましたらすみません。
    とても興味深くみいりました。事件の発端となった警察官にあえて名前を付けず背景も語らなかった事にメッセージを感じました。高尚な目的があれば名も無き国民の命はどうでもいいのか。もし警察官に子供がいたとして、その子らの涙は些細な事なのか。この特権階級意識は草部さんが嫌っていた日本国の政治家や金持ちと同じです。無線機が欲しいためだけに誰でもよくてたまたま殺された彼が自分と重なります。
    速水君は感じていて草部さんに尊敬と深い嫌悪感を持っていたのではないでしょうか。だからこそ、子供達を殺さなくても、爆弾をダメにしてもドライバーを殺さなくても、公園落札のためにお金を奪っても自分がクズ野郎になってしまった事を分かっていた。そして、杉下さんの説得に応じたのではないでしょうか。
    殺人と誘拐の罪の重さを語った回と思いました。
    まとめが悪くてすみません。疑問ですが警官殺しがあったら無線機等の持ち物は調べるんじゃないかな?

  5. S.K さん

    映画にしてもいいと思ったほどこの話は、めちゃくちゃ面白かったです!!
    警視庁が一致団結して解決した感じがして、スッキリしました。
    刑事部長も参事官も今回は珍しく、右京さんに協力的でしたし。。。

    中盤の右京さんと伊丹さんのコンビネーションも良かったし、
    右京さん、米沢さん、大河内さんトリオの「蒲田のガレージで乗り換えた」の
    復唱部分が個人的に一番のツボとなり、一緒に復唱したくなりました(笑)

    芹沢さんも危うく殉職しそうになり、ヒヤヒヤしましたが
    入院したおかげで彼女とカウントダウン出来て良かったですね。
    まさに「怪我の功名」!

  6. まちこ さん

    初めて投稿させていただきます。

    今回も期待通りものすごく面白くて大満足でした。TVでこんなに内容の濃いものが見られるなんて正月早々得した気分です。
    なのですが一点だけわからないところがあって、ここのみなさんに教えていただければと思い書き込みさせていただきます。
    大橋めぐみちゃんが電話ボックスで右京さんに連絡したとき、なぜ現金輸送車の番号を知っていたのでしょうか?
    神部くんたちが悟ったシーンがなかったような気がするのですが…私が見逃していただけでしょうか?

    今日になっても内容を反芻してしまうほど面白かったのに、この点だけが気になってしまいすっきりしていません。このままでは仕事が始まっても気になってぐるぐるしてしまいそう!どなたか教えてください~

  7. Karabaw さん

    たしかに見ていてバベルの塔を思い出しました・・・
    tenのなかでは今回が一番良かったように思います!
    それでも最後はやはり花の里で締めたいですねぇ・・・

  8. ウォルフィ さん

    まちこさん
    犯人がアジトを出る前に、一人が入ってきて
    やべえ、早くしないとA467出てしまう。
    って言ってますよ。10時30分くらいです。

  9. 相棒大好きな11歳 さん

    いゃ~おもしろっかたな。 神戸くんさすが、元警備局。 手帳かくすのはやかった。 右京さん、相変わらず、勝手に、見るね。

  10. 相棒大好きな11歳 さん

    まちこさんへ  僕も、そうおもいます。

  11. asuka さん

    バベルに匹敵するほどの佳作、
    まさにその通りですね
    長年観ていますが、屈指の名作となったのでは
    ないでしょうか
    今回は神戸君をはじめとして役者の演技が
    素晴らしく、また右京さんの言葉が突き刺さりました 
    新年からこのような作品を楽しめたことを嬉しく思います
    杉下右京はおそろしく頭の切れる人間であることを再確認しました
    折り返しにきましたが、
    今シーズンも最後まで楽しみたいと思います

