Season12 第18話 「待ちぼうけ」

53件のコメントがあります

脚本:古沢良太 監督:近藤俊明
ゲスト:太川陽介 芳本美代子

山奥の田舎駅。鄙びた駅舎で電車を待つ右京。同じように一人電車を待つ男(太川陽介)に出会う。一方の享は、何時間もカフェで粘る女性(芳本美代子)をナンパ…。どうやら二人はそろって非番のようだ。
そのころ、捜査一課の伊丹と芹沢は、前夜遺体で発見された津久井(伏見哲夫)という初老の男性の殺害事件の応援捜査にきていた。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

53件のコメント・感想があります

  1. 猿之助 さん

    今日のイタミンは面白かったけれど、
    それより来週の官房長と瀬戸内さん。なによりカイトくんが気になってしょうがない

  2. なお さん

    微妙。
    台詞のいいまわしがどこかできいたようなものばかりで、途中で集中がきれてしまった……。
    場面割りは面白かったです。

  3. ネコ さん

    良いシナリオでした。こういうのがコンクールで賞を取るんだろうな、みたいな。
    このレベルの話が、シーズンに1~2回、入るとホッとするのですが、メインは初期のような息詰まる社会的な内容なのが理想です。これは丁寧に作られたサブ・ディッシュ。
    今シリーズも、メイン・ディッシュが出てこなかった、って感じです。

  4. スコッチ さん

    すごく感動的で涙しました。右京さんたちがバカンスしていると思いきや実は殺人事件の捜査で別行動していたとはやられました。クライマックスでオセロを使って自殺志願の犯人を説得するシーンはなんか励まされますね。「どんな酷い人生を歩いて来たとしても決して諦めてはいけない、奇跡は起こるかも知れない」なんていい言葉です。ラストで彼女(芳本ミッチョン)と再会しますがきっと将来、刑が終われば幸せになるんでしょうね。で今回イタミン、完全にギャグメーカーに徹してましたね。右京さんの真似したりして。今まで毛嫌いしていた特命係にひょっとしたら憧れていたんではないだろうか?そんな先輩相手だと芹沢くんもお疲れでしたね。   

  5. 越水壬琴 さん

    古沢さんの話は、浅い内容を深く描くって感じでしたけど
    最近は、浅い内容を浅く描くになってますよね。
    あと、右京さんの怒りの沸点低すぎ、「氷女」レベルじゃないとキレちゃだめでしょ
    今回の話は「どんな絶望の中でも~」って台詞を言わせたかっただけって感じがします。
    ただ、内容がそれに見合うものではないですよね。

  6. 匿名係 さん

    今シーズンアンチ派だったのですが、この回は神回でありました。スコッチさんも書かれておるオセロを裏返しながらの右京さんの説得シーン、は特に涙腺やばかった。
    今回古沢脚本! 来週最終回興水脚本! 昔からのファンとしたら、この脚本家の回は非常に楽しみです、絶対見ます。

  7. 特命の匿名 さん

    今回かなり面白かったな
    テンポ良く進んで行く話と徐々に明らかになって行く特命係の行動理由
    最後の友部さんと彼女のラストは思わずウルっとしてしまいました
    そして良い推理を展開していくと思いきや道化状態で安定の伊丹にも爆笑ww
    というか1時間犯人を説得させる話って相棒で初のような気が…

    来週は瀬戸内さんと官房長久しぶりの登場でワクワク
    小野田ファンの自分にとって最高です

  8. harold さん

    今週はとてもよかったです。特命係の推理を捜査1課がなぞっていくところが新鮮でした。また、最近はバスにたくさん乗っている印象のある太川さんの深い演技がとてもよかったです。芳本さん、チョイ役の新田さんも良かったと思います。鉄道ファンとしては鄙びた駅の使い方は絶妙だったと思います。(多分、銚子電鉄ではないかなぁ・・・、違っていたらごめんなさい。)本当に魅せるシーズンになっていると思います。来週は久しぶりの瀬戸内米蔵氏の登場、本当に楽しみでもあり、最終回で寂しくもあります。期待しています。

