Season19 第4話 「藪の外」

35件のコメントがあります

脚本:児玉頼子 監督:杉山泰一
ゲスト:高梨臨 窪塚俊介

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、小手鞠(森口瑤子)から、後輩の芸者・叶笑(高梨臨)を『怨憎会苦(おんぞうえく)』から救ってほしいと頼まれる。怨憎会苦とは、仏教用語で怨み憎む相手にも会わなければならない苦しみのこと。事情を聞くと、叶笑は芸者見習いだった15年前、暴行未遂事件にあったというが、最近その犯人が出所。周囲をうろついているので、目的を探ってほしいという。

Season19 第4話 「藪の外」はいかがでしたか?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

35件のコメント・感想があります

  1. 最後にひとつだけ さん

    今回も無難に楽しめる話だったという印象です。
    被害者が救いようのないクズだったというのは相棒では久々だったような気がします。
    ただ展開そのものは割と読めるものでしたね。そもそも登場人物が少ないため、ああたぶんこの人だろうなというのが見えやすかったと思います。
    窪塚俊介氏は「罪と罰」以来の出演でしたが、今回も「実はいい人」っていう役柄でした。兄と違ってあまりヨゴレ役が似合わないタイプなんでしょうか。

    そして出雲刑事はすっかり相棒ワールドに馴染んできましたね。
    捜一コンビや特命係とはもちろん、青木との絡みもなかなか堂に入っていて面白かったです。
    個人的にはかなりお気に入りのキャラですね。

  2. Endymion さん

    今回はなかなか面白かったですよ、僕的には。
    最後のこてまりのシーンで、やっとタイトルの意味がわかりましたよ、納得しました。
    あの叶笑さんと吉岡さん、今後は良い関係を築けるといいですね。
    にしても殺害現場に簪が落ちてるのを右京さんらが発見する前に、なんで鑑識課が発見できなかったのか?はちょっとご都合主義な気もしましたが。
    今回は出雲さんに対する伊丹さんらの態度は普通だったですね。
    青木くんの自惚れ態度は日に日に増して来てますが、だんだんとうざくなってきてるので、そろそろおとなしくしてほしいです。
    とにかく良かったですね、今回は。
    窪塚さんは前回はseason10の最終回以来でしたね、忘れてましたよ。

    来週は『天上の棲家』
    ゲストに内田裕也、藤眞奈美
    脚本は斉藤陽子さんですね。
    斉藤さんの前作は結構良かったから、今回も期待してます。

  3. Endymion さん

    すみません、またやっちゃいました。
    藤眞奈美さんでなく、富士眞奈美さんです。
    どうもそそっかしくてごめんなさい。

  4. Endymion さん

    再三ごめんなさい
    富士ではなく冨士です。
    もう、自分が嫌になりそうです。
    人名、難しい‥‥

  5. 最後にひとつだけ さん

    Endymion さん

    インターネット掲示板での誤字脱字なんてただの変換ミスですし、そのたびにいちいち訂正しなくてもいいと思いますよ。
    意味はちゃんと通じてますから。
    この文打ってるときも「変換」が「返還」、「訂正」が「帝政」って最初に変換されて打ち直しましたし(笑)

  6. パクチー さん

    確かに、簪を鑑識課が見落とすのはあり得ないですよね。益子さんはどこ行ったのでしょう?演者の都合ですかね?
    今回もなかなか良いと思いました。窪塚さんが実は叶笑さんを助けようとしていたとは…。
    来週脚本の斉藤陽子さんは昨シーズン「ご縁」の方でしたね。期待大です。

  7. 重冨穂奈美 さん

    とても面白かった内容だと思います。とくに芸者さんである、小手鞠さんからBGを頼まれるところが一番印象に残りました。本当に素晴らしい芸者さんだと確信してしまいました。珍しく青木君が特命係の部屋に来ては、冠城くんや出雲麗音さんからいじられてしまったところがすごくおもしろかったです。どれだけ青木君が大人気な性格であることを知っていたかのように、扱われてしまったところが一番おもしろかったです。捜査一課の3人も出番がたくさんあってすごくおもしろかったです。とくに、伊丹さんが右京さんに言ったセリフがご自由にどうぞ、もしくは警部殿にお任せしますという伊丹さんが言うこのセリフが好きな場面でした。芸者さんとのお遊びの話を右京さんたちが報告したときに、伊丹さんと芹沢さんの2人が笑ってしまった場面が好きでした。次回もまた楽しみです。

