Season5 第5話 「悪魔への復讐殺人」

7件のコメントがあります

脚本:櫻井武晴 監督:和泉聖治
ゲスト:奥貫薫、高橋一生、石橋けい

行きずりの女性を次々と殺害しながら、精神鑑定の結果、無罪となっていた安斉が何者かに殺害された。
安斉は強制入院させられていたが、退院が決まり、ナースの真帆と外出訓練をしていたところを襲われたらしい…。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

    

7件のコメント・感想があります

  1. やっとこ さん

    ナレーション(by右京さん)でスタートするのが相棒のなかでは少しめずらしいと思ってました。
    DVD観かえしたんですが、最後に二人で読んでいた、美和子の記事の前半部分なんですね。

  2. スコッチ さん

    season4のその後のウインパティオルですね、あれの続きとしてはいまいちな感じをしていました。安斉直太郎がいきなり殺害され、付き添っていた看護師がまるで「リング」の貞子のように助けを求めてる展開から始まりますが、右京さんのナレーションがなければ私自身、安斉氏の存在そのものを忘れていました。どちらかというと村木役を演じた小日向氏や奥さん役の山下氏のブキミで奇妙な夫婦の存在がモーレツに記憶に残ってしまっていました。今回のいまいちな感じの原因はやはり村木氏の奥さん(少なくとも安斉氏の不倫相手だったわけだから)が出なかった事と佐古元巡査のおでん屋が出なかった事かな。できればあの後でおでん屋が繁盛し過ぎて屋台ではなく店舗の一軒ぐらい奥さんと経営しているぐらいは演出が欲しかったですね。それと今回のヒマ課長、あまりにもかわいそう過ぎますね、あれはひどいです。大切な情報を特命係に持って来たのに無視されて、後でその事を言えば「なんでもっと早く言ってくれなかったんだ」みたいに薫ちゃんに責められて。完全にナメられてますよ、角田課長。仮にも立場上、直属ではないにしろ上司と部下的な間柄で、しかも役職も警視と巡査部長だし。もっと胸張って大いに怒るべきですよ、角田課長。あと精神科医の内田美咲さん、前回同様に今回も自分の精神科医としての努力の無さと非力(無力)さを嘆いておられましたが、人間の本当の気持ちをプロファイリングする事なんて完全には不可能だと私も思いますよ。例えば笑いながら人を殺害する犯人の心境なんてただ頭の中が狂ってるとしか言いようがないわけですし(何が原因でそうなってしまったのかを追究するのも仕事と言えばそうですが)。まぁとにかく今回の救いとしては自分が犯した殺人を本当に悔いて更正しようとしていた安斉氏くらいかな?あと内田美咲さん、これからもめげずに頑張って下さい。     

  3. ラッキーアイテム さん

    season4の続編みたいな回でしたね。う〜んちょっとイマイチかな?と思います。嫌いではないです。なんかseason4の方が良かった。この回は安斉さんが殺害されたので物足りないような。以上です。明日は「ツキナシ」です。

  4. 重富穂奈美 さん

    裁判を受けた精神科医の安斎がまさかの遺体で発見された。どういう意味で殺されたか?きっと誰がをかばうつもりでいたかもしれない。強制入院から始まって、そして殺されるまでの間何をしていたか?疑問がある。

  5. エンディミオン さん

    始めにsonic さん、「せんみつ」での補足を有り難うございました。
    僕は右京さんの理屈(論議)を阻止できるのは、移動や辞職を覚悟した時の神戸くんかな?と思いました。(罪と罰の時の)
    さて先程、この回の再放送が終わりました。
    内容的には「なるほどね」と言わせれるものはあると思いますが、なんかイマイチな感じです。例えば安斉直太郎の逮捕されてからリハビリを受けるまでの精神状態や心境の変化なんかをもっと具体的に描写して欲しかったり。
    あとは先に自首して来た末次さんの取り調べの際の刑事の人数が多すぎな点。またそれを部屋外で刑事部長コンビと特命コンビが一緒になって伺っていた点、いつもならば部長か参事官のどちらかが、「お前達はそこで何してる?お前達には関係が無い!さっさと出て行け!」ぐらいは言いそうですが?
    まぁ何はともあれ、season4の前後編のその後にしてはこんな感じでいいのかな?とは思います。
    最後に、僕ならばドラマが始まる前にテロップで「この作品を故・砂本量氏に捧ぐ」のメッセージを入れておきたいと思いました。

  6. ピエール さん

    エンディミィオンさん、こんばんは♪
    確かに物語のラストに砂本さんへの哀悼メッセージが有ってもよかったですね。
    ただ、キャストやスタッフの皆さんにその気持ちは有ったからこその続編だったと思います。
    櫻井さんらしい、味付けもされていて、好きな一本です。
    余談ですが、他局のドラマで、安斉役の高橋さん、小日向さんが精神科の先生で出演されてますが、キャスティングをされた方は相棒ファンなのかな?と思ったりしています。

  7. エンディミオン さん

    ピエールさん、こんばんは。
    補足、有り難うございました。
    確かにスタッフ一堂、俳優陣一堂、故・砂本さんへの追悼の意がなければ、この作品の存在は無かったでしょう。
    この作品自体が故・砂本量氏への感謝のメッセージだったかも知れないですね。
    きっと故・砂本氏も喜んでおられるでしょうね。
    できれば「夢を喰う女」のその後も誰か手掛けて欲しかったです。
    明日は「ツキナシ」、僕の人生みたいなタイトルです(自爆ネタ・笑)。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。