Season2 第6話 「殺してくれとアイツは言った」

29件のコメントがあります

脚本:砂本量 監督:大井利夫
ゲスト:大杉漣 結城しのぶ 中村俊太

人気犯罪小説家のの自宅に、脅迫状と切断された人間の指が送りつけられるという事件が発生した。前日、ラジオで「誰かに命を狙われてみたい」などと不用意な発言をしたことが原因らしい。小野田からの依頼を受けた右京と薫は事件を担当することになるのだが…。





同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

    

29件のコメント・感想があります

  1. ポプラ さん

    最後の最後で結果の出た内容にびっくりしました。

  2. S.K さん

    官房長、右京さんから後で事件の真相を聞いたでしょうが、どんな気持ちだったんでしょうね?

    自分の青春時代の女性を殺した犯人が自分の親友だと知って・・・・・・・

  3. スコッチ さん

    う~ん、やっぱり最後の結末が怖かったね。まさかファンに殺されるとは。「口は災いの元」「身から出たサビ」「自業自得」っていうところですかね、アーメン。

  4. スコッチ さん

    なんか帰国してからこのところヒマがあれば立て続けに「相棒」ばかり見てしまう今日この頃、またこの回を見てしまいました。season2の中でもマイベスト3に入るくらい好きなストーリーですね。ちなみに1位は「蜘蛛女の恋」2位北海道シリーズの前・後編でこれが次かな。しかし自作自演の猿芝居とは言うもののメディアを通して堂々と「俺を殺せるものなら殺してみろ」(例によって若干セリフの違いは失礼)と言い切る菅原英人氏はやはり凄いの一言!!。しかも最後は「こんなつまらない国で一生を終えるくらいなら死んだ方がましか」と言って息を引き取るとは!この結末にはハッキリ言って驚きました。しかも襲った犯人の青年も途中のサイン会で一度、姿を見せて視聴者に印象づけているし。それ以降で血で染まった終わり方をした回って無かったですよね?上の方も書かれてましたが、やはりあの後で右京さんたちは官房長や刑事部長たちにこっぴどく叱られたんでしょうね、しっかりガードできなかったんですから。たぶん犯人である人間を捕まえ損ねたのもこの回ぐらいかな?たぶん右京さん、ただの浮浪者が麻薬を買うほどのお金が無い事に気付いたあたりから英人氏を疑い初めたのかな?~~~~と・こ・ろ・で・ヒマ課長!!!、やはり私はこれを書かずにはいられません!!課長~っ、ヘタレ過ぎですよ情けない(ウルトラスーパー大爆笑、アカン思い出すだけで鼻水と涙とお腹が痛い)。冒頭の捕物帖で右京さんの華麗さとは逆に薬でイカれたニワトリ様の襲撃を食らってケガまでするとは…ハァ~(ため息)つくづく情けない。しかも飛べないはずのニワトリ様が飛んでいたような?そして特命の部屋でケガ治療中に「ヒマか?」と言って登場する官房長にも参りました。官房長も何もあえてそのセリフで登場しなくても(笑)。すかさず「ヒマじゃねぇよ」と返した課長も(笑)凄いよね。官房長、よくヒマ課長の十八番(オハコ)を知っておられたね、お見事です。等々冒頭の笑い所で始まり後味の悪さで幕を降ろしたこの回、好きですね~やっぱり。 

  5. 杉下 左京 さん

    残念な点がひとつ・・・
    終盤、右京の「『惡』の字が旧仮名遣いです。」のセリフは「旧仮名遣い」ではなく「旧字体」の間違いでは!?

