Season4 第11話 「汚れある悪戯〜史上最大の誘拐事件」

11件のコメントがあります

脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治
ゲスト:葉月里緒奈、甲本雅裕、永澤俊矢、斎藤洋介、姿晴香、竜雷太

銀行員の城崎愛梨が誘拐される。
犯人は、身代金5億円を愛梨が勤める銀行に要求。
犯人は“須佐之男(スサノオ)”と名乗り、警察への通報を容認したり、
インターネットの掲示板で次の行動をほのめかしたり、まるで犯行を楽しんでいるかのようだった…。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

       

11件のコメント・感想があります

  1. どんちゃん さん

    Season4#11「汚れある悪戯」を見ていたのですが、明らかなミスを発見しました。
    葉月里緒奈演じる城崎愛梨が、予備の眼鏡をかけて昼休みに出掛けるということが
    この事件が暴かれるポイントですよね。
    城崎が誘拐事件から解放され、自宅に戻っている場面でミスを発見しました。
    普段使っている眼鏡を右京と薫が城崎へ届ける為に彼女の自宅のベルを押します。
    玄関が開き彼女が顔を出します。この時、彼女は明らかに普段使っている方の眼鏡をかけているんです。自宅にある更なる別の眼鏡かとも思いましたが、次のシーン/彼女の部屋内のシーンでは例のダサい予備眼鏡をかけていました。
    DVD/録画をお持ちの相棒ファンの方、一度ご確認ください。
    私も右京さん並みに細かいところが気になってきました(笑)

  2. 相棒大すきくん さん

    本当でした。
    誰も気づかなかったのでしょうか。

  3. S.K さん

    亀山さんが伊丹さんに対し、「おい、畳!」と言った部分がツボで、
    今でも、伊丹さんをときどき「畳さん」と呼んでしまうようになりました。

    畳じゃなくて、伊丹さんすみません(笑)

  4. スコッチ さん

    何回見てもスッキリしない話です。何なんでしょうかね、納得いかない不満というか消化不良のような感じというか?果たして言葉(暗示)だけで人は殺せるだろうか?。一種の催眠術のようなものなのかな?あとラストで右京さんは何故に愛梨さんの部屋のDVDを見ていたのか?彼氏に見られてると知りながら生活していた彼女の臨床心理でもしたかったのかな?紅茶を飲む時に倒れたチェスの駒は一体何を意味していたのか?平林上司役の斉藤洋介さんも前半だけの出演で後半は畑山純一郎役の竜雷太さんに代わったのでストーリー全体に絡まなかったし。愛しているのに別れられない麻薬のような彼氏で愛するがゆえに言われるままに犯行を実行したのに尚且つその彼氏に対して殺意は生まれたと言うのもいまいちわからないですね。とにかくスッキリしないモヤモヤ感だけが残った作品です、私だけなのかも知れませんが。

  5. きよりん さん

    今日、こちら名古屋で再放送されました。実はこの回は見てなくて、ラッキーでした。私のDVD、REGZA、たまに見れないのがあります。例えば10本借りて、その内2本見れなかったり、多分私のDVD自体が悪いと思います。そろそろ買い時かと~それで勿論録画しながら見ました。感想はう~ん??でしょうか。この回、コメント少ないのも納得でしょうか!二時間半もの長い割には~面白いとは思いましたが、やはりピエロや聖戦やバベルと比べると、う~ん??と思いました。勿論、再度見るつもりです。どなたかが、書かれてましたが、亀ちゃんが伊丹さんの事を、たたみ~と呼んだのは笑えました~o(^-^)o

  6. 重富穂奈美 さん

    畳ではなくて伊丹刑事だよ^_^と思ってしまうことがよくある。だけど、亀ちゃんから見ると伊丹刑事のことをついつい畳と口にしてしまう部分がおもしろい。伊丹刑事からは特命係の亀山〜と言われています。

  7. 匿名の特命 さん

    この話の殺害方法は面白いけどトリックが別のやり方でも出来ると考えてしまう。
    全身濡れた男、首に火傷、心臓麻痺って単純に全身に水ぶっかけてスタンガンか何かを首に当てれば心臓麻痺になるんじゃないかといつも思う。
    内容にしても前半は面白いけど後半は前半の謎を解明していくって構成だからつまらなくなっていくので竜頭蛇尾感も否めない…
    初の正月SPだから仕方ないと言えばそれまでだけど個人的に今ひとつな回。

  8. ウォルフィー さん

    匿名の特命 さん

    それだと本当の殺人罪になってしまいますよ。暗示で殺すことに意味があり、結局、検事も取り合ってくれず、殺人では裁かれないということが彼女の目的ですから。

  9. ピエール さん

    私の住む関西で5月3日に久し振りの再放送の予定です!
    ブルーレイで相棒を録画しはじめて三年ちょっとですが、予定通り放送されて、無事に録画できれば、シーズン4はこれでコンプリートなので、楽しみにしています。
    残りはシーズン3の双頭の悪魔三部作、夢を喰う女などの数本です。
    永澤さんも再登場してほしいですね。

  10. エンディミオン さん

    先程、この作品の再放送が終わりました。
    観たことなかったので録画できて良かったです。
    しかし結構、長かったですね~!
    途中でダレて来ましたがしっかりと最後まで観ました。
    最終回での亀山くんの婚姻届の意味と美和子さんのseason4の途中の未登場の意味が、この作品でやっと理解が出来ました。
    すべてはこの回から始まっていたんですね。
    しかし、匿名の特命さんも書かれておられますが、前半の誘拐事件騒動はなかなかスリリングで面白かったですけど、後編の殺人事件の謎解き部分には少し残念な感じでした。暗示で殺害できるのか?ですが、ウォルフィーさんの言う通りで、検察官も信じてもらえない以上は殺意を持って殺害したとしてもそれに対しては完全犯罪が成立してしまうのですね。やはり彼女の狙いはそこだったのかも知れませんよね?
    まぁ、今回のスペシャルは僕には前半は+で後編は-でプラスマイナス0ってところでしょうか。

  11. ピエール さん

    再コメントですいません。
    無事に録画でき、改めて視聴しましたが、面白いけど物足りない印象ですね。
    前半のテンポの良さに比べて、後半の失速感は否めないです。
    ただ、暗示による殺人の是非を問う点は相棒らしいと感じました。
    あと、気がついたのは前半の誘拐で刑事役にレベル4で殺された樋渡真司さん、越境捜査のお手伝いさんの山本道子さんが、畑山家のお手伝いさんで出演されていますね。
    捜査一課特殊班の永澤さん、竜雷太さん、斎藤洋介さんの別役での再登場も期待してます。
    葉月さん、結構タイプなんですが、今はどうされてるんでしょうね?
    冒頭でカーディガンを見つける同僚のお姉さんもいいですね(笑)
    9日放送予定の「特命」も楽しみです!
    以前に録画失敗したので、今度こそです!


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。