Season15 第11話 「アンタッチャブル」

25件のコメントがあります

ゲスト:桜田ひより
脚本:山本むつみ 監督:橋本一

都内の裏通りで会社員の男性が刺殺される事件が発生。犯人の遺留品はなく、捜査が難航する中、有力な目撃者が現れる。しかし、その人物が警察上層部の家族で、中学生の少女ということが分かり、捜査本部にも接触禁止が厳命される。

第11話「アンタッチャブル」はいかがでしたか?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

  

25件のコメント・感想があります

  1. やっぱりピエロがNo.1 さん

    映画に向けての予兆ですかね?
    まあ今後の特命係の行方が楽しみです

  2. Zone さん

     今回は伏線用の回というイメージが強かったですね.青木,衣笠がいよいよ動き出しましたね.今季は伏線回収期待しています.
    ・接触するなと言われた目撃者に接触して,証言を聞き出して犯人逮捕に至る.衣笠娘の心情の変化を描いた回なのかな.まあたまにはこういう系も良いかなとは思う.
    ・中園が珍しく特命係に協力した.たまにイエスマンじゃなくなるのが中園らしくて良い.
    ・内村更迭かなと少し思いましたが,更迭されなくてよかった.あのコンビは健在していてほしい.
    ・右京が最後に「導火線に火をつけた」と言っていたことから,右京は青木の特命係を潰そうという企みに気づいているのだろう
    ・衣笠家で「色々あった」と言って,家族が脅迫されて母親が入院されていることが紹介された.他にも色々あったのだろうか.衣笠娘も今後,伏線に絡んできそう.
    ・青木が父親の竹馬の友と衣笠のことを呼んでおり,いまだに青木の父親に関する話は出てこない.青木の警察嫌いの理由は何なのか,父親絡みが期待される.

  3. 重冨穂奈美 さん

    今回のストーリーは、若者と警察の関係性を描くものでした。そして最後の逮捕するところは、やはりサギスティックな感情を感じました。監督がこういうアクションシーンを作り出すことに感動します。そして中園参事官と刑事部長の関係もおもしろくて、笑ってしまった。まさか参事官に娘さんがいることもびっくりしました‼️次回も楽しみ。

  4. Endymion さん

    今回もまた面白かったです。
    なんと言っても「参事官祭」回ですね!
    中園参事官の御家族が出てきたり、元同僚が出てきたり、若かりし頃の写真が出てきたり。
    娘さんは以前に「バレンタイン計画」回で話には出てきましたが、今回は初登場でしたね。
    また内村さんとのやり取りもGood でした。
    思惑通りにいつか中園さんが部長になる日が来ると良いですね。
    殺人事件の方は、いかにも今時の若者による「むかつくから刺した、でも殺す気はなかった」と言うもので、これには呆れてしまいます。
    あのホームセンターの店員、いつもカッターを持ち歩いているのだろうか?危ない奴ですね。
    今回の事件の目撃者の里奈ちゃんですが、一瞬の目撃しただけで、あそこまで色々と次から次へと記憶が呼び戻せるものだろうか?不思議に思います。
    しかしながら幸子さんの葛餅の手土産が彼女の危機を救ったのだから、そこはナイスでしたね。
    この葛餅といい、参事官の最中(モナカ)といい、甘いものが今回は出てきたりしたので、なんかお腹がへって来ました(笑)。
    内村さん、虫歯は早く治して下さい。season13「第三の女」回の時からですよ、長すぎです。
    あと、衣笠副総監が青木君を利用して特命係を潰しにかかるようなシーンが最後にありましたが、最終回に向けての伏線でしょうね、たぶん。
    それと亘ちゃんのスマホに劇場版Ⅳの画面が出てなかったかな?その下に赤いラインがあって、里奈ちゃんに見せていた場面。
    とにかく今回はとても面白かったです。

    次回は「臭い飯」、池上脚本ですね。
    笹野高史さんの再出演です。
    これも面白そうなんで期待しております。

  5. いせうこ さん

    いいですね〜
    何にも考えずに見られるけど、面白い。こういうの、好きです。
    そして縦軸の物語も展開してきましたね。複数の脚本家で連携がとられているようで、嬉しいなあと思います。
    来週は臭い飯ww楽しみに見ます

  6. 和製ワトソン さん

    今回はミステリー感はなかったけど十分楽しめました。部長の参事官への態度がいつになく恐ろしかったです。また、中園参事官のささやかな反乱、おもしろかったです。顔出しはなかったけど、家庭の様子も観れましたし。家族に冷たくされ、どこに行っても休まらなそう。 他には、青木の行動がこれからの展開にどう影響するのか、里奈ちゃんは特命係と出会って変わっていくのか、といったことが気になりました。
     最後に、今シーズンは和泉監督参加しないんですか?それとも相棒の担当辞めたんですか?ぼくその辺りよく知らないので誰か教えてくれませんか?監督の長回し、結構好きだったんですが。

  7. ピエール さん

    今回は期待通りに面白かったですね。
    事件自体は単純だったけど、里奈ちゃんの心情が丁寧に描かれていたと思います。
    参事官祭り、まさにその通りで笑えました。
    縦軸としての衣笠副総監や青木年男の今後の動きにも期待が高まります。
    里奈ちゃんが再登場しそうな感じもしますが、もしそうなら衣笠家の話は最終回までに片付けて、最終回は社美彌子や日下部事務次官も絡んだハードな話にしてほしいです。
    次回は久しぶりの笹野さん出演で、池上さんの脚本で楽しみです。

  8. ユッキー さん

    犯人が左利きとか、カッターがポケットから出てるとか、ご都合主義的なところは多々あったけれど、意外に楽しめました。
    個人的には元日スペシャルの味の濃い物ばかり集めてジャイアンシチューみたいなよく分からない味になった話より、凝った料理じゃないけど中園参事官の使い方がちょっとした隠し味になってじんわりいい味が出てる今回の方がいいです。

    どなたかが『ファンが作品のハードルを上げてる』とおっしゃってましたね。
    確かに一見そういう形になってはいますが、それは『相棒』というドラマが元々質が高く、普通のドラマじゃ物足りないような人でも満足できる作品だったからだと思います。
    だから普通のドラマならこのくらいでOKというレベルでも、『相棒』ならもっとできるはずだと思ってしまうんじゃないんですかね。
    ハードルは上がったんじゃなく、元々高かったんですよ。

    かと言って『相棒』は毎回ものすごく緻密で良くできたミステリーじゃなきゃダメだって思ってるわけじゃないです。
    今回みたいなキャラクターを生かした話もあれば、社会派、本格推理、アクション、サスペンス、感動、ギャグまで色々な顔を持つのが『相棒』ですから。
    ですから色んな見方をするファンがいて当然です。
    僕はこのサイトは、そんなファンの肯定意見も否定意見も聞ける貴重な場だと思います。

    というわけで、今回は面白かったです。
    アンタッチャブル〜触れてはいけないのが、副総監なのか特命係なのかは今後の展開ですね。

  9. マリア さん

    左指でタバコのボタンを押したから左利きと
    判断されたのですよね?
    そして左指の人差し指にばんそうこう。
    左利きなら左でカッター持って、右指を切ってしまうの
    ではないですか?

  10. ばかんす さん

    殺人の動機が、”むかついたから”殺した。TAXIのようにたまに使われる動機ですね。現代社会では十分ありうる話です、気を付けないと明日は我が身かも。今後の展開ですが、来月映画公開ですよね?そして今回服総監が特命つぶしの予兆を見せました、もしかしたら官房長の時の様に、劇場版で殺されるのではないでしょうか。そしていなくなったままテレビ版に戻る、と。そうだとしたら、二度目ですか(笑)殺してくれとあいつは言った以来の。まあ。これは妄想です、ただ、相棒なんであり得るなと思いまして。申し訳ございません。今回コメント欄で、ユッキーさんの心の広い、温かいコメント非常に感銘致しました。私もこうありたいな、と思います。長文・駄文、大変失礼いたしました。

  11. 温泉好き@元西巣鴨 さん

    映画の予告編で1本作ってしまうとはさすがです。しかもいつにない作風とは、感服いたしました。
    衣笠副総監の娘、映画とは関係なく今後も登場しそうな雰囲気残していましたね。これまた以前登場していた犯人の娘で新聞記者になった女性同様探偵ごっこしそうな感じです。相棒コンビ、取扱いに苦労しそうです。それと早々と花の里デビューで幸子さんとのペアでの登場(母親代わりの相談相手?)もありか?
    中園参事官はいままでコミカル扱いでしたが今後は内村落としで青木、衣笠との関わりが増えてきそうな予感。
    と、ドラマの本筋とは違うことばかり考えてしまう。
    それほど今回のミステリーは軽めでそういう意味では相棒らしさがなく、被害者への色付けも後回しって感じでこれは残念な仕上がりでした。

  12. ネコ さん

    少女の愛らしさと、「負の遺産」と認識された特命係の今後の動静が気になる回でした。

    思わせぶりな伏線を敷いて、引き付けるだけではなくて、早い回での、伏線の回収をお願いします。

    伏線を張るだけ張って、回収しないうちに張った伏線を制作サイドが忘れてしまっている・・・と思えるほどに、放置された伏線の数が多くないですか?

  13. ダイオウイカ さん

    幸せを象徴する大きなケーキの箱、それがムシャクシャという導火線につけられた火だったのでしょうか。
    ケーキの件で、ありがちな身勝手な供述が何となく共感できるものになったと思います。最後に親の子への想いという主題を改めて浮き彫りにもして、良いポイントだったと思います。
    誰かの為に用意されて、でも食べてもらえなかったケーキ、モナカ、葛餅…。

    相棒の世界観もキャラも大切に描かれていて、大変好感を抱きました。
    テレ朝ネタなのか、右京さんのセリフにさりげなく「痛み入ります」って、ウケました。
    白い犬を可愛がっている冠城さん、好感度アップ。

    脚本の山本むつみさんは、もしかして何年か前に他局の産婦人科医で謎のピアニストのドラマのメイン脚本だった方でしょうか。ベテランの方と思ってました。
    こちらで「見る度に成長が感じられる」という旨のコメントを拝見したので、新人さんなのかと…私が勘違いしてるのかな。

  14. うさぎ さん

    とても面白かったです。中園参事官が衣笠副総監の名前をポロッと言っちゃった時、、内村部長とのやりとり、やりますね!中園さん。被害者への熱い思いが伝わって、相棒好きの息子と二人、とても楽しく見せてもらいました。冠城くんも右京さんも、最近、そんなに感情をあらわにしない気がするし、全体的に暗い話が多かったので、コミカルだけど熱さを見せてくれた中園参事官、良かったです!

  15. sonic さん

    中園参事官の男気をうかがえる回でしたね。それと、Season最終話に向けての伏線的要素もあり、見どころいっぱいの回でしたね。
    被害者も、目撃者の父親である衣笠副総監も、中園参事官も娘さんを持つお父さんです。中園さんの元同僚警官である稲葉さんの何気ない一言、右京さんの正義感と事件解決への執念が、中園さんを動かしたのかも知れません。
    中園さんのアシストと、目撃者の市原里奈さんの記憶力で事件解決に至りましたが、里奈さんの空き家での夜遊び、特命係と里奈さんの接触など、代償も少なからずあるものと思います。ただ、里奈さんは右京さんたちとの出会いが、里奈さんにとっては彼女なりの責任感が芽生えたのかも知れません。
    ラストの、青木さんと衣笠副総監の、特命係に関する情報供有、今後どのような展開になるのでしょうか。
    ところで、マリアさんがおっしゃった、左利きの容疑者の左手人差し指の絆創膏の件ですが、段ボールや紙の切断面で指をけがすることもあります。また、梱包を解く際のリボンバンド(結束バンド)で指をけがすることもあります。

  16. ポプラ さん

    元日スペシャルよりも貼るかに面白かったです。登場人物の心の動きがキチンと描かれていて見ごたえがありました。

    久しぶりの草川祐馬さん登場には、松山千春の変わりようと同じくらいビックリしました。

  17. 匿名の特命 さん

    面白かった!!
    特にスタッフロール以降の緊急対策特命係→亀山薫→神戸尊→甲斐享→冠城亘、と名前が出る流れは最高の一言!!
    書いてあった事件も
    •緊急対策特命係事件
    •コンビ誕生
    •レベル4
    •特命
    •罪と罰
    •聖域
    •ダークナイト
    •守護神
    などなど区切り回ばかりでテンションが超超上がった!!
    まぁ身も蓋も無い事を言うと今回の脚本家は山本むつみ氏なので最終回に衣笠親子関連を扱ったり副総監vs特命係をやるかも不明なので今後に活かされる可能性は正直低そう…
    実際峯秋もS11櫻井脚本だと悪人っぽく描かれてたのに現在何故か好々爺になってるしね…
    日下部との対立•社関連•青木関連•衣笠関連、どこまで今期で回収してくれるのか期待半分不安半分。
    この回単独での評価は星4です!!

    【感想】
    細かい点に行き届いた丁寧な脚本。
    「里奈ちゃんの記憶力流石に化け物過ぎるだろ…」と思ってたら右京さんが「君の記憶力は優秀発言」、「犯人は全く里奈ちゃんを覚えてないのは不自然」と思ってたら犯人が思い出してピンチに陥るなど作中で不自然な点をキチンと昇華しているので気持ちよく視聴できた。
    勉強になったのは取調べや事情聴取を何度もやる理由!
    心理学的にも「記憶は関連情報から刺激されて芋づる式に思い出される」となっているので、複数回の事情聴取等で関連情報を多く与え記憶を引き出そうとするというのが論理的に説明がついて面白い。

    17年間『相棒』をやり特命係がバンバン事件を解決し警察内でも初期に比べて味方も多くなり「陸の孤島」という言葉が死語になっている。
    それを今回衣笠は「負の遺産」という表現をしたのは本当にセンスしか感じない。
    30年前に小野田公顕によって作られ刑事部長ではコントロール不可どころか上層部を無視し勝手な事をし続ける特命係、しかもあろう事かそれを組対課長や首席監察官や官房付や広報課長もサポートするという現状。
    左遷しても舞い戻りクビにしても蘇り停職にしても復活し逮捕者まで出しておきながら現在冠城亘という危険人物と行動。
    こんなの確かに組織に対しては悪影響しか産まない「負の遺産」でしかない。
    それを倒そうという衣笠と青木…
    特命係を応援してるけど敵も応援したくなるという構図は久々に見た。
    まぁ今回里奈ちゃんという娘が登場してしまった以上衣笠を刑務所送りとかにするのは厳しくなると思うけど面白い展開を是非とも期待する。
    頼むからこれが脚本家通しの連携伏線であってくれよ…!!

    【小ネタ&雑感】
    •参事官カッコいい!!
    •参事官の娘は4年前中学生だったから今は高校生かな
    •子供がタバコとか吸うんじゃない!!!
    •最終回に里奈ちゃん登場しそう
    •馬刈村の事件はキーちゃんも一緒に被害者枠なのか…
    •ダークナイトの犯人は甲斐享って書かれてるんだろうなぁ
    •あのファイルくれ

    【次回】
    池上脚本は個人的にイチオシなので楽しみ。
    櫻井脚本とは違った社会派テイストと輿水脚本とは違ったおどろおどろしさが魅力なので笹野高史と相性はピッタリだと思う。
    刑務所話って事は冠城の過去経歴も活かせそう。
    というか年明けだしそろそろ陣川回あっても良いんだけどなぁ

  18. きよりん さん

    今回は、賛、の感想が多いですね!
    私も、一時間、楽しく見れました。良かったです。
    前回は、なんか、ややこしくて、話が入り乱れて、それに暴力シーンも多く、元日に見るには、キツかったです。
    里奈ちゃん、可愛かった!
    以前は、米沢さんで、クスッと笑わせて頂きましたが、今は中園さんが、その代わりでしょうか(笑)