    細かいことが気になる僕の『惡』い癖orz

  6. クルト さん

    相棒の中で1、2を争うほどに好きな話ですが好きなだけあって細かいところをきにしてしまいますよね。「悪」だけでなく、鑑識のPCの画面、「確率」が「確立」になっています。また、海外に飛ぼうとしていた以上最後の「こんなつまらない国で・・・・」というセリフはちょっと「?」です。有毒ガスのくだりは右京さんが「あなただけ軽傷で済みました」といいましたがつまり2人は軽傷じゃなかったのか?と。揚げ足をとっているわけではないんですよ。本当にこの話は好きなんです。

  7. きよりん さん

    まず衝撃の結末に呆然…先の方の指摘にもありますが、身から出たサビ、まさにそのとうり…そしてこんなに綺麗な美人の奥さんに殺意を抱くとは…男性の心理とは如何なものか…私には分かりません…兎に角一番笑えたのは、ヒマ課長ですね~頭にニワトリが乗って怪我をするわ、官房長に対する、〝ヒマじゃねーよ〟発言(大爆笑)やはり右京さんにとって相棒至上最大の失態(目の前での犯行)でしょうね~沢山相棒見てきて、脚本家さん凄いに尽きますね~こんなストーリー考えられるものかと…関心させられっぱなし…爪の垢でも煎じて飲みたい!あっ!煎じて飲んでもムリムリ(苦笑) 失礼しました~

  8. 重富穂奈美 さん

    小野田官房長が暇か?と来たところで課長が暇じゃねーよと言ったところが好きだった。鶏によってケガをした課長^_^本当におもしろい話。

  9. ラッキーアイテム さん

    この作品は「面白い」。

    ①大杉漣さんの演技が最高でした!
    ②大杉さんと岸部さんのコンビも合格。
    ③やっぱ最後のシーン。怖かった。予想外の展開でした。

    大杉さんもまさかファンに刺されるとは思わなかったと思います。

    サイン会のシーンで大杉さんとサラリーマン風の男の人がやりとりをしていた場面がありました。

    台詞間違えていたらごめんなさい。

    大杉さん「どこから来たの?」
    サラリーマン「長野」
    大杉さん「長野のどこですか?」
    サラリーマン「佐久から来ました。」
    大杉さん「佐久」

    それを聞いて驚きました。自分も長野出身です。が、残念ながら佐久ではありません。

    羨ましい〜。エンディミオンさん相棒2見れるなんていいですね。
    これは傑作ですよ。刺激的な作品です。オススメ(笑)。夢に出てきそうな感じです(笑)。

  10. エンディミオン さん

    >ラッキーアイテムさん、
    有り難うございます。
    実はこれ、持ってました。最初に再放送した時にあの結末にしばしボー然としたのを覚えています。本当に凄いよね、故・砂本さんならではと思います。
    故・砂本さんは意外なところで意外な人物を犯人にされます。
    このあとseason3では「夢喰う女」では、図書館通いの指定席のおじさん、
    「予告殺人」でもタクシーの運転手、みたいに。
    またそこが面白かったりもしますね。この回もファンの男子でしたし。
    これから相棒を見ようと思ってらっしゃる方々にも、絶対に見て損はないおすすめ作品だとラッキーアイテムさん同様に僕も思います。
    角田課長に対しては余り触れないでおきましょう(笑)。

  11. ポプラ さん

    こちらの作品も大好きな作品です。
    ラッキーアイテムさんのコメント①から③の理由とまったく同意見です。

    演技が光ってると言えば同じseason2の北海道編での
    小野武彦さんの演技が素晴らしかった。
    このお話もラストが非常によかったです。

  12. ラッキーアイテム さん

    ポプラさんへ
    ありがとうございます。同意見嬉しいです。

    北海道編。確かに小野武彦さんの演技も光ってましたね。悲しくて切ない物語でした。北海道編も傑作ですよね。

  13. ラッキーアイテム さん

    またまた「殺してくれとアイツは言った」を見ちゃいました。
    なんと2回も。全然飽きません。見ながら思ったのですが、「殺してくれとアイツは言った」中毒になってしまいました。大杉さんの挑発シーンもやばかったです。背中がゾクゾクしました。「俺を殺せるもんなら殺してみろ!」。とか、最初の冒頭では「殺してほしい」とか。でも大杉さんってこういう役合いますよね。以前にも書いたのですが、やっぱ刺激的な作品です。明日も見ちゃいそうです。