  9. さん

    >haroldさん
    千葉県・小湊鉄道の「上総鶴舞(かずさつるまい)」駅でしたね。(笑)
    木造の、いい駅舎ですね。
    ジオラマのような列車がやってくる駅です。
    都内からの近場で、あーゆーいい雰囲気のある貴重な駅です。

  10. たむぽ さん

    面白かったです。ストーリーの構成が上手い。さすが古沢脚本。
    右京、カイト、伊丹の3つの視点で始まったストーリーがどこで重なるのか注目して視聴しておりましたが、この見せ方も上手かった。伊丹が右京さんの行動をまんまトレースしてたのには笑いました。
    犯人の心情もよく描けていたと思います。右京の足を触って職業を言い当てる所、当たったと思って喜ぶ所、靴職人にこだわりを持って生きてきた犯人の人柄をよく表していると思います。
    同時に杉下右京のキャラクターを再確認できる回でもありました。コーヒー→紅茶→おしるこのくだりは右京さんっぽい面倒臭さでよかったです。
    犯人は右京さんと同じ位融通のきかない真面目な性格なのでしょう。最後、アレ位強く叱咤しなければ犯人は渓谷行きの電車に乗っていたでしょう。(今回の右京さんの叫びは「怒り」ではなく「叱咤」です。最後まで諦めるなと犯人の心を揺さぶったのです)
    今回は殺人事件は二の次の、「人間」を描いた素晴らしい回でした。

  11. ブレンド さん

    みなさんのコメントも早いですね。あらためて最終回に向けて注目度が高まってきた
    のかな。私は今回の作品とても楽しめました。相棒ファンにとっては、このストーリー展開って、決して新鮮なものではないかもしれませんが、私は、けっこう好きなパターンです。古沢さんに拍手です。最後のシーンも少しうるっとくるものがありました。右京さんとカイト君の握手したシーンはちょっとほほえましくも思えましたね。昔に比べて今の相棒は・・・というようなコメントも他のサイトでも多いようですが、ちゃんと相棒になってると思うんですけどね・・・。

  12. にゃぱぱのぱ さん

    今回の話は今seasonの中でも三本指に入る内容だとおもいます
    正直前半は特命係の二人がグダグダ話しダラダラした展開でしたが
    そこから捜査一課が登場し、実は特命係は先に調べていた
    ここから後半への息もつかせぬ怒濤の追い込み!
    見ていても身を乗り出してました
    あのオセロの使い方も上手かったです
    被害者はまぁ、殺されても仕方ないかなって人物でした
    オチも面白くいい感じでした
    ストーリー的には良くも悪くもベタベタなラブストーリーと言えますし
    謎解きの要素も出た瞬間に犯人だなと分かる内容でしたが
    それを上手いこと相棒の「味」にしたところは素晴らしいです。

  13. きよりん さん

    待ちに待った相棒、良かった~以前にも書きましたが、相棒は成宮君が好きで昨年11月頃から見始め、ますます大ファンになりました。勿論、水谷豊さんも大ファンになりました。何より、相棒そのものに、今ハマりにハマっています。こちらの皆さんは殆ど以前から見られている方ばかりだと思います。私自身もっと早くから見ればよかった、と悔やまれます。皆さんのように内容を分析するのは苦手ですが、今日は、よかった、と言う意見が多く嬉しいです。先日DVDを初めて購入しました。シーズン11です。一気に見ました。全ていいですが、特に酒壺の蛇、バースデー、は、最高によかったです~以前のも相棒が亀山さん及川さんのも再放送で少し見ました。勿論全ていいです。今再放送こちら(愛知県)では放送してないので、是非お願いします。相棒、次回で終わりですか!寂しいですね~でも少しは、出演者やスタッフの皆さんに休憩も必要ですしね。必ず秋には戻って来て下さい。勿論、相棒はカイト君で~右京さん宜しくお願いします。それまで録画見たり、レンタルしたり、余裕がある時は、又DVD買いたいです。来週は二時間、しっかりビデオに撮り、何度も楽しみたいです。長々お邪魔しました~(^^)