  8. ピエール さん

    今回はレギュラーの見せ方、物語の両方面白くて楽しめました。
    メインゲストの疑わしい人物が殺人犯でなく、周辺の脇役がやってましたは相棒以外の刑事ドラマにもよくありますが、話の流れや展開などに無理なく、良かったです。
    こてまりの女将、出雲さんの使い方が先週の無難な感じではなく、きちんと活きた使い方で、彼女らのキャラが立ってましたね。
    怨憎会苦っていう言葉を盛り込むところも感心しました。

    次回、ベテランの富士真奈美さん出演とはびっくりですが、それより女性脚本家の方々の作品が三週連続とはいかがなもんでしょうか?
    もう少し、バランスよくできないのかな?
    それとも、相棒の執筆ってハードル高くて書き手が不足してるのでしょうか?
    真野さん、池上さん、浜田さんとかまた書いていただきたいですね。

  9. KHKF さん

    今回も取り立てて良作というわけではないけれど、期待してたよりも楽しめました。今シーズン始まってからでは一番まとまっていた回に思います。
    特にレギュラーの見せ方が上手かったのが良かったです。青木と出雲の絡みなども今後増えていってほしいなと思わせるものでした。出雲刑事は今までの4話ではなんか今回が一番しっくりきました(馴染んできたのかも?)
    窃盗犯2人、共に同じ罪を犯しても、その後の罪への向き合い方で明暗がはっきり分かれてしまったのが印象的でした。

    次回は黒崎検事再登場!!3年前は寂しい退場の仕方でずっと気になっていたので、見事再登場叶って嬉しいです!!

  10. 金沢鵤 さん

    今回も安心しながら観れる内容でした。
    同じみのレギュラーキャラがバランスよく登場する流れも良いですし、やはりシーズン19は今のところ現代らしく女性陣をクローズアップしていく姿勢が強く感じられるのでその点でもこれからドラマ「相棒」でどんな違う一面が見えていくのか楽しみです。
    出雲さんとこてまりさんも相棒ワールドにどんどん馴染んでいってますよね!
    再び輿水さんが脚本を担当したエピソードをやるまでは、二人とも少しだけ目立つポジションとして描かれるのかも注目ポイントでしょうか。

    そして来週は黒崎検事再登場ですか!
    久しぶりすぎて、認識するのに数秒かかりました(笑)

    富士真奈美さんがゲストというのも驚きですが、
    山本浩司さん、窪塚俊介さん、湯江タケユキさんと過去の印象的なエピソードでメインゲストだった方たちが次々と再出演する流れはこれからのお約束となっていくのでしょうかね?
    冠城くんシーズンでは特に目立ってる要素な気がするので。
    もちろんそこも楽しみの1つではありますが、「まだ相棒に出演したことのないゲスト陣のみで固めたエピソードも観てみたいな」と思ったりする部分もあります。

    ところでこの流れだと日下部さんや田臥さんもさすがにそろそろ再登場するかな?

  11. パラボナ さん

    今回も普通に面白かったです。無難なというか、これまでの相棒で結構見てきたなっていう感じのお話でした。まぁ、19シーズンもやってると印象が被るお話はどうしても出てきてしまうので、それほど気にはなりませんが。
    ただ、最後は美談で片付けて良いのかと、いまいち腑に落ちませんでした。叶笑は、吉岡が自分を見捨てたと思って心底憎んでいた。しかし、実際には、吉岡は一旦彼女を無視して窃盗に入ったものの、彼女のことが気になり、防犯ベルを故意にならして撤収。追ってくる警察をうまく現場に誘導し、助けさせていた。これを知って2人は互いの胸の内を知る……しかし、一旦見捨てたことは事実ですし、叶笑を助ける事に対する反対動機が窃盗ですからそもそも褒められたものではありません。彼女を助けようとしたというのも、基本的には自分が逃げることが第一で、そのついでに助けられれば良いなというような心持ちでバッグを投げただけです。警察に捕まることを覚悟で、自ら彼女の居場所を警察に伝えていたとかなら美談で終わっても良いとは思うのですが……自分の知らないところで実は好きな人が自分のことを助けてくれていたというロマンスを演出するための不自然な作為が見え見えで、どうしても気になってしまいました(皆さんがご指摘されている簪についても、その不自然な作為性の1つなのかなと思ってます)。
    あとは、完全に出雲のいる相棒ワールドに馴れました。今回の出雲と青木の絡みは良かった。現場に特命係が現れると、「来た来た……!」という感じで伊丹と芹沢の後ろで笑みを浮かべている出雲もツボです。

