Season15 第10話 「帰還」

56件のコメントがあります

脚本:真野勝成 監督:兼﨑涼介
ゲスト:八嶋智人 伊藤歩 永島敏行 小宮孝泰 平岡拓真 仁村紗和

右京と亘に、郊外のベッドタウン黒水(くろうず)町の駐在所への臨時異動辞令が下った。黒水は問題がある警察官の左遷先と噂される署だった。その夜、都内では警視総監の四方田(永島敏行)を囲む会合が開かれていた。それは、都内の浄化作戦で成果を上げた四方田のためのパーティーで、会場には副総監の衣笠(大杉漣)や峯秋(石坂浩二)の姿もあった。

【再】第10話「帰還」はいかがでしたか?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

       

56件のコメント・感想があります

  1. さん

    面白かった
    冠城くんがダークナイトになっていまうかとブルブルした

  2. ネコ さん

    2時間も使って。相棒は、本当にこんなんで良いの?
    事件の題材も結論も安っぽくて共感できない。
    シナリオの劣化が激しいのか、方向が見えないのか見る気も無いのか、制作陣は迷いの中、って感じ。

  3. 最後にひとつだけ さん

    今年一発目の相棒は正月SPにありがちな竜頭蛇尾というか、「ぼくのかんがえたさいきょうのサイコパス」と言ったところでしょうか。
    ただ米沢の存在を臭わせる発言からの劇場版出演公開や、久々に腹黒い甲斐次長と衣笠との関係性の変化、冠城に芽生えた警察官としての自覚など細かい物語の進展があったのはよかったと思います。
    しかし開始から1時間以上経過しても犯人というか黒幕の動機や事件との関連性が見えないなぁと思っていたら、実はそんなのありませんでしたーwという結末には拍子抜けしました。そこをうまく魅せるのがプロの脚本家でしょうに…
    おかげでせっかく八嶋氏が熱演したキャラクターがまるでマンガに出てくるようなありきたりのサイコパスにしか見えなかったです。少なくとも朝倉や閣下や村木のように語り草になるようなインパクトは残せていないでしょう。
    最後の右京による説教もなんだか負け惜しみのようにしか聞こえませんでしたし。
    ただ昨今の自主規制だらけで生ぬるくなったドラマ業界でこれだけ派手に人を殺害する話を放送したことは評価に値するような気がします。

  4. いもり さん

    ネコさんに同感です。
    外国人の実行部隊だのデータのハッキングだのあやしい新興宗教だの、思わせぶりはかりで結局アレだけ?って感じ。
    なんかもう八嶋智人の演技も見ていられないくらい。
    ここ数年の脚本のつまらなさといったら・・・
    がっかりです。

  5. 匿名 さん

    八嶋智人(町長)が犯人というのは予想できましたね。マッドなキャラというのも得意ですし(笑)細かい点はもう一度見てからですが、個人的には次の警視総監が気になります。甲斐パパの復権が近いのかな。あと、青木君の逆襲も始まるのかな?

  6. いせうこ さん

    面白いと思ったんですが評判が悪いですね。まあ賛否両論であることは間違いないですが

  7. やっぱりピエロがNo.1 さん

    町長が犯人でマトモな動機があったら「神隠しの山」とほぼ被っちゃいますからねえ
    少し練ったんでしょう

  8. 緋沙 さん

    冒頭はまた暴力的な感じなのかな、、と引きましたが、あとは一気に見られました。昨年より全然面白かったです!

    伊藤歩さんの凛とした美しさが、役に合っていました。
    最後、一命をとりとめた、というオチを期待しましたが、、そうしないのが相棒ですね。
    右京さんが町長に静かに諭す場面が、激昂より響きました。

    社さんが珍しくピンク系のコーディネートをしてましたね!伊藤さんのモノトーンコーディネートも素敵だったし、その点でも楽しめました(^^)

    管理人様、皆様、今年もよろしくお願いいたします!

  9. パディントン さん

    3週間ほど相棒ロス…長かったぁ。

    感想です。
    黒水署の人間が動き出したときは、おもしろくなりそうだったのに実はただの自己チューな精神異常者(和合)が起こした事件でしたと。
    はっきり言って、ビミョーです。

    しかしまあ、真野さんは人を死なせるのが好きなようで(-ω-;)
    今回何人死んでるのか。
    「ギリギリのところで踏みとどまった。」
    二回目だよ何回つかうん。この言葉。
    あの過去最低な回思い出すからもう。

    まあ、でも冠城くん好きな私にとっては警官制服姿は嬉しいので保存版ですね(≧∇≦)b
    また黒水署の人達出てきてほしいなあ~。
    謝罪すんなって社さん言ったのにねえ…、いいひとなんですね。
    甲斐次長相変わらずです…。
    「人生を楽しんで生きる」なんて考えたこともなかったです。
    そう思うと、私も和合と同じなんでしょうか。
    いろいろ考えさせられます。

    来週は副総監の娘さん?お孫さん?が出る!!
    映画もおもしろそー。楽しみだあ!

