Season8 第4話 「錯覚の殺人」

23件のコメントがあります

脚本:戸田山雅司 監督:橋本一
ゲスト:近藤芳正

テレビ局社員の絵美が無人のスタジオで転落死した。
別件で来ていた右京と尊は、総務部の絵美が無人のスタジオにいたことに疑問を抱く。
転落死した隣のスタジオで聞き込みを始め、そこで収録中のバラエティ番組に出演していた教授・好田(近藤芳正)を紹介される。

vote08_05

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

  

23件のコメント・感想があります

  1. ぁい さん

    タケル君、頭のいい(と自分で思っている人)人嫌いだったのね。。。
    プライド高いのかな?

  2. checkmate さん

    今回の話は、とっても相棒らしいお話だったと思います。
    久しぶりに、犯人と右京さんとの白熱したバトルが出てきたので面白かったです。
    あと、神戸君の行き過ぎや先入観を右京さんが正すシーンが凄く印象に残りました。。相棒の最初のころも、こんなことの繰り返しだったよなぁーと思い出します。
    最後の、神戸君が報告する場面で「超人には、見えないものが見えている。」みたいなことを言っていましたが、神戸君の目には何が映っているのかなと考えてしまいました。

  3. 特命係係長補佐 さん

    今回は、結構考え込まれていて、なかなかおもしろかったです。
    芹沢さん、ドンマイでした・・・
    ようやく、神戸さんの報告シーンが出てきましたね。

  4. KEN さん

    殺人の動機まで錯覚に結びつけるなんて少し強引だったかなぁ。
    久々の犯人との推理対決、楽しませてもらいました。

    花の里のシーン、今回もお預けでしたね。
    もしかして右京さん、たまきさんに色目を使われると思って警戒してるのでしょうかw

  5. 相棒 さん

    一週間空くと相棒欠乏病になりそうで、テレビ朝日さんも、国民の幸せのために再放送流すとか考えて欲しいです。
    テレ朝サイトが本音を削除するので、もはやミーハー女子高生の応援サイトみたいなので、こっちに書き込みます。
    今回の相棒は練られていて、相棒らしかったです。
    ただ、ハセベバクシンオーみたいな、意外な話もそろそろみたいかな。
    オーソドックスと、奇想天外の組み合わせが相棒の良さ!
    次は、意外な名作を望みます。次いで言うと、某局の殺人トーナメントという作品は、秀逸でした。相棒も知的なロジックパズルで幾多の容疑者から、犯人絞り込む事件を期待します!

  6. モリカズ さん

    最初の二話を観た時はどうなるかと思ったけど、一安心ですかね。
    他の方も書き込まれてる様に久々の右京VS犯人の対決もあったしね。

    錯覚クイズに正解した右京さんのリアクションが・・・(笑)

  7. みさちゃん さん

    最初に、犯行シーンを見せる、コロンボ方式!
    低年齢の、視聴者にも、解りやすく的な展開!
    焦点は、証拠品の、隠し場所に!堂々と、着ていたのには、びっくり!!

    今回、事件の遭遇してから、尊くん、ずーっと、イラついてましたね。
    今までの、価値感みたいなものが、右京さんに、ひっくり返され始めてる、そんな、感じなのかな??

  8. シャドウリンク さん

    やっと相棒らしさであるひねりにひねった話が出ましたね
    2・3話は簡単な事件だったので、相棒もこれまでか?と
    思っていたのですがこの話はかなりよかったです
    次の話もこれぐらいひねって欲しいのですが・・・

  9. ギモン さん

    「渋滞で遅れます」
    …という携帯電話の発信局を調べたら、
    テレビ局のそばから電話を入れた、
    というのがすぐにわかったんじゃないかな?
    違うのかな?
    (あれ、それやったらドラマ10分で終わっちゃう?
    捜一だけで解決して特命の出番なくなる?)

    神戸さんの胸元が第二ボタンまで外れているので気になって
    仕方ありません!!セクシーです♪

    イタミンは神戸さんを「ソン」と読んでいましたが、
    これはあだ名をつけられたの?皮肉なのかな?
    2回目を見損なったので、そんなやりとりがあったのかな?と…。
    まさか川原さんの台本読み間違い?!んなわけないか。

  10. 視聴者(相棒レベル∞) さん

    なんか地味というか慎重派ですね。
    亀山黄金時代の追いつめられる犯人と右京さんの名推理、亀山君の頑張り~みたいなのがちょっと欠けてるような気がします。
    Season8は、犯人vs右京さんvs独自の推理王神戸みたい
    相棒そのものの協力して真実をつかむシーンが物足りない気がします。
    でもどんどん相棒はつずけてください。

  11. S.K さん

    まさか、証拠をずっと身につけていたとは、全く予想しませんでした。
    まさに、「錯覚」がテーマとなった話ですね。

  12. 相棒大好き さん

    刑事コロンボや古畑任三郎のように犯人が最初に分かるスタイルだとハラハラドキドキ感は少ないのですがじっくり楽しめていいですね。
    ラストの犯人の動機も錯覚だったというのに皮肉というか哀れさも感じました、テーマがしっかりした回でしたね^^