  12. あいぼー さん

    つかみ、設定、題材、事件内容、など初期の相棒や、二時間土曜ワイドの良さをうまくまとめた作品でした。
    テレ朝相棒スタッフさん、こう言う事件多くで良いんですよ!
    と言う典型。ただ土曜ワイドが懐かしく、また復活して欲しくもなりました。
    まあ、相棒がその代わりに、こういった設定、題材を増やしてくれれば、毎週、楽しみですが、内容が病んでいる時もあり、暗くて、没にしたい時もあるので、このクオリティなら、上出来ですね!
    輿水さん脚本、演出で、というか、こてまりが加入して、お座敷、京都風や、東京赤坂座敷のテイストを入れたかったなら、サスペンスっぽくて、大正解ですが、一つ、こてまりがまだ、無難というか、右京らをもっと一杯食わせる事件が欲しいですね!
    最後のオチも、こてまりのどんでん返しなども、そこは輿さんがやはり、視聴者を唸らせる事件を描けるか?
    今回は、平和なオチでしたが、唸る展開、画面にあっー、と声を出させてくれる相棒傑作も、期待したいです!
    正月までに、一つはスゲーと、唸る事件を期待します!
    出来は設定含めて良いので甘めで5つでも可ですが、スゲー、という唸りほしけりゃ、やはり、4つか。

  13. ひまかっぷ さん

    エピソード自体は面白かったです。
    吉岡が実は叶笑さんを助けようとしていた、という真実がわかりいい雰囲気になっているところはモヤモヤしました。
    そもそもあの場に居合わせた理由は窃盗だし、盗みに入る前に襲われそうになってるのを見ていたなら、盗みに入らずに助けることもできましたよね。
    いい雰囲気になるなら助けてくれた石山巡査(当時)でしょ!とツッコミました(笑)
    また同じ女性目線で、過去に暴行未遂の被害に遭った経験がある女性が、いくら気になる人とはいえ夜中の0時に神社に呼び出されてのこのこ行かないでしょ!とも思いました。
    あと気になったのが真犯人の田崎があの神社に居たのは何故でしょうか?久我山と叶笑さんは秘書の偽造メールで呼び出されたことはわかりましたが、田崎は?偶然居合わせた?説明はあったけど私が聞き逃したのでしょうか?

    出雲麗音さんはだんだん馴染んできましたね。いたみん、芹沢さんと3人で行動してたのも違和感なかったです。今後捜査で女性ならではの活躍を見せてほしいです!

  14. カミジャー さん

    愉しめました。
    前回同様、出雲刑事を最初は出さないで伊丹刑事と芹沢刑事、で「あれ 元の二人だけ?」と心配させる。上手い。そうです、私にとっては、三浦さんロスをやっと埋めてくれた出雲刑事起用なんです。
     ピエールさんのコメント、女性脚本家3週連続への苦情(?)は男尊女卑の現れです。

  15. ぼぼん さん

    まず、最初に、踊りが下手すぎて崩れ落ちた~~踊れない女優さんだったらあのシーンはいらない~~、
    それから、脚本家というよりは、主人公が女性ばかりで、来週も女性だから、今シーズンはそういう流れなのかと思った。
    それから三日も経って、特命がいって証拠品を見つけるには、場所がかけ離れているか、誰かを犯人にしたい人が後から置いたか、でないとさすがに辻褄が合わない。相棒の世界では、鑑識も優秀なことになっているのに。そうでなかった場合は鑑識の人間が主人公で、理由があってそうなってしまった、右京さんも、不自然ですねーーーというはずだ。
    犯人も暗い中であんな細いかんざしをすぐみつけて手に取るとか・・・

    私は今回は消化不良だった。

  16. けん さん

    既に書かれている方もいますが、現場に遺されていたかんざし。凶器は錐状のものと判明していて鑑識が見落とすでしょうか?そして、それを事件の二日後に現場を訪れた特命係の二人が容易く見つけられるものでしょうか?
    また、秘書が吉岡のPCから偽メールを出しますが、パスワードを普通かけますよね?メールアドレスはどのように知ったのでしょう?履歴からでも探したのでしょうか?
    といったところが引っ掛かってしまいました。

