Season11 第6話 「交番巡査・甲斐享」

31件のコメントがあります

脚本:徳永富彦 監督:和泉聖治
ゲスト:賀集利樹 小林高鹿 石原あつ美

特命係に配属され、相変わらず暇な享は右京とともに角田課長に頼まれ組対五課の手伝いをしていた。
そんな中、享の元上司である中根署の堀江(山口良一)から連絡が入った。
かつて享が交番勤務のころに扱ったストーカー事件の被害者・深雪(石原あつ美)が、自宅で何者かに殺害されたという。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

    

31件のコメント・感想があります

  1. ウォルフィー さん

    右京さんの「例の正義」の回でした。
    カイトくん、完全ノックアウト。
    今後の展開が楽しみです。

  2. S.K さん

    カイト君にとっては、辛過ぎる事件だったでしょうね・・・・・・・・

    右京さんも真相解明のためとはいえ、ちょっと厳しいですね。

    次長、ついに花の里に来店ですか。

  3. ヤス さん

    賀集さんの演技が少しわざとらしかったのが残念でしたが、真犯人に嘘をついたり、叱責する右京を久しぶりに見た気がします(先週は放送が無かったからでしょうか)。右京のスタンスも変わらず。
    享が久保を倒せたのは、前にボクシングジムに入会した賜物?

    次回の舞台は幽霊屋敷!それに、とても懐かしい人が…。

  4. アキラ さん

    カイト君の人柄を把握するための回でしたね。
    個人的には、賀集さんが動機を偽ったのを右京さんがすかさず指摘したところが好きでした。あの場面によって事件解決の単調さが少し軽減されたように感じます。
    そういえば最初からワイシャツの点を見抜いていたところも、さすが右京さんだなと改めて感心させられました。
    やはり誰よりもうわてにいってるのが杉下右京なんですね!
    これが相棒の魅力‼

  5. Hirokichy さん

    後半気の毒だったストーカーさんが「潜入捜査~私の彼を探して」の腕の持ち主、公安刑事さんでした。
    来週は細川俊之神父の話のホームレス・一郎さん。

  6. 左京 さん

    普通のドラマとして観れば面白かったかな?と、思います。
    でも、相棒を楽しみにしているものとっては、もっとストーリーをねって欲しかった。
    終わり真近に急に新事実を次々に出してくるなんて、アンフェアもいいところ。このストーリーを書いた脚本家さんにはもっと頑張って欲しいものです。右京さんが小さいことが気になるように相棒ファンも小さいこと気になってしょうがないのです。

  7. 温泉好き@元西巣鴨 さん

    すでに指摘されましたが賀集さんの演技(ないしは演出)がワザとらしく、ボクって怪しいでしょうオーラが出ていて見る方としてはフィルター越しに見てしまいました。

    1時間ドラマとしてはあまりにも多くの情報を詰めすぎて35分頃からの展開が早すぎる印象をぬぐえません。その辺りの性急な感じを和らげるための前回まであったコミカルな演出だったのかも知れないと思いました。
    これを改善するには以前にもあったような前後篇の2本パターンを増やした方がいいのでしょうか?予算のこともありこちらが考えるように簡単にクリアできる問題ではありませんが。

  8. 相棒 さん

    左京さんのように細かい所にいちいちけちをつけて、作品を楽しめない方がいて残念です。
    あの話は何より人間の生々しさというもの見事に書ききった回だと思います。愛する女性がストーカー被害に遭い、憤り、女性を一生幸せにすると誓ったはずの奥山さん。しかし、そんな気持ちが簡単に変わってしまい、外に愛人を作り、奥さんを手に掛け叙情酌量の言い訳まで作ってしまうほど変貌してしまいました。確かに真相が出てくるのが唐突だと言う意見がありますが、逆に奥山さんが序盤あれだけ善人で苦しんでいたのに、それは全て嘘、全部演技だったというショックを与える役割をしていたのかもしれません。
    相棒で描かれる動機って、結構単純だったりするんです。愛する人が父親に似てないからだとか、恩師が自分の名前を覚えていなかったからだとか。それくらいの理由で人を殺してしまう人の心の恐ろしさを描いている。しかも今回は自分の奥さんをくだらないエゴで殺してしまったのですから。6年前あんなことがあったのにも関わらず
    そうした人間の負の面を描いた、インパクトある回だったと思います