  12. みさき さん

    元旦スペシャル「ピエロ」見ました!
    なんかもう、最初っからハラハラドキドキしましたvV
    あの2時間半の間に何度も叫んじゃいましたよ(笑)
    イヤー扉開けるなぁぁぁ!!爆発すろぅぅ!!!みたいな感じで・・・。。
    かなりのぞみちゃんが活躍してましたよね♪
    子供たちに優しかったり、行動が警察官らしく冷静な対処をする神戸さんにきゅんきゅんしましたw(≧▽≦)w私もあのルーク欲しいWW
    しかも今回キャストほとんどの人が出てて感動しちゃった☆
    何気に大河内さんが神戸さんの心配してる感が出てて思わず頬が緩みました!
    そして杉下さんの名推理!!やっぱりすごい、さすがだよ(キラキラ)
    犯人の本来の動機にちょっと感激。そんな経緯があったのか。。
    それにしても、マジ面白かった!もう本当に感激です!!
    来週の話が楽しみです♪

  13. コルディッツ さん

    元日スペシャルは最高のお年玉になりましたね!
    テロ事件だけでも十分見ごたえあったと思いますが、
    テロリストをあっさり退場させて
    (貧乏性なので、もったいない!と思っちゃいました)、
    予想だにしなかった営利誘拐にシフトしたのには、
    ビックリしたし、製作陣へ脱帽です。
    しかも処分されたと思い込んでいた、
    バス運転手のリサイクルも良かった。
    さらに誘拐事件の背景にあったものを、
    右京さんが鋭く追及、犯人の心情を代弁して、
    犯人を投降にさせたラストは感動モノでしたね。
    その前に、神部さんが犯人に右京の天才ぶりを語ったのが、
    見事な伏線になっていたと思います。
    犯人の軌跡がそのままタイトルに通じていたのですね。
    冒頭にわざわざピエロの舞台を写していたのに、
    気付いたのはラストになってからで、これも心地よかったです。
    陣川さんの出番がなかったのは残念でしたが、
    レギュラーも持ち場持ち場での活躍が光っていて嬉しかったです。
    あわや殉職かと思った芹沢さん、臨時相棒を務めた伊丹さん、大木さんに小松さんなど。
    内村刑事部長も、特命を評価し始めたのでしょうか?
    それにしても神部さんは子供や老人との相性が良いようですね(笑)

  14. まちこ さん

    ウォルフィさん
    相棒大好きな11歳さん

    ありがとうございます!やっぱり聞き逃していたみたいです。
    改めて、1言・1シーンも聞き逃せない見逃せないドラマだと感じます。
    これで謎が解けたので心置きなく反芻できます!

  15. 7からの視聴者 さん

    やはり正月SPは人質事件が面白いかな。

    本編には関係ないけど「お、久々に吉田栄作見た」
    と思う暇なく殺されてしまったw

  16. やも さん

    正月早々かなりツライ場面からはじまりましたが――正月早々すごいハイレベルな展開。
    「バベル~」の場合、ちょっとしたツッコミどころも含めてのおもしろさでしたが、今回は逆に完成度の高さが見所かもしれません。
    なんかヘリが出てくるとスペシャルなだなーって感じがします。

    個人的に若い俳優さんの中では注目している斎藤工さんのよさを大きく活かしてくれていたのがうれしかった。
    あと会長の孫の亮太くんはちょっととぼけた感じがおもしろかったのです。

    それにしても最近の大河内さんはもうケナゲですらあるといいますか、かなり必死でしたね。
    あと、そろそろ伊丹刑事にも出会いを作ってあげたら、と思ったり、思わなかったり。
    お笑いの警官コンビの部分はコントのようでしたが、あるいはこれを入れることで完璧すぎないようにしたのかもしれません。そんなことはないか。

  17. ポプラ さん

    初めて書き込みさせていただきます。

    Rさんのご意見と同じく、前回の正月スペシャルとは比べ物にならないくらい面白かったです。本当に映画にしてもいいくらいの内容をテレビで、しかも一年の一番最初の夜に見られて本当に得をした気分!
    すべてにおいて完璧・・・いや、お笑い二人組がそれをわざと崩したのか?
    とにかく言葉では表すことができないくらい素晴らしい作品でした。「相棒」のみなさん、ありがとう!

