Season15 第5話 「ブルーピカソ」

26件のコメントがあります

脚本:坂上かつえ 監督:藤岡浩二郎
ゲスト:森尾由美

ある休日、右京が亘訪れていた絵画のオークション会場でちょっとした騒ぎが起こる。出品されていた三上史郎(斉藤陽一郎)という画家の絵画に、三上自身が「こんな駄作に価値はない」とオークションを拒否する騒動を起こしたのだ。その夜、三上が歩道橋から転落死する。

第5話 「ブルーピカソ」はいかがでしたか?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

  

26件のコメント・感想があります

  1. 春辺千佳 さん

    喫茶店のマスター役の小林尚臣さんの演技が、
    たいへんお上手で味わい深く、それを見られたことだけが収獲でした。
    セリフで説明するだけの退屈な話に感じました。
    いったい何回ブルーピカソという言葉が出てきたんでしょうね。

  2. 重冨穂奈美 さん

    今回はすごく感動と涙のある物語でした。それは出たしと最後のシーンではあの絵画を見ていた二人の関係性も味わえたと思う。私が一番好きなシーンは出たしのオークションが、三代目の甲斐くんのシリーズで思い出しました。

  3. 匿名 さん

    三上殺害の犯人はなかなか意外でした。

    悪事に手を染め、ばれないと思いつつも罪の意識から自滅していく様は人間の弱さの表れなんでしょうね。逆に何も感じないのはある意味悪魔とも言えますね笑

    三上さんには犯罪の物的証拠があったにせよ、良心までもが完全に汚れなかったことは古澤さんにとって救いだったでしょうね。

  4. Zone さん

     割と面白い話で僕的には満足いく内容でした.亀山時代,甲斐時代に続いて3回目のオークションでしたけど,今までとはまた違った話を楽しめましたね.
     本物のブルーピカソを探している3人が組んでいたり,ブルーピカソ贋作作成側では筒井を含めた3人がグルだったり,出てきた登場人物達をうまくさばいてました.まあ半年前に会社に入ったと言った辺りであの3人組んでそうだなあとかは予想できましたけど.
     最終的に結局仲間割れだったけど,その様子をぐだぐだやらずにあっさりと済ませたのも良かったですね.
     杉下と冠城が別行動を取っている時,杉下の方が出番多いですよね.まあ福祉施設内を聞き込みしている様子を写す必要性はないから良いんですけど.また,冠城の台詞も割と与えられていましたしね.一方的になるのはあまり良くないかなと思っているので.
     最後,結局新しいブルーピカソは存在しなかったっていうのも裏をかいて良かったですね.三上が贋作作っただけですだったら意外性がありませんからね.それでいて,最後に感動要素も入れるという色々と詰まった感じですね.

  5. Endymion さん

    芸術の秋に相応しいしんみりとくるミステリーでしたね。決して嫌いではないですが、前回の「ギャグ回」よりは落ち着いて観れました。
    そもそも世界的有名画家の本物の作品がそんなに簡単に日本に有るわけがないし、手に入る訳ないんですよ。
    ルーブル美術館とかに保存されているか、子孫がまだ大切に保管しているかだと思いますよ。
    今回、一番気の毒だったのは言うまでもなく殺害された三上画伯ですが、彼もまた筒井や磯田の誘惑に負けて贋作を創ったことで自分に後悔し苦しむと言う「自業自得」のバツが与えられました。
    その偽のオークション主催者の磯田には本当に憤りを感じますね、金儲け主義の人間には。
    ラストはきれいに女流作家らしく綺麗にまとめ上げた感じがしました。
    本当にいつの日にか古沢さんの元で育ったお弟子さんたちが、脚光を浴びて有名になる日がくると良いですね。
    芸術の秋にふさわしいしっとりとする余韻が残って少し感動しました第5話でした。
    最後に、貴和子役の森尾由美さん、「はなまる」の時よりお綺麗に見えたのは役作り?ちょっとドキッとしました。