    へたくそで文章めちゃくちゃですが許してください。
    失礼しましたm(_ _)m

  10. Endymion さん

    参りました。
    この3年の真野氏の元日スペシャルの中では、
    今回の「帰還」が1番、面白かったです。
    まさかの和合町長がクソ野郎の犯人とは。
    あの狂喜に満ちた犯行や容姿に観ていてマジで怖かったです!
    犯行動機なしですがあるとしたら、「ただ殺人を楽しみたかった」と言うことだけなのでしょうか?。
    ある意味で「怪奇大作戦」の「かまいたち」の回の犯人に近いものを感じました。
    僕は若月ジャーナリストに情報を流していたのは四方田警視総監とばかり思ってましたし、警視総監が主犯かも?と思っていましたが、二人とも和合に殺害されてしまいましたね。
    本当に和合町長役の矢島さんの迫真の演技、観ていて怖かった!
    今回は、
    *また峯秋氏に対してのカイト君ネタ有り
    *左遷理由を擦り付け合う右京さんと亘ちゃん
    *黒渕眼鏡の教官(米沢)仕込みの鑑識能力を発揮する亘ちゃん
    *自転車が苦手な亘ちゃん
    *あの若月ジャーナリストにマジで惚れていたのかな?亘ちゃん
    *最後にやっと喋ったマリオ君
    *season2の亀山君の射撃訓練シーン以来の相方(亘ちゃん)の発砲シーンがあって、ちょっとドキドキした。
    *結局、警察官同士の麻薬の取り引き事件はどうなったの?ほったらかしかな?

    次回はいよいよ青木君による「特命係復讐計画」の序章のような感じですね。
    楽しみですね。
    山本むつみ脚本に期待してます。
    そして明日は関西では「ピエロ」と「誘拐協奏曲」の再放送があります。
    その次の日には「聖域」と「フランケンシュタインの告白」の再放送と、夜は科捜研の女スペシャル。
    楽しみが多いです!

  11. やっぱりピエロがNo.1 さん

    和合の犯した罪にあまり怒りや憤りを感じなかったのは私だけでしょうか
    なんか和合の犯罪者らしからぬ態度に拍子抜けしてしまいました。
    どうせなら「予告殺人」や「白い声」みたく犯人の身勝手過ぎる罪と態度に視聴者までもが大きな怒りを感じる演出をして欲しかったです。

  12. おせっかいじいさん さん

    あまり否定的なコメントはしたくないのですが…運び込まれた機材にウィルスが仕込んであった事に、本当に警察の人間は気付かなかったのでしょうか。また、冠城さんと女性記者の関係がそこまで深いものとは思えなかったために彼女の復讐のために冠城を利用するのは無理があります。それ以外にも足紋を取られたらどうするつもりだったのかなど、いろいろと雑な部分はありますが、エンターテイメント性が高く、それなりにたのしめました。

  13. 黄色い鳥 さん

    今回の話は微妙でした。脚本が悪いと思います。
    まずあの町長そんなにすごいことができるものですかね。他に書いてた方もいらっしゃいますが色々匂わせておきながら町長が頭狂った人だっただけ、というのは納得いきません。しかも殺したの警視総監ですよ?SPも弱すぎです。あとマリオ君も、14歳で警察幹部倒せるとかどんだけだ。四方田さんは自分がやられたこと隠してたみたいですが、そう都合よく隠せるものなのでしょうか。少年院に入っていたということは裁判等もあったと思いますし。。。
    後は細かいことがですが冠城君の制服姿はあれだけなんでしょうか。他はスーツだし、右京さんはずっとスーツなのがどうも気になります。規則は特にないのでしょうか。それと冠城君の拳銃の腕はとてもいいと捉えて良いですかね。警察官なら普通なのかな
    長々と読みにくい文章失礼しました

  14. ピエール さん

    初見の感想ですが、私は面白かったですよ。
    ゲストのメンツで八嶋さんが犯人なのかな~と思ってましたが、あそこまでイカれたクズだったとは予想外でした。
    動機があっての犯行でないのは現実に起きてますから、そこをドラマチックな感じの描写にしたんでしょうね。
    東京地検特捜部の黒崎が久々に登場や、甲斐峯秋と衣笠副総監の登場場面も楽しんでいました。
    団地の椅子のおばさんは「越境捜査」の家政婦の山本道子さんでしたね。
    久しぶりの小宮さんの署長も良かったです。
    定番ですが、ダメな奴がスイッチ入って頑張る展開は好き。
    記者会見でも真摯な謝罪をしていたし。
    ダークナイトにならずに踏みとどまった冠城と右京の会話に続く、特命係の小部屋で締めるラストも名札で繋げていて良かったですね。
    今回は出番は少しだけの角田課長が部屋をキレイに掃除をしていてくれてるのもツボ!
    ずっと寡黙な人が最後に喋るのもね。
    次回も予告編はスゴく面白そうで楽しみです!