  18. 相棒大好きな11歳 さん

    いや~でも、まさか芹沢が、打たれるとはおもいませんでした。 ひやっとしました。

  19. うきょう さん

    最近ショボかっただけに、久々に会心の一作ですね。川崎港の写真の件はちょっと雑だったし、検問の罠は既出だったけど、それを差し引いてもとてもよかったと思います。来週の名探偵復活も少し楽しみ。

  20. 残心 さん

    例えば草壁の想いの通りに事が進んだとしても、その結果は速水の言ったとおりに
    2~3日程度、話題になるくらいで、恐らく何一つ変わらない
    例えば速水の想いの通りに事が進み、入札に参加できたとしても当然、
    お金の出所は疑われるだろうし、ありえないけれども仮に入札に成功したとしても
    あの公演を管理していくお金は当然ないから維持していくことは出来ない 
    命を賭けた戦いも、風車に突っ込むドン・キホーテでしかなく
    それは、彼ら自身が誰よりもわかっている 
    三下以下だった他手下2名のように世を恨んで拗ねてひねくれて生きていけば
    もう少し楽に生きていけれたのかもしれないが、それも出来ない
    決して成功しない闘いに身を投じ、誰にも理解されないまま罵声を浴びて死ぬ
    草壁と速水は見ている先が違うだけで、同じ道を歩いている
    その報われない姿が道化師(ピエロ)ということなんだろうなと思った

  21. 緑川 さん

     はじめてお目にかかります。あけましておめでとうございます。
     皆さんの熱気につられて、私も投稿させていただきました。
     今回の『ピエロ』2時間40分と長い放送時間にもかかわらず、ぐいぐい画面に引き込まれる展開で圧倒されあっという間で終盤まで連れて行かれました。杉下さんの冴える推理もさることながら、神戸さんの状況判断力と対応力も相当なものだったと思います。製作スタッフさんたちの熱の入れようが伝わってきた作品だと思います。わたしとしては、最初の場面が衝撃的過ぎましたけど・・・。

  22. 光彦 さん

    録画していたものを観ました。解決かなと思うとその次があって、またその次があって意外な結末で驚かされる。スペシャルはいつもそういうパターンで面白いです。今回の元旦スペシャルもその例にもれない見応えのある作品になりましたね。今年も毎週水曜日が楽しみです。

  23. 尊推し さん

    今回の元日スペシャルやばかったです!
    神戸君が拉致られるとこなど今まで見たことなかったので、新鮮でしたし、
    かなちゃん→大橋のぞみちゃんとの友情の印のシーンとかめっちゃ素敵でした!
    子供と神戸君もいいですね!
    せりぃが打たれて、いたみんが心配して、悔しがって、右京さんと即席相棒組むのもよかったです!
    大河内さんもでてきて嬉しかったです(*´∀`*)
    九州のほうは、スペシャルの再放送が少ないので、増やして欲しいですねぇ

  24. 左京 さん

    相棒をいつも楽しみにしています。
    今回のピエロもスペシャル版ということで期待していました。
    でも、細かい所で気になる所が何カ所もあり、観終わった後の感想は、色んな小細工をして視聴者を楽しませようとするのはわかるけれど、無理のあるストーリーだったとおもいました。
    正月用スペシャル版にするより通常ので良かったかもしれません。

  25. アイボロッチ さん

    いやいや、今回のは最高におもしろかった。なかなか先が読めずに、どうなるんだろうと、ハラハラしながらみていました。角田課長の赤い派手なチョッキがよかった。大木、小松ご両人も出番が多くてうれしかったよ。この二人は出番はすくないけど、話の薬味的存在。いなかったら寂しいね。相棒これからも、楽しみにしています。右京と神戸最高の組み合わせ。次回も楽しみにしてまあす。

