Season4 第16話 「天才の系譜」

11件のコメントがあります

脚本:古沢良太 監督:和泉聖治
ゲスト:原沙知絵、不破万作

特命係の亀山薫はある夜、モデル風の若い女性と腕を組んで、高級ホテルから出てくる杉下右京を目撃。
反射的に物陰に隠れた薫は、右京がその女性との別れ際、現金を渡しハグする瞬間を見てしまう…。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

   

11件のコメント・感想があります

  1. 再放送の女 さん

    まさかのW右京さん(笑)

    花の里での「お酒ちょうだいッ!!」とスネたような右京さん、可愛かったです。

  2. S.K さん

    花さんにも、いつか再登場してほしいなぁ・・・

    神戸さんとの絡み、観てみたいです!!

  3. 無重力 さん

    大袈裟で物々しいオープニング、前述の花の里での会話、犯人の心情、亀ちゃんの熱弁等それぞれのキャラならではの台詞、ラストの小コント…これぞ古沢脚本!

  4. スコッチ さん

    昨日、久しぶりにこの作品を観ました。冒頭での右京さんと花ちゃんのホテル前のシーンはあれは薫ちゃんじゃなくても誤解しますね(笑)。そして死体さん発見(事件発生)→花ちゃんのとんでもない推理→警察に報告→捜一と出会う→捜一ギブアップで花ちゃんを特命係に押し付け→三人で捜査→W右京さんの迫力に薫ちゃん翻弄。まさにすごいの一言です。しかも杉下家の家系について右京さんと花ちゃんの言い争いはまさしく子供のケンカみたく爆笑!!とても東大出身とハーバード出身とは思えないです。「花の里」での右京さんの「僕にもお酒ちょうだい!!」も笑えましたね。花ちゃんも右京さんとほとんど性格が似ているためか、紅茶の入れ方と飲み方もそっくりならば勝手に他人の家を不法侵入するのも右京さん譲りの賜物なのか(笑)。殺人事件やクライマックスでの花ちゃんのピンチはあれども全体的にほのぼのとさせられた痛快的なストーリーで大満足でした。       

  5. ネコ刑事( ̄^ ̄)ゞ さん

    花さんはこれ以降登場されてませんよね?今頃海外で有名な一流フォトグラファーになっているのでしょうか。個人的には大学を卒業して国際弁護士になっていて相棒に再登場!なんてのを期待しています…。

  6. スコッチ さん

    まったく同感ですね。花ちゃんの再登場、season13に期待したいですね。きっと甲斐くんとも仲良くなって(いや対立しあってかな?)得意の推理対決するんでしょうね(笑)。右京さんを困らせながら(笑)。 

  7. エンディミオン さん

    本当にseason4はseason2同様に面白く思います。
    女杉下右京、いや女シャーロック・ホームズの花ちゃんの魅力満載でしたね。ただ一回だけの出演にはしておきたくないキャラだと僕も思います。
    何より右京さんと花ちゃんの会話が面白過ぎます。杉下家の家系について二人とも一歩も引かないなんて(笑)。いや~、楽しめました。

  8. 重富穂奈美 さん

    右京さんに親戚がいたので、びっくりしました。まるで右京さんのものまねをするかのような感じの人でした。仕草は紅茶のにおいを嗅ぐ、言葉は一つよろしいですか?本当に似ている。

  9. ウォルフィー さん

    そういえば、右京さんの説明にも花さんの説明にも間に養子が入ってますよね?
    結局、血のつながりはないということなのに、こんなに似るのも凄いですね。

  10. みしさ さん

    「右京さんの姪御さん」とのことだったので、楽しみにやっとゆっくり見ました♪しかし、気の遠くなるような長ぁ~い親戚ですねぇ。皆さん仰るように、間に養子が入ってるから血の繋がりはないはずですが、タイトルどおり「天才系譜」は繋がっているのですね(驚)。

    頭の回転の速さ・洞察力・行動力・・・右京さんの「相棒」にもなれそうな素敵な女性だと思います。出来れば、チョコチョコ登場いただいて、右京さんとのテンポのいい掛け合いを見たいものです。

    PS. 紅茶の高さは、ご本家よりはちょっと低かったですね。女優さんだからヤケドも心配ですものね。

  11. sonic さん

    右京さんの姪、杉下花さんの登場回でしたが、杉下右京さんの名前の由来となったドラマ、『パパと呼ばないで』(1972年に日本テレビ系で放送されたドラマ)でも、主人公の、安武右京さんの姪の千春さんがおられるので、何らかの関連があるのでしょうか?
    本作は、花さんが撮影した同じアングルの写真が事件解決につながりましたが、右京さんが、鉄アレイが片方しかない事に、違和感を持たなかった事に疑問を感じました。
    無縁社会、地域のコミュニケーションの希薄を題材にした作品でしたが、このような題材は、後発のSeason9「死に過ぎた男」Season13「幸運の行方」にもつながるものがありました。
    そして、Season4「緑の殺意」の七瀬なつみさんに続き、本作も『おみやさん』でおなじみの不破万作さんがご出演されましたが、『おみやさん』と同様に重厚な演技が印象に残りました。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。