  9. オオカミ長官 さん

    関係者に感情移入しやすい若手刑事が、信じてた人間に裏切られるってテーマは
    ざらにある展開なんで、そういう意味では目新しさはなかった
    登場人物の少なさから早々に犯人は旦那っていうのは、当たり前にわかったが
    これでもかっていうくらい過去映像がインサートされて来るので、ちょっと
    あざといなと まあ終わりのほうで、ドンドンと新事実がでてくるのは
    今回の話は謎解きなんてどうでもよくて、カイトくんの心の揺れがメイン
    だったのだから、トリックも含め、まあこんなものかなと
    ただ、話の流れは無理もなくスムーズに流れていたので、見やすいのは
    見やすかったです
    で、どうでもいい話だが、ようするにストーカー男にレイプされて、結果
    妊娠したってことなのだが、奥山と深雪との間でちゃんと避妊をしていれば
    100%は無いとしても、そこでの妊娠を疑うことはできたはず
    奥山にしても心当たりがあり、深雪にしても久保の可能性もあり
    奥山の可能性もあったが為に産むまで判断できなかった
    久保の場合は犯罪で突発的なものだから、どうしようもなかったが、
    奥山との場合は結果、避妊をおろそかにしたことの報いともいえる
    それにしても、この先の子供の未来を思うと悲惨だ
    少なくとも裁判で全てが明らかにされるだろうから、当然、真実を
    関係者は知ることになる。実の孫ではないとしれば、奥山の両親は
    育てることはしないだろう。母親は殺され、その犯人は父親で刑務所入り
    母親側に祖父母がいれば、まだマシだが、それにしても
    母親がストーカーにレイプされて生まれた子という宿命を背負わないといけない
    この事件の一番の被害者は彼だよねえ

  10. 交番巡査 さん

    中根署の堀江さんはいつもムチャぶりしますね!これからもぶっこみするんでしょうね。交番時代のエピソード1、もいろいろありそうですし。
    今回は意外性があって面白い展開だったとは思いますし、最後の右京のカイトへの言葉など含め、捜査のあり方の見解があってよかったように思います。
    でも、再度見ようと思ったら、再放送のほうをまず見たくなってしまって。
    あの間抜けさというか、相棒の薫の時のヒロコママとか、間抜けだけど、街をいろどる面白いキャラはどこへいったのか。相棒がカッコつけすぎたのが神戸くんのときだったので、カイトのときはカッコつけすぎず、薫路線のよい点も踏襲してもらいたいです。

  11. にゃんころりん さん

    ワイシャツにきれいにアイロンがかかっていたので初対面の時から疑っていたってのはseason6の「殺人シネマ」で既出。右京さんが相方を欺いて捜査に利用するのも
    season3の「女優」でありました。あの時は亀山君には残酷だったけど、今回は
    ちょっと軽め。
    大阪府警を動員して共犯者の身柄確保をするには、警視庁の捜査一課だけでなく部長の協力も必要だったはず。そのあたりの経緯が屋上の場面で語られてもよかった。
    そのほうが唐突感がないし、知らなかったのは自分だけっていうカイトの疎外感や
    無力感が強く出たと思う。
    来週はseason2の「神隠し」の人が出演するのかな。楽しみ。

  12. 神戸そん さん

    「結婚」って、誓約、成約でしょう?それを、わずか三年で浮気なんて。その結果、妻を殺す。人の気持ちは、変わるんですよ!!そんなのもでいいのでしょうか?作り話だから、いいのか?ダイキ君は、どうなるのかな?考えされました。カイトと、彼女のいちゃつくシーンは、良いとして、花の里での、右京月子さんの場面は、見たくないと思いました。たまきさんにこだわっていて、素直になれないのです。

  13. たまき さん

    >花の里での、右京月子さんの場面は、見たくないと思いました。たまきさんにこだわっていて、素直になれないのです。
    右京と幸子に恋愛感情はまったくない(これからの発展も)と思いますよ。
    あくまでも、日課としての一杯だと思います。