  14. makomama さん

    うまいな~ これだからやめられない
    今録画で2回め再視聴中。イタミンが笑えました。
    シリアスな部分、コミカルま部分、人生の使いテーマを入れて
    3つの別アングルから 1つにまとまっていく
    時間と場面をセンスよくクロスさせる技は他の刑事物にない面白さです。

  15. 逢魔が時 さん

    ところで、キャスティングってどうやって決まるんですかね?
    「じゃあ女の夫は新田純一でいきましょう」っていう流れになるとは普通考えにくいわけで。そこは多少脚本家なり監督の意見ってのも入ってきたりするのかな?

    ストーリーはシーズン1の「秘密の元アイドル妻」を彷彿とさせる感じでよかったです。今シーズンは途中で「うわ~またこの感じかどうしよう最後まで見ようかなやっぱりやめようかな」とゲンナリしているうちに放送が終わる回が多かっただけに、安心して最後まで見ることができました。来週は過去の相棒とたっぷりリンクさせてくれそうですね。楽しみです。

  16. sonic さん

    初めて投稿させていただきます。
    何だか、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を思わせるストーリーが良かったです。(たしか芳本美代子さんもマドンナで出演していましたね)
    太川さんと右京さんは無事に目的地にゴール、伊丹さんは、タイムオーバーといったところでしょうか。
    右京さんの、僅かな希望やチャンスを無にしてはいけない事を元に、説得するシーンは、バスの旅の最終日を思わせるものがありました。

  17. 本物の相棒ファン さん

    <右京の友達>
    に次ぐ傑作だったと思います。
    さすが古沢良太!!

    特命係の休暇を描いたエピソードかと思いきやまさかの!
    いやぁ〜やられました。

    太川陽介さんって役者さんなんだなぁ〜。
    と再認識。
    バスで旅して蛭子さんを叱ってるだけの人ではなかったんですね(笑)
    深みのある名演でした。

    恋人(と呼んで良いと思います)役の芳本美代子さんも良かったな〜。
    ラストなんかもぅ・・・。

    忘れちゃいけないイタミン!
    久々の大活躍かと思いきや・・・いや、ある意味活躍したか(笑)
    来年も頑張れ!

    やっぱりいたな〜おバカちゃん(笑)
    <右京さんの沸点低すぎ>
    どこが怒っているのでしょう?
    どなたかも書かれていますが、あれは励まし、叱咤です。
    それを怒りって・・・。
    開いた口が塞がりませんわ(笑)

    来週最終回ですか〜。
    カイト撃たれる?!
    瀬戸内保釈?!
    官房長の過去?!
    しかもゲストは大好きな中村嘉葎雄さん!
    頼む、傑作であってくれ!

  18. 細かい事が気になってしまう僕の悪い癖 さん

    最初の冒頭で右京さんの姿を見ました。ロンドン帰りの感じがしました。水谷さんと太川さんのやりとりも面白かった。自動販売機のシーンがありましたね。このシーンも最高!甘さひかえめと微糖ではどちらが甘さひかえめなのか?紅茶好きの右京さんがアップルティーと聞いて甘そうと言ったのでちょっと意外…太川さんが「じゃあ、どうします」と聞かれて、飲み物の話をしているのに、右京さん急に自己紹介。「杉下です」。あと水谷さんと太川さんがいた駅の列車の時刻が少なすぎでしょ!駅にオセロや将棋、あるんだって思いました。伊丹刑事が右京さんの真似?伊丹刑事の推理が右京さんと一緒。って言うか右京さんの方が先に解いてた。右京さんがオセロをやる姿、いいですね。悪くないですよ。右京さん。こういう話は最終回直前ではなく、最初のあたりでやって欲しかった。第3.4話あたりで。芳本さんと成宮くんのやりとりも最高!まさかこっちでも紅茶。赤ワインからハーブティー。右京さんの怒る姿もいいですね。前半はネタをやってるような感じがしました。後半はちょっぴりほろ苦く、切ない感じでした。右京さん、伊丹刑事、ほしいも。満喫した1時間でした。文長くてすみません。