  26. ママさん さん

    相棒!元旦スペシャル堪能出来ました。自ら掲げる理想の為に、死を持って訴えようとした草壁さん。その彼をまんまと欺いて、彼を殺し現金強奪しようとした速水さん。日本の子供の将来を憂い、又、貧しき者にも安らぎの場を。両者の、実行の選択は決して
    許される事では有りません。現代にうまく溶け込んで生きられなかった・・・。「神部君、今年も宜しく」この台詞で、この一年はきっと良い年になる!!と確信しました。希望の持てる終わり方でした。

  27. TKMN さん

    初カキコです。
    今年の初めは相棒!って、決めていて、親戚の集まりの中でテレビを独占して見ていました。
    去年のスペシャルも、とても考えさせられる内容でしたが、今年は日本の将来を近くに感じるようなお話でした。
    まだ、私は高校生なのですが、今の政治や社会が小さな子供の将来のために行動していると、言えないと感じます。
    草部(?)さんの考えはとても素晴らしい考えだと思ったし、今の世の中に伝えたいとも感じますが、もっと別のやり方があれば….と、いう思いでいっぱいでした。
    是非、生きていて欲しい人でした。

    あとは、大橋のぞみちゃんが演じる女の子!
    名前は忘れてしまいましたが、とても賢明、聡明な子で、
    しかもかわいい!
    彼女が大人になって、この事件の本当の目的(草部の犯行声明文)を見つけたりして…

    伊丹も、いつもより活躍して、伊丹好きの私にとってはたまりませんでした。
    芹沢が打たれた時のあの反応も、後輩思いの性格がでていたと思います。

    次のスペシャルも楽しみですね!
    もちろん、通常放送も楽しみです!
    今年も相棒!

  28. 璃菜 さん

    初めての投稿です。

    元日スペシャル「ピエロ」見ました! 1年の最初は相棒ですね!!
    右京さんも、神戸さんも超かっこよくて、しびれました!!!

    それに、かなちゃん(だったかな… 大橋のぞみちゃんが演じた女の子)、見習いたいぐらい勇敢ですてきでした!

    次回がとても楽しみです

  29. しんいちろう さん

    おそらく相棒ベスト10に入るのではないでしょうか。
    この真相は、ほとんどの人が見抜けなかったのではないかと思います。
    もちろん伏線は十分にあったのですが。。。
    それに吉田栄作の使い方がうまいですよね。
    この配役こそが最高のミスディレクションでした。

    神戸の大活躍もよかったし、右京と伊丹のコンビもよかった。
    今後も、捜1トリオの一人とのコンビをときどき見たいですね。

  30. A さん

    個人的にはバベルの塔を超えるほど最高に面白かったです。
    まず各レギュラーキャラの描き方が非常に秀逸で右京さんと神戸君だけじゃなく、
    全員に見せ場や印象的なシーンがあったのがよかったです。
    個人的に伊丹の活躍シーンが多かったのがうれしかったです。
    ストーリーの方も最高で序盤から南天、破った御幣、チケットの指紋、
    芹沢君の彼女との約束等の伏線を残しつつ話が二転三転したのが面白かったです。
    特に吉田栄作演じる草壁が途中で死んだのと芹沢君が撃たれたのはビックリでした。
    最後はハッピーエンドで終わったのもよかったです。

  31. ちり さん

    私は小学生のころから相棒好きなのですが
    ラストで驚かされました。

    個人的には右京がお気に入りですが、
    今回、神戸の存在感を見せつけられました。

    まだまだ相棒にくわしいとは言えない私ですが、
    相棒のバックミュージックは何度も聞きました。

    これからも今回のような曇天返しに期待します!

  32. 相棒 さん

    右京さんすごい!!
    神戸君、ぶつかっただけで分かるとはすごーい!!!!

    右京さんと神戸君たちが繰り広げる展開はこれからも見逃せませんね!!!
    芹沢刑事も撃たれるとは驚きでした。

    これからの『相棒ten』の展開に期待です!!! 