  14. やも さん

     解明が最後にたたみかけるようにというのは(二時間サスペンスならたっぷり時間をかけるアリバイ崩しが一瞬で!)、今回どうしてもカイトくん視点中心なので、まあしょうがないといいますか。突っ走ってる主役の知らない間に事件は解決していたという。
     カイトくん以外――捜一の面々や米沢さんなんかも真犯人は別にいるんじゃないかと気づいていたとか、あるいはにゃんころりんさんもおっしゃってるように、すでに逮捕のために動いていた捜査陣、という説明描写がもうちょいあればテーマがより明確になったような気もしますが…。
     視聴者にも真犯人がだれか、わりとすぐに気づくように作ってるみたいだし。
     このお話は意図的にモヤモヤ感を盛り上げているようで、結局犯人の気持ちは誰にも、それどころか本人にもよくわからないという結末。
     これからもカイトくんはカンタンには白黒つけられない様々な事件に出遭っていくわけで、だから〝刑事の仕事はなにより犯人を捕まえること〟という右京さんの説教(?)なのでしょう。
     とはいっても完全に犯人摘発機械になりきればいいかといえば、たぶんそうじゃなく、時に犯人たちに対して強い叱責のお言葉を浴びせる右京さんだけに、新米刑事のまっすぐな気持ちは大切にしたいし、そのあたりが刑事の資質というものに関わってくる、ということでしょうか。
     右京さんの頭の中には、かつてコンビを組んだあの熱い男の姿が…なんてことをファンとしては想像してしまいますがね。

  15. カイトー さん

    2回にわけるときがあってもいいのは賛成です!
    特に最初の回の聖域などは、最後の右京の解明シーンは駆け足でしたが、1話完結だと、悩んだり、視聴者が推理を楽しむ間がなく、最後に駆け込みで右京が推理を展開する・・・というパターンが多くなってしまいます。
    1時間枠なので、当然、脚本テンコ盛りで練りに練られているのでいいときはいいでしょうけど、せっかく苦心の展開の読めない濃い内容のときに推理があっさり終わるよりは、やはり推理を楽しませてもらいたいですね!
    右京の推理の凄さはわかりますが、誰が犯人??という時間もほしいです。

  16. km さん

    今回の話の中ではほとんど触れられてませんが両親を一度に失う子どもが、幼い子どもを持つ親としては可哀想でした。

    最初に刑事ドラマに憧れてという話で右京さんの微笑みが優しくて良かったです。
    確かに右京さんはカイトくんに甘いかも。
    年齢的にも今までの相棒よりも圧倒的に若いので、相棒というよりは息子のような教え子のような感覚が垣間見えて、そういう設定だと思うとカイトくんの相棒に親しみがわいてきました。
    相棒によって、右京さんの態度が微妙に変わるというのもさすが水谷豊さんだな〜と♪

  17. ポプラ さん

    録画したものをやっと見ました。
    たしかに、最後のあたりは真相に向けての急発進。
    いつそんなこと調べたの?という感じに一気にたたみかけるような気がしました。
    それと、今回一番心に残ったのは、あのダイキくんが今後どうなるんだろうということです。犯人の自分勝手な行いと言い訳には憤りを感じました。

  18. 神戸そん さん

    たまきさん、お久しぶりです。あなたが、おっしゃるのであれば、そうなんですね。右京幸子には、今後も恋愛感情はないと信じて、安心して見ます。有難うございました。

  19. Hymie Cole さん

    昨日、床屋で散髪してもらいながら再放送を観ました。
    椅子に腰かけたら丁度オープニングの場面をやっていて、床屋の親父が気を効かせてくれて椅子をテレビの方に向けてくれたのは良かったのですが・・・
    右京さんが謎解きに入る辺りから髭を剃り始め、クライマックスの場面では顔に蒸しタオルを被せられ、当然テレビ画面を見ることはできず、右京さんが奥山が犯人と指摘する声ばかりを聴いておりました。
    いつもより、髭剃りに時間が掛かるな・・・等と思っていたら、親父があとで言うことには、
    「凄い話だね。脚本がいいね。」
    などと、番組の感想を得々と語りだすではありませんか。
    人の顔の上に熱いタオルを載っけたまんま、番組に見入っていたんだな・・・と気付いたときには後の祭りでした(笑)。
    誰もを惹きつける面白いドラマというのも、時には考えものですね。

