Season4 第18話 「節約殺人」

4件のコメントがあります

脚本:林誠人 監督:橋本一
ゲスト:伊藤かずえ

節約主婦として人気の松原宣子宅で殺人事件が発生。
夫の真澄が刺殺され、犯人の浅田裕久を宣子が花瓶で殴打し死亡させた。

真澄は、同じ日に刺殺体で発見された浅田の不倫相手の携帯電話を所持しており、
警察は真澄が浅田たちのトラブルに関わったことが原因で今回の事件が発生したと推測する。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

  

4件のコメント・感想があります

  1. 再放送の女 さん

    節約こそが彼女の生きがいであり、全てだったのかも知れません。

    ただ右京さんの言葉通り一番の無駄は彼女の浅はかな行動だったことは間違いないんでしょう……

    なんでも「加減」が大切でしょうね

  2. エンディミオン さん

    この回も好きですね。
    米沢さんに自分の推理を得意気に話す亀山くんと、それを静かに本を読みながら聞いている右京さんのシーンも良いですね。
    あと角田課長が自分の万年筆のキャップを探してウロチョロしている事が、事件解決のヒントになろうとは、角田課長、ナイスです。
    今回は「花の里」にて牛乳の違いの件では、亀山くんの自慢の味覚も全く役に立てなかったですね。あと僕もたったの3円安いくらいで、片道15分往復30分もかけて買い物に出かけたりはやっぱりしないかな。3円くらいでわざわざしんどい思いはしたくないです。そしてクライマックスでのスタジオ収録シーン。
    ここでもやはり出ましたね、右京流の心理的ゆさぶり術・名付けて「リンゴの皮切編」、お見事でした。本当に水谷さん自身、リンゴの皮切りが上手なんですね。
    その使ったナイフこそが凶器のナイフと言う事で、遂に松原宣子さんも観念しましたね。とても面白かったです。右京流の心理的ゆさぶり術は他にもseason2の「特命係復活」の回の木暮ひとみ事件でも観れましたね。あのしつこさが好きです。
    「殺人こそが人生で最大の無駄遣い」ですか、確かにその通りです。

  3. 重富穂奈美 さん

    ナイフを使ってりんごの皮をむく右京さんの器用さに驚きました。もし右京さんが料理をしていたらもっと上手になるよ〜いつか右京さんが料理するシリーズを見たいですね^_^

  4. sonic さん

    倒叙ストーリーにして、節約主婦の松原宣子さんの正当防衛を覆す所が良かったと思います。その中で、アリバイ主張に使ったスーパーのレシートから、思わぬほころび(208円の牛乳と198円の牛乳)が出て、それを検証するのがいいですね。Endymionさんがおっしゃるように、神の舌を持つ亀山さんでも二つの牛乳の違いは判明しませんでしたね。
    右京さんのリンゴの皮むきがすばらしかったですね。後発のSeason13「サイドストーリー」では、料理の腕前も披露しましたが、多くの事をそつなくこなす右京さんに改めて感心します。
    松原宣子さんにとって、リストラ後働かなくなった夫が無駄な存在に思ったようですが、離婚となると「節約カリスマ主婦」の名も捨てなければならない、かといってこのまま夫婦生活を継続しても生活は上向かない、その間の葛藤は相当の物と思いますが、結論が「最大の無駄遣い」に至ったのが残念です。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。