    次回は「嘘吐き」、
    脚本家は森下直さん。
    なにやらご近所トラブルが原因で殺人事件が起こるありきたりな感じですが、どうやってストーリーが広がっていくのか?非常に楽しみにしています。

  6. Endymion さん

    すみません、書き忘れてました。
    今回のこの話に青木君は出ていなかったのも安心して観れた要因の1つかも。
    青木君が出ていたら、ストーリーがぶち壊しになっていたかも知れませんね、失礼ながら。

  7. おせっかいじいさん さん

    前回に引き続きコメントさせて頂きます。
    容疑者の散らし方といい、小道具の使い方といい、話の捻り方といい、文句なし。
    前回つい熱くなってしまい、以前のクオリティーは望むべくもない、と言い放った自分を顧みて、深く恥じ入る気持ちで一杯です。
    この質を保って頂ければ、今後の展開にも期待が持てそうです。
    相変わらず上から目線のコメントで申し訳ありません。

  8. いせうこ さん

    うーん、面白いんですよ。複雑に登場人物の関係を構築して、美術ミステリとしても、人間ドラマとしても高いクオリティ。でも、でも不満。演出がどうも肌に合いません。まるで普通の二時間ドラマのような工夫のないカットが目立ち、本編全体が二時間ドラマのようになってしまっています。和泉監督、橋本監督や兼崎監督のような凝った映像美が見られず、ずっとウズウズしておりました。惜しい……ということで今回は三点です。
    来週は橋本監督で脚本は森下さんですか。前回の14歳は正直イマイチだったので、気軽に見ようかなと思います。

  9. ダイオウイカ さん

    揚げ足取るようでごめんなさい。
    世界的に有名な画家の真筆(本物)でも、けっこう日本にも沢山あるんですよ。ピカソに限らず。
    美術館も、企業も、個人も所有しています。オークションにかけられることもそんなに珍しい事ではないです。
    プロの作品は売れてなんぼですから。
    余計なお節介でごめんなさい。

  10. 最後にひとつだけ さん

    先週に引き続き、今週も事件そのものよりもそれを取り巻く人間たちの動向に重きが置かれた作品でした。
    個人的にはもうセンセーショナルなトリックや意外性のある犯人というものはあまり期待していないので、こういう方向性に進むことは歓迎です。
    ただストーリーそのものは可のなく不可もなくといったところでしょうか。そこまで印象に残った部分はありませんでした。
    最も印象に残ったのは、森尾由美という女優の顔を見たのが相当久しぶりだったということくらいです。

  11. 匿名 さん

    赤い激流で水谷豊さんと共演いた堀内正美さん回ですね

    最初の8分見逃してしまいましたがそのことも関係あるかこのおばさん誰と思いながら見てましたが森尾由美さん

    確かにしわが隠せなかったのはしゃあないでしょうけど年相応でしょうしそれ差し引くとなかなかの演技でした

  12. ばかやま さん

    贋作を使って絵描きの卵を一生懸命後押ししていた画廊のご主人を、3億もの金を詐欺でむしり取ってその後の人生を台無しにしてしまったオークションの社長が許せない!と思いました。もうちょっと怒鳴られるとか襟首つかまれるとかして欲しかったですね(笑)こんな風に思わせる役者さんは本当に演技がうまいと思います。ただこのお話は、あえて相棒でやらなくても他のドラマでやっても良いのではないかな、とも思いました。そうなんです、先ごろから続いていた私の心のひっかかりがようやく分かりました。最近のお話の中のいくつかは、相棒じゃなくても良いのにな、と自分が感じていたという事。これでした。これも老害の一種ですね(笑)今回も乱文・駄文で大変失礼いたしました。

  13. 匿名S さん

    この事件、ほんと伊丹刑事の言う通りで通報者が上を見ていたら、犯人はすぐに見つかっていたかもしれませんね。犯人筒井は三上を転落させた後、死んだかどうか確認するために下に覗きこんでいた訳だから、充分に犯人筒井の顔は見れただろうに、惜しい。だが走っていていきなり目の前に人が降ってきたら、ビビってそれどころじゃないってのもわかるかな。せめてその前に橋の上で何やらもめている二人の気配ぐらいは感じていても良かったね。それも音楽聴きながら走ってたら無理かな。ストーリー全体的に見ればやはり「ブルーピカソ」の贋作をめぐって起きた殺人事件と、その背後に蠢く二人の人間のドス黒い企みと、一人の画家の贋作した事による後悔と苦悩を描いた「せつなく悲しい」ミステリードラマで良かったと思います。私のガラケー携帯からはどうも投票出来ないみたいですが、気持ちでは4点です。また先にコメントされてましたが、この話に青木はいらね~し、幸子さんも同じくいらないですね、出さなくて良かったと思います。あえてこの話に青木でちゃかされたり、幸子さんの天然ボケを最後に「花の里」で持って来たりしたら、ストーリーが台無しになるかも知れませんでしたね。あと、そろそろ広報課の社課長や日下部事務次官、峯秋長官官房付、陣川警部補など出して欲しいですね。陣川君、以前と違い今は冠城は巡査ですからね、後輩に当たる冠城にどんな接し方するのか非常に興味があります。

  14. きよりん さん

    絵画には残念ながら詳しくありませんが…
    此方を視聴して〝ピカソ〟の本物の絵、見たくなりました。
    早速、此方の県立美術館に電話して問い合わせた所、ピカソの展示は昨年はありましたが、暫く予定はありません、と言われました。残念!
    因みに、ゴッホ、ゴーギャンは、来年1月にあるそうですが…
    ダイオウイカさん(何時も何でもお詳しい…)が言われるように、日本国内で、個人の方で本物を持っておられる方いらっしゃるんでしょうね(超お金持ち、私とは別世界の方々) ふぅ~

    感想ですが、前回より楽しく見れました。そして、そろそろ、大河内さん、社さん、見たいです。
    長々、駄文、大変失礼しました。

  15. sonic さん

    本作は、8年前の出来事に対する、当事者各々の想い、葛藤が上手く表現されていたと思います。
    その中で、三上さんが、画家として得た名声に苦しむ姿は、かつてのSeason7「希望の終盤」の西片さんを思い出しますが、似て非なるものだと思います。
    偶発的な出来事と深読みによる錯誤が災いし、自殺に至った西片さんに対し、磯田、筒井両氏にそそのかされ、お金と名声のために、恩人の古澤さんをだました経緯から苦しみ続けたのは、磯田、筒井からの誘導があったとはいえ、自業自得ともいえると思います。
    3億円をだまし取られ、すべてを失った古澤さんでしたが、将来性のある若い芸術家に希望を与えてきた功績や誇りが未来に残った事を、右京さんが伝えたのがいいですね。
    サブタイトルなどから、ピカソに関するうんちくがあるのかと思いましたが、それも最小限(ブルーピカソの事のみ)にとどめ、ストーリーそのものを楽しめたのがよかったです。

  16. ピエール さん

    脚本の坂上さんは前回ちょっと残念な出来だったので不安でしたが、今回は上手くまとまっていたと思います。
    ゲストの人物たちや事件も違和感無く見れました。
    森尾さん、堀内さんはもちろん他の皆さんの演技もなかなかで、オークション会社の加奈ちゃん役の仲村さんが好印象で思わず検索してしまいました(笑)
    ただ、何か今一つ物足りないように感じたのは何故なんでしょう?
    謎の解明に驚きも無く、登場人物に深い感情移入することもなく、レギュラーたちの特筆すべき点もなかったように思いました。
    すごく平凡な作品という印象ですね。
    櫻井さん、戸田山さんがローテーションのメンバーに居ないとやっぱり物足りないですよ、やっぱり。

  17. オクラ炒り さん

    今回も、モヤモヤの残る回になってしまいました。
    何故だろう? と思いつつ皆さんのコメントを追っていく中で、匿名Sさんの
    「通報者が上を見ていたら、犯人はすぐに見つかっていたかも」
    という指摘にアッ!
    急いで録画を見直したら、やっぱり・・・
    犯人の筒井は歩道橋の手すりに 「手をついて」 転落した三上さんを覗き込んでいました。
    下には、ちょうど通りかかったジョギング中の男性がいます。
    ジョギングの男性が上を見上げなくても、動転していた筒井には「指紋を拭き取る」余裕も時間もなかったはず。
    ということは、鑑識がきちんと現場検証していれば、すぐに彼が容疑者として浮び上った筈だったのです。

    ようやく分りました。モヤモヤの原因は「鑑識の不在」でした。
    米沢さんが去ってから、ゲソ痕や指紋の情報がほとんど入らなくなってしまった為、右京さんが「細かいところ」に反応するシーンまでが大味になってしまった気がします。
    鑑識を出したがらないのは、作者の都合? プロデューサーの都合? とてもモヤモヤした気分です。
    視聴者である自分にとっても、推理する手がかりが曖昧な為か、今シーズンはボーっと流れを追うことが多いです。

    私は、なるべく多くの作者さんに実力を発揮して欲しいと願っていますし、今回の作品にこめられたメッセージも快く感じられました。
    春辺千佳さんが指摘された、喫茶店のマスター役の小林尚臣さんの演技も自然で味があり、私も印象に残りました。
    それだけに、鍵となる事件の構成と展開はもっときちんとして欲しかったなあと残念でなりません。
    右京さんのポリシーは「罪は決して許さず、人は決して憎まず」かと。
    緻密で冷徹な推理を突き進めた先に、はじめて人間性が滲んでくる相棒ならではの魅力に、今後も期待したいと思います。

  18. 匿名の特命 さん

    絵画ミステリーとしては面白かったけど殺人事件としては及第点以下という評価。
    本物と偽物の二つを巡る争いで、自分は本物が存在せず二枚とも偽物という可能性は考えていたけど、まさか偽物が1枚で鋲を変える事で二枚を演出していたトリックは物凄く腑に落ちたし裏をかかれたと脚本家の手腕に感嘆した。
    ただし殺人事件について捜査一課が解決したとはいえ、絵画ミステリーに比べ雑過ぎる。
    今回は久々に大勢の犯人候補がいたんだからそこでも犯人を当てさせまいとする心意気が欲しかった。
    磯田じゃないなら真犯人の人しか怪しい感じの人がいなかった。
    ただ絵画ミステリーとしてはかなり面白かったので星3

    【感想】
    ピカソの生涯作品数は約15万。
    なので彼が若い頃に売った作品が何かの流れで日本で埋もれていたという事は結構なリアリティがあり引き込まれる。
    自分はピカソ知識は最近某番組で習った事がほぼ全てなので偉そうな事を言えないが「ピカソは色々な絵を色々な描き方で描いた」との事なので安易にゲルニカもどきの絵に逃げなかった事は評価したい。

    三上が絵にタロットカードの『塔』を書き込んだのは人間臭くて良いと思う気持ちと「そんなの分かるわけ無いだろ」と悪く思う気持ちが自分の中でせめぎあっているので評価が難しい…
    それに気付かなかった画廊さんの責任に転化して自分の罪悪感を薄めようとするのは人間的には理解は出来るけど気持ち悪いんだよなぁ…
    というか画廊さんも鋲に気付くならタロットカードが足された事にもにも気付いて欲しい。
    三上が当時磯田に楯突いたり断ったりまたは画廊に真実を打ちあけようとするシーンとかあって欲しかったけど事件解決中にEDだったから尺的にキツイんだろうな…
    あと今回のメインゲストだった貴和子さんって存在意義があんまりなかったような…

    【小ネタ&雑感】
    •登場した女性陣が全員美人
    •冠城が右京椅子座ってて笑う
    •最近ロケが多いな
    •ブルーピカソを見せてもらう時の右京さんのテンションw
    •杉下家の存在確認

