Season4 第19話 「ついてない女」

17件のコメントがあります

脚本:古沢良太 監督:和泉聖治
ゲスト:鈴木杏樹

特命係の杉下右京と亀山薫は、路上で車が故障し立ち往生している月本幸子を偶然見かける。
空港に急いでいるという幸子を、送ることになる右京と薫。
しかし、2人が警察官だと気づいた幸子は急に落ち着きを無くし、途中からリムジンバスに乗ると言って車を降りてしまう。

関連する作品
Season6 第11話 「ついている女」
Season6 第11話 「狙われた女」

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

  

17件のコメント・感想があります

  1. つくね さん

    すごく好きなエピソードです。鈴木杏樹さんのリンとした美しさ、バスの中で彼女の不運な生い立ちを聞くときの右京さんのクール&ウォームな表情、単身街金に乗り込むカメさんの肝っ玉。音楽もよかった。あと西荻窪が舞台なのも好きな理由。
    ただ、一つ不満があって、それはラスト。「つきがない」では済まされないくらい不幸な彼女(だって旦那が殺されてるんですよ!)には、もっと幸福なエンディングでもよかったように思いました。

  2. かっちゃん姫 さん

    右京さんが幸子に言った「どんなに不本意な人生でも、逃げ出さずに立ち向かうことでしか本当の人生を手に入れることなどできません。あなたならそれができるはずです。」という言葉がとても心に残っています。ちょうどこの回が放送された時、私自身も幸子のようにどん底だったからです。まるで自分に言われているような、そんな気持ちになったことを覚えています。この言葉がなかったら、今の私は存在していなかったかも知れません。とても好きな回です。

  3. しげかず さん

    シーズン4の最優秀作だとおもいます。成田までの時間と戦い
    が、スリリングでよかったです。バックグラウンドに流れる
    音楽もぴったりでした。

  4. しんいちろう さん

    全シーズン中でも私的ベスト10に入るだろう。
    幸子さんが花の里の二代目女将となった今(シーズン11)と、比べるのもよし。

  5. モコちゃん さん

    乗車の際,リムジンバスの運転手の腕から先しか映っていないのが意図的に顔を映さないようにしているように感じられ,この運転手がなにかからんでくるのかな,おなじみの誰かなのかな,などとかんぐってしまいました。

  6. スコッチ さん

    「ついてない女」とタイトルにあって月本幸子自身もそう言ってますが結局この人、「ついている女」なんですよ。だってここで右京さんと出逢ったからこそ二代目「花の里」の女将になれたのですから。

  7. 無重力 さん

    この回も傑作ですね!でも、バスだと成田までこんなに時間掛かるんでしょうかねぇ?脚本の古沢さんって刑事か探偵?有るべき所に無い物、無い所に有る物、痕跡が無いのなら痕跡を消した痕跡が有るはず…とか書けないよなぁ❗脚本家って凄い。

  8. スコッチ さん

    再コメントで失礼します。幸子さんの初登場にして私の大好きな話なのでこれまでも(このサイトに出合う前にも)7回ぐらいは見たと思います。やっぱりいいですよね~、死体さんが登場しない話は。幸子さんも危うく殺人犯になるところ救われましたし。幸子さんメインの回は不思議と死体さんが出ないんですよね。果たしてこの先、幸子さんメイン=無死体の方程式は続いていくのだろうか?幸子さんメインの回がseason13以降あるかどうか期待して待ってます。もしどなたか話を作って下されば、その時は幸子さんと吉井春麗さんとの感動的な再会を果たす話がいいですね、出所してお父さんと親子で日本で中華料理店を経営して頑張っているところに偶然に右京さんと幸子さんが現れるみたいな。もちろん無死体無逮捕者で。なにせ無逮捕者までいくとseason2の「神隠し」以来無いと思うしね。逆に幸子さんの「花の里」に吉井春麗親子がひょっこり顔を出すなんかもいいかも。何せ「花の里」と言えば右京さんたち特命係とそれに関わった人以外のお客はほとんど皆無で売上が(経営が)成り立っているのが不思議なくらいですから。そんな事を想像しながらまたこの「ついてない女」を見てしまいました。内容とはあまり関係なかったですね、すみません。