  19. tearose さん

    ああ、良かったなあ!!!!
    右京さんがあわただしくオセロ白くひっくり返すあたりからもう、ずっと号泣でした。最後の最後まで全部良かった。今シーズンいや全部のベストです。
    忙しいのでまた来ます(*^_^*)
    相棒ありがとう!

  20. ものに さん

    待ちに待った古沢脚本。
    リーガル・ハイと被ってたから今シーズンはあるのかなと思っていましたが
    前回同様ラス前に登場!

    冒頭の場面や時間が動きまわってよくわからん状態から
    一本の線につなげていくいつものパターンではありますが、楽しめました。
    「ルイルイ」と「みっちょん」という往年の名アイドル同士であることで
    29年ぶりの再会、という所が個人的には相応の年を取っていても
    いい感じの二人に見えてしまいました

    イタミンの噛ませ犬的使い方には大笑いでした。

    来週は小野田官房長に瀬戸内元大臣の登場でクライマックス!
    過去のシーズンと絡むことが最近なかったので、どうなるか楽しみです
    片山雛子は出てこないのかな?

  21. のんちゃん さん

    芳本美代子と太川陽介という配役が絶妙。
    最初につきあっていた青春時代の情景も、ほほえましく思い浮かべられます。

  22. 珈琲 王城 さん

    今回、私どもの喫茶店で25年前のシーンを撮影されました。
    こんなに素晴らしいストーリーに仕上がっているとは!!
    相棒の取材協力だけでも光栄なのに、古沢さん脚本のこの回に協力できたことが幸せです!!

  23. ぐるみっと さん

    水谷さんと太川さん。熱中時代以来の共演でしょうか?往年のドラマファンの私としては、草笛光子さんと共演された時もとても嬉しかったです。あと残る大物俳優と言えば、ショーケンこと萩原健一さん。実現して欲しいです。

  24. 鳴澤 美由紀 さん

    相棒のseason12ゎ、とても面白く、毎週水曜日ゎ私ゎ塾なのですが毎回ワクワクしながら楽しみでいっぱいで見てます!
    右京さんとカイト君の相棒ゎまぢでサイコーでしたっ!!!!!
    season13も右京さんとカイト君がイイですっ!!

  25. ukyou2002 さん

    今回は最高に泣けました。久々にジーンと目頭が熱くなりました。
    なんといっても、未完成の靴を履くところでしょうかね。完成するまで待ちますなんて…、切なすぎます。
    それと、これで今回だけで二組の「相棒つながり」ができました。
    ひとつは、太川陽介さんの妻が相棒3「大統領の陰謀」で出演の藤吉久美子さんだということ。
    もう一つは、吉本美代子さんの元旦那が相棒7「最後の砦」出演の金山一彦さんだということです。
    こんなつながりを調べているのは私くらいでしょうかね^^;

  26. 747ジャンボ さん

    今回は、まず拍手! 久しぶりの「相棒」感。二人の連携、さすがです。

    特命の二人が非番で大丈夫?と思ったら、
    イタミン、ナイス!!すごいやん。と思ったら、
    いつもの先回り・・・。 干しいも、食べる!

