Season4 第20話 「7人の容疑者」

6件のコメントがあります

脚本:櫻井武晴 監督:森本浩史
ゲスト:大寶智子、三輪ひとみ、西田健

人気ドラマのクランクアップ直前、何者かが撮影所の爆破を予告してくる。
撮影は中止。厳戒態勢が敷かれるが、結局、爆破は起こらなかった。
その代わり、倉庫で盗難事件が発生。
捜査に出向いた特命係の杉下右京と亀山薫は、立ち入り禁止の倉庫内でドラマスタッフの南早紀を見かける…。

同じゲスト・監督・脚本の作品を検索

    

6件のコメント・感想があります

  1. sonic さん

    パワハラ(一部セクハラ)、復讐劇、ブラック企業のような話の中、蕪木さんが弔辞にて、亡くなった林制作部長との友情話に救われました。
    本作で蕪木さん、林さんが着用した腕時計は、シチズンの「レオパール8」ですね。
    1970年代前半に製造された機械式(自動巻き)時計で、12時位置にある扇形のデイデイト表示が印象的でした。
    この時計が登場した数年後、クォーツ時計が普及し、右京さんじゃなくて、水谷豊様は、シチズンのイメージキャラクターとして、CM出演されたのを思い出します。

  2. ゆろ さん

    この話はちょっと犯人に同情できるポイントがなさすぎる。
    ただひたすらに身勝手で自分本位な動機。

  3. エンディミオン さん

    この回はどうも僕好みではなかったです。
    ただ一点だけ、
    最初と最後に登場された警備員のおじ様が良い味出しておられたとは思います。死体発見した時の驚き方が面白かったです。両手を上げて「ギャーッ!」って(笑)。

  4. sonic さん

    小品ながらも秀作の多いラスト前ですが、本作は駄作の部類でしょうか。
    エンディミオンさんがおっしゃった、警備員のおじ様は、でんでんさんですね。本作以外では、Season8「背信の徒花」では犯人(官僚を殺害した老人ホームの所長)役を演じていました。
    本作、林氏を殺害した曽根さん、仕事優先で何の反省もなく、逮捕の引き伸ばしを求める行為にあきれました。

  5. ピエール さん

    仕事に没頭するあまりに人としての大切な部分を見失ってしまう犯人のパターンの話ですが、凡作な印象です。
    犯人が仕事に懸ける情熱というか信条というか背景が描かれているとか、トリックなど展開にひと工夫が欲しかったです。
    でんでんさんや西田健さんは良かったですね。
    その西田さんが久々に相棒に登場で来週は楽しみです。

  6. 重冨穂奈美 さん

    今日の再放送を見て、感動的なシリーズでした。最後のエンディングであの女性プロデューサーが犯人として逮捕された。仲間たちが逮捕されたのは、あくまで参考人扱いは捜査一課として何とも言えない状況。ドアを開けた時の伊丹さんが面白くなった。邪魔されたらどいてくださいと思って言ったかも。


コメントをお寄せいただく場合のお願い (2015.10 改定)

  • こちらは各ストーリーの感想を書き込むためのコメント欄です。なるべく各話1人1回の投稿で感想をまとめていただくようお願いします。直接ストーリーに関係のないコメント、特定の方への私信、雑談は掲示板でお願いします。後から感想を読む方のための情報整理に御協力ください。
  • トラブル防止のため同じハンドルネームの使用をお願いします。
  • 読んだ方々の気分を害したり、内容と関係のないコメントなど管理人が不適切と判断したコメントは削除し、場合によってはアクセス制限をさせていただく場合があります。
  • スパムや明らかに荒らし目的の書き込みと思われる場合は、管理人が確認して削除いたしますので返信せず無視してください。
  • スパムフィルタによりコメントの公開が保留される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。