  9. バインド さん

    全話観た中でも、一番好きな話です。右京さんと亀山は、幸子さんにとっての英雄ですね。
    空港で右京さんが幸子さんの腕を掴むシーン、素敵でした。脚本・映像ともに。

    右京・亀山の連携も抜群ですし、幸子さん(鈴木杏樹)の演技も色気があって魅力的で(むしろ花の里の中での幸子さんには違和感を感じます。彼女は、「〜しないで.」と言う時の「.」、「ついてますか?.」みたいな……なんというのかな、喋り方の中の歯切れの良い余韻が魅力的だったから)、脚本は矛盾がない上にスピーディでテンポも良く、言うことありません。

    右京さんの偏執的に自分の推測を信じるところ(だって普通、一体誰が血のしみのついたズボンとベンチコートと車内でのわずかな会話だけで、成田行きのバスの中まで月本さんについて行こうと思うでしょうか?)と、それをほとんど疑わずに全力でサポートする亀山や米沢という、互いが互いを信頼して補い合っているこの図が私は羨ましくもあり、肝のあたりから痛快にも感じるのです。

  10. かぶき者 さん

    「相棒」の中でも印象に残った回です。
    特に最後で、たまきさんが花の里で語った台詞が印象に残りました。
    『どんな出来事にもいい面と悪い面が両方あって、いい面を見て笑うのか、悪い面を見て嘆くのか。ツイているとかいないとか感じるのは、心の持ち方の問題』
    あいだみつを氏の「幸せはいつも自分の心が決める」にもつながる秀逸の言葉と思います。

  11. エンディミオン さん

    これも超好きな回です。
    思えば幸子さんジェンドはここから始まったんですね、懐かしいです。名前も月本の月は「ツキが有る無いのツキ」で、幸子の幸も名字に対して皮肉的にも思えました(失礼)。この時の幸子さんとseason6の幸子さんはカッコ良かったのに、「花の里」女将になってからどうして「天然キャラ」に変貌したんだろうか?
    またいつかカッコいい幸子さんのストーリーを観てみたいです。
    あと個人的ですみませんが、水槽から逃げた大蛇のくだりは余計だったかな。

  12. エンディミオン さん

    ごめんなさい、レジェンドのレが抜けてました。

  13. ken さん

    今ならば、羽田もあるけれど、当時は成田だったんですね。
    成田までいくら渋滞にはまっても、そこまで時間はかからないぞという突っ込みは置いておくとして、切迫感や二人のコンビネーションが楽しめる良作だったと思います。

  14. ピエール さん

    好きなエピソードの1つです。
    先に感想を投稿された方々も書いておられますが、右京の幸子へむけたセリフ、たまきのセリフが本当にいいですね。
    色々嫌な事、辛い事があってネガティブな思考になりがちですが、そんな時はこの言葉を思い出すようにしています。
    しかし、まさかシーズンをまたいで続編が作られて、花の里の女将になるとは当時は誰も思わなかったはず!
    やっぱり、古沢さんも復活希望ですね。

  15. きよりん さん

    先々日再放送され(今、シーズン4再放送中)またまた見てしまいました。
    いや~実に面白い!
    バスの中での相変わらずしつこい右京さんに、大爆笑…
    薫ちゃん、やっぱいいわ~
    シーズン4の中での秀逸作品の一つですね。

    古沢さん、今シーズン、せめて一話だけでも、是非是非書いて下さい(願)

  16. sonic さん

    「どんなに不本意な人生であったとしても、逃げ出さず立ち向かうことでしか、本当の幸せを手に入れろ事はできません。あなたにはそれができるはずです。」右京さんが幸子さんに掛けた言葉です。
    この言葉があったからこそ、幸子さんの幸運と活躍は今日も続いているのだと思います。
    負傷した城代金融の向島を探すために、亀山さん、相当苦戦しましたね。しかも、台所の床下収納の上にあったトラの敷物を見逃し、しばらく経ってから気づきました。右京さんとの捜査能力の違いでしょうか。それでも、最後は城代金融の田村さんと、呉越同舟になってでも事件解決(向島も無事救出)に至るのがよかったと思います。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。