    カイト君も冴えてきたのかな?(笑)

    神戸君の後にカイト君のわけが、なんとなくわかりました。(気持ち的に)

    来週、最終回!!! まさかの、官房長と瀬戸内さん!!!
    楽しみですな。 映画も忘れていませんで~。

  27. スコッチ さん

    再度、お邪魔します。ukyou2002さん、私も同じですよ。season3では高岡早紀さんと元ご主人の保坂尚輝さんが同seasonで御出演されてましたし。あとどこかでコメントしましたが、「ウルトラマンシリーズ」に主役出演されてた俳優さんたちが出られると嬉しくなったり。あとは藤岡弘、さんや宮内洋さんたち「ライダー」役者が出られる事を願ってたりして。それと私も水鏡さんと同意見です。あまり他人を批判するようなコメントは好きではないですね、読んでて不愉快になります。あと出演されている俳優さんの悪口とか、例えば「老けた」とか「劣化した」とか「演技が下手」など。もし出演者のファンの方々や出演者御当人が万が一読まれていたらどんなに傷つく事だろうか。自分が言われて嫌な事はあまり他人にも言わない方がいいのでは?と思います。

  28. とびうお さん

    まあ役者も脚本家もプロである以上,批判もまた糧としていただくこともあるでしょう。もちろん礼儀は欠いてはなりませんが。

    それより気になるのは「(自分の)気に入った・気に入らない」=「(客観的な)質のよしあし」と考える短絡さです。
    「自分は好きじゃないけどこういうの好きな人もいるだろうな」とか「自分は好きだけど,こりゃ受け入れられないだろな」とかね。

    ちなみに私は今回の話,好きですね。
    苦難の25年を棒に振る,というのは想像を絶するものがあります。
    伊丹さんが道化っぽいですが,タイミングが遅かっただけで推理自体は特命と同じだったのはむしろ「やるじゃん」と思わされました。
    ただしおばちゃん,ほしいもを伊丹さんに早くあげすぎ(笑)

  29. tearose さん

    わたしも今回急いで書いちゃって、短絡的だったかな・・・?すみません。
    (しかも白状しますが「相棒」全部見たわけじゃないんです。なのにベストって書いちゃった。お許しを。)
    (「右京さんの友達」の殺人未遂の小説家も言ってましたが、批判そのものは、反応だから、もらって嬉しい面もあるのではないかな?)
    前置きが長くなりすみません。

    >なおさん、越水壬琴さん
    わたしも(も?)、「どんなにつらくても」「あきらめなければ」系の、よくあるどかで聞いたような台詞とか、歌とか、聞かされるのは、あんまり得意じゃないんです。タイミングや作品次第で、よけいに苦しくなったり、落ち込んだりも。

    今回の作品は、とびうおさんも仰っていますが、巧(犯人の新米靴職人)が、25年働いたのが大きい。
    それと、巧の性格がもともとまっすぐな男の子であったこと、
    「あきらめるな」のクサイ台詞を、受け入れるだけのベースがある人格者に育っていたところも大きい。
    巧を正しく育てた母の存在感が大きく感じられました。
    そういう母の体をもて遊んで金をだまし取った上に、長年の苦労、お金を貸した思いやり、愛、性癖まで、全部馬鹿にされたのですから、男の子としてはつらいでしょうね。
    そういう、言っちゃいけないことを言う津久井も、ダメな爺さんとしてリアルで、
    可愛そうだけど、この人は、他人の誠意の言葉ぐらいでは、改心出来ないタイプだと思います。ものすごく残念な人。

    今、子育てが難航中で(^^;)、とにかく自分の子供を、津久井みたいにしないように、必死です。
    あきらめない。あきらめない。

    右京さんも、決して人を育てることに関して上手とか、器用なタイプじゃないし、
    だから、説得するのに、オセロなんか使って、律儀に「黒は置くところがないので、」って真面目に説明するしかなくて、必死に、裏返しているのが右京さんらしくて、もう、そこから泣けました。雪美のメールを開く前から、号泣でした。
    BGMも控えめで良かった。チェロの音が素晴らしかった。