  20. にゃぱぱのぱ さん

    相棒がカイト君になってから初めての右京さんの例の「正義」の回
    相棒を長く観ている人にはワイシャツの事に気付いている方も
    いたのではないでしょうか?
    推理が随分駆け足でしたがそこ以外は良かったかな
    ラストのカイト君がチェスを凪ぎ払うのが良いですね
    ただ次の回で仲良く屋敷に行っているのが可笑しかったですが
    そこは一部を除いて一話完結の相棒の良さでしょうかね

  21. スコッチ さん

    この回で甲斐君も刑事としても人間としても一歩成長したんじゃないかな?にしてもどうして人間っていう生き物は一人のひとを永遠に愛し守り続ける事ができない生き物なんでしょうね。全世界の人間がそうではないのでしょうが、すぐに気移りしたり、愛情がなくなったり、裏切ったり(不倫)、最悪今回みたいに殺害したり。一人の女性を生涯ずっと愛し続けるのは難しいのでしょうね。今回で甲斐君と右京さんに少し確執が生じたけど悦子さんが甲斐君の心を癒して治まり、次の幽霊屋敷騒動でまた二人は仲良くなるんで面白いですね。    

  22. 匿名の特命 さん

    この回で最も印象に残ってるのは過去回想で久保に拳銃を向けるカイト君の表情。
    右京さん曰く「人間としての基本ができている」カイトだからこそ、他人の苦しみに感情移入しすぎて暴走してしまうって事なのか…
    カイトは最近の話だと犯人へ暴力を振るう事はめっきり無くなり大人になってきてるけど根底には確実にこの危うい正義っていうのが根づいてるんだと思う。
    仮に悦子などカイトにとって親しい人が被害にあったら敵討ちをしてしまいそうな危うさがある。
    そういった意味でも甲斐享は亀山薫や神戸尊と違う「殺人犯になりうる可能性を秘めた相棒」といったように見る事が出来る。
    それを右京さんが師として矯正する事が出来るのかというのがカイト期の相棒のスタンスだと個人的には思っている。

  23. きよりん さん

    流石ですね~上手い分析~
    全てにブレない感想!大変勉強になります。
    今日帰ってから、もう一度、此方見たくなりました。
    何時もありがとうございます。

  24. パイク さん

    匿名の特命さん
    思いもしなかった視点で驚きました。そう言えばよくキレてましたよね、忘れてましたが。
    ブラックカイトの暴走、見たいです。いい子なホワイトカイトの何倍も面白そう。
    そうなると、右京さん+相棒三人で暴走しなそうなのは、外国へ行ってしまった亀山さんだけ。警視庁と警察庁で暴走要員三人。怖すぎる…(笑)

  25. 重富穂奈美 さん

    6年前の事件を捜査していた中根警察署。当時、交番時代に勤務していた享ちゃん。ある知人と出会い、そのことから事件が起きた。初めは、犯人を見つけ出すところがおもしろくて、伊丹さんたちが張り込みしていると、右京さんも一緒に張り込みをしていた。犯人の久保亮司が出て来たときを狙って逮捕。おもしろくて笑いが止まらないです。

  26. 匿名の特命 さん

    本当にただの自画自賛の自己満足です
    「2014年12月16日 12:28」のコメントの内容が我ながら凄い!!
    まだダークナイトが放送されてる訳でも無かったのにこの予想は自分でも感心してしまった…
    自分でこんなのアピールするのは結構イタイ感じですがちょっとばかし許してください

  27. ポプラ さん

    匿名の特命さん。すごいですね!
    思わず読み返してしまいました。

    カイトがダークナイトであろうかの伏線ともいうべき話が
    この回なのかもしれませんね。
    大いにアピールしてもいいと思います。

  28. きよりん さん

    匿名の特命さんのコメント、何時も興味深く拝見しています。
    当時(12月16日)のコメント拝見した時、凄い分析、と感心させられましたが、つい忘れていました。改めて読み返して…
    予想通りになってしまいましたね!
    〝すごい〟と私も思います。