  17. KKアダチ さん

     今回のお話 こでまりさんの人となりが、多少掘り下げて
    でてくると思っていましたので、個人的にちょっと肩透かし
    を食いました。
     杉下右京の周囲では、彼に敬意を払う人は「杉下さん」、
    距離が近しい人は「右京さん」という呼び方になってる
    とおもいますが、こでまりさん どちらでも呼んでない
    ような・・・・(過去の録画を見てない うろ覚えですが)
    今回のエンディングで 右京さんに対して、「面倒くさい人」
    とか「私は小さいこと気にしない」と明け透けに言い放って
    おります。
     今後、この関係が どうなるか私は注目しています。

  18. sonic さん

    過去の作品のワンシーンをつなぎ合わせたような所はありますが、15年前に起きた出来事、その出来事の当事者の現状、今回の事件犯行動機、叶笑の暴行未遂事件の真相が丁寧に描かれた点は評価できます。
    15年前の出来事で罪を償い人生を挽回すべく奮闘する田崎さん、吉岡さんと、出所後も何の反省もなく不謹慎な行為を繰り返す久我山さんの対比が印象的でした。
    久我山殺害の件は、ちょっとした不遇が重なって、叶笑さんが久我山に遭遇したり、吉岡さんが容疑者にされたりされましたが、真相にたどり着くまでに時間が掛かるのは、15年前の出来事の真実を叶笑さんに伝える必要からなのかもしれません。
    小ネタ的には、冠城さんが芹沢さんに「今度一緒に(芸者遊びに)行こう」の言葉に態度をやわらげ、いつものやさしい芹沢さんになったところでしょうか。Season19になって、後輩ができ、伊丹さんのような荒っぽい所が見えたので、今回は良かったと思います。

  19. マリコ さん

    お座敷に来ていた男性が、芸者遊びするには若いのでは。
    他のテレ朝ドラマの見過ぎかもしれませんが。

    一方、角田さんのひまか?に続き、青木さんいじりも定番となりましたね。
    特命の部屋の賑やかだとホッとします。

  20. 森下京子 さん

    ずいぶんロマンス指向の作品でしたね。

    気になった点は皆さんのご指摘の通り
    •凶器の発見が出来ていなかった
    •田崎が叶笑さんと久我山とが会っている場面に何故訪れたのか
    •久我山はともかく、叶笑さんへ秘書がメールを打てるのか?

    秘書なので、吉岡のPCを使うことも可能かと思うものの、叶笑と吉岡とがメールのやりとりする仲にまで至っていたかしら?
    二人ともお互い意識していたでしょうけど、芸者とお客との関係で簡単にアドレス交換とは思えないしそんな性格でもなさそう。
    まぁ水商売ですから、交換してもおかしくないとして、その場合にはスマホに登録かと。
    取引先でもない、プライベートの人のアドレスをわざわざ会社のPCにアドレス登録なんてしないのでは?
    防犯ブザーの話など、トコトン美談でしたが
    あの辺りの種明かしをすればする程、二人がメール交換していなさそうな空気が強まり
    こちらの頭は〝よじれ″になりました。

    今回良いな、と思った点は出雲さんでした。

    叶笑さんの取り調べ中、出雲さんから女性ならではの質問するなど効果的な使い方があったり、捜一の捜査よりも特命係の捜査に注目している様子だとか…面白かったです。

    彼女が加わることで捜一も今後は『女性の気持ちを理解する』捜査が可能になるかな??

    私の住む地域では明日の再放送でビリーが予定されていて^ ^
    そんなことを考えてしまいました。

    脚本家さんの男女のバラツキは前からかと思います。
    男性が続いている時もありますし、
    その逆もあったかと。
    どちらかのパターンだけ感じるのであれば指摘されても仕方ないかな?