    さんざん号泣したところに、イタミンが「バチッ」と駅の電気消されるのが可笑しくて。

    いつも長文すみません。
    管理人さん、素晴らしいサイトを、本当にありがとうございます。

  30. 特命の匿名 さん

    そういえば今回で特命係の相棒の共通点が増えたな
    •『か』から始まり『る』で終わる(亀山薫、神戸尊、甲斐享)
    •育ちが良いお坊ちゃん(造り酒屋の跡継ぎ、祖父が金持ち、父が警察のエリート)
    今までの要素に加えて新しく
    •ナンパが上手い
    というのが加わりました
    亀山はテレクラナンパで援交女子高生を逮捕したり潜入捜査でエリートOLを見事カラオケに誘ったりして
    神戸は女性社員を口説き右京さんをアシスタント
    甲斐は今回初対面の年上女性を口説き、身の上話までさせる
    まぁ特命係はなんやかんや種類は違えどみんなイケメンだから仕方ないか(笑)

  31. ころんぽ さん

    ミステリー性は低かったけれど、
    ドラマとしては面白かった。
    太川陽介、吉本みっちょん、新田純一と80年代アイドルを揃えたのも、
    むかしのアイドルファンとしてはにんまり。

  32. ukyou2002 さん

    スコッチさん。同意いただきありがとうございます。
    高岡早紀、保坂尚輝夫婦は有名なはずなのに忘れていました。

    あと、私も訂正です。
    吉本美代子→芳本美代子です。。。間違ってごめんなさい。

  33. 特命の匿名 さん

    見直してみたら伊丹が「ひでぇ事しやがる」って三浦さんの口癖を言ってる!

  34. ゴールデンコップス さん

    熱中時代のキャラクターを知ってる視聴者からは、二人がまるで、別人に見えますね!
    やはり右京と北野広大は別人にしか見えませんので、いかに水谷さんの演技が凄いか!
    太川さんも、プチブレーク中で、よいタイミングですね!
    キムタクの宮本武蔵はカッコよかったんですが、キムタクにしか見えないという人もいて、長く人気なのはこういうビミョーな所なのかなあ。
    キャラクターを作り込む水谷さんの凄さがわかる回でした!

  35. mactokyo さん

    電車は2時間も「待ちぼうけ」だけど、友部巧と伊沢雪美は25年間待って「待ちぼうけ」にならなかった。
    何とも奥深いタイトルですね。
    過半数の方々が言われているとおり、本作品は今Seasonの中でも一二を争う傑作でした。
    脚本はもちろん、太川陽介さんの抑えめの演技も良かったですし、近藤監督の演出も見事でした。
    次回が最終回とは何とも寂しい限りです。

    ゴールデンコップスさんへ
    ルイルイ(若い人には何のことか分からないでしょうね)や草笛光子さんの他にも、スペシャルで広大の妻敦子を務めたの荻野目慶子さんはS6の「蟷螂たちの幸福」へ、教師編第1話冒頭の時代劇シーンの主役を務めた小松の親分がS9の「右京のスーツ」に、さらに小嶋田先生役の小倉一郎さんはS8の「怪しい隣人」に、田丸先生役の秋野太作さんはS7の「髪を切られた女」に、島谷先生役の伊藤かずえさんはS4の「節約殺人」へと、調べてみると枚挙に暇がないですね。
    それと、第2シリーズから近所の派出所の警察官役で出演していた役者さんが私の大好きなS1「殺しのカクテル」で三好倫太郎を努めています。
    そう、蟹江敬三さんです。

  36. うきょう さん

    一週間遅れでやっと見終わりました。なかなか面白かったですね。
    時間軸を上手く使ったストーリーは神戸君の時もありましたね。確か真中瞳が出てた回。
    ストーリーは極めて単純でしたが、ディテールにこだわった脇の締まった良い演出でした。脚本家の実力ですね。
    昔の男を選んだところが何となく相棒らしくない気がしましたが、個人的にはその方が楽しめました。