  14. エンディミオン さん

    >ラッキーアイテムさん、
    すごく良く気持ちはわかります。
    確かにこの話は僕も大好きです。
    故・砂本さんの代表作の一つですし、面白く無いわけがないと僕も思います。
    実は僕も故・砂本さんの代表作の一つ「夢を喰う女」を、今ではもう普通に観る事は不可能になりましたが、持ってます。これを今でもずっと観てますよ。それこそトータル30回以上は観たかも知れないです。
    「殺してくれとアイツは言った」は、こちら関西では来週火曜日に再放送予定ですよ。僕、持ってますが、またじっくり観てみようと思います。

  15. ラッキーアイテム さん

    エンディミオンさんへ。

    来週火曜日「殺してくれとアイツは言った」ゆっくり楽しんで下さいね(笑)。

  16. エンディミオン さん

    先程、この回の再放送が終わりました。
    やはり何回観てもすごいよね!
    あれだけの事を考えて実行した菅原英人の自作自演の名演技、右京さんも翻弄されていましたね。そしてラストシーンのあのえげつなさ!
    迂闊な発言をしたばかりに、それを真に受けたファンに殺られるとはね。そのファンの青年もしっかりと途中のサイン会で視聴者に存在をアピールして印象付けてるし。
    また、本ボシと思われてた死んだジャンキーも、冒頭の捕物帖の時にしっかりと視聴者に存在をアピールしていましたし。
    本当に故・砂本さんはキャラの扱い方がしっかりしていますね。
    素晴らしいと思いました。

    最後に一つ、謎の部分を見つけました。
    最初に右京さん達が菅原家に行った時に、奥さんと交えてリビングで会話していた時に、後ろにスーツ姿の人が立っていました。あれ、誰かな?
    スタッフのミスかな?気になってます。
    この回が好きな人は一度、チェックしてみて下さい。

  17. エンディミオン さん

    追記、
    なんか先の方のコメントと一部、かぶってしまいましたね。
    スコッチさんでしたね、似たようなコメントしてごめんなさい。
    決してパクった訳ではありませんのでお許し下さい。

  18. きよりん さん

    実は私も此方を以前見たときに、アレッ、て思いました。
    そして私なりに考えたんですが、あの人は、外回りの警備の人がたまたま中に入って来てたのかなぁ~と解釈しましたが…違うかもしれませんね(笑)
    エンディミオンさんも同じ思いで、びっくりしました(笑)

  19. ポプラ さん

    今日が再放送でしたね。
    録画したので見てみます。

    私もきよりんさんと同じく
    先に入った警備の人だと勝手に解釈してましたが。

    このseasonはキャラが際立ってる話が多いですね。
    大杉さんがかっこいいです。
    菅原英人と官房長のツーショットの雰囲気も好きです。

  20. きよりん さん

    再度すみません。
    ポプラさんも、そう思われましたか!
    また見たくなりました。
    私が一番ハマったのは、やはり官房長の゙ヒマが発言ですね~
    ヒマ課長の十八番をよく知ってましたね(笑)
    慌てふたまく課長に大爆笑です。
    この回は、あと消える銃弾、少年と金貨、クイズ王など大好きです。
    やはり一番ばクイズ王゙です。人それぞれですよね…

  21. ラッキーアイテム さん

    またまた「殺してくれとアイツは言った」見ました。ちょっと見すぎですよね。おかしな人だと思って下さい。なかなか大杉さんの演技が頭から離れなくて。また再放送してほしいです。あと少し話が変わってしまうのですが、以前ピエールさんのコメント拝見しました。本日「裏切者」再放送されましたね。私も見ました。寺脇さんと金田さんの病室のシーン。あれは本当に辛かったです。お二人の演技上手かったです。渋くて光っていて最後の最後まで目が離せないエピソードでした。私も好きです。裏切者。裏切者はしっかりDVDに保管してあります。以上です。またコメントします。