    皆さんのコメント、上手いですね~
    相変わらずの幼稚なコメント、失礼しました。

  19. 緋沙 さん

    中園参事官、かっこ良かったです!
    角田課長回といい、今シーズンは珍しい人物にスポットが当り嬉しくなります。

    里奈ちゃん役の女の子も、印象に残りました。

    ただ非行=タバコ、という図式、ちょっと古いのでは、、
    今の子って、そういう分かりやすいぐれ方はあまりしないように思います(^^;

    Endymionさんの内村部長の虫歯ネタ、思わず笑ってしまいました(笑)
    いつも痒いところに手が届く的な情報、ありがとうございます!

  20. ころんぽ さん

    「相棒」って男女を問わず昔のアイドルがちょこちょこ出てくるので、
    注意して見ていないとアブナイですね。
    そういうところが、TV大好きおじさんにはたまらない魅力なのですが。
    今回は劇場版の前ふりなのでしょうか。普通に面白かったですけれど、
    目撃者を危険にさらしちゃいけませんよ。
    自宅近くまで車で送り届けるくらいの配慮が欲しかったですね、右京さん!
    大杉漣は何の役をやらせても一本調子の演技だなあ。
    北野映画ではいい味出せているのに。

  21. たつろー さん

    単純に面白かったです。中園祭りでしたね。ケーキ・最中・くずもちの三大噺になっているとは。
    気が付かれた方、すごい。
    橋本監督の凝った撮り方もチェックしながらもう一度見直してみます。

  22. ヌー さん

    大杉漣がいつの間にかキーパーソンになってますが、あまりにも急な登場なので役柄の位置関係がイマイチつかみ切れていません。大杉さん過去に被害者として出てるし。先週も過去作出演しているベテラン俳優を使った警視総監まで突然出てきたけど、これまで登場したことは一切なく、完全に使い捨てゲスト。
    あと長くやりすぎているせいか、内村刑事部長よりも地位が高い役の俳優が、すべて年下の人になっているのも違和感。時代は変わっているのにレギュラーのポジションは変わっていないためか、サザエさんのようなパラレルワールドに突入した感があります。

  23. mirimiri さん

    少女の心の変化が良く書かれており、大変良かったです。
    「映画への伏線」という印象は受けませんでした。
    それよりも、この後最終回へ向かって、または次のシーズンへ向かっての伏線回のような気がしました。
    衣笠副総監もお嬢さんも映画には出ないですよね。私の勘違い、見落としかな?

  24. 匿名S さん

    素晴らしい作品でしたね。感動しました。昨夜に観た元日スペシャルの嫌な感じを浄化してくれるくらいに内容が良かったです。衣笠副総監の娘さんの里奈ちゃんは私も最終回にまた再登場しそうな気がしました。そして衣笠副総監と青木君は何やら特命係を潰しにかかるような感じですが、もしかしたらそれを救うのは娘・里奈ちゃんかも知れないとふと思いました。それにしても犯人のホームセンターの店員の男の気持ちも何となくわかるような気がします。自己中ですが自分がマイナスモードで気分が苛ついている時、ふと幸せそうな人を見ると羨ましく思う反面、それを壊してみたくなる気分。心の歯車が狂ってしまい誰かにイライラをぶつけたくなる気分。わかるけども実行に移してはダメですよね、まして殺害しちゃあ。可哀想に殺された人の娘さん、自分の誕生日が父親の命日だなんてあまりに酷いですね。これからどんな気分で娘さんは誕生日を迎えたらいいんでしょうね。あと今回は何と言っても中園さんにつきますね。まさに「中園照夫祭り」で笑えました。いつか本当に中園さんが部長になられる日が来ると良いですね、応援します。中園さんと一緒にいた元同僚の刑事さん、そうですか草川祐馬さんでしたか。ずいぶんと容姿が変わられたので、わかりませんでした。大衆食堂の中で中園さんと自分とでお互いの「ハゲ比べ」をしているシーン、なんか微笑ましかったです。とにかく「アンタッチャブル」、とても感動致しました。今後もこの様な良い作品が増える事を楽しみにしています。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。