  37. きよりん さん

    今回もコメント、日に日に増えましたね~私も三度、録画見返しました。本当に感動的な作品だと改めて思いました。いよいよ今日が最終回、二時間スペシャル、今からドキドキワクワクです。カイト君撃たれるんですか~悲しい~でも絶対、殉職じゃないですよね~絶対死なないですよね~今から祈っています。私は昨年後半より、相棒を見始め今では、ハマりにハマっています。成宮君が大好きで見始めました。今では水谷豊さんも大ファンになりました。以前の再放送も何回かみて、亀山さんも及川さんも皆さん大好きです。相棒、そのものが大好きになりました。もっと早くから見ればよかった、と悔やまれます。先日久しぶりにTSUTAYAに行き相棒、ばかり沢山レンタルしました~しばらくレンタル通いが続きそうです。DVDもシーズン11買いました。今、相棒見るのに忙しく何も出来なくて困っています。相棒、最高~右京さんカイト君最高~今夜楽しみ~長々お邪魔しました~(^^)

  38. Ageria Densa さん

    こんにちは、シロイヌナズナです。最後の川原さん、笑っちゃいました。あんな感じのネタをもっと増やして欲しいです!さて、今回のストーリーですが、右京がオセロの盤面で黒をどんどん裏返していく場面…、犯人も罪を償ってまた靴を作って欲しいですね。右京に靴をプレゼントすれば?04/26(土)劇場版3「巨大密室!絶海の孤島へ―」が楽しみです。及川君も登場です!

  39. Egeria Densa さん

    ごめんなさい、Egeria Densaでしたね、自分の名前を間違えるとは恥ずかしいですね…(笑)改めまして、Egeria Densaです。

  40. 無重力 さん

    一時間弱でこういう物語を描ける古沢さんは流石!
    複数の脚本家で描くドラマだから切磋琢磨で完成度を増して行く。相棒は永久に不滅です!?
    しかし、元アイドルも良い歳の重ね方されてますねぇ…

  41. スコッチ さん

    何気に自分の録画したDVDをチェックしてたらこの回のCMカットをするのを忘れていて編集がてらにこの回をまた観ました。season12の中では最高傑作と言っても過言ではないくらい素晴らしい作品ですよね、やっぱり。感動的なストーリーなのはいいんですが、あの途中のCMの「リアップ」はなんとかならないのかな~?オールバックに英国風スーツ姿の右京さんいえ水谷さんを見た後であの風貌がガラッとかわった「リアップ」のCMの水谷さんを見てしまうと、ギャップのちがいに爆笑してしまうんですよねいつも、不謹慎な私としては。season13がまた始まりますが、あるのかな?「リアップ」CM。物語の内容の感想は前述(かなり前の方)で書いた通りでもう書きませんが、あえてラストでのイタミンに対する「干し芋食うか?」のおばちゃんには参りました。せっかく感動的に涙してる後だけに、最後にイタミンのあれは別の意味で涙しました(笑)。順位の話はそうですね~season12ですとこの「待ちぼうけ」が一番、次に「右京さんの友達」、順に「最後の淑女」、「右京の腕時計」、「ビリーバー」かな。あっ、そう言えば「相棒」の中で出世した人って三浦さんだけのような気がしますね、すぐに引退となったのが残念ですが。次は誰が出世するんだろうか?出世=引退はもうやめてほしいものです。

  42. sonic さん

    再コメントです。
    昨日、他局で太川陽介さんに関する番組をしていたこともあり、改めて録画したものを視聴しました。
    太川さん自身も、初めは順調な芸能活動を続けていたものの、一転して厳しい時代があったようです。そして、近年再ブレイクに至るまでの年月は、当に「待ちぼうけ」だったと思います。
    作中で、友部さんが、右京さんの足を分析して職業を当てるシーン。気難しい、神経質、融通が利かないから「国立大学の教授」という結論でしたが、右京さんはかつて、「警察学校の教官」着任の話があったので(休職してロンドンに渡った)、当たらずも遠からずでは思います。
    終盤の警察に出頭する前に、右京さんが友部さんに言った「僕の靴も友部さんに作ってもらいたい・・・・待ちます。」の言葉、これも「待ちぼうけ」ですね。