  22. ピエール さん

    ラッキーアイテムさん、こんばんは♪
    僕もこの話は好きですよ。
    驚愕のラストに放送当時は「ええっ~!!!」って声が出てしまいましたよ。
    長い相棒の歴史でも犯人が逮捕出来なかった珍しい話ですね。
    砂本さんには、もっと書いて欲しかったと思います。
    「裏切者」へのコメントもありがとうございました。
    見直しで気がついたんですが、右京と官房長の天ぷらを揚げていた人、シーズン12の「待ちぼうけ」で太川陽介さんが殺してしまった、憎たらしい元従業員を演じてた方と同じですよ。
    余談すいません!

  23. カナリアの息子 さん

    この前初めて見ましたが衝撃でしたね。ラストだけで言えば今まで見た中で1番後味悪く重い話だったと思います。

    大杉さん凄く良かったです。印象に残る人物でしたね

  24. sonic さん

    衝撃的なラストのシーン、経緯や手段は違いますが、ジョン・レノン氏の最期を思い出します。
    本作は、菅原氏のラジオ出演での不謹慎発言が事の発端でしたが、この頃から普及していたブログでも、不謹慎な一文に誹謗中傷の返答が殺到というのがありました。
    大杉漣さんの、豪快な作家「菅原英人」の好演が印象的でした。
    砂本量さんの作品でしたが、本作や、後発の「夢を喰う女」「人間爆弾」などのように実際に起きた出来事を、独自の視点でとらえ作品化されたことは、大いに評価できると思います。

  25. 浅見刑事局長 さん

    砂本氏の脚本と意識せずに観ていましたが、確かに今の相棒には無いチャレンジャーなお話です。
    大杉氏のキャラクターと演技がスペシャルな感じがして通常回とは思えないくらい記憶に残る作品でもあります。
    束縛されたくない小説家の気持ちも、官房長の気持ちも、特命係の気持ちも、そして犯人の気持ちも大なり小なり分かる気がして、衝撃のラストさえも浮いたりはしていません。
    最近とは少し違った相棒にチャレンジしてみたい方にぜひお薦めです。

  26. ラッキーアイテム さん

    この回視聴しました。

    大杉さんは凄い!印象に残りますね。100点。何と言ってもラストが衝撃的!何度見ても忘れられないエピソード。

    ちなみに大杉さんはseason15 第1話にも出演しましたが、出番が少ない。season2みたいに出番を多くしてほしかった。

  27. 匿名S さん

    久しぶりに拝見しました。右京さんの言うすべては状況証拠にしかならず、物的証拠が無い以上は菅原英人を逮捕する事は難しいでしょう。ですが間違いなく珠江さんや高林安夫を殺害したのは英人本人だと思います。「人の命を奪った者は、自らの命でもって償え」と言ったどこかの宗教の教えがありますが、二人を殺害した英人もまたその通りになりましたね。皮肉にもまさしく英人著書の『血の購(あがな)い』ですね。『購い』とは「買い戻す・償う」などの意味があるそうです。それにしても特命係がピッタリと英人にくっついている中で、いつ英人はホームレスの高林を殺害したのだろう?あと米沢さんに頼まれて書いてもらったサイン本を、最後に右京さんが状況証拠のひとつとして持ち出したのも、砂本脚本の上手さかなと思いました。その本『血の購い』ですら皮肉にもタイトル通りに英人の死の横で血で真っ赤に染まって開けてましたね。まさしくえげつないラストでした。最後にピエールさん、掲示板でのご意見、どうもありがとうございました。相棒好き芸人同士のアメトークが実現できる日が来ると良いですね。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。