  15. りうりう さん

    最初の着ぐるみのシーン、身長的に町長だろと
    家族と話していたら見事ヒットでした。
    22時過ぎても物語がフワフワしていて
    間延びした印象を受けましたし
    見はごしていたら私の誤りですが
    いつのまにか監察官と広報課課長が組んでたり
    突然特命に肩入れする所轄が唐突すぎて
    残念なところが目につきすぎました。
    もう正月SPは別の方がいいかなと思います。

  16. 和製ワトソン さん

    正月早々、気分が暗くなりました。後味が悪いし、人が死にすぎる。
    自転車に乗る冠城巡査、やる気を出す黒水署、八嶋智人さんの演技など、面白いシーンはありました。でも伏線がほとんど見られなかったり、犯人が罪を犯したのに深いわけがあると思いきや、殺人衝動が起きるからだったり、素人が警察官に暴力で勝つというあり得なさすぎる展開に登場人物は誰も疑問に思わなかったりと、残念なところも多かったです。
      真野さんらしいと思ったのは
     嗜好品に関するシーン、台詞が多め
     初めて聞く花が登場
     事件の手がかりのひとつが匂いこれ視聴者にわかんないから止めてほしい
     弱者による権力者警察や政治家などへの復讐
    といったように、よくも悪くも真野さんの脚本だなと思いました。

  17. 温泉好き@元西巣鴨 さん

    肝心の締めに繋がるだろうところでの冠城から若月に音声証拠を渡すところ。
    あそこは相手が元IT経営者で情報機器を操るのにも長けている和合なのに右京さん含め誰も止めないってのはあり得ない。仮に放送するにしても放送局に妨害入らないように立ち会うなりするのが当然だろう。結果それでも妨害入っても死ぬことは避けられただろうと思う。
    最後、別の場面で右京さんが「私としたことが!」と叫ぶシーンがありましたが同じ人間が先の放送中のTV画面での事故を呆然と眺めるシーンってのは不可解の一言。また、それなりに情感を若月に抱いていた冠城も若月の身の危険を想像もしていないってのは不合理すぎる。
    ということで本筋とは関係ないところでいろいろと感じてしまいました。
    真野さんの相変わらずのハロプロ好きには、今年もよろしくお願いします、です。

  18. ユッキー さん

    コメント欄でも賛否両論が入り乱れてますが、僕には最低につまらなかったです。

    でも、それが真野脚本の特徴なんですね。嗜好品にこだわるネタの多い脚本家だなと思ってましたが、この人の物語の作り方そのものが”嗜好品の寄せ集め”なんですよ。
    全体の構成は荒っぽく作って
    『ほら凄いでしょ』
    『ほら詳しいでしょ』
    『ほらびっくりするでしょ』みたいなアクや癖の強い要素をどんどんぶちこんで作る、一見華やかなごった煮。
    でも嗜好品とは人によって好みが分かれるもの。
    そればかり目の前に出されたら好きな人にはたまりませんが、苦手な人はうんざりするだけですからね。
    そりゃ賛否両論が極端になるでしょう。

    クリエイターとして自分の個性を出すために嗜好性の強い要素を入れるのは、間違ってはいません。しかし料理人でも素材も調理法も突飛で刺激的なものばかり出してくるのは、二流だと思います。
    『相棒』ではもっと骨太でリアルなストーリーで、でも隠し味はピリッと利いた大人のエンターテイメントが観たい。
    そう思うのは僕だけでしょうか?

  19. アイボー さん

    総じて新年会としてはよい方というか観れる作品ではありましたが、シーズンXXのスタートでもよかったかも、という波乱の展開でしたね。最後は、亘にも、”正義”が芽生えたようにおもいました。
    単にチャラいだけでない、真剣なところがあってこその亘の活躍になると痛感させられましたので、
    ぜひ、亘も、正義をもって事件にあたってください!右京や、日下部と違う、亘の許せない正義もよかったのでは。
    やはり杜さんが出ると、映像美になるというか、もっと出してもらいたいものです。今回のTV記者も演技はよかったですが。
    ただ、警視総監が惨事になるというのはかなり大問題のはずで、現実だったら、2回、3回にわけてドラマでも引きずりながら、警察も問題化するほどの事件では?警察の警備がどうなっているのか?現実だったら、あっさり終わるほどの事件ではなくなりますので、そのあたりを今後、どう描くのか?
    そして衣笠、甲斐らが久しぶりに出て、カイトをにおわすのも面白い展開でしたが、日下部がもっと今後も活躍してもらいたいものです。一番、相棒に求められる官房長的展開にハマッている気がします!
    また視聴率は15前後かもしれませんが、相棒ワールドと、映像美がシンクロして、事件も感情にうったえる部分もあって、正月一発目としてはよい気がしますが、なんとかXのような20%いくには、女性ヒロイン級のタレント追加や、演技派の大物と、期待の若手のミックスなど、多様な相棒を期待します!