    【次回】
    脚本家はS13で「14歳」を担当されてた森下さん!
    前回面白かったので期待してる!
    前回のカイト君同様に冠城のキャラを上手く扱えそうだし彼らしい物語になる事を期待してる。
    内容予告的にも虚言癖女を主軸にしたテンポの良さそうな感じなのと久々に特命係しか解決出来ないような感じだから非常に楽しみ!
    ただ個人的にスプラッタ系が少々苦手なのでバラバラ殺人という不安なワードが超怖い

  19. アイボー さん

    1回目は明朗なささる言葉が少なくあまり響かなかったのですが、
    2回みたら、やや感動しました。
    前回のギャグ回といい、今回の回といい、相棒脚本家ではなかった人が
    相棒、とくに原点の相棒ストーリーをリスペクトしたような内容だった
    かとおもい、楽しかった頃の相棒の雰囲気はしましたが、
    最後、右京さんのほっこり言葉締めもいいですが、談笑、花の里落ちも、
    やはり安心するので、そこはテッパンにしてもらいたいものです。
    参考になる知識もちりばめ、さすが相棒。
    次回はふり幅をみせて、青木が出るようで、荒れた話になるのか?

  20. かっちやん さん

    神様の出来心とは、おもしろいですね
    次回も楽しみにしてます。

  21. ぴーまま さん

    恩人を裏切った罪はやはり重いと思いました。
    謝りたいと思っていたならまだしも、自分だけ物的証拠があるから、なんて言ってるようでは…。
    きよりんさんへ
    お住まいがA県でしたら、県美術館の常設展の方に青の時代のピカソの作品が1点ですがありますよ。県美の所蔵品です。違う県でしたら申し訳ございません。。。

  22. ころんぽ さん

    今秋のドラマで一番気に入っているのは「Chef~三ツ星の給食」です。
    ストーリーの良さもさることながら、見慣れない役者さん(失礼!)が多いのもポイントの一つ。
    今回の「相棒」も、特定の役のイメージが付いていない役者さん揃いでよかった。
    ミステリとしても良くできていました。
    絵画ネタとしては、かつてSHERLOCKや刑事コロンボにもあったように、
    「そこに描かれてはいけないものが描かれていた」方が面白かったかなあ。
    タロットカードによるメッセージは、
    古澤と三上がタロットカードによほど精通していた伏線が張られていないと、厳しいかな。
    でも、好きな作品です。
    見ている間中、
    ミス・マガジンの森尾由美のへたくそな(失礼!)「お・ね・が・い」が頭から離れなかったです。

  23. mirimiri さん

    この作品、一番印象に残ってしまったのが、ランニング中に目の前に人が降って来たシーン。
    一緒に見ていた息子と思わず「ギャーッ!!」と叫んでしまいました。
    その後しばらくストーリー放ったらかしで「危ない。頭の上に落ちてこなくてよかった」などと、そのシーンの恐ろしさに話題しきり。
    伊丹刑事の言葉には、「見れる訳ないだろ。自分が危ない目にあったんだぞ」とか、「それどころじゃないよね」とか、「鑑識しっかりしろ」とか。
    そちらの方に意識が行ってしまい、もう一度見直すハメに。
    リアルタイムでなくてよかった。

  24. ぴかぴ さん

    面白かったです。悲しい出来事もこれからに希望を持たせる終わり方で良かったです。
    青って「聖なる色」なのですね~。
    私、『青の時代』の作品群が多く置いてあるというバルセロナのピカソ美術家に行ったことがあるのですが、建物が素敵だったもので、そちらに夢中になって作品があまり印象に残っていないという残念さ…。番組を見て、もう一度行きたくなりました。『相棒』ためになるわ~。
    さて、そろそろ大河内さんが登場しても良いのではないでしょうか?お待ちしています。

  25. ぴかぴ さん

    すみません。「美術家」 じゃなくて 「美術館」です。家って…なんだ…。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。