    でも、今更ですが、その予想はハズレて欲しかった…
    (すいません、独り言です…)

  29. ken さん

    匿名の匿名さんの分析、今読み返してみると凄いですね。
    「久保に拳銃を向けるカイト君の表情」
    たしかに鬼気迫るものがあったけど、そこまで読み取るとはお見事。

    あらためて振り返ってみると、
    ・第1話の根津への頭突き、右京さんの「頭を冷やしてなさい!」の言葉
    ・第4話で潮の胸倉をつかみ、右京さんが「それ以上は犯罪ですよ」と叱るところ
    といったシーンもありました。
    シーズン開始前での甲斐亨というキャラクターを練り上げる段階で、ベテラン脚本家陣の間では、暴走する危険性を秘めた正義感という方向性があったのでしょう。
    その最たるものが、今回の拳銃を久保に突き付けたあの場面だったと。

    ただ、初期のプロットでは、はっきりと示されていた激情型のキャラクターが、シーズンが進むにつれてぼやけてきてしまった感がありますね。それだけに、ダークナイトは唐突に思えてしまう人が多かったのでしょう。

  30. Endymion さん

    毎日毎回のコメント、ホントすみません。
    この回も先程、再放送を拝見しました。
    8番目の投稿者の相棒さんやオオカミ長官さんや匿名の匿名さんのコメント、すべてに納得です。
    そうですね、僕も今回の真犯人の奥山元巡査には少なからず憤りを感じます。
    本当の親ではないが、大樹君の将来を考えるとやるせないですね、可哀想過ぎます。
    ストーカー久保の子供で母親は義理の父親に殺され、誰も引き取り手がなく、おそらくは施設にて生活する事になり、素性がわかればまさにイジメの対象にもなり、辛く悲しい人生を送る事になりかねません。
    最悪は絶望のあまり自殺するかも知れません。
    奥山さんは大樹君の将来の事まで考えられない程、自己中な大悪人だったのでしょうか?
    奧さんの深雪さん同様に大樹君すら愛せなくなっていたのでしょうか?
    自分の事を最後まで信じてくれていたカイト君まで欺いて、尚もまだ言い逃れを考えるとは。
    カイト君もかなりショックだった事でしょう!
    右京さんもやり方はどうであれ、唯一の同僚で部下の仲間であるカイト君に敢えて試練を与えたみたいで、初期の相棒の亀山君時代を思い出しました。
    右京さん流の正義を追求するやり方を見て、この時のカイト君はどう思っていたのだろうか?
    匿名の特命さんのおっしゃった「ダークナイト」へのかなりの伏線だった回のように僕も思います。
    逆に相手を信じぬこうとするカイト君に残酷でも真実を告げなければならなかった右京さん自身も本当はカイト君以上に辛かったのでは?とも考えられますね。
    辛い内容の話でしたがseason11の中では名作の1つだと思っています。
    来週月曜日は「幽霊屋敷」、本放送の時に今回のカイト君を見て初めて次からはカイト君を応援しようと取り組んだ最初の回でした。
    まるで今回の事が嘘だったような感じのする、二人で仲良く幽霊屋敷散策をするプチホラー回でしたね。
    また楽しく拝見させて頂きます。

  31. sonic さん

    本作は、奥山さんにとって、大樹君は、奥山さんの子供ではなかった事、大阪に浮気相手がいて深雪さんとの関係が冷めた事が、殺害の動機と思われますが、事件の事や、カイト君の人となりよりも、匿名の特命さんがおっしゃるように、カイト君の交番勤務時代の出来事が、後発の「ダークナイト」への伏線と思われる作品だと思います。
    終盤、特命係の室内で右京さんが、右京さんが、カイト君自身が奥山さんが犯人で無い事を望んでいる態度に、厳しい対応をしましたが、右京さんの正義、是非、善悪に対する厳格さを、カイト君が知ったのだと思います。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。