  20. 15年ぐらいの相棒ファン さん

    現実のサイコパスを見たこと無いのでなんとも言えませんが、
    自分のイメージのサイコパスと言うのは虎視眈々と
    自分の思い通りに実行していく狂人的な犯罪者だと思うのですが、
    今回のサイコパスは確定してからはまるで右京達を煽って挑発するかのような行動が多かったのですが
    ああいうのはサイコパスとはちょっと違うなと個人的に思いました。
    でも八嶋さんの演技は抜群に良かったです。

  21. やっぱりピエロがNo.1 さん

    久々に徳永さんに元日SPの脚本務めてもらいたい気がします。
    「ノアの方舟」は個人的に大好きな回ですし!

  22. 重冨穂奈美 さん

    昨日の相棒は真野さんの脚本で、警察官の失踪を描く人たちの気持ちを表現する物語でした。感動、怒り、涙、愛、衝撃というさまざまな気持ちを書いてくれた(^.^)本当に素晴らしいストーリーでした(^。^)伊丹さんたちが殺人事件の犯人探しで右京さんたちに会いに来たところは印象的でした‼️最後の課長が掃除しているところで、右京さんたちが帰って来たところが面白い。

  23. うさぎ さん

    殺人衝動で殺しちゃうなんて、動機が面白くなさすぎです。やっぱり、何かそうせざるをえない理由があるから、そこに見てるほうも思いを馳せてみるんだし、なんだかな~という感じで残念でした。同じ殺人衝動なら小日向さんが犯人だったときの話のほうが、完璧いっちゃってて怖かった…。右京さんが団地の住民を公務執行妨害で逮捕したのも、いつもの右京さんらしくない、って思ったし、冠城くんの拳銃うつシーンも感情があまり感じられなくてハラハラしなかった…カイトくんや神戸くんなら絶対もっと感情だしてた…やっぱり冠城くんはよくわからないキャラだ~。「警察官連続失踪事件」の出だしは面白かったのに、異常者が犯人、トリックと言われるトリックもない、なんて、2時間かけてあれはないよ~という感想です。黒水署の署長と署員のみなさんがやる気だしてが立ち上がったところは面白かったです。生かされて欲しかった~(なのに見張ってた町長を見失っちゃうのは残念でした~)

  24. Zone さん

     少しやり過ぎ感が否めませんね.有本警部(?)がボコボコにされてた時は,まだ生きているのかなと少し思ってましたが,出たよ大量殺人ですね.Season14の最終回「ラストケース」並みですよね.あれも序盤に一気に殺しまくり,文部科学大臣とかあんなあっさりやられて良いのかよ,農林水産大臣まで犯人側で結局動機がしょぼいという展開でしたね.今回も大量に殺されて,SPのショボさ.警視総監があっさり殺されちゃうし.まず,真理男(?)が四方田殴ったのも何でそんな簡単に殴れちゃうのって感じでしたね.その時は四方田が大物じゃなかったんですかね.少なくともキャリアであってその後警視総監になるレベルの人ならSPいるっしょ.そして外国の特殊部隊にSPが全滅させられるってSP弱すぎでしょ.SP何してるんだって感じですね.
     相棒って大物あっさり殺しますよね.去年の正月スペシャルも現役官房長官が一般人にやられましたし,今回は警視総監ですか.もっと耐えてくれるといいのに.
     内部リンク者について.最初,内部の人間で容疑者になり得るのは半田巡査,署長ぐらいしかいないなあと思ってましたね.特に半田は最初にちょろっと出てきたきり暫く出てこなかったので.ただ巡査が警視総監の情報把握してるのかって思うと署長でしたけど.まあ署長が特命に協力するといった時に,こいつら違うのかってなりましたけど.まさかウイルスを仕込んだパソコンを整備させたというのはやられましたね.和合は最初から犯人フラグ立ってたので黒幕予想は付いていたのですが,一人でパソコンにウイルス仕込んだとは.というか警察に整備される前に会社でほかの人確認しなかったんですかね.和合一人で全てのパソコン作ってるわけじゃあるまいし,絶対誰かチェックしてるはずなんですけど.警察も警察でチェックしてから導入するでしょ.意外性を出すために少し強引でしたね.
     愉快犯が大量殺人って一番うわあってなるパターンです.ふざけんなよって思って見てましたね.あんなタカハシ教やら警視総監やら街の再生やら色々出しといた挙句,伏線もクソもない愉快犯は最悪でしたね.朝倉みたいな愉快犯はちゃんとそうなった経緯もあって,狙うターゲットも決まっていました.ただ和合の場合はただ単に殺人欲求があって,それが出てきた経緯も不明.ふざけんなですね.病院から抜け出す時もあっさりやられすぎ.っていうか足骨折してるから車椅子用意したんじゃないの?急に立ち始めるわ,一人で警官すべて倒して突破するわ足骨折してないでしょ絶対.そして爆弾用意早すぎ.海外の特殊部隊に頼もうがあんな短時間で爆弾用意できないって.
     本当に今回の事件は滅茶苦茶感満載でしたけど,まあ真理男が喋られるようになるという王道の展開と衣笠が打撃を受けて甲斐が復帰を画策するという全体を通しての進展は見られたのは良かったかなと.次回はまた衣笠が出てきて全体を通しての伏線が進みそうで期待してます.