  13. 緑川 さん

     DVD借りて久々に見直しました。今回は錯覚を利用した犯行ということでしたね。ずいぶん前ですが、「刑事コロンボ」に同様のトリックがあったと記憶しています。詳細は忘れましたが、最後にコロンボが犯人のトリックを暴く場面が、まさしくライトの色によって着ていた洋服の色の変化を見せ付ける・・・というものでした。なので、見ていたら、あれ、これって二番煎じじゃない?と思いましたが、最後に、犯人が自分を愛していた女性の表情やしぐさを錯覚して受け取っていたという落ちで、コロンボとはまったく違う話に仕上がったところが秀逸でした。
     コロンボを見ていたので途中から色のトリックがわかったのですが、杉下警部がそれをどのように解いていくかは、大変興味深かったです。そして最後に、自分の年齢を気にするあまり、女性の気持ちが見えていなかった犯人。殺された彼女がかわいそう過ぎました。人というのはかくも悲しい生き物なのか・・・と、犯人に哀れさえ感じた作品でした。

  14. ころんぽ さん

    緑川様
    「コロンボが犯人のトリックを暴く場面が、まさしくライトの色によって着ていた洋服の色の変化を見せ付ける・・・というもの」
    コロンボではなく、古畑任三郎では?
    コロンボにはそういうオチはなかったと思うのですが……。

  15. 影相棒 さん

    緑川様、ころんぽ様

    古畑任三郎では、生放送でニセ超能力者が透視した死体のシャツの色が、
    実はニセ超能力者がサングラス越しに直で見ていたため、色を錯覚して
    バレた。
    っていうネタでしたね。

    コロンボは、コンプしてないので全部のトリックは覚えていません。

  16. 緑川 さん

    ころんぽ 様 
     影相棒 様
     残念ながら古畑任三郎の放送については見ていないので知りませんでした。また、今回私が書いている色の錯覚トリックを用いたコロンボ(では無いかもしれない?)の謎解きについては、かなり前の記憶ですので、もし題名などを聞かれてもお答え出来ないのです。すみません。もしかしたらTVドラマではなく、ノベルズで読んだものだったかもしれません。残念ながらその本も今は手元に無いので、これこれこういう題名で、この場面ですと、お伝えすることが出来ません。
     今後特定のドラマや放送については、題名などがはっきりわかるもの意外はその名前を出さないように気をつけます。ご指摘ありがとうございました^^。

  17. 影相棒 さん

    緑川様。(たぶん)ここは、コメントへのツッコミ板ではないので、多少ことは気になさらずに。
    きっかけがないと、忘れかけてるネタって結構ありますよね。
    話題がそれなければ、「コレってアレ?」なコメントもありだとおもいます。

    ボクは、他作との関連よりも相棒シリーズ内でのネタのリンクを
    気にするほうですが...

    本作に限って言えば、宝石のダミーが携帯のライトというのはチョット雑かも
    でも、「人は見たいものを見る」といいますから。

  18. 亀山薫 さん

    科学的な内容が多かったが分かりやすく小学生の私にも分かりやすかった。
    最後のシーンで杉下右京について神戸くんがパソコンに投稿するのがちょっと不気味

  19. 亀山薫 さん

    科学的な内容が多かったが、小学生の私でもわかった。
    最後のシーンで杉下右京について神戸くんがパソコンに投稿するのがちょっと不気味❗

  20. 重富穂奈美 さん

    一課の芹沢刑事が入ってくる前はおもしろいです。特に伊丹さんが抱きしめたところが一番愛情が感じられたじゃないかと思う。よほど好きなのか?だとするとそのままキスすれば良いのですが〜それと神戸くんが横から一課の事情聴取を聞いていたところが印象的です。

  21. エンディミオン さん

    こんにちは。
    この回はすでに上の方も指摘されてますが、古畑任三郎にも同じ感じの話がありました。
    石黒賢さんの回や唐沢寿明さんの回でした。
    今回の様に衣装トリックで言えば唐沢寿明さんの「クイズ王」回にも近いかな?と思いました。
    また両方のドラマを見比べると両方とも同じ近藤芳正さんが出演されていました。
    いずれにしても他人の目の錯覚を利用する逃走方法や、先に犯人が誰かを視聴者に見せておいて、刑事がその犯人のアリバイやトリックを崩して犯行を立証し自白に追い込むやり方は、僕の最も好きなパターンです。
    このパターンは以前にもseason3「殺しのピアノ」でもありましたね。
    今回の右京さん対犯人の対決、実に爽快で楽しめました。
    あとは、そう言えば先の太田愛さんの二部作には神戸くんのパソコン報告書作成シーンは無かったですね。
    season8ラストの「神の憂鬱」に繋がる重要なテーマなんで、太田さんにも理解して欲しかった気がします。
    今さらですが。

  22. sonic さん

    本作の事件の背景から、Season4「殺人ヒーター」を思い出しました。どちらも齢の離れた男女の恋に年上の方が躊躇する話ですが、本作の場合は、好田教授が彼女と時間をかけて話し合う事で、最悪の事態は回避できたのではとも思います。
    右京さんは、早々に好田教授のトリックを見破りましたが、物証は得意の錯覚を利用したところが、いかにもと思います。Endymionさんがおっしゃるように、倒叙ストーリーにした事で、厳しい状況下にあっても好田教授を追い詰め、逮捕に至るのがよかったです。
    序盤の、放送局に送られた小麦粉のくだりから、リアルな演出のドラマで、感極まった視聴者から登場人物に差し入れが贈られるエピソードを思い出しました。

  23. 重冨穂奈美 さん

    科学的な存在を感じました(^O^)やはり右京さんの推理がいかにも素晴らしい‼️神戸くんの行動ちょっと強引的。もうちょっと落ち着いてほしいなぁと思った。(神戸くんのこと)たびたび失礼します。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。