  21. 森下京子 さん

    ↑訂正です
    再放送は明日ではなく来週でした。
    ごめんなさい。

  22. アポロ さん

    いい話でした。
    「田崎はなぜ久我山と叶笑さんがいる場面に出くわしたのか」ですが、田崎は久我山を追いかけて来たのだろうと勝手に解釈しています。田崎の顔も偶然居合わせたという感じではなかったような気がしましたし。ただなぜ凶器を用意していなかったのかという疑問は残りますが。
    というよりも田崎が可哀想。吉岡さんが防犯ベルを鳴らしたせいで逮捕されてしまうし、家族も持って幸せに暮らしていたのに久我山のせいで殺人も犯してしまうし。いくら前科有りの犯罪者だとしても吉岡さんに比べて可哀想過ぎます。
    ただ犯人が二転三転したり、結末もハッピーエンドだったりしたのは良かったと思います。
    ちなみに視聴率は14.9%。ちょっと下がってしまいましたね。

  23. さら さん

    可もなく不可もない回といいますかね。音楽がスタンダードで、次に何が来るかが読めてしまったりしました。ご担当の方は古株だったんですかね。

  24. たつろー さん

    観終わった後に幸せな気分になれる良作でした。
    ミステリー作品で出てくるだけで犯人と疑ってしまう窪塚氏が相棒では
    犯人役ではない。なるほど。自分で納得。
    唯一のつっこみどころは、凶器のかんざし。当然後で誰かがおいたという想定で観ていたのに、
    え。鑑識のミス。それはないなあ。
    それなら発見場所をもっと考えてほしかったです。

  25. さやん さん

    ついつい私も、窪塚洋介さん=怪しい、との先入観が…いい意味で裏切られて良かったです。
    謎のこてまりさんに、ほんの少し近づけた気がして嬉しいです。

    全体的ストーリーとしては、安心して終わった、というのが正直なところですが、個人的に気に入った⁉のは、タイトル、それから芥川龍之介の、「藪の中」以外の作品も彷彿させてくれたところです。善人、悪人、そしてその中の善意、悪意、といったような…… と、一人で恣意的な妄想モードに入りました。(ということは充分楽しませてもらってますね)

  26. 鏡見吉祥/或いはS.K. さん

    「罪と罰」で敬虔なクリスチャンを演じていた俳優さんは当時未成年で名前が公にされず,その後も社長となって,一方の窃盗一味の友人は苦労して働かせた挙句憎き犯罪者を殺す役回りをさせて,頬を切り裂く過剰防衛もそれこそ「死人に口無し」「藪の中」で正当防衛化され,社長と円満ハッピーエンド.それもこれも後の芸者を助けようとした情け仏心のお陰といいたそうな随分とメルヘンチックな勧善懲悪もの.

    加害者の動機の深層・異常性や,または被害者のそこに至る人生の背景,両方描ければ万々歳だが,限られた時間の中で殺人(他殺にしろ自殺にしろ)事件をこの「相棒」枠の中で扱わなければならない,多くはどちらかに焦点を当てて視聴者の共感なり反発なりを得る事になる.右京の真実への衝動は少なくとも画面上繰り広げられるドラマ内では森羅万象闇雲に対象としてではなく,必ず事件=人の生き死にがあって彼はそこに引き寄せられる,そこは終始一貫してる.亀山が人質になるpreS.1,S.1-1という両初回作や特命係の発端となった外交官籠城事件でも犯人人質を救う事を第一に考える行動になって現れる.彼の哲学では「嘘も方便」では被害者は救われず加害者に償いをさせる事もできないから.
    「新Wの悲喜劇」,殺人事件の検挙率だけは平成の世の中でも96.8%という高い水準を維持しているという,日本の警察の特異に褒められるべきデータを語らせるシーンはそうした相棒のテーマを敷衍する.また「交番巡査・甲斐享」や「警察嫌い」等,右京の定期叱り付け.
    だからそのサイドストーリーが主眼にして事件そのものは単なる出汁にしか過ぎない時には(こうした一種の変化球作は上手くゆけば印象的な名品になるも大抵は「逃げ」,残念なものが多いんだが),抑も事件は起きておらず人の生死は結局出てこなかったり,反社勢力内部での抗争等,ある種の狭いサークル内騒動,ヤク中通り魔による不幸,そうしたところに落ち着かせたりしてきた.
    それが今回ほど完璧に,事件が単なるお仕事,ルーティン,デュープロセスとして扱われ,被害者も加害者も丁寧に描くどころか双方脚本家の私情メルヘン発露でこの世と社会から駆除処分されたケースは見た事がない.これは革命的な作品だ!