  25. じゅん さん

    荒唐無稽なストーリがダメとは言わないが、もう少しきちっと構成をしてほしいな。これだと後半に仮面ライダーが出てきてもあり得そうなくらい無茶な展開だった

  26. くりりん さん

    久しぶりにコメントします。僕自身は結構楽しく観させていただきました。
    タカハシという教祖や外人部隊や町おこしのことなど、掘り下げずにあっさりとスルーしているのは物足りませんでしたが、全体としては良かったなと思いました。
    カイトの話やドラッグのことが出てきて、成宮くんや益戸育江さんの件にあえて触れるようなストーリ―は意図的なんでしょうかね。
    細かいところで気になったのは、
    ・冠城くんの鑑識技術について右京さんが驚くところ・・・最近見た番組で、刑事はみんな一定の鑑識の知識、技術は身に着けていると言ってました。驚くところではないのではないか。
    ・冒頭の四方田警視総監の演武・・・合気道のように見えましたが、あまりに下手。あれが精一杯だったのか、実は総監は対して強くないという伏線だったのか。
    ・署長が警視庁に反旗を翻すところ・・・あの署長がそんなに簡単に上に逆らう決断ができるでしょうか。何か理由がなければ、あの行動は納得しがたい。
    ・署長が記者会見で謝罪する時「警視庁として」という言葉を使ったが、一署長の立場から警視庁という言葉を使えるのか。
    といったところですかね。

  27. ばかんす さん

    そうですねー自分の望んだストーリーじゃなかったというだけで批判するのは大人げないのは充分承知の上で言いますが、はっきり言ってお正月向きのスペシャルではないように思えました。詰め込み過ぎた内容を最後、八嶋さんの狂気じみた演技で無理やりまとめにかかった様な気がしました。でも踵を骨折した人が拳法二段以上の人間を四人も倒せないでしょうし短時間で思い付きで爆弾を製造し設置は絶対無理、うーん。あと何回か、ここは亘君じゃなくて亀山くんだった方が良かったなあ、と思ったシーンもありましたねえ。相棒っぽい所だなと思ったのは、赤信号の小宮さんの いっちょやったるか と右京さんに同調した所かな。やはりバベルの塔やピエロみたいに超傑作には中々お目にかかれるものではありませんね。とにかく今回は何が言いたかったのか、分かりませんでした、もしかしたら、相棒自体を終らすのか?とも考えてしまいました。これからもう一度視聴してみようと思います。乱文、長文大変失礼いたしました。

  28. ダーツ さん

    今シーズンの中では、出来のいい作品ですよ。
    ここにいる皆様は肩肘張って見過ぎでは?一体どのような作品なら、皆様が納得行く作品なのか?聞きたいですね。
    ドラマだから、気楽に楽しんで観るべきでは?
    相棒ファンの皆様が相棒作品のハードルを上げてますよね。

  29. S.K さん

    いや、これは面白かったです。
    元旦スペシャルに相応しい作品でした。

  30. さら さん

    警視総監の扱いがちょっと安っぽすぎたかなという気がします。いくら私怨が深くても、あそこまで本人が出張るかな。副総監もちょっとやり過ぎですね。この2人をきつめに印象付けてしまったために、犯人をもっと印象付けなければならなくてああなってしまったのではないでしょうか。エキセントリックなのは犯人だけのほうがよかったように思いました。
    大河内監察官と社が久しぶりに出てきて新鮮味があっておもしろかったんですけど、どうも「亜人」の田崎と下村に見えてしまいました(私だけ?)。
    最後のシーンで角田課長が何気に2人の帰りを待ちながら掃除などしているのがわかって、微笑ましかったです。そして音楽がやっぱり「帰還」だったのもよかったです。

  31. 暗闇 さん

    いやぁ参りました!