  43. 重富穂奈美 さん

    非番の2人^_^そして捜査の応援に伊丹さんたち。邪魔する2人がいないことから捜査はどんどん進んでいる。そこが私の好きなところでした。

  44. チカチカ さん

    『待ちぼうけ』見ました!
    これは傑作ですね。飽きずに見れました。このエピソードは最終回直前ですからね。もっと早くこのお話を持ってきてほしかったです。第8話・9話あたり。

    ゲストの太川陽介さん・芳本美代子さんの演技も良かったです。
    そういえば太川さんの奥様・藤吉久美子さん、それから芳本美代子さんの元ご主人・金山さんも相棒に出演されていましたね。全員出演されていますね。

    藤吉久美子さん…season3 大統領の陰謀
    金山一彦さん…season7 最後の砦
    太川陽介さん・芳本美代子さん…season12 待ちぼうけ

    藤吉久美子さんは犯人役でしたよね?
    太川さんも犯人役でした。夫婦で犯人役を演じるなんて凄い。

    あと、伊丹刑事が右京さんのマネをしている所が面白かったです。台詞も一緒(笑)。

  45. エンディミオン さん

    この作品は僕も大好きですね。
    season12の中でも傑作だと思ってます。
    「右京さんの友達」「聞き過ぎた男」「カモメが死んだ日」と好きな話がありますが、これは逸品でしょうね。
    とくにノスタルジックな映像風景と特命係の二人の別行動理由、カイト君の喫茶店でのナンパ目的、田舎の駅で繰り広げられられる右京さんと容疑者とのやり取り、その容疑者に対する右京さんの最後に見せたオセロを使った説得と励まし、そして容疑者と喫茶店で待ち続けていた彼女の明るい未来を予想させる感動のラストシーン、どの部分を取っても文句の付けようが無いと僕は思ってます。
    正直に泣きながら観ていましたし。
    その容疑者役の太川さんの奥さん、藤吉久美子さんが御出演されていたseason3「大頭領の陰謀」が今度の土曜日に関西では再放送されます。
    故・浅倉禄朗の遺言回でしたね。

    あとこれも余談になりますが、ピエールさん、
    以前にseason7の再放送についておっしゃっていました件で、いよいよ最後の「悪意の行方」が月曜日に再放送されるみたいですね。
    これでしばらくは通常回のseason7は再放送は無いと思われます。
    ただ、どこかで「還流」前後編や「ノアの方舟」を放送して欲しいですね。
    「ノアの方舟」の田畑智子さん、今話題の人ですがちょっと心配です。
    お元気ならいいのですが。

    関係無い事、すみませんです。

  46. まぼ さん

    久しぶりの太川陽介との共演だなぁ・・・
    「ミス・グリーンの秘密」の草笛光子さんもそうだけど、熱中時代を思い出した。
    ストーリーよりもそっちの方が気になりました・・・

  47. 重富穂奈美 さん

    12シリーズではさまざまな場面がありました。見知らぬ共犯者、プロテクト、崖ぷちの女、デイドリーム、聞きすぎた男、顔、エントリーシート、原因菌、ヒーロー、殺人の定理、目撃証言、ボーマ、最後の淑女、別れのダンス、待ちぼうけでした。私が選んだのはビリーバでした。捜査一課の三浦さんが係長に昇進し、捜査をしたところでかばんの中身チェックしていたところで刺されてしまい、入院する深刻になってしまい。伊丹さんにとって三浦さんは大切な相棒であった。そして伊丹さんの悔しさ、悲しさを感じました。泣き崩れた伊丹さんを後輩が見ていた。そこが私の感動的なシリーズでした。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。