    安手のスクール上がりの薄っぺらい習作にも劣るのは流石メルヘン太田作品の継承者といったところ.だが亀山神戸辺りでは考えられなかったこうした右京のお仕事姿を見せつけられてしまう事が多くなってきたのは,冠城亘がこれまでの3人の中で唯一,事件=人の生き死に対して「アトラクション気分」な人間だ,という事になってしまった時の流れもリンクしてる気がする.

    相棒はもうとうに世界を前向きに学べるカノン(正典),古典ではなくて,単なる社会追認の鏡たるドラえもんか新婚さんいらっしゃいか暴れん坊将軍の道を歩みだしていた事実から目を背けようとしてたようだ.

    丁度先日,娘の遺体をめて給付金を騙しとり,家の中を明るくしたかったからそのお金で数十万の猫を買った,という,この灰色の脳細胞ではもうついてゆけない初夏のニュースがまた取り上げられていた.この共感どころか理解も不能な脚本を「さらば愛しき人よ」に続けて何作も世に垂れ流そうと尽力し関わった全ての人間を軽蔑する.

  27. 品川陽子 さん

    ↑上の方。

    あんまり社会のひどい現実と結びつけない方がいいんじゃないですかね?
    どんなに右京さんが怒鳴っても、やっぱり『相棒』は一種のファンタジー、
    あくまでフィクションなんですから。

    ところで、かのえみさんって、おいくつかしら?

    むかしの暴行事件の時に15歳でいまは30ですか?
    あるいは、18でいまは33歳? あるいは当時二十歳でいま35歳??
    なんか、どれもありそうで、どれもそぐわない、そんな感じで。
    吉岡さんの方は、辛うじてOKな感じでしたけど。

    一回きりで見直してないので、劇中で明言があったら御免してね。

    日舞はまあ、素養の問題もあるけど、所作(指導)の先生が、もっと
    画面的に映えるコツをピンポイントで教えてあげてないせいだと思いますけどね。
    ドニー・イェンの功夫と同じで。現実の武芸としての功夫と、映画の中での
    功夫とはまったく違うわけで。それでなくても、いまどきの女優さんはみんな
    背が高くて、不思議なくらい、それっぽくならないからね。
    (だから余計に、たまきさんの和服姿が恋しいんですけど)
    でもまあ、あれは確かに「あちゃー」レベルでしたけどね、うん。

    「え?」「まさか」「ウソでしょ?」「そんな」
    結構振り回されて、そのたびに疑問符いっぱい、でもいい話でした。
    秘書まで一枚かんでたりして、おいおいだけど、そうなってくると、
    導入のお座敷遊びがいちばん浮いてくる、困った矛盾。
    白バイ彼女は、もうちっとしっかり、基本のキャラ、ちゃんと
    作ってあげればいいのに。なんとなく、だらだらと作られてゆく、
    みたいなんじゃなくて。あー、でも、そこまで余裕、無かったのかも。
    いま、毎週見られてるのだって、結構、奇跡的な感じだからね。

  28. 冠城亘の車はスカイラインハイブリッド さん

    どうも、また『冠城亘の車はスカイラインツインターボ』改め『~ハイブリッド』に戻ります(理由は後述します)。
    こてまりさんメイン回だと思ったらそうじゃなかったですね、スミマセンでした。
    早速ですが、笑えたシーンとあれ?って思ったシーンを幾つか。
    (笑えたシーン)
    ・高梨臨さん演じる叶笑こと棚橋智美(以下、智美)の芸者の名前を聞いて変なこと?を想像してる亘
    ・怨憎会苦の意味を聞いて青ざめてた角田課長
    ・麗音が青木を元特命係だとディスってるシーン

    (あれ?って思ったシーン)
    ・これは皆さん言ってますが、簪を何で鑑識が見つけられずに、右京に見つけられてるんだという疑問
    ・智美の左足の古傷を庇う様子、あれって実は特命係に対する助けのメッセージなのか
    ・窪塚洋介さんの弟の俊介さんが演じるエアアースの社長・吉岡壮介の登場するタイミング(冒頭の特命係と智美のやり取り中)が絶妙すぎないかと思ったのだが考えすぎか?
    ・犯人が誰かが後半ですぐ分かってしまう点