    八嶋智人さんが悪役で登場するとは!今でも驚いています。小日向文世さんが出たり、高橋克実さんが出たり、松重豊さんが出たり、正名僕蔵さんが出たりと、HEROメンバーですね。これは。相棒season1 秘密の元アイドル妻以来の小宮孝泰さんも良かった。永島さんと八嶋さんが料亭で会話中拉致されたシーンがありましたが、八嶋さん殺されるの⁉︎と最初は思いましたが、事件現場のシーンを見たら、永島さんだけ殺されていたので、あっもしかしたら八嶋さんが犯人…かと少し感じました。人が死にすぎたエピソードでしたが、面白かったです。

  32. きれいなコップ さん

    警視総監の経歴がパソコン上に写し出されるシーン、出身大学が体育大学なのが気になった。
    あと「帰還」というタイトルは冠城がギリギリでこちら側に踏みとどまれたという意味の帰還もあるのかな、と。

    ところで、甲斐さんの推したい次期警視総監は誰だと皆様お考えですか?私は既存キャラだと長谷川宗男(警察庁長官官房付)がなりそうかなと思います。(メタ的に、再登場に違和感ない繋がりになりますし、神戸の登場も然りで)

  33. アイボー さん

    視聴率17.3は安心しますね。ただ、名作バベルの塔は裏番組との関係か、視聴率イマイチでしたから、視聴率だけでは測れないし、今までも内容がよい作品はありましたから。
    和合はバットマンのジョーカー的なキャラに見えました。
    演技もうまく、正月にしては納得レベルかなと。
    また、面白い、つまらないは個人差がありますが、正月スペシャルでは、シーズン4の金バラマキ葉月回、ムクミズさん回、バベル、カシオペアに準ずるけど、瀬田さん渡さんは大好きで再登場して欲しいものの、カナリアや、ピエロより、今回の方が展開やオチが不明で良かったですが、人により違うでしょうか。
    正月スペシャル回の名作トップ5等を知りたくなりました。

  34. ホット麦茶 さん

    しっくりこないまま見終わりました。
    一、冠城と女性記者は一度食事しただけの仲なのに、復讐感情を利用されるやら形見分けを貰う、の流れが意味不明。しかも元カノ回の二番煎じ感あり。
    二、団地のおばあさんの演技が下手過ぎでシラケる。
    三、タカハシのふわふわ感。
    四、右京さんらしい立ち振舞いや日常動作が少ない。
    五、伊丹&芹沢コンビが全然出てこなくてつまらない。
    六、笑えるシーンなし

  35. カレー大名 さん

    途中まで「今年のは面白いね!」と嬉々としてた家族が
    外人部隊が登場したあたりで「???」と困惑してましたw

  36. sonic さん

    元日スペシャルとしては力作ではありますが、ストーリーを拝見して思うのは、過去の作品のワンシーンをリメイクして繋いだような気がします。
    冒頭の、着ぐるみ姿の犯人が警察官を監禁して暴行するシーンは、Season13「アザミ」(着ぐるみ姿で殺害)「ダークナイト」(暴力)を、警視庁やケーブルテレビ局のPCにコンピューターウイルスを仕掛け、情報操作や支配、放送局の爆破などをするのは、Season11「酒壷の蛇」(カイト君のスマホにウイルスが仕掛けられ、最後はスマホが破壊される)を思い出します。
    黒水町の町長が犯人でしたが、町名から「close」を連想し、閉鎖的な自治体の中で、その首長がコンピューターを駆使して、治安(警察)も住民も支配する姿は恐ろしくも思います。しかも一連の殺害動機に理由などなく、ゲーム感覚で殺害を繰り返すことに怒りを感じます。
    真理男君は、結果的に残念な結末となりましたが、彼なりの正義感と町の人々へのやさしさが印象的でした。無口な真里男君が、ラストのシーンで口頭で返事をしてくれてよかったです。

  37. Terry さん

    CATVの人
    せっかくのキャラを使い潰してしまったのはもったいないなあ

  38. ぴーまま さん

    ようやく4日に観れましたが、正直元旦に観なくて良かったな…と(^^;)
    暴力的シーンが多く、死体が多く、ちょっと苦手なので。
    内容は途中まで話がとっちらかって(情報が多すぎて)、どうなる事かと思いましたが、何とかまとまりましたね。
    皆さんが仰る通り疑問点も多々ありますが…。
    大河内さん、右京さん、亘ちゃん、社さんの4ショットは何だか豪華で、ボロの駐在所との対比が凄かったです。
    次回と映画が今から楽しみです!

  39. ユーリ さん

    いままでで一番最低な脚本でした。見た時間かえせーと思ったほど。「動機がない」って、「時計仕掛けのオレンジ」が出た時代には斬新だったかもしれないけど、もうそんな脚本見飽きてるんです、お腹いっぱい。「相棒」は社会派ドラマだったはず、人間の心の機微が見えるから、はまったんです。以前の右京さんだったら、ニュースキャスタ―を犠牲にせずに、もっと犯人の裏をかいてたはず。もう、これ以上「相棒」をぶれさせないでください。

  40. ファン さん

    面白い。先程3回目を見終わえたんだけど回数を重ねるごとに面白くなる。

    真野さんの脚本は好き嫌いが分かれるみたいだ。

    冠城も違和感なく普通に見れてる。season14の前半から第10話「英雄〜罪深き者たち」くらいまでは酷かったけど、今は安心して見れる。

  41. 春辺千佳 さん

    右京、亘、大河内、社。
    この4人が組んだらそりゃ強いよね。
    ドライで、日本ぽくないノリで、新鮮な快作。
    湿った動機のない犯人像、好きです。

  42. ころんぽ さん

    賛否両論、毀誉褒貶!
    私は面白いと思いました。劇場版ぽかった。
    町長が係わっているのは配役と暴力くまさんの身長から見て明らかでしたが、
    天才犯罪者だったのは意外でした。
    右京のモデルはホームズだから、
    町長はSHERLOCKのモリアーティなんでしょうね。
    警視総監になろうという人があんちゃんにボコボコにされたくらいで
    プライドが傷ついちゃうのかな。
    外人部隊も余計だったかな。
    新興宗教の話もうるさかった。正月作品でてんこ盛り過ぎたきらいもあります。
    まあ、伊藤歩の美貌に免じてよしとします。

  43. 凛太朗 さん

    面白かったです。4点付けました。
    細かいところ(亘がアナウンサーに感情移入する動機が弱い、一夜を共にした描写ぐらいあってもいいのではとか、団地の住民がどんな風に麻薬の栽培を強いられてたか映像描写が無い為、住民の怒りが想像出来にくいなど)で後から「もっとこうだったら良かったのに」と思う部分はあれど、まぁそんなの全部盛り込んでたら、時間足りないのかもしれませんね。
    私は亘はなかなか気に入ってます。
    独自にずる賢く立ち回ったりするのが面白いです。
    ちょっとづつ右京さんの相棒に近づいてて嬉しいです。

  44. ラードボーイ さん

    初めまして。
    先程twitterを見ていたら、このサイトのアカウントを見つけたので、これからたまに書き込もうと思います。
    さて、元旦スペシャル「帰還」ですが、見終わった瞬間の感想は「好みが別れるだろうな~」でした。
    個人的にはあまり好きではありませんでした。
    もちろん好きな部分もありました。
    例えば、冠城君に警察官としての自覚及び右京さんの相棒としての風格が出てきたところや、米沢さんを匂わせるシーンがあったところなどですね。
    また、黒水警察署署長と町長のキャラクターも好きですね。(町長のキャラクターが好きと言ってしまう語弊があるかもしれませんが…。)
    しかしながら他の方も仰っていましたが、唐突の外人部隊の出現や警視庁PⅭにウイルスを入れるなど、あまりにも現実離れした展開についていけませんでした。
    加えて、先述した通り、黒水警察署署長のキャラクターは好きでしたが、右京さんへの態度への変化の契機も分かりませんでした。キャラクターが好きな分、そこら辺の展開をもう少し丁寧に描いてほしかったです。
    これらのように個人的に幾つかの不満が残りましたが、一番の不満は、マリオ君があそこまで話さなかった最後まで理由が不透明なことでした。
    以上のようなことから投票は星3つとさせていただきました。
    初投稿で、長文失礼しました。

  45. とし さん

    八嶋さんがある意味ミスキャストだったと思う。
    八嶋さんがダメなのではなく、八嶋さんのネジが外れたキャラの上手さはドラマ好きな人みんな知ってると思われるので、
    最後やっぱりなって印象。
    そしてサイコパスにしてはあんまり本物ぽくない、プビャアオとか。もっと冷静な方が怖い。
    あの町長役はあまりサイコパスぽくない俳優さんの方がよかったと思う。

  46. ヌー さん

    ・過去出演者の不祥事が相次ぎ、オセロをひっくり返すように放送できなくなってしまってヤケッパチになっているのかと思うような雑なスペシャルでした。本当の最終回、どうするんでしょう。地球に隕石が衝突して人類滅亡、になったりして。
    ・クスリネタも、「事実は小説より奇なり」状態になっていて、「相棒」というフィクションが現実に凌駕されているため、全然面白くない。
    ・比較的知名度の低い役者を使いまわすことはあったけど、高岡早紀に続きとうとう永島敏行までまったく別の役柄で登場させるようになったのですね。しかも即殺す。
    ・浅利陽介に張らせている伏線、いつか回収してくれるんですよね?
    ・出来の悪い横溝正史シリーズみたいな「黒水町」、「郊外のベッドタウン」とか言ってますが、あんな場所、「ベッドタウン」といえる距離ではない気がするんですが。細かいところが気になるのが私の悪いクセ。

  47. 鎌倉権三郎 さん

    ケーブルテレビスタジオの爆破シーン、CGがちょっと雑すぎです。
    そういうところをケチるのはやめませんか。

  48. サスペンダー さん

    黒水町は和合の掌の上で転がされていた、って話ですね。
    ・右京が和合の正体を明かすシーンは良かったが、右京vs和合の切れ者同士のせめぎ合いがもっと見たかった。まんまと爆弾爆破されてしまったし。
    ・シロクマ姿での暴行シーンは怖かった。被害者はシロクマのぬいぐるみがトラウマになりそうだ。でもなんだかなあ、和合に悪魔的な魅力を感じることができない。
    ・終盤の右京の諭しも、いまいち納得出来なかった。私が未熟すぎて理解できないだけかもしれないが。
    ・和合が真理男を呼びつけて自分を殺させようとするシーンは面白かった。最後まで真理男を陥れようとしていたね。彼の怒りを利用して。
    ・ラリ村刑事のガムパッチンシーンは気に入った。キャラクターとして出たら面白そうだ。

    要望はあるが、衝撃的な展開が続いて飽きなかった。
    黒水町という非日常的な舞台での右京&冠城も、新鮮で見応えがあった。+大河内&社の合流も。
    星4つ付けさせて頂きました。

  49. ファン さん

    日本のCGを洋画や海外ドラマと比べると、こんなレベルなんだと思ってしまう。

  50. 匿名の特命 さん

    悪い話では無かったし面白かったとも思うけど「これ元日SP?」という疑問が湧くほどに暗過ぎた。
    自分は元日SPに『バベルの塔』『ピエロ』みたいな爽快感を求めてるので評価を下すのが難し過ぎる。
    仮にこれが初回最終回だったら面白く観れたんだろうなぁ…
    取り敢えず☆3。

    【感想】
    冠城ってこんなキャラだったっけ…
    右京が間に合ったら殺さず、右京が間に合わなかったら殺す、という部分は非常に冠城らしいけど、そもそも冠城って復讐とかに燃えるタイプか?
    これがカイトとかなら分かるんだけど冠城ってこんなキャラだっけなぁ…
    輿水脚本の冠城は悪役っぽくて好きなんだけどなぁ…

    八嶋智人さん演じる和合は好き。
    サイコパス系列は刑事ドラマだと禁じ手ですが、あえてそこを行く姿勢に感心。
    「動機は無い」との事だけど監視してた警察官に対して「偉そうな奴が嫌い」と言っていたので、そういった超個人的な感情が動機なんだろうと考察。
    ただ「プピャオ」って何?

    【小ネタ&雑感】
    •白熊推理は無理やり感
    •大河内と社登場は嬉しい
    •絶対ダークナイト意識してる脚本
    •マリオの言葉にカタルシスを感じない

    【次回】
    山本脚本は毎回成長を感じられて観てて楽しい。
    ただ今回は縦軸関連になりそうだけど大丈夫なのかな…

  51. mirimiri さん

    昨日やっと見ました。
    正月に見るのはちょっと・・・という内容でした。

    まりお君が警視総監を殴っていた場所は警察の建物内の道場のように思いました。それならば正々堂々の戦いであったはず。それでなぜ少年院へ行かされたのでしょうか?
    作品内の描写が不適切だったのか、有本刑事の陰謀だったのかはわかりませんが、ボクシングの練習や試合をして2週間のけがを負っても傷害事件にはなりませんよね。

    大河内さんと社さんが参加しての「裏捜査会議」みたいなの、良かったです。

    あと、黒水署の人たちが所長を先頭に本庁に対抗するところも良かったですね。

    皆さんの感想を伺ってから見たので「ショック」が多少軽減されました。
    死ぬ人が多すぎ、その犠牲のグロテスクさと、快楽殺人に対する嫌悪感がひどかったです。

  52. 亀戸亘 さん

    自分の中では相棒は10迄です。
    ここ数年の元日スペシャルでも最悪の作品です。
    ガッカリさせられた作品です。
    初心の気持ちを忘れずに番組を制作して頂きたいです。
    カイトからのファンの方々にも汚れある悪戯~ピエロ迄の元日スペシャルを見直して少しでも共感して頂きたい
    M本氏がいた頃がよかったはは?
    後自分の中でも番組タイトルも
    杉下右京と愉快な仲間達に変わっているので。
    捜一(伊丹達)のトリオと仲良くなった時点で違うよね。

  53. 匿名S さん

    後れ馳せながらやっと元日スペシャルを拝見致しました。感想ですが、最悪なストーリーですね。よくこれ程のエグい内容をめでたい元日に放送したものだと信じられないぐらいです。真野さん、去年は本多親子を殺し、片山雛子を退陣させ、折角の音越官房長官をも殺してしまう有り様なのに、今年は折角出てきた四方田総監まで即殺し、和合町長による撲殺や爆発死などやりたい放題、あわや陣川の時みたいに冠城も復讐に駆り立てたり、もう駄目ですね。正月早々からこんなの見せられたら、ちょっとどころかかなり嫌な感じがしますね。来年の元日スペシャルは真野さん以外でお願いしたいものです。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。