  33. 影相棒 さん

    初投稿させていただきます。

    去年、一昨年と元日SPにしては正月・年末感の薄い事件でしたが、
    今回は見事にハマりました。
    神戸君も、いつか聞いた「毎年この時期になるとやっかいな事件に巻き込まれる」
    特命係の体質が理解できたのではないかな。

    事件に巻き込まれたとはいえ、離ればなれの相棒をスペシャルに
    持ってきたのは驚きました。
    右京さんが神戸君を置き去りにしたり、別捜査を命じたりはしていたけれど
    終盤まで顔を合わさないながらも情報はしっかり伝わる、
    見事なコンビネーションでした。
    クライマックスでようやく合流したときには、お互い全て了解していて・・
    賢い神戸君、ちゃんと右京さんに伝わることを理解してらっしゃる。

    でも、神戸君が特命来てから「相棒」というセリフがお二人から出ていませんね
    (あえて言わせないのかな?)

    今回、刑事部長や参事官が右京さんの提案をほぼ丸呑みしているのには
    ちょっと違和感があったけれど、せっかく派手(?)な誘拐事件捜査の
    主導権を警察庁に持っていかれて面白くなかったのかな?
    警察庁の捜査方針に異を唱える右京さんを止めるどころか、諾々として
    従うのは、右京さんよりが警察庁のメンツを潰せるネタを持ってて
    自分らの代わりに警察庁に楯突いてくれることと、
    暗に右京さんの能力を認めているからなのでしょうね、
    (当然、手柄は刑事部に転がり込んできましたし)

    相棒の正月といえば、
    内村刑事部長さん。「年越し餅つき」は部長のお宅の行事ではなかったかな?
    「ソバ打ち」は三浦刑事の家でしょう。
    そして右京さん。容疑者アパートの管理人さんに「餅つき」の話を
    して共感されていたけど、何故そのネタを知っていたのでしょうね。

    最後にひとつだけ・・・

     5話で右京さんがトリオ・ザ・捜一に教えた不審車のナンバー
       「品川300 へ 7216」
     今回、「かまた」周辺のガレージを捜索する警察車両にありましたねぇ
     細かい小ネタが気になってしまう。

  34. さん

    1年ぶりくらいの投稿。
    最近の相棒は、投稿するためにパソコンを開くその情熱さえも沸かなかった。

    しかし、遅ればせながら正月も終わった今日、やっとピエロを見ることができ、久しぶりにその情熱が目覚めた。

    ――――素晴らしい。

    内容についてのコメントは皆さんの投稿でほぼ出尽くしている感があるので、それ以外のところでの感想を書きたい。

    伊丹刑事が右京さんに、屋台のコーヒーショップまで車で送りましょうか?との旨を言った時、右京さんへの真の気持ちが見えた気がした。
    捜査一課という立場上、日頃は特命係と反目しているが。

    芹沢刑事が撃たれた時の伊丹刑事の慟哭にも似た叫びは、芹沢刑事への情愛を感じた。

    大河内さんの「神戸さんへの一途な片思い」は、もはや疑う余地がない。
    資料を特命係に持参した際、外出になったままの神戸さんのことが心配で心配で、そのまま残って、特命係の部屋で資料を調べた。

    無事だった神戸さんの声を早く聞きたくて、電話を替わってもらった。
    しかし、大丈夫か? などのセリフはなく、剣道の練習までに体を治しておくように……とぶっきらぼうに言う場面などは、愛する人の無事を心から喜ぶ気持ちを淡々と表現しており、逆に大河内さんの神戸さんに対する気持ちがホンモノで、どれほど深いものなのかを感じさせられた。

    あと、芹沢さんの彼女の顔、見れた。

    次回は、多くの相棒ファンが切望していた、待望のあの名探偵が登場。楽しみだ。

  35. いんこ さん

    おくればせながら、やっと今日録画していたものを見ました。
    皆さんのご感想のとおり、最高の作品が、またひとつ!
    本当に見応えがありました。ドキドキしました。
    相棒オールスターズの登場でしたし、それぞれの持ち味が十分でしたし、
    いつも以上にゲストの俳優陣もすばらしかったです。
    そしてなにより、展開のおもしろさ、加えて、お話の深さ、
    また、いくつかのメッセージがすべて伝わる強さ、名作ですね

    ただひとつ…
    お正月SPが終わったということは、シリーズTENもあと半分なんだなぁと
    それだけが悲しいです(TOT)

    来週は久々の再登場ゲストの回ですね、楽しみです♪

  36. バーバラ愛望 さん

    お正月にふさわしく、華やかさあり、スケール感あり、和ませどころもありで、本当に面白かった!警視庁vs警察庁というところも面白かったね。以前(「ついていない女」だったかな?)検問云々で、内村刑事部長は右京さんのアドバイスを無視したがために犯人をとり逃がしたことがあったと思うんですが・・・今回は右京さんの推理力に一目置いている感もあり、その変化がまた面白さに深みを出してますね。やはり「相棒」シリーズとしての流れ全体として見るからこその醍醐味があります。
    神戸さんとの息が合ってる感じもグッときます。
    ところで、そろそろ、女性レギュラーも加わってほしいなあ。神戸さんの恋人とか、母や姉妹でもいいし。もしや芹沢さんの彼女とか?とにかく今後の展開が楽しみです。

  37. 相棒神 さん

    正月はいつも通り凄い。映画に出てた原子公安部長がちょっとだけだったけど出演していたのがうれしかったです!!「窓際の天才」はやっぱ凄いです!!!

  38. 鬼頭清六 さん

    特殊班の吉岡さんも出ていました。
    吉岡さんも準レギュラーになってもいいかなと思います。

  39. みなぞう さん

    再放送みました。
    警官役の芸人(ザブングル)の出番って、あんなに少なかったでしたっけ?
    カットされたのかな?

  40. 愛坊 さん

    リアルタイム、再放送、自宅での録画と、
    数回見ています。
    今日、また再放送(の録画)を見ましたが、
    この「ピエロ」は本当に面白い。
    みなさまおっしゃるように
    「バベル」と双璧をなす作品だと思います。
    残心 さん  2012年01月03日 14:46
    が書かれているように、
    資金の出所、公園の維持費など
    どこかの段階でうまくいかないことは
    速水自身わかっていたのでしょう(と私も解釈しています)。

    ただ、何度見ても、どう考えてもわからないことが一つあります。
    犯人グループはA467以外の現金輸送車の金を
    いつ、どのようにして回収する(した?)のでしょう?
    まさか、広範囲に点在して停車している輸送車を
    一つひとつ回って回収した?
    GPSを切っていても直前の位置情報が残っているでしょうから、
    のこのこ回収しに来たところを捕まえられてしまうでしょう。
    A4671台だけじゃ、20億は手に入らないですよね?

    今回もう一度見たのは、その疑問が解決するかと思ったからなのですが、
    やはりわかりませんでした。
    別に、その疑問があっても、
    この回の面白さは損ねられるものでないです。
    でも、どうしても引っかかってしまって。
    細かいことが気になってしまうのが僕の悪い癖なのです。
    どなたか教えてください。

  41. 匿名 さん

    先日の再放送は、最初の方の芹沢の彼女に関する台詞とか、大屋さんと右京さんの会話とか、いろいろカットされていて、なんかスッキリしませんでした(>_<)
    推理ものなんだし、再放送もノーカットでやって欲しい!

  42. 猿之助 さん

    私の中では、相棒の中でNo.1の作品です
    「偽りの青い空と白い雲」(すいません記憶が定かでなく多少の間違いがあると思います)
    とても共感しました。
    ボーダーラインともかぶるのだすが、日本の舵取りをする人たちには、職を失い、生きるのも苦しい人たちが大勢いるということを、わすらないで欲しいですね

  43. いくらごはん さん

    放映当時録っていたものをやっと鑑賞しました。これは映画でも充分にできそうですね。こんな内容をお正月からする相棒は流石。久々に犯人(特に共犯役二人)が憎く感じました。伊丹が捜査を降ろされてひとりたそがれてるときに掛けた右京さんの言葉にグッときちゃいました。ザブングルはいらんと思いましたが。

  44. きよりん さん

    先週位に再放送されました。嬉しい~此方は以前レンタルして見ましたがその時に最高に感銘した作品です。しっかり録画して、何度も見ています。相棒の中の傑作品ですね~バベル~に匹敵すると私は思います。日下部氏も早川氏も本当の悪人ではなかった~日下部氏の思想、納得する部分あります。殺されてしまい残念です。早川氏の生い立ち、同情します。早川役の斉藤工さん、カッコイイ~ですね!今売れっ子の俳優さんですね~そして中盤でかなちゃん(大橋のぞみちゃん)が1人で鉄柵をくぐり抜け、寒い真夜中に右京さん達に知らせる為、出て行く処で流れるサウンド~いいですね~ドラマを盛り上げ、ベストマッチ!たしか〝別れの言葉〟聞いただけで胸がキュンとします。クライマックスは圧巻!右京さんと神戸さんの車中からの説得!その時点で胸が苦しくなりました。そして対面して尚罪の深さを語り~早川氏の一筋の涙~(号泣) ピエロ、最高! こちらは元旦スペシャル、だったんですね~太田愛さん、凄いですね~大尊敬~相棒中毒、まだまだ続きそうです(笑)

  45. きよりん さん

    私、先程再度こちらの作品見て、先日のコメント、恥ずかしながら、名前間違えてました。斉藤工さん演じた役名、早川ではなく、速水(はやみ)でした。大変失礼しましたm(__)m

  46. 重富穂奈美 さん

    芹沢くんが撃たれ、そして神戸くんもいないという悲劇な事件でした。私はこのシリーズが傑作作品です。エンディングで神戸くんが無事に解放され、芹沢くんは伊丹さんに添付メールを送ったら、びっくり!彼女と一緒の写真を見てしまった。伊丹さんはこれを見てがっかりした気持ち。

  47. エンディミオン さん

    こんにちは。
    先日、season10のDVD全巻セットのレンタル落ちをヤフオクで落札し、昨日に商品が届いたので真っ先にこの回から拝見しました。
    もう「バベル~」や「ピエロ」以上の元旦スペシャルは拝見できないのかな?と思える程に起承転結がハッキリしていて素晴らしい作品ですね。
    残心さんもコメントされてますが、草壁の計画も速水の計画も例え成功したとしても、やはりその場かぎりの出来事でしかない「道化芝居」だったと僕も思います。速水もその事に気がついたからこそ、全ての罪をかぶって最後は自決しようとしたのではないか?と思いました。
    どんな理由があるにせよ殺人を犯し、子供達を誘拐して恐怖に陥れ、警察組織や世間を騒がせた事と、何よりも子供達の心に深いキズを植え付けた事は断じて許してはならない事ですね、右京さんの指摘どうりに。
    その中で生まれた神戸くんとカナちゃんの心のふれあい、刑事部長達や捜査一課、組対五課の面々、監察官らの見せ場もキチンと描かれていて最高でした。
    残念なのは、小野田官房長とたまきさんの不在ぐらいかな?と思います。
    最後の朝比奈会長が病室でひ孫の誕生を見て亮太くんに「お前もこんな風だったんだぞ!」と言った言葉でこの二人に和解が成立した事で、もう涙が止まらなくなりました。
    本当に素晴らしい太田愛作品ですね。
    あと神奈川県警のお笑い警官コンビ、僕的にはOK ですね。

  48. かっちゃん さん

    感動の 時を何回も味わいました
    最後の赤ちゃんのすばらしい顔と
    花火がとっても良かったですよ

  49. 愛坊 さん

    以前に書いた疑問、今回の再放送を観ても解決しませんでした。
    やっぱり、1台に20億積んでたのかなぁ。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。