    以上、笑えたシーンとあれ?って思ったシーンでした。
    ハッキリ言って吉岡が智美のことを気にかけてたことがいいにしても、藪の外という言葉を使う場面が違う気が・・・。
    むしろ土曜ワイドでやる内容ですね、この内容は。

    最後にやはりというか何というか、前回「目利き(19-3)」で自分が言ってた亘のスカイラインはやはりハイブリッドになってましたね、次回の「天上の棲家(19-5)」の中盤のシーンでそれがハッキリしたためペンネームをまた「~ハイブリッド」に戻しました(余談ですが、自分は一つのエピソードを2回観てからここに感想を述べる主義で、「天上の棲家」はまだ1回しか見てないものですから)。

  29. ベンケーシー さん

    吉岡社長が15年前に窃盗事件を起こしてたのはビックリでした。相当な努力と人脈や金脈でスッキリイメージの社長になられたのですね。彼の善行で叶笑さんが救われ15年後も叶笑さんが怨憎会苦から救われ「藪の外」へ踏み出せて良かったです。初めに華やかなお座敷で右京さんと冠城さんが、右大臣と左大臣の様に並んで、にこやかに会食されてるのが微笑ましかったです。小手鞠さんと叶笑さんの二人踊りで三味線のお姉さんとかいらっしゃると盛り上がったかと勝手に想像しましたわ。

  30. Can さん

    まさに無難といった感じの作品。
    少し目につく部分はあれど相棒らしさはありそこそこ楽しめる内容。

    ただこてまりさんの魅力が何なのか今の段階ではよく分からない。

  31. 2304 さん

    互いに好意を持っていた吉岡と叶笑が、相手が殺人を犯したと思ってかばい合ったり、
    15年前の因縁もあったりしたけど、最後は誤解も解けてめでたしめでたし。
    というだけの物語。特命係がただの”狂言回し”みたいになってるぞ。
    それはそれで「相棒」としてアリだな、おもしろいなとは思ったけど、
    肝心の恋愛部分が淡い感じ、抑え目な感じになってるのが物足りないかなー。
    そのへんは脚本や演出の狙いだろうことは承知の上ですが、
    もっと振り切っちゃえばいいのになーと。あくまでも僕の好みですが。

    それまで愛想のなかった叶笑が、最後に涙を流し、そして微笑む場面。
    その笑顔がちょい微妙。もっといい笑顔を見せれば、こっちもホッとできるのにな。
    それも演出なのか?、演技力の限界なのか?

    全体の印象としては、地味アンド普通。悪くないってことは、とりあえず良作か。
    不味くはないが美味くもない定食屋の安定感。
    ★★★☆☆

  32. シロ さん

    とりあえず普通の普通の回だが、警報ベル·簪など手堅いミステリー要素もある人情味溢れた相棒らしい内容でなかなか見ごたえはある。
    欲をいうなら犯人にもうひとひねりあったらよかったかな。

    腹の底が見えづらく油断できないキャラだと思えていたこてまりさんもこれで右京さんたちの味方であることは間違いないと思えていいのだろうか?
    いずれにしろラストシーンでの会話は少し花の里も思い出し、いたるところに懐かしい要素を感じる話だった。

  33. KANEI さん

    season18でかなり試行錯誤していた印象の児玉さんが今作でかなり相棒らしさを出すことに成功していたように思えたのはとても嬉しかった。

    今作だと鑑識が簪を発見していなかった点は気になるものの、
    今後の活躍が楽しみである。

  34. 匿名K さん

    こてまりさん回で見受けられたポイントとして、あからさまに過去エピソードの焼き直し感を強くしてたのはわざとなのだろうかね?

    たまきさんや幸子さんのように右京さんたちにとって必要な存在なのだと認識させるための策略とも受け取れる。

  35. やっぱり4人とも大好き さん

    杉下右京の個性:       7/10
    冠城亘の個性:        6/10
    その他キャラ:        9/10
    小ネタ:           8/10
    題材:            7/10
    セリフ:           8/10
    構成・テンポ:        8/10
    カット・撮影:        7/10
    音楽の使い方:        8/10
    ストーリー:         7/10

    総合:            75/100


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むための掲示板です。トラブル防止のため、毎回同じハンドルネームでなるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。(何度も投稿せずにお待ちください。)

細かいことを言いましたが、当サイトへのコメントは大歓迎です。初めての